安藤 美冬 さんが 2014/11/03 に更新
「ワーキングカフェ」って本当に使える!

「ワーキングカフェ」って本当に使える!

私はPC(Mac Book Air 11インチ)とスマホ(iPhone 5s)とバッテリー類をいつもバッグに入れて仕事をしています。朝から夜まで仕事、イベントや展示会への参加、会食とだいたい5〜6アポくらいこなすのですが、20分…

ノマド 起業 フリーランス ワーキングカフェ おすすめ 働き方

私はPC(Mac Book Air 11インチ)とスマホ(iPhone 5s)とバッテリー類をいつもバッグに入れて仕事をしています。朝から夜まで仕事、イベントや展示会への参加、会食とだいたい5〜6アポくらいこなすのですが、20分でも30分でも時間ができると、近くのカフェに駆け込むのが日常です。最近では電源やWi-Fiを備えたカフェが都内のあちこちにオープンして、私のようなノマドワーカーには本当にありがたい限りなのです。

先日、TBS朝の情報番組「あさチャン」にゲストコメンテーターとして出演してきました。フリーアナウンサーの夏目三久さん、言語学者の斎藤孝さんが司会を務める番組です。生放送への出演はとても楽しかったのですが、それはさておき、斎藤孝さんの著作に『15分あれば喫茶店に入りなさい』という本があります。

喫茶店といえば「人と過ごす」「打ち合わせをする」「読書をしたり、休憩をしたりする」など用途は様々なのですが、本書には15分という限られた時間でも効率良く勉強や仕事を行うためのノウハウがたっぷりとつまっています。斎藤孝さん曰く、ひとりきりで作業するよりも周囲に他人がいてほどよく騒音のある場所の方が緊張感を生むこと、さらには次の予定まで「あと15分」という制約ある時間のほうが、ダラダラせずに集中して作業ができるのだとか。

私自身も毎日のようにカフェに足を運んで、PCを開いてスマホを充電しつつ、様々な仕事をしています。メールのチェック、請求書や見積書出し、企業さんへの企画書やポートフォリオ作成、連載コラムや書籍の執筆……。先に述べた通り、最近では電源やWi-Fiを完備した「ワーキングカフェ」はいたるところにあるし、しかも「ワーキングカフェ」にかつてはありがちだった「ごはんは美味しくない」「タバコ臭い」「ドリンクの種類が少ない」従来のイメージを大きく覆すカフェばかりなのです。

ではここで、電源やWi-Fiを完備していて、かつ仕事に適した「ワーキングカフェ」でありながら、美味しくてヘルシーな食事、おしゃれな空間、駅近など利便性、豊富なメニューなど、数々のわがままに答えてくれるカフェを3軒紹介します。

春水堂
台湾発タピオカミルクティーが飲めるお店。表参道、代官山、六本木に店舗があり、いずれも駅からほど近い場所にあります。コーヒーに飲み飽きたり、ちょっと甘いもので心を癒したい時に立ち寄るカフェです。女性客多し。カウンター席に電源があり、Wi-Fiも快適に使えます。

REVIVE KITCHEN
人気コスメブランド「THREE」を食べる、をコンセプトとしたカフェ。朝7時からオープンしていて、出勤前のひと時も過ごせる。ニューヨークでブレイクしたグルテンフリーパスタ&パンケーキや、野菜や果物をぎゅっと閉じ込めたコールドプレスジュースなどヘルシーなごはんが楽しめます。一部に電源席あり、Wi-Fi完備。

BROOK’S CAFÉ
神宮前交差点という最高の立地にありながら、いつも空いている穴場中の穴場。地下と合わせると合計300席あり、電源席もここならまず確保できます。Wi-Fiももちろんあり。次の予定まで少しでも時間があれば、このカフェに飛び込んでコーヒーを片手にPC仕事。

ドリンク一杯程度の投資だと割り切って、細切れ時間をカフェで過ごすようになったら、「1日の濃度」がぐっと増した気がします。限りある一度きりの人生、時々ゆるめてぼーっとしたり、ゲームをしたりするのもいいけれど、普段はできるだけ多くの仕事をこなし、本を読み、思考を深めて日々を充実させたい! そんな私にとって、「ワーキングカフェ」はデジタルツールと自分の心身のエネルギー両方を充電してくれるありがたい存在。さあ、今日はどこで仕事をしようかな。

