輪湖 もなみ さんが 2017/01/02 に更新
小さなバッグを選べば荷物が減る。軽やかな動きが幸運を呼ぶ

小さなバッグを選べば荷物が減る。軽やかな動きが幸運を呼ぶ

小さなバッグだと事足りない、大きいバッグでないと不都合があるからと、いつも大荷物で過ごしていませんか? でも、それは思い込みかも。持ち物を減らし、軽やかな状態で動けるようになると、実はいいことばかり。まずはお気に入りの小さなバッグを手に入れて。

ミニマムリッチ バッグ


お店で見かけるバッグが、どんどん小さくなっている気がします。Instagramでバッグを斜めがけして颯爽と歩く女性は、なんだかとても身軽に見えて素敵。

昨年DRESSでも紹介されていた小さなバッグの記事を機に『本当に必要なものはすべて小さなバッグが教えてくれる』を読んだのを機に、持ち物のダウンサイジングに取り組んでみました。

「小さなバッグ」を持つ人が理想の自分に近づける3つの理由。

https://p-dress.jp/articles/1843

小さなバッグの女性を見て「荷物の多い私にはムリ」と思ったことはありませんか? そんな人こそバッグの中身を見直すとき。一度思いきって小さなバッグで出かけてみたら、本当に必要なものが見えてくるはずです。

女性がミニマリストの次に目指すべきは、持ち物を上質にする「ミニマムリッチ」

https://p-dress.jp/articles/1816

女性の間で、持ち物を極限まで捨ててシンプルになる「ミニマリスト」が流行っています。でも、捨てる=いいこと、とは言えないかも。捨てる、をやめて”ミニマムリッチ”とも呼ばれる、上質なものと丁寧に向き合うことを始めてみませんか?本当に必要なものは「小さなバッグ」が教えてくれます。

■まずは「やどかり生活」をやめてみる

去年までの私。必要かどうかもわからないのにパソコンやビタミン剤やら、さまざまなものを「やどかり」のように持ち歩いていました。帰宅すると荷物の重さで肩はパンパン。なんでもつっこむトートバックは、すぐに持ち手や底が傷んでしまいます。

大きなバッグを持つとついついモノを詰め込みたくなるので、最低限長財布が入る大きさのバッグをまず手に入れ、それにあわせて持ち物を見直してみることにしました。

■化粧ポーチをやめてみる

外出先でフルメイクすることなんてないのに、ファンデーションからチークまでメイク道具一式持ち歩く必要はないのかも。大容量のメイクポーチを持ち歩くと、つい薬だとか試供品だとか細々したものを入れっぱなしにしてしまう。

そうだ、入れ物をなくせばいいんだわ! と思い立ち、外出に持ち歩くのはリップとコンパクトだけにしました。やってみると不自由を感じることもなく、メイク道具が化粧ポーチの中で粉まみれになっている、なんていうこともなくなり、すこぶる快適です。

■思い込みを取り払ってみる

私は自分のブログを毎日更新するのが日課なので、終日外出する日はノートPCを持ち歩いていました。でもちょっと待て、ブログってスマホでも書けるよね? ということに今さら気づき(笑)、ノートPCを持ち歩くのをやめました。

