“雪の結晶を飲む”ような本格派スパークリング日本酒でうっとりと酔うひとときを

“雪の結晶を飲む”ような本格派スパークリング日本酒でうっとりと酔うひとときを

2018年もまもなく2月。寒さも極まり、ツンとする空気のなか、感性も研ぎ澄まされる季節を寄り添う美しい日本酒『白那』に出逢いました。Makuake限定、1月30日(火)18時まで数量・期間限定で販売中なのでお見逃しなく。


ロマンチックな体験をもたらしてくれるスパークリング日本酒『白那』。現在、クラウドファンディングサイトの「Makuake」にて販売中のため、体験できるところはまだ数多くありません。今回は特別に、プロジェクトメンバーであるKURANDさんにお願いし、特別にDRESS日本酒部の部員で体験してみました。

■“雪の結晶を飲む”氷点下が生み出す新しい「スパークリング日本酒」

まるで晴れ着のような鮮やかな赤いバックから取り出すのは、「赤い糸」をまとっているかのような、華やかでロマンチックな佇まいのボトル。ゆっくりとボトルを傾けると、ひんやりとしたボトルの中を「雪の結晶※」が舞い、まるでスノードームのような光景にうっとり。

グラスに注ぐと、手の中にも「雪の結晶」がキラキラと舞う小さな美しい世界が。「雪の結晶」を注いでもらうような感覚に、つい少女のようにはしゃいでしまいます。

※「雪の結晶」とは、もろみを荒濾し(あらごし)することで生まれる日本酒の濁り成分の例えです。主成分は米で、微量な酵母を含みます。

そっと口に運ぶと、まず感じられるのは氷点下というひんやりとした口当たり。すぐに飲み込まずに舌の上で転がすと、プチプチと泡が弾け、華やかな香りと、甘酸っぱい味わいが口の中いっぱいに広がります。雪のような冷たくてすっきりとした味わいから香りが開き、そして日本酒本来の米の旨味をしっかりと感じ、後味は爽やか。これほどまでに香りと味わいの変化を楽しめる日本酒に出逢ったのは初めてです。

■シャープの技術による「美しい雪が永遠に続くような体験」

この、見た目にも、味わいにも初めての感覚をもたらしてくれるスパークリング日本酒「白那」。特殊な蓄冷材料を開発したシャープと、日本酒の新しい飲み方を提案するKURAND、150年以上の歴史を持つ埼玉の老舗酒蔵・滝澤酒造のコラボレーションによって誕生しました。まさに、テクノロジーと伝統が融合した全く新しいスパークリング日本酒です。

シャープの液晶技術の研究により誕生した氷点下に冷やし続けることができる蓄冷「TEKION LAB保冷バック」で、滝澤酒造の伝統的な製造方法でつくられた本格派スパークリング日本酒をー2℃にキ
ープすることで、雪の余韻が口の中で永遠に続くような体験が味わえます。

■DRESS日本酒部員にも大好評

おいしい日本酒をたくさん知っているDRESS日本酒部員。そんな皆さんもひと口飲んだら「おいしい~!」と大絶賛。

「バレンタインギフトで用意して自分も一緒に楽しみたい!」
「ほかのスパークリング日本酒は甘くて苦手だったけど、白那は後味がドライでホ
ントにおいしい!」
「氷点下がお店でなくて、お家でできるのが素敵。」
「ー2℃という冷たすぎない温度が日本酒のおいしさも感じられる、ちょうどいい温
度。」
「この白那で最初に乾杯したい!」

「お酒好きの人にも自信をもってオススメしたい!」と太鼓判をいただき
ました。

「雪の結晶」が舞っているかのような美しい見た目と、爽快な飲み心地。シャンパンはもともと、泡がはじける音を「天使の拍手」、沸き立つ泡を「幸せが湧き上がる」と見立てたことから、乾杯用のお酒として親しまれてきました。また、泡を星にたとえて「星を飲む」と表現したことから、ロマンチックなシーンのシンボルになったと言われています。

