「愛は技術」が教えてくれた、孤独から脱する方法【結婚は、本から学ぶ #6】

「愛は技術」が教えてくれた、孤独から脱する方法【結婚は、本から学ぶ #6】

本を通して恋愛や結婚について学ぶ本連載の第6回では、川崎貴子さんの『愛は技術』について書きました。様々なメディアで婚活女性を応援する記事を書いている川崎さんが、自分の人生を通して学んできた愛する技術について惜しみなく語っている一冊です。


今回紹介するのは『愛は技術』

川崎貴子さんは、長年女性に特化した人材派遣の会社を経営されてきました。
そのお仕事を通じて「女性の幸せ」について日ごろから研究した結果、婚活塾も始め、これまでキャリアと恋愛・結婚の両観点から多くの女性の相談に乗ってきました。

多数のメディアで川崎さんの記事が掲載され、婚活中の女性からは絶大な信頼がよせられています。

そんな川崎さんも、かつては幼いお子さんを連れて離婚し、生きることに必死だった女性のひとりでした。人生に悩んでいた川崎さんが手にした本がエーリッヒ・フロムの本『愛するということ』。そこには、こう書かれていました。

「愛は受動的なものではなく能動的なもの」

「愛は技術であり、才能ではない」

これらの言葉に衝撃を受けた川崎さんは、恋愛武闘派とまで言われたそれまでの考え方を変えてみたところ、現在のパートナーとなる男性と出会い、結婚しました。今ではふたり目のお子さんと一緒に、4人家族で幸せで穏やかな生活を送っています。

川崎さん著書『愛は技術』には、彼女がどのようにして愛する技術を磨いてきたかが書かれています。私自身、この本には共感するところが数多くあり、婚活のセミナーなどでは必ずこの本をおすすめしてきました。

愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる

愛する技術は磨くことができる

目次をみると、第1章から「今こそ結婚する技術」というタイトルが目に飛び込んできます。

そして、

第2章:愛しい男を育てる技術

第3章:毒になる男を捨てる技術

第4章:自分を幸せにする技術

第5章:愛する人を許す技術

と続きます。

第1章から第3章は、結婚に向いている男性の見分け方や、逆に結婚向きでない男性にありがちな言動について、また婚活する上でのマインドの持ち方の解説など、婚活中の女性には見逃せない内容になっています。

そして、第4章の「自分を幸せにする技術」では、「どうせ私なんて……」といういじけ思考や、他人の幸せが許せないという被害妄想や嫉妬に苦しむ「痛い女」にならないための習慣が提案されています。

現代の女性の生き方は実に多様ですが、それだけに、違う立場や生き方をしている人と本音で理解し合うことは難しく、孤立してしまいがち。そして、孤立は「痛い女」を醸成される大きな要素なのだそうです。

立場が違う人とも積極的に交流をはかり、「声をかけられるのを待っている」という受け身ではなく、主体的に生きるタイプの人々とつながることで、孤立や孤独から脱却することが大切と、川崎さんは説いています。この部分は、パートナーの有無にかかわらず、女性として長く続く人生を幸せに生きるために必要不可欠な知恵だと感じました。

人間関係は愛の修行

第5章の「愛する人を許す技術」では、愛と支配の関係について触れられています。

「愛するという行為」の中には「支配したいという欲求」が、そして「愛されたいという思い」にも「支配されたいという欲求」が混じるのが人間ですが、問題になるのはその割合。

できるだけ「愛の比率」を高めるためには、まずは人間に(そして自分にも)支配欲があることを受け入れることから、と書かれています。

支配欲というとなにやら恐ろしいもののような印象を受けるかもしれませんが、例えば「なぜ私の思い通りに動いてくれないの」という感情はその始まりとも言えるでしょう。

長い間、相手とお付き合いをしていたり、パートナーと一緒に暮らしていたりすれば、相手の言動のすべてを受け入れ、常に笑顔でニコニコ接することが難しいことであると、多くの人が実感しているのではないでしょうか。

自分の思い描いたシナリオに沿わないことを相手がしたときに「失望した」という言葉が出てくるのも、期待が外れてしまったから。

支配者にならないようにするためには、常に自覚をもって、セルフケアに努め、心の余裕をもつことが必要です。「すべての人間関係は愛の修行」なのですから。

主体的に自分の人生を生きるということ

川崎さんは、昨年あらたに、キャリアを追求したい女性と、そんな女性と結婚したい男性を結び付ける「キャリ婚」というマッチングサービスを始められました。男性は無料で会員になれますが、川崎さんをはじめとした経営メンバーの面接をパスする必要があるとのこと。

人生100年時代と言われ、今までの従来の家族のあり方も大きく変わってきている現在、これは世の中の流れを先取りした新しい形でしょう。

『愛は技術』のなかで、川崎さんは繰り返し「主体的に自分の人生を生きなさい」と説いています。

結婚する相手の年収が低いなら、自分も稼いで一緒に頑張ろう。相手が子どものようだったら自分が大人になれば良い。

結婚したばかりの頃は頼りなくても、時間をかけて「家族を一緒に運営する運命共同体」になっていけば良い……。

絵空事ではなく、川崎さんご自身の経験から出てきた言葉はとても説得力があります。特に「結婚したいけど、いい人がいない……」とつぶやきがちな30代の女性にぜひとも読んでいただきたい一冊です。

この記事のライター

カップル&ファミリーコーチ。好きな人と結婚して、結婚した人を好きでいる方法を日夜研究中。著書「国際結婚一年生」(主婦の友社)、訳書「異性の心を上手に透視する方法」(プレジデント社)。東大卒、モントレー大学大学院卒、国連勤務を...

関連するキーワード


夫婦 結婚は、本から学ぶ

関連する投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


結婚後のお金管理術まとめ。できる人はやっている!

結婚後のお金管理術まとめ。できる人はやっている!

「結婚」と切っても切れないテーマのひとつに、夫婦のお金の問題があります。今までは自分ひとりで自由に使っていたお金も、結婚して夫婦になるとそういうわけにはいきません。ふたりの将来像を考えて計画的な管理をしていくことが大切です。結婚してから子育て、老後まで、夫婦になってからのお金の管理ポイントについてご紹介します。


夫を「育てる」のではない。「よりよい生活を勝ち取る」ために闘う

夫を「育てる」のではない。「よりよい生活を勝ち取る」ために闘う

出産後、募るイライラと、増える夫婦喧嘩。救ってくれたのは「夫を育てる」という考え方ではなく、自分にとって一番しっくりとくる選択をすることでした。


夫婦のパワーバランスをお金に支配されたくない。

夫婦のパワーバランスをお金に支配されたくない。

夫婦間で小遣い制にすると、力関係ができてしまう気がして、子なし夫婦としては気が引ける。夫婦で別財布だと意外とお金に関する問題は起こらない気がする。ただし、夫・妻ともに目立った問題行動がない場合に限るが。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。