おかげで、カフェに入り席を確保してからでなくても、電車内でもどこでもブログを書けるようになり、却って即時性やライブ感が増すことに気づかされました。

■持ち物をダウンサイジングすると、アドリブがきくようになる

今、普段の私のバッグの中身は、長財布に携帯、手帳、名刺入れ、ペン、ハンカチ、コンパクト、リップ。たったこれだけです。

スケジュール管理もスマホをメインに。手帳は最低限のことが書けるよう、これまで使っていたものより2まわりほど小さいサイズのものにしました。

持ち物を厳選して絞り込み、サイズを小さくしたとしても、人はすぐに慣れてしまい不自由を感じなくなるものです。

もし急に何か必要になればコンビニはいつでも開いているし、他のもので代用したり人に借りることだってできる。そこから人との会話や新たな発見も生まれます。

アドリブを楽しんだ方が人生は楽しい。そう考えると予期せぬ事態が起きても、「それならそれでなんとかなるし、話のネタが増えておいしいかも」と思えるようになりました。

今密かに妄想しているのは、小さなカバンひとつで海外に行くこと。服を1着も荷物に入れず、すべて旅先で買うとしたら、どんなに楽しい服との出会いがあるでしょう。

ダウンサイジングは予期せぬ出会いと、新しいワクワクをくれる。きっとあなたの開運の扉を開いてくれるにちがいありません。

関連する投稿


ディオールの新作バッグ「マイ レディ ディオール」が新たなサイズで登場!

ディオールの新作バッグ「マイ レディ ディオール」が新たなサイズで登場!

ディオール 2017年クルーズ コレクションのバッグ「マイ レディ ディオール」が新たなサイズで登場。ストラップ部分を15種類のラッキーピンと26種類のアルファベットピンで、パーソナライズできます。


【PR】「この秋、ヴィンテージをものにする」supported by KOMEHYO

【PR】「この秋、ヴィンテージをものにする」supported by KOMEHYO

10月1日、KOMEHYO渋谷公園通り店がリニューアルOPENします。キーワードは「Vintage(ヴィンテージ)」。今回は、まだお店がリニューアルされる前に、一足お先にレポートしちゃいます!


【7/28イベント開催】使いやすい美バッグで、理想の自分が手に入る。一生愛せるたったひとつのバッグの見つけ方、教えます

【7/28イベント開催】使いやすい美バッグで、理想の自分が手に入る。一生愛せるたったひとつのバッグの見つけ方、教えます

使いやすく、持ったときに美しいバッグは、自分の生きかたにフィットしています。ていねいにお手入れしながら、長く使い続けられるはず。そんなバッグ選びのコツを学んでみませんか。


「小さなバッグ」を持つ人が理想の自分に近づける3つの理由。

「小さなバッグ」を持つ人が理想の自分に近づける3つの理由。

小さなバッグの女性を見て「荷物の多い私にはムリ」と思ったことはありませんか? そんな人こそバッグの中身を見直すとき。一度思いきって小さなバッグで出かけてみたら、本当に必要なものが見えてくるはずです。


「ジャケット:バッグ=1:1.5の法則」で洗練ファッションが叶う理由。

「ジャケット:バッグ=1:1.5の法則」で洗練ファッションが叶う理由。

「自慢のジャケットは某高級ブランドのもの。でも、バッグはプチプラ」。ふたつのバランス感がちぐはぐだと、せっかくのジャケットも映えません。賢い選び方のコツ、教えます。


最新の投稿


ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

銀座で話題のポーランドランジェリーのセレクトショップ「kobieta(コビエタ)」が2月24日(金)〜3月2日(木)までそごう横浜店4階=インナーウエア売場に期間限定で初登場します。


「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

プレミアム・ライフスタイル・ブランド「リバティ ロンドン」は2月22日(水)~28日(火)の期間、日本橋三越本店にて日本初の「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」を開催します。


育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休復帰後のキャリアプランが不安……。そんな人は育休期間を活かしてスキルアップにつながる行動を起こしてみてはどうだろうか。小田桐あさぎさんは育休中、ブログを起ち上げて発信したことで、キャリアだけではなく、人生そのものが大きく変わっていった。


恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

元遊び人の筆者が「恋人を実家に連れて帰る」という人生初のアクションを描く短期連載「遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った」#2。いよいよ実家へ向かい、恋人を親に紹介するときがやってきた……そんななか、久々に会った姪っ子が後のキーパーソンに!?


冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行で、伝統の中のモダンにふれてきました。アンティーク着物衣装を探したり、繊細な京都料理を食したり……冬の京都の楽しみ方をお伝えします。