1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. FPが教える、クレジットカード選びの基本

FPが教える、クレジットカード選びの基本

Share

日々の生活に必要不可欠なクレジットカード。年間・生涯で考えると、カードを通じた支払い額は数百万〜数千万円にもなります。だからこそ「なんとなく」で選ぶのではなく、メリットのある使い方を心掛けたいですよね。今回は、クレジットカード選びの基本的なポイントをご紹介します。

FPが教える、クレジットカード選びの基本

■今さら聞けない、クレジットカード選びの基本

クレジットカード、どうやって選んでいますか?
勧められるがままになんとなく……という方もいるかもしれませんね。

今回は、クレジットカードを選ぶ際にチェックしたい基本的なポイントを紹介します。

【ポイント1】VISA? MASTER? カードのブランド選び

クレジットカードは、VISAやMASTER、JCBなどのブランドに分かれています。
お店側(加盟店)がどの会社(ブランド)と契約しているかによって、支払いが利用できる場合とできない場合があります。

大型店舗であれば多くのブランドを使えますが、個人商店のような小規模なお店の場合は「VISAのみ対応」のように限定されていることも。

日本国内であれば、手持ちの現金を使ったりATMですぐに引き出したりできるので、クレジットカードが使えなくてもあまり問題ないかもしれません。
ですが、海外でクレジットカードが使えないと困ってしまいます。

クレジットカードを作るときは、海外旅行でも使えるような加盟店が多いブランドを選択しておきましょう。
VISAやMASTERはどこでも使えるので、最初の1枚はこのどちらかにするのがベストです。

【ポイント2】発行会社選びはライフスタイルに合わせて

クレジットカードは、各発行会社が独自の特典を提供しています。

楽天カード株式会社が発行している「楽天カード」や、株式会社イオン銀行が発行している「イオンカードセレクト」などは、対象の店舗で買い物をするとポイントが貯まりやすくなります。

交通系なら、電車賃が割引になったり、マイルが貯まりやすいといった特徴のカードもあります。
交通系ICカードとクレジットカードが一体になっているものは、還元率が高く設定されていてお得になる場合も。

特定の店舗やネットストアで買い物をするために使うのか、海外旅行メインで使うのか、交通費をカードに集約させるのか……。ライフスタイルや目的に合わせて活用すると、カードを利用するメリットが広がりますよ。

【ポイント3】ポイント還元率をチェック!

クレジットカードで買い物をすると、利用金額ごとにポイントが還元されます。
ポイントの還元率は、「0.5%~1%」が標準。還元率1%なら、100円の利用ごとに1ポイントがつく計算です。

貯まったポイントは、買い物の値引きに利用できたり、クレジットカード会社が発行しているカタログからポイントに応じた商品を選択したり、航空会社のマイルに交換したりすることができます。

ポイントの還元率が高い方が、ポイントが効率よく貯まります。特典とともに、ポイントの還元率も事前にチェックしましょう。

【ポイント4】年会費は無料のものが良いの?

クレジットカードには、年会費がかかるものとかからないものがあります。
契約の初年度のみ無料というプランもあるため、2年目から気づかずに年会費がかかっていた……というケースもよく聞きます。

頻繁に利用するカードならいいのですが、たまにしか利用しないカードなら、年会費無料を選ぶのがベターです。

特に、クレジットカードを複数枚保有して、用途ごとに使い分けたい人は年会費無料のカードを選びを。
目的別に複数カードを使い分けていても、その利用特典以上の年会費を支払っていてはムダ遣いにつながってしまいます。


ただ、クレジットカードによっては、年会費を支払うことでポイントの還元率が高くなったり、空港のラウンジが利用できたりと、無料にはないメリットがあるもの。

年会費以上に魅力的な特典がある、クレジットカードの利用金額が大きいので還元率を高くしたいという人は、年会費は必要経費と考えてOKです。享受できるメリットと年会費の金額を比べて検討してみましょう。

【ポイント5】1枚持ちor複数持ち、どちらが良い?

クレジットカードは、メインカード1枚、サブカード1枚の使い分けがオススメです。

メインカードに向いているのは、割引などが特典の買い物系やポイントの還元率が高いカード。このカードに、すべての買い物を集約させましょう。

サブカードは、「マイルを貯める用」「交通費用」など、メインとは別の用途で活用すれば、それぞれの特典を効率よく享受することができます。また、メインカードとは異なるブランドを選択しておくと、万が一メインカードが使えないという事態に備えることができて便利です。


以上、クレジットカード選びの基本ポイントを紹介しました。
ブランドや特典、年会費、ポイント還元率を基準に、メリットを比較検討して選んでくださいね。

Share

荒木 千秋

ファイナンシャルプランナー。神戸大学経済学研究科修士課程修了。 メガバンクに勤務時は、富裕層や会社オーナーを対象とした投資相談業務に従事。同年代の友達と話していると自分の知識や経験は、普通の働く女性に貢献すべきだと実感、独立...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article