関連する投稿


「結婚できないんじゃないんです、しないんです」と言える人生を生きよう

「結婚できないんじゃないんです、しないんです」と言える人生を生きよう

「普通のOL」って何? 寿退社しか将来の道がないなんて、ホントにそう? わたしには才能がない、だから結婚するしかないと、息苦しい気持ちで生きているあなたに贈るコラムです。


今最前線で輝く女性は「第2陣」かも【塩村あやか 連載 #4】

今最前線で輝く女性は「第2陣」かも【塩村あやか 連載 #4】

現在、第一線で働き、輝いている女性たちの背後には、“第1陣”として戦った女性たちがいるはず。彼女たちに敬意を払いたい――。


40歳を超えても再スタートできる【元OLの起業ストーリー #1】

40歳を超えても再スタートできる【元OLの起業ストーリー #1】

特技も専門性も何もない、40歳を過ぎた元OLが起業という新しい道を選び、幸せな人生を手に入れるために奮闘する起業ストーリーをお届けします。


涙の力で人間関係の悩みから解放される【心と体がととのう、週末涙活デトックス #6】

涙の力で人間関係の悩みから解放される【心と体がととのう、週末涙活デトックス #6】

泣語家の泣石家 霊照さんに「人間関係にまつわるストレスを解消できる」映画を集めていただきました。皆さんは今夜、どれを観る?


【前を向いて生きるということ #4】ビジネスプランコンテストに参加。見えてきた課題は?

【前を向いて生きるということ #4】ビジネスプランコンテストに参加。見えてきた課題は?

30代半ばの働き盛りのときに、胆管がん(ステージ4)の宣告を受けた西口洋平さん。仕事と家庭を大事にしながら、自身と同じ「子どもを持つがん患者」をサポートするWebサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げ、普及させる取り組みを行っています。「今、できること」と向き合い、行動する西口さんの不定期連載をお届けします。


最新の投稿


「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第2話

「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第2話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。


【2016夏ドラマ ご勝手レビュー #8】「HOPE ~期待ゼロの新入社員~」第1話

【2016夏ドラマ ご勝手レビュー #8】「HOPE ~期待ゼロの新入社員~」第1話

【2016 夏ドラマ ご勝手予報】を担当しました小耳沢とバルサミコが責任とります! 夏クールの各ドラマ初回放送を観て、ご勝手レビューをお届け。フジテレビ日曜9時枠に新風。プロ囲碁棋士を目指すも挫折した高卒22歳が、インターンを経て一流商社マンに!? 韓国で熱狂的支持を得た作品をドラマ化。爽快感、格別です!


書き出したから彼と出会い、人生が変わった。結婚相手に求める100の条件(#21〜#30)

書き出したから彼と出会い、人生が変わった。結婚相手に求める100の条件(#21〜#30)

大学進学と同時に「結婚相手に求める100の条件」を定めた大岩仁実さん。文章として書き出すことで本当に必要なもの、実は不要なものがクリアになり、見事理想通りの男性を射止め、家族3人幸せな暮らしを満喫している。「思考は現実化する」を体現した彼女の例を参考に、書き出すことから始めよう。


【8月21日開催】あなたの浴衣姿をスナップ! DRESS着物部企画 「夏の屋形船クルーズ」

【8月21日開催】あなたの浴衣姿をスナップ! DRESS着物部企画 「夏の屋形船クルーズ」

お台場、スカイツリー、勝鬨橋などを周遊する船の上で景色を楽しみながら、 美味しいお刺身やてんぷら料理とお酒を味わい、交流を深めましょう。


五郎丸選手じゃないけれど……。私のルーティーン

五郎丸選手じゃないけれど……。私のルーティーン

『DRESS MARKET』で販売中!! DRESS世代のオトナ女子のライフスタイルを充実させる、全国のオススメな良品をご紹介します。