1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

Share

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

■不倫相手と別れたいと思うのは、息苦しくなったとき

どう頑張っても、相手が奥さんと別れてくれない限り、「不倫」という後ろめたい関係は変わりません。

人目を避けて会い続けて、奥さんにバレないかドキドキしながら連絡して。
そんな刺激も、最初はふたりが燃えるスパイスとしては有効だったかもしれないけれど、時間が経つにつれ「先がない」ことに気がつく女性は多いでしょう。

既婚者である彼の方が罪悪感を抱えていると思うかもしれませんが、実際は独身の彼女の方が「人を傷つける関係」を背負っていることに息苦しさを覚えるものです。

「どうしてわざわざこんな人に言えないことをしているんだろう」

それは、独身であるなら彼以上に良い人はたくさんいると知っているからです。
結婚している彼は、いわば身動きがとれない状態。すでに「誰かのもの」です。そんな窮屈な人とリスクを冒してまで付き合う価値は何でしょうか?

奥さんに申し訳ない、なんて本当に思うなら、最初から不倫という関係は選びません。
同時に、本当に彼のことが好きなら、結婚しているのにほかの女性に手を出すモラルのなさに失望するのが普通です。

「好きな人がたまたま結婚していただけ」という言い訳は、結局自分に返ってきます。つまり、「わざわざ結婚している人じゃなくても、ほかの独身の男性に良い人がいるんじゃないか」と思うようになるのですね。

一度外に目が向くようになると、彼から関心が離れていきます。
もし、新しく好きな人ができたとき。

既婚者の彼に何と言って別れを告げたら良いのでしょうか?

■不倫相手と上手に別れる方法は、「あえて別れ話はしない」こと

正直に事情を話す、フェードアウトを狙うなど、方法はいろいろあると思いますが、私の周りでうまく不倫相手と別れることができた女性は、総じて「あえて別れ話はしない」ことを選択しています。

例えば「ほかに好きな人ができたから別れて欲しい」と言った場合、既婚者の彼が引き留める可能性があります。「俺よりいい男なのか」と嫉妬に駆られておかしな行動に出る人もいるでしょう。
不倫相手が同じ職場だった場合は、フェードアウトも難しくなります。急によそよそしい態度を取ったことで、相手が不審がって「新しい相手」が誰か周りの同僚に探られたというケースもあります。

いずれにしろ、こちらの思った通りに別れることは大変なのですね。

「あえて別れ話をしない」方法は、会えば普段通りに挨拶や会話もするけど、これまで当たり前だったふたりきりの時間や肉体関係を断つ、ということです。

彼からいつものように「今夜会える?」と連絡が来ても「約束があるから」と断る、こちらからは連絡しない、これまでの「暗黙の了解」をすべて「なかったことに」します。

彼からすれば、距離を取られていることはわかるけれど、その理由は不明です。

無視したり音信不通になったりすると彼の関心を不必要に煽ることになります。連絡があればきちんと対応することで、「決してあなたを嫌いになったわけじゃない。でももう続ける気はないの」というメッセージを伝えることができるのですね。

もともと後ろめたい関係なら、既婚の身で離れていこうとするあなたを追うことをためらう男性は多いでしょう。

「終わりにしたい」というあなたの意図が見えたときに、彼もまた、今の自分たちの関係について改めて考えさせられることになります。

■不倫相手の納得は関係ない

もし彼が納得せずに付きまとってきたり行動がおかしくなったとしても、あなたのせいではありません。

不倫にはそんな終わりも当然あることを、彼の方も覚えておかないといけないからです。

終わりにすることで責められるのはあなたではなく、そもそもそんな関係を選んだふたり。
そこから抜け出そうと考えるのは当たり前のことであって、留まることを望むのは間違いなのです。

そんな彼に流されない覚悟が必要です。
甘い過去の記憶に後ろ髪を引かれる瞬間もあるかもしれませんが、振り返らずに自分のスタンスを保つことに集中しましょう。

彼がおかしくなったとしても、ほとんどは一時的なものです。
なぜなら、彼の方には失うものがたくさんあるから。時間が経って冷静になれば、別れようとしている不倫相手を追いかけることのリスクに気が付き、目が覚めます。

「あえて別れ話はしない」というのはずるい気がしますが、ふたりのその後の関係を悪化させないためにも有効な別れ方なのです。

普通の交際ならきちんとけじめをつけて別れるのが良いのは当然ですが、不倫はそうではありません。
背徳感のある関係なら、白黒つけるのではなく「なかったことにする」姿勢を持つことで、終わったあとの気まずさを少しでも解消できます。

■不倫を終わらせたいならこちらから

相手は既婚、自分は独身のまま何年も不倫関係を続けることは、「人に言えない時間」が長くなるだけでなく、結婚の機会も遠ざかります。

「このままでいいのだろうか」

という不安があると、いずれ自分の気持ちも変化していくものです。

終わらせたいと思ったなら、こちらから動きましょう。
新しい一歩を自分で踏み出せば、新しい恋はそう遠くありません。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article