1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. トマト農家に生まれていたら私はもっと美肌だったかもしれない、という妄想

トマト農家に生まれていたら私はもっと美肌だったかもしれない、という妄想

Share

「トマトジュース美容」を16歳のときから、30代になった今も続けています。毎日トマトジュースを飲むようになり、2カ月が経った頃に気づいたのは、「顔が白くなった、日に焼けにくくなった、痩せた」という3つの変化が起きていたこと。連載【エルメス、今夜も好きにします】#3では、トマトジュース美容を楽しく続ける方法を提案します。

トマト農家に生まれていたら私はもっと美肌だったかもしれない、という妄想

■トマトジュース美容を続けた結果、気づいたこと

16歳くらいから私が続けている美容、そして健康習慣といえば、「トマトジュース」を飲むことです。

なぜトマトジュースかというと、美意識の高い母が、「トマトジュースは痩せるし、便通に良いし、病気にならないし、肌にも良いんだって!」と言って、毎日のようにトマトジュースを勧めてきたことにあります。

そして小さい頃からトマトが大好物の私にとって、トマトジュースは好きな飲み物のひとつにも入ることから、毎日飲むのがむしろ楽しみなくらいでした。

最初のうちは気休めにしか思わなかったものの、毎日飲むようになって2カ月を過ぎた頃に実感することがいくつかありました。

顔が白くなった、日に焼けにくくなった、痩せた。この3つです。

もともと肌は白いですが赤みがあるほうで、ファンデーションや色付きの日焼け止めが必須でした。しかし、だんだん肌に色むらがなくなり、均一に白くなりました。

その影響でさらに肌が白く見えるようになりました。白ければ良い、という美白信仰はないですが、色ムラがあると顔色はもちろん、服の色もくすんで見えることもあるので、明らかに肌が垢抜けた気がしました。さらに肌のキメが細かくなり、ニキビも改善されていいことづくめ。

その次に、日に焼けにくくなったこと。白い肌の人は、シミやそばかすなどができやすいですが、若さもあって20代前半までは、そういった悩みとは無縁の肌でした。

今は加齢による自然な変化や忙しい生活を送っていることもあり、多少シミやそばかすができてしまいました。それでも肌が綺麗と褒められることの方が多いです。

また、30代に入ると気になる人も多い“シワ”が1本もまだできていないことを考えると、トマトジュースの抗酸化作用なのではないか? と考えています。シワの原因は8割が紫外線と言われるので、紫外線に対してのアンチエイジング効果も高いように思えます。

最後に、女性には嬉しいダイエット効果。少し前にトマトジュースダイエットなるものが流行りましたが、1日中もりもり食べている思春期を思い出すと、体重が増えることはなく、むしろ少しずつ減っていました。

調べてみると、どうやらトマトジュースに含まれる成分が脂肪の吸収を穏やかにし、脂肪燃焼効果を助ける作用もあるのだそうです。

こうしてみると良いことづくめのトマト。大学時代、同じサークルの先輩に、トマト農家の息子さんがいました。その先輩に、トマトが毎日食べられるなんて羨ましい! と言ったところ、自分はトマトが好きじゃないが、両親は毎日トマトジュースを飲んでいる(加工用トマトの農家さんでした)。そして、見た目も若く、畑作業をしているのに肌が白いと聞いて、ますますトマトの効能に酔いしれることとなったのでした。

■トマトは美容の救世主

私はずっと長いこと味が好みで、スーパーでも手軽に手に入るカゴメのトマトジュースを愛飲しています。カゴメはトマトに関する独自の研究結果をホームページに掲載しています。

拝見したところトマトには驚きの美容効果があり、トマトに対する私の信頼性も非常に増しました。

しみ(美白効果)メラニン生成抑制
しわ コラーゲン産生促進
日焼け 日焼け予防
肥厚抑制
肌状態 角質層状態の改善
眼下のシワの改善

トマトに含まれているリコピンは、高い抗酸化作用を持ち、その抗酸化作用はビタミンEのなんと100倍以上!

美容効果以外にも、健康にも良い影響をもたらすようで、生活習慣病の緩和、がんの予防などにも効果があるのではないかと、今も研究が続けられているそうです。

■トマトジュース美容法

トマトの素晴らしさがわかったところで、私が実践しているトマトジュース美容のやり方をご紹介します。

・トマトジュースは寝る前に1杯
・できれば朝も1杯飲むのがおすすめ
・日焼け、紫外線を浴びた際は、トマト料理とトマトジュースというように、食事におけるトマトの割合を増やす

毎日同じ味だと飽きてしまうので、塩コショウ、タバスコを加えてカクテルのブラッディーメアリー風にしてみたり、胃の調子が良くないときなどは少し温めていただくことも。

便通が良くないときは、少し温めたトマトジュースにオリーブオイルをティースプーンひとさじ入れて飲むと良いですよ。

トマトは熱を加えたり、良質な油と一緒に摂ったりすると、吸収されやすくなるため、時間に余裕がある人はトマト料理を取り入れても良いです。

手軽かつヘルシーに摂るなら、ミネストローネスープがラクなので、私も定期的に作っています。

レシピ
1、玉ねぎ、人参、ピーマン、ブロッコリー、トマトを刻んで、オリーブオイル大さじ1杯で軽く炒める
2、水を適量入れて、コンソメ(顆粒固形そちらでも)を入れる
3、温まったらトマトジュースを1本丸ごと入れる
4、最後に塩胡椒で味を整えてできあがり

野菜から水分が出るので、味付けは最後にするのが良いでしょう。

■トマトジュースを飲んで、美しく

トマトを毎日料理するとなると、手間暇がかかったり、昨今の価格高騰により手に入りづらかったりと、ちょっと大変かもしれません。そこでおすすめなのが、手軽かつ経済的にできるトマトジュース美容。

トマトジュースでもトマトの恩恵を受けることができるのです。

あわせて摂るのがもちろん良いですが、手軽に取り組めるトマトジュース美容からスタートしてみてはいかがでしょう。

ずっと美しくありたい方にトマトはおすすめです。今日からでも明日からでも、試してみてくださいね。

Share

エルメス

ホラー映画、おしゃれとハイブランド、漫画とコスメリップをこよなく愛するハーフの30代。長年ファッション誌で勤務。現在は起業家。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article