そろそろ英語の学び直し

そろそろ英語の学び直し

最近、「学習欲」が高まっています。読書をしたり面白そうな場所に出かけることは以前からしていたのですが、まとまって何かを存分に勉強したい……例えば大学院に通うとか、資格試験に挑戦するとか、そういったことです。 特に今週末開講する1年以内に独立起業を目指す女性のためのコミュニティ型スクール『DRESS自立塾』をはじめ、社会人を対象にSNSでの発信技術が学べる『自分をつくる学校』など「学び場」に多く関わっていることもあって、少々アウトプット過多を感じていた頃なのです。自分自身の引き出しを充実させて始めて、人に仕事として何かを与えられる訳ですから、インプットも今以上にしっかりやりたい。


最近、「学習欲」が高まっています。読書をしたり面白そうな場所に出かけることは以前からしていたのですが、まとまって何かを存分に勉強したい……例えば大学院に通うとか、資格試験に挑戦するとか、そういったことです。
特に今週末開講する1年以内に独立起業を目指す女性のためのコミュニティ型スクール『DRESS自立塾』をはじめ、社会人を対象にSNSでの発信技術が学べる『自分をつくる学校』など「学び場」に多く関わっていることもあって、少々アウトプット過多を感じていた頃なのです。自分自身の引き出しを充実させて始めて、人に仕事として何かを与えられる訳ですから、インプットも今以上にしっかりやりたい。
……そんな事を考えながら、都内の大学院のホームページをチェックしたり、いっそのこと専門学校にでも通おうかと逡巡していた矢先に、学びたい事にでくわしました。王道中の王道でちょっと恥ずかしいのですが、それは「英語」です。

8月から9月にかけて、海外を数カ国まわってきました。妹の結婚式で台湾、11月に発売予定の本の取材のためにスリランカ、そして「地球一周の船旅 ピースボート」の水先案内人(船内で講演などを行う仕事)としてルーマニア、カタール、ギリシャのミコノス島とアテネ、ロシアのソチ、ウクライナ。
今回は「エボラ出血熱」のために渡航が延期となってしまいましたが、伊藤忠商事さんと毎日新聞さんからの依頼を受けて、「MOTTAINAIキャンペーン」の一環でケニアのナイロビへの取材も予定していました(半年後に渡航予定)。
10代の頃から夢だった海外での仕事が少しずつ実現してきて、そろそろ英語を本格的に勉強したい、いや、ちゃんとコミュニケーションを取って仕事がしたい!と思い始めたのです。

大学時代はオランダのアムステルダム大学へ1年間留学をしたこともありましたし、これまで数十カ国を旅してきたものの、20代で英語力はすっかり落ちてしまいました。
それにもともと、英語で「ビジネス」をした経験もありませんし、話せるのはせいぜい日常会話程度。今では観光英語くらいしか使わないので、それすらも怪しい。留学中だって落ちこぼれで、満足にレポートも書けず発言もたどたどしかったので、他の留学経験者に比べると何とも心もとないのです。一時は「英語は通訳を介せばいい」「翻訳機で十分」と考えていましたが、それは考え改めました。様々な情報を今後インプットするにあたって、日本語しか扱えないのはきっと致命的。
人にいちいち翻訳依頼を出してはお金も時間もかかるわけですし、自分でネット、書籍、リアルな出会いから英語の最新情報を得られるようになりたい……。
今年夏の海外渡航経験でそう痛感させられたのです。

じゃあ、どうやって英語を勉強しようか。様々に考えてみたのですが、周囲でも経験者の多い「セブ島への語学留学」を試してみることにしました。ちょっとベタかもしれませんが、何よりも「衣食住と講義料含めて1ヶ月10万円から」という激安な価格と、欧米のそれと異なり基本的にはマンツーマンレッスンがふんだんに用意されているカリキュラムを見てみて、ここが一番いい気がしています。経験した人は、口を揃えて「おすすめ!」と言ってくれましたし。

……という訳で、今後時間をかけて「英語の学び直し」をやっていきます。まずはオンライン英会話や英語の教科書を買い求めて再び英語環境に慣れてみてから、来年は1ヶ月くらいまとめて休みをとって、セブ島で英語浸けになってみようと思います。ここで言い出したからには有言実行しないとかっこわるい(笑)ですから、どうか引き続きレポートにおつきあいください。

学習欲が冷めきらないうちに、まずは一歩を踏み出してみます!

この記事のライター

フリーランサー、コラムニスト。1980年生まれ、東京育ち。(株)集英社で広告と書籍の宣伝業務を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した肩書や専門領域にとらわ れない独自のワーク&ライフ...

関連するキーワード


語学 海外留学 DRESS自立塾

関連する投稿


【ビジネス英語勉強法】英語が苦手だった私が海外企業で働くためにやったこと

【ビジネス英語勉強法】英語が苦手だった私が海外企業で働くためにやったこと

ビジネス英語を使えるようになりたい。でも、どう勉強すればいいの? 仕事上、英語を話せるに越したことはないとわかっちゃいるけれど、一体どうすればビジネス英語をものにできるのでしょうか。英語が苦手だった非帰国子女の筆者が、海外企業で働けるくらいの英語力を身につけた、独自のビジネス英語勉強法をお伝えします。


「まずGiveがくる人」になれば、仕事の成果は必ず上がる 【覆面姉さんのワサビトーク@DRESSING ROOM #8】

「まずGiveがくる人」になれば、仕事の成果は必ず上がる 【覆面姉さんのワサビトーク@DRESSING ROOM #8】

「どんなに仕事ができたとしても、一人の力ではその仕事の成果は1倍にしかならない。協力者が多ければ、成果は2倍にも3倍にもなる。助けてもらうこと、協力してもらうことは、悪いことではなく、良いことなんだ」。上司からそう諭された日から、OLIVEさんのパフォーマンスは大きく変わっていったのです。


仕事って楽しい。「責任がある」と自覚すると仕事は面白くなる~起業に至る道

仕事って楽しい。「責任がある」と自覚すると仕事は面白くなる~起業に至る道

出産後に働き始めた会社で「仕事って楽しい!」と初めて実感した端羽英子さん。責任のある仕事を任せてもらえたからこそ、そう感じられるようになったと振り返ります。そんな中、夫の海外留学が決まり……。


これからの働き方は、例えるならば山登りではなく山歩き  〜キャリア・スライディングのすすめ〜

これからの働き方は、例えるならば山登りではなく山歩き  〜キャリア・スライディングのすすめ〜

一つの仕事にしがみつかず、一つのスキルに頼りすぎない。複数の仕事を同時並行的にやってみる。別のスキルを磨いてみる……時代の変化にしなやかに対応するために、「キャリア・スライディング」という働き方を考えてみませんか。


夢の叶え方。「目標型」と「展開型」あなたはどっち?

夢の叶え方。「目標型」と「展開型」あなたはどっち?

夢を叶える人は「目標型」と「展開型」の2つのタイプに分かれます。安藤 美冬(あんどう みふゆ)さんの連載、第21弾は「夢の叶え方」について。これを機会に、あなたの夢の叶え方がどちらのタイプに当てはまるのか、是非一度考えてみてください。


最新の投稿


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。