「ワーキングカフェ」って本当に使える!

「ワーキングカフェ」って本当に使える!

私はPC(Mac Book Air 11インチ)とスマホ(iPhone 5s)とバッテリー類をいつもバッグに入れて仕事をしています。朝から夜まで仕事、イベントや展示会への参加、会食とだいたい5〜6アポくらいこなすのですが、20分…


私はPC(Mac Book Air 11インチ)とスマホ(iPhone 5s)とバッテリー類をいつもバッグに入れて仕事をしています。朝から夜まで仕事、イベントや展示会への参加、会食とだいたい5〜6アポくらいこなすのですが、20分でも30分でも時間ができると、近くのカフェに駆け込むのが日常です。最近では電源やWi-Fiを備えたカフェが都内のあちこちにオープンして、私のようなノマドワーカーには本当にありがたい限りなのです。

先日、TBS朝の情報番組「あさチャン」にゲストコメンテーターとして出演してきました。フリーアナウンサーの夏目三久さん、言語学者の斎藤孝さんが司会を務める番組です。生放送への出演はとても楽しかったのですが、それはさておき、斎藤孝さんの著作に『15分あれば喫茶店に入りなさい』という本があります。

喫茶店といえば「人と過ごす」「打ち合わせをする」「読書をしたり、休憩をしたりする」など用途は様々なのですが、本書には15分という限られた時間でも効率良く勉強や仕事を行うためのノウハウがたっぷりとつまっています。斎藤孝さん曰く、ひとりきりで作業するよりも周囲に他人がいてほどよく騒音のある場所の方が緊張感を生むこと、さらには次の予定まで「あと15分」という制約ある時間のほうが、ダラダラせずに集中して作業ができるのだとか。

私自身も毎日のようにカフェに足を運んで、PCを開いてスマホを充電しつつ、様々な仕事をしています。メールのチェック、請求書や見積書出し、企業さんへの企画書やポートフォリオ作成、連載コラムや書籍の執筆……。先に述べた通り、最近では電源やWi-Fiを完備した「ワーキングカフェ」はいたるところにあるし、しかも「ワーキングカフェ」にかつてはありがちだった「ごはんは美味しくない」「タバコ臭い」「ドリンクの種類が少ない」従来のイメージを大きく覆すカフェばかりなのです。

ではここで、電源やWi-Fiを完備していて、かつ仕事に適した「ワーキングカフェ」でありながら、美味しくてヘルシーな食事、おしゃれな空間、駅近など利便性、豊富なメニューなど、数々のわがままに答えてくれるカフェを3軒紹介します。

春水堂
台湾発タピオカミルクティーが飲めるお店。表参道、代官山、六本木に店舗があり、いずれも駅からほど近い場所にあります。コーヒーに飲み飽きたり、ちょっと甘いもので心を癒したい時に立ち寄るカフェです。女性客多し。カウンター席に電源があり、Wi-Fiも快適に使えます。

REVIVE KITCHEN
人気コスメブランド「THREE」を食べる、をコンセプトとしたカフェ。朝7時からオープンしていて、出勤前のひと時も過ごせる。ニューヨークでブレイクしたグルテンフリーパスタ&パンケーキや、野菜や果物をぎゅっと閉じ込めたコールドプレスジュースなどヘルシーなごはんが楽しめます。一部に電源席あり、Wi-Fi完備。

BROOK’S CAFÉ
神宮前交差点という最高の立地にありながら、いつも空いている穴場中の穴場。地下と合わせると合計300席あり、電源席もここならまず確保できます。Wi-Fiももちろんあり。次の予定まで少しでも時間があれば、このカフェに飛び込んでコーヒーを片手にPC仕事。

ドリンク一杯程度の投資だと割り切って、細切れ時間をカフェで過ごすようになったら、「1日の濃度」がぐっと増した気がします。限りある一度きりの人生、時々ゆるめてぼーっとしたり、ゲームをしたりするのもいいけれど、普段はできるだけ多くの仕事をこなし、本を読み、思考を深めて日々を充実させたい! そんな私にとって、「ワーキングカフェ」はデジタルツールと自分の心身のエネルギー両方を充電してくれるありがたい存在。さあ、今日はどこで仕事をしようかな。

この記事のライター

フリーランサー、コラムニスト。1980年生まれ、東京育ち。(株)集英社で広告と書籍の宣伝業務を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した肩書や専門領域にとらわ れない独自のワーク&ライフ...

関連する投稿


「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」。がんばって働いていても、ふと不安になるときがある。そんなときに心の中で「疲れた、仕事辞めたい」とつぶやくわたしがいる。わたしの仕事は、わたしの代わりに誰でもできるのでは。今のままでいいのかな。この仕事、辞めたいかも……そんなあなたへ届けたいショートストーリーです。


自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自信を持てるようになり、積極的に動けるようになります。つまり、自分らしく働きたい(生きたい)なら、自己肯定感を高めることが先決! そのためにまずは「自分を褒める」ことから始めてみませんか。


好きな仕事で独立するということ【独立するまで 独立してから #6】

好きな仕事で独立するということ【独立するまで 独立してから #6】

会社を辞めて独立して仕事をしたい、自分らしく働きたい、と考える方もいるのでは。できるなら、好きな仕事で独立したい。そんな夢を実現した諸戸佑美さんが、独立して仕事をすること、について綴ります。


チェコに移住した三児の母が考える、海外で仕事をするということ

チェコに移住した三児の母が考える、海外で仕事をするということ

チェコに移住して5年。育児休暇や子供手当ても終わり、仕事を見つけるべく、ハローワークに通う私。のんびりとした国で、どう自分らしく生きていこうか、模索する日々を綴ります。


成果を出す人が投資しているたった2つのこと

成果を出す人が投資しているたった2つのこと

成果とは、あることをして得られた良い結果のこと。でも、成果を上げようと思っても、成果は出せるものではない。では、何が必要なのか。石田ごうきさんが解説します。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。