安藤 美冬 さんが 2014/11/03 に更新
「ワーキングカフェ」って本当に使える!

「ワーキングカフェ」って本当に使える!

私はPC(Mac Book Air 11インチ)とスマホ(iPhone 5s)とバッテリー類をいつもバッグに入れて仕事をしています。朝から夜まで仕事、イベントや展示会への参加、会食とだいたい5〜6アポくらいこなすのですが、20分…

ノマド 起業 フリーランス ワーキングカフェ おすすめ 働き方

私はPC(Mac Book Air 11インチ)とスマホ(iPhone 5s)とバッテリー類をいつもバッグに入れて仕事をしています。朝から夜まで仕事、イベントや展示会への参加、会食とだいたい5〜6アポくらいこなすのですが、20分でも30分でも時間ができると、近くのカフェに駆け込むのが日常です。最近では電源やWi-Fiを備えたカフェが都内のあちこちにオープンして、私のようなノマドワーカーには本当にありがたい限りなのです。

先日、TBS朝の情報番組「あさチャン」にゲストコメンテーターとして出演してきました。フリーアナウンサーの夏目三久さん、言語学者の斎藤孝さんが司会を務める番組です。生放送への出演はとても楽しかったのですが、それはさておき、斎藤孝さんの著作に『15分あれば喫茶店に入りなさい』という本があります。

喫茶店といえば「人と過ごす」「打ち合わせをする」「読書をしたり、休憩をしたりする」など用途は様々なのですが、本書には15分という限られた時間でも効率良く勉強や仕事を行うためのノウハウがたっぷりとつまっています。斎藤孝さん曰く、ひとりきりで作業するよりも周囲に他人がいてほどよく騒音のある場所の方が緊張感を生むこと、さらには次の予定まで「あと15分」という制約ある時間のほうが、ダラダラせずに集中して作業ができるのだとか。

私自身も毎日のようにカフェに足を運んで、PCを開いてスマホを充電しつつ、様々な仕事をしています。メールのチェック、請求書や見積書出し、企業さんへの企画書やポートフォリオ作成、連載コラムや書籍の執筆……。先に述べた通り、最近では電源やWi-Fiを完備した「ワーキングカフェ」はいたるところにあるし、しかも「ワーキングカフェ」にかつてはありがちだった「ごはんは美味しくない」「タバコ臭い」「ドリンクの種類が少ない」従来のイメージを大きく覆すカフェばかりなのです。

ではここで、電源やWi-Fiを完備していて、かつ仕事に適した「ワーキングカフェ」でありながら、美味しくてヘルシーな食事、おしゃれな空間、駅近など利便性、豊富なメニューなど、数々のわがままに答えてくれるカフェを3軒紹介します。

春水堂
台湾発タピオカミルクティーが飲めるお店。表参道、代官山、六本木に店舗があり、いずれも駅からほど近い場所にあります。コーヒーに飲み飽きたり、ちょっと甘いもので心を癒したい時に立ち寄るカフェです。女性客多し。カウンター席に電源があり、Wi-Fiも快適に使えます。

REVIVE KITCHEN
人気コスメブランド「THREE」を食べる、をコンセプトとしたカフェ。朝7時からオープンしていて、出勤前のひと時も過ごせる。ニューヨークでブレイクしたグルテンフリーパスタ&パンケーキや、野菜や果物をぎゅっと閉じ込めたコールドプレスジュースなどヘルシーなごはんが楽しめます。一部に電源席あり、Wi-Fi完備。

BROOK’S CAFÉ
神宮前交差点という最高の立地にありながら、いつも空いている穴場中の穴場。地下と合わせると合計300席あり、電源席もここならまず確保できます。Wi-Fiももちろんあり。次の予定まで少しでも時間があれば、このカフェに飛び込んでコーヒーを片手にPC仕事。

ドリンク一杯程度の投資だと割り切って、細切れ時間をカフェで過ごすようになったら、「1日の濃度」がぐっと増した気がします。限りある一度きりの人生、時々ゆるめてぼーっとしたり、ゲームをしたりするのもいいけれど、普段はできるだけ多くの仕事をこなし、本を読み、思考を深めて日々を充実させたい! そんな私にとって、「ワーキングカフェ」はデジタルツールと自分の心身のエネルギー両方を充電してくれるありがたい存在。さあ、今日はどこで仕事をしようかな。