「白那」では、シャンパンのロマンチックなストーリーに加えて、「雪の結晶を飲む」という、今までにない体験ができます。特別な人と味わいたい、本格派スパークリング日本酒でうっとりと酔うひとときを。

“雪の結晶を飲む”ハレを彩る氷点下スパークリング日本酒『白那-HAKUNA-』

Makuakeにて1月30日(火)18時まで数量・期間限定で販売中。

「雪の結晶※を飲む」ハレを彩る氷点下スパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」 | クラウドファンディング Makuake(マクアケ)

https://www.makuake.com/project/hakuna/

特殊な蓄冷材料を開発したシャープと、日本酒の新しい飲み方を提案するKURAND、150年以上の歴史を持つ埼玉の老舗酒蔵・滝澤酒造のコラボレーションが生み出すスパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」。 シャープの技術によって氷点下が維持されることで味わいの余韻が長く続き、日本酒の濁り成分がグラスの中で「雪の結晶」のように美しく舞う「全く新しいスパークリング日本酒」ができまし

今回も豪華なお土産付き!

各企業様にご協力いただき、冬の乾燥に嬉しいモイスチャークリーム、オールインワンをいただきました。

(写真左から)
・パリ発、1950年から親しまれているアンブリオリス様より、「アンブリオデルム モイスチャ―クリーム」。保湿もエイジングケアも叶うクリームです。

・セシール(イミニ・ラディーナショップ)様より「イミニ リペアセラム」(サンプルサイズ・5ml)。敏感肌にも優しいノンシリコンで、肌が本来持つハリや弾力、潤い、透明感を呼び覚まします。

この記事のライター

ガラス瓶偏愛家。国内ガラス瓶メーカーに勤務しガラス瓶の需要喚起に努める。業界初汎用印刷ボトルをプロデュースし、日本酒メーカーを中心に好評を得る。プライベートでは一児の母。出産を機に仕事中心だった価値観が変わり、様々な役割の自...

関連する投稿


イケメンが歌い上げる昭和の名曲。ビール部第4回「ディスコナイト」をレポート

イケメンが歌い上げる昭和の名曲。ビール部第4回「ディスコナイト」をレポート

ビール部の活動も4回目。今回は80年代のシティーポップ『AOR』を歌う、新進気鋭のアーティスト・岡崎友行さんを招き、ディスコライブを開催! 古き良き時代の懐かしい音楽に心も踊りました。


スイーツみたいな日本酒。まっしろでトロリと甘い「しろい酒」

スイーツみたいな日本酒。まっしろでトロリと甘い「しろい酒」

日本酒なのにまるで飲むスイーツ!? 年末年始はまっしろでトロリと甘い「しろい酒」を。今代司酒造株式会社から、今年も期間・数量完全限定で出荷開始に。


おうちクリスマスをおしゃれに楽しめる。ワイン樽熟成の日本酒「ORBIA」

おうちクリスマスをおしゃれに楽しめる。ワイン樽熟成の日本酒「ORBIA」

今年の「おうちクリスマス」は日本酒で乾杯してみては? インスタ映え間違いなしの日本酒「ORBIA」はクリスマス限定ギフトケースで手土産・プレゼントにも適しています。


1時間1500円。東京の銘酒を味わい尽くせる「東京地酒フェア」

1時間1500円。東京の銘酒を味わい尽くせる「東京地酒フェア」

“自動利き酒機”で東京の銘酒を飲み尽くそう。「東京地酒フェア」を10月23日〜27日、両国で開催します。純米・純米吟醸20種類が呑み放題! 参加の方は大吟醸10種も1杯100円で楽しめます。


第3回DRESSビール部「ビアガーデンでエイサーライブ」開催レポート

第3回DRESSビール部「ビアガーデンでエイサーライブ」開催レポート

9月30日(土)に行われた、第3回となるDRESSビール部イベント「ビアガーデンでエイサーライブ」。ビアガーデンで明るいうちから飲むお酒に、キレッキレのエイサー。「美しくなれるビアガーデン」で、ひと時の納涼会となりました。今回はその様子をお伝えします


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。