1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 昭和生まれが「懐かしい」と感じるモノあるある9選

昭和生まれが「懐かしい」と感じるモノあるある9選

Share

あんなにも大切で身近だったのに、今ではまったく接点がなくなったモノ・コトの数々。今回は、主に昭和生まれの人たちにとって、子どもの頃はおなじみだった、懐かしいあれこれをまとめました。

昭和生まれが「懐かしい」と感じるモノあるある9選

■そろばん

算数でも使っていたし、そろばん教室に通っていたこともあって、子どもの頃はほぼ毎日そろばんを持ち歩いてた。

大人になってからは、そろばんを見ることさえなくなった。

でも、割り勘するときとか、ちょっとした計算をするときに、今でも頭の中でパチパチっと、そろばんを弾いています。

■算数の道具

分度器やコンパス、三角定規など、算数の時間に欠かせなかった道具。

設計やデザイン関係の仕事じゃない限り、大人になってから使うことがない。

■いろんな単位

デシリットルは微妙すぎるし(ミリリットルでいい)、ヘクタール、アール、立法キロメートルなどは大きすぎて、普段の生活ではまず使わない。

あと、単位じゃないけど「サイン・コサイン・タンジェント」も必要ない。

■リコーダー

音楽の授業で“必修”的な位置づけだった縦笛。

小学校でソプラノ、中学に入るとアルトだったと思う。

捨てた記憶もないけど、いつの間にか見当たらなくなった。

大人が演奏を楽しむ姿は見たことがないね。

■ピアニカ

音楽の授業の中で、ピアニカは比較的楽しかったように記憶しているけど、音が甲高いというか、やや気になることもあって、大人にはちょっと不向き。

■彫刻刀

図工が得意でした。

大人になると、ものづくりを一切しなくなるから、彫刻刀やバレン(版木の上に乗せた紙を擦る道具)など、図工関連の道具の出番がない。

■上履き

学校で履いてた上履き、今や懐かしい。

楽ちんなので職場でも導入してほしいくらいだけど。

■ソックタッチ

小学校、中学校、高校で何本使ったかわからない。

なくなりそうになると不安になるから予備も常備していた。お守りみたいなものだった。

大人になってストッキングやタイツが主流になってからは、すっかり見なくなった。

■夢と希望

現実があまりに重すぎて、持ち続けることができない。

VRに期待!

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article