関連する投稿


【起業女性インタビュー #3】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

【起業女性インタビュー #3】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

大学病院で助産師として活躍した後、40歳でアロマトリートメントのサロンを起ち上げた西宮直美さん。病院内で産前産後の患者さんのケアを行ううち、限られた時間内でのサービスには限界があり、さらに満足のいくサポートを提供したいと感じたのだといいます。今回、西宮さんが安定した環境を飛び出し、起業した経緯についてお話を伺いました。


【起業女性インタビュー #2】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

【起業女性インタビュー #2】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

大学病院で助産師として活躍した後、40歳でアロマトリートメントのサロンを起ち上げた西宮直美さん。病院内で産前産後の患者さんのケアを行ううち、限られた時間内でのサービスには限界があり、さらに満足のいくサポートを提供したいと感じたのだといいます。今回、西宮さんが安定した環境を飛び出し、起業した経緯についてお話を伺いました。


【起業女性インタビュー #1】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

【起業女性インタビュー #1】助産師からアロマトリートメントオーナーへの道のり

大学病院で助産師として活躍した後、40歳でアロマトリートメントのサロンを起ち上げた西宮直美さん。病院内で産前産後の患者さんのケアを行ううち、限られた時間内でのサービスには限界があり、さらに満足のいくサポートを提供したいと感じたのだといいます。今回、西宮さんが安定した環境を飛び出し、起業した経緯についてお話を伺いました。


独立するまで 独立してから #5 平野宏枝

独立するまで 独立してから #5 平野宏枝

ビューティープロデューサーとして美容関連事業を行う平野宏枝さん。キャリアのスタートはコールセンターや百貨店勤務などでした。雇われていた時代は「他人軸で行動していた」と振り返る平野さんは、独立後、自分軸で生きようと気持ちを切り替え、活躍の幅を増やしていきます。彼女が飛躍した背景を探ります。


働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

自分が働いているから子どもと過ごす時間が少なく、「寂しい思いをさせているかもしれない」と思い悩む母は少なくないはず。でも、一緒にいる時間の長さと愛情の量は無関係。短時間でも全力で子どもと向き合えばいい。がんばる母の背中を子どもはしっかり見ていて、愛情を感じているはずだから。


最新の投稿


結婚に焦りすぎると重い女に【シモ8タロット占い】

結婚に焦りすぎると重い女に【シモ8タロット占い】

20代のときに片想いをしていた男性と再会した37歳女性。高収入、高学歴の彼をなんとかモノにしたい……。悩める女性に対し、タロットのお告げとは。


島袋寛子が婚約! 12歳差のカップルを「デキ婚?」と想像してしまう女の結婚観

島袋寛子が婚約! 12歳差のカップルを「デキ婚?」と想像してしまう女の結婚観

島袋寛子さんが12歳年下の俳優の早乙女友貴さんとの婚約を発表。「一回りも違うの!?」と驚いた方もいるのでは。でも、その「12歳差の姉さん女房」を、特殊扱いしてしまう価値観が、女を不自由にし、女の幸せを凝り固まらせているのかもしれない。


美しさは口元から♡ 美容イベントをレポート

美しさは口元から♡ 美容イベントをレポート

9月29日、恵比寿で美容セミナー『アンチエイジングは顔下半分から』と題して、講師の野本歯科医師と、 リフトアップ美容液 PIM(ピム)ハイドヴェール施術体験会が開催されました。


借金の悩みとおさらば。債務整理で心と返済金額が軽くなる

借金の悩みとおさらば。債務整理で心と返済金額が軽くなる

「今月の生活費が足りない」「急な病気で」など、私たちが生きていく中で、お金はどうしたって必要です。実は借金がある……なんて女性も少なくありません。少しの金額がいつの間にか多額になっているケースも。そんなときは、「債務整理」をするだけで、「お金を返さなきゃ」という切迫感から解放されます。


この世界に入るきっかけを作ってくれたのは両親【レーシングドライバー・山田遼選手インタビュー #1】

この世界に入るきっかけを作ってくれたのは両親【レーシングドライバー・山田遼選手インタビュー #1】

レーシングドライバー・山田遼選手のインタビューを3回に渡ってお届けします。