1. DRESS [ドレス]トップ
  2. NEWS
  3. フローズンヨーグルトみたい! 濃厚な“酒粕シェイク”が話題。新フレーバーも

フローズンヨーグルトみたい! 濃厚な“酒粕シェイク”が話題。新フレーバーも

Share

酒粕専門テイクアウト店「お米や Hacco to go!」(東京都品川区戸越)にて、昨年夏にメニュー化した酒粕からできた完全植物性の発酵シェイク「JOGURT(醸グルト)シェイク」を今年も3月より提供開始。春の新フレーバーとして、酒粕ココアを新しく発売しました。

フローズンヨーグルトみたい! 濃厚な“酒粕シェイク”が話題。新フレーバーも

酒粕専門の発酵スタンドとして運営している「お米や Hacco to go!」が販売する、植物性酒粕シェイクの「JOGURT(醸グルト)」シェイクは、酒どころ新潟県長岡市で開発されました。

主原料になる酒粕は、通常の酒粕をさらに乳酸菌発酵させた特別素材「さかすけ」を使用し、ミルク類は一切使ってないのに乳酸菌発酵した酒粕が、まるで濃厚なフローズンヨーグルトのような滑らかな味わいになります。

酒粕のイメージが180度変わるJOGURTシェイクとして2018年7月より提供開始。

シェイクの基本フレーバーは「酒粕プレーン」「酒粕ストロベリー」「酒粕ブルーベリー」の3種類となっていますが、この度、春の新フレーバーとして3月初旬より「酒粕ココア」を発売開始しました。

糀菌と乳酸菌のW発酵で体にも優しい発酵スイーツです。

W発酵の力で、シェイクを飲んでいるのに、体の中がポカポカあたたまるような、そんな不思議なシェイク。

乳製品を一切使っていないため、動物性食材や乳製品が苦手な方でも滑らかなシェイクを気持ちよく味わっていただけます。
インナービューティを求める女性に美味しくヘルシーな食材として注目のメニューです。

このJOGURTシェイクと同じ成分で作られた乳酸菌発酵酒粕のJOGURTカップジェラートも、関連商品として同店で販売しています。

■酒粕の特徴

酒粕とは、日本酒を絞った後に残るペースト状のお米。日本酒はお米に麹菌と酵母が作用して発酵することで作られます。

その際に、菌がお米の栄養を吸収しやすいように分解してくれるので、普通のお米よりも酒粕の方が栄養価は高いです。ここ最近では酒粕の栄養成分分析が進み、やはり酒粕に秘められた力がすごいと話題になっています。

具体的には、美容・健康・ダイエット、全てにおいて優れた栄養素を持ち、食材としても化粧品としてもどちらの活用でも効果があると言われています。酒粕には、例えば以下の成分が含まれます。

「レジスタントプロテイン」
難消化性蛋白質といって、食物繊維のような作用があり、お腹の中の余分な脂を吸収して体外に排出すると言われています。

「多種類のペプチド」
高血圧予防や健忘予防などに効果があると言われています。

「フェルラ酸」
抗酸化作用があり、がん予防やアルツハイマー予防に効果があると言われています。

その他、ビタミンやミネラル、有機酸など、人の健康に役立つ成分は600種類も含まれるとのこと。

(お問い合わせ先)
株式会社FARM8 TEL 0258-94-5518

Share

DRESS NEWS

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウント。ニュース記事を配信します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article