【残る服、残らない服】選ぶときも着るときも幸せを感じる服選び

【残る服、残らない服】選ぶときも着るときも幸せを感じる服選び

プチプラが溢れる時代のもの選びは難しい。高いモノ=必ず良いモノとは限らない。お安いもの=粗悪なモノとも限らない。自分の身の丈にあった、着ていて管理していて幸せな気持ちになれる服や小物の選び方について。


■残る服、残らない服

女業を長く営んでいると、「洋服を買う」「洋服を見る」という行為の回数は、天文学的な数字になっている。特に若い頃から洋服を見るのが大好き、試着するのも買うのも好きとくれば、触って手に触れた洋服のショップやブランドは数知れず。そして無事お持ち帰りとなって我が家の狭いクローゼットの一員となった洋服や靴や小物たちも数知れず。

「君、素敵だよ!」とラブコールを送り、大切に持ち帰った流行最先端の服。けれど哀しいかな、当然別れの日はやってくる。

「シンプルな定番のデザインだし、ずっと長く着られそう、ずっと着よう」と永遠の愛を誓って招き入れても、1年で破局、処分に至ることもある。

逆に、毎シーズンのシビアな総選挙にも勝ち抜き、ずっとしぶとく何年もクローゼットに残り続ける服もある。

残る服、残らない服。

その違い、境界線はどこにあるのだろう?

最近その答えが見えてきたような気がする。

「丁寧に作られた服、生地と縫製が上質な服、自分が愛情を持てる服」というのはやっぱり残る確率が高い、ということに気づいたのだ。

セオリーのニットは手洗いしながら10年以上着ているが、まったく古びず型崩れもしない。
毎年冬になると「お久しぶり」と声をかけて着る。古い友人という感じ。

■私がファストファッションのお店に行かなくなった理由

私は現在、誰もが名前を知っているような、全国展開のファストファッションのお店で服を買うことはほとんどない。

理由はいろいろあるが、「人とかぶる」「縫製や素材が悪くて長く着ることができないモノが多い」「積みあげられている大量の服から選び出すという行為が好きじゃない」「試着室が好きじゃない」などいろいろな理由がある。

「服を見て着て買う」という行為において、その時間にワクワクする気持ち、キラキラする気持ちが生まれないと思うお店、ブランド、場所を避けたい……と思っているうちに自然にそうなった。

そんな私も、もちろん一時期、ファストファッション、プチプラのショップで服を大量に買い込んでいたときがあった。そういったお店は、次々と新商品が投入され、次から次へと欲しいものが出てくる。そして嬉しいことに、衝動買い、色チ買いが気軽にできてしまう、とにかくお安いお値段。

暇さえあればお店を覗き、店内の隅々までチェックして必ず何か買ってしまう……という習慣がついてしまった。

私はあるとき気づいた。

「私は服を消費している。けれどそのことにより、自分自身がとんでもなく消耗している」と。

「安いから」「ワンシーズンでどうせ捨てるから」という意識のもと、あまり深く考えずにどんどん買っては捨てる、を繰り返す。そのサイクル。キリがない―――。

それって決して自分にとってプラスになっていない、と思い始めたのだ。

■服を買うお店の選び方は?

じゃあ、身分不相応な高級店に足繁く通うようになったのか?というとこれまたNO。
高級なお店でもちっともワクワクしない、逆に緊張するばかりで不愉快な思いをするお店もいくらでもある。

安いか高いかではなく、自分がそのお店に身を置いて、服や商品を見て触れてみて、そのときに感じる「気持ちの良さ、ワクワク感」。これで判断するようになった。

「この服を買って、毎日この服に触れるとき、自分はどのくらい幸せな気持ちになれるだろうか」と必ず自問自答してから買うようにした。

そうやって、お店やブランドを厳選していくうちに、驚くほど思考はすっきりし、買い物に費やす時間は激減したのだった。

「その料理に、作る人の気持ち、愛、熱意がいかに込められているかどうか」だと。
高級レストランでも愛のない料理が出てくることはいくらでもあるからだ。

私が洋服を選び取るときに感じる判断基準も、これに似ているところがあると気づいた。
生地や縫製が上質なもの。そして丁寧に作られていると感じるもの。デザイナーさんの愛を感じる服。
そして、一番大事なのは、お店のスタッフの方の、洋服・おしゃれが好きでたまらない! という、「アガる感じ」が溢れているお店。そういうところで洋服を買うのはものすごく楽しい。

実は、渋谷109で服を買うのはすごく好き。なぜなら店員さんが誇らしげに売り場に立ち、そのブランドの服を着ることを心から嬉しく思い、服に愛情を注いでいるのがわかるから。

逆に、店員さんや何故かお客さんまでがだるそうに疲れているお店。
服たちがぞんざいな扱いを受けているお店。

そんなお店には二度と行かない。下がり気味の「気」をもらってしまうからだ。

■プチプラが溢れる時代のモノ選び

ファッション代、おしゃれ代の予算には限りがある。100%納得できる服を端から端まで揃えることは難しい。服ばかりに予算をかけることはできない。もちろん私だってそうだ。

そこで、半年で区切り、大まかな上限の予算を決め、それを超えないように慎重に買い足していくようにしている。


1〜2回着たらすぐにヨレヨレになって、哀しい気もちで処分することになるだろうと思えるアイテムは買わない。特に肌に触れるトップスは、触った感じが心地良いと思えないものには手を出さない。その肌ざわりの不快感は、日々その服を着るときに自分にマイナスのものを与え続けてしまうから。

そして個々のアイテムの上限金額の決め方。

私は洋服でどんなに高級なものでも定番のものでも、永遠に着られるものはないと思っている。着物と違って洋服は時代を写し取るものだからだ。

いつかその洋服を手放したり、処分したりしなくてはいけない状態になったときに、「もったいなくてできない」と思うだろうな、という金額のものには手を出さない。それが上限。


それは人によっては1万円かもしれないし、20万円かもしれない。
自分のファッションや洋服にかけたい、かけられるコストをそうやって自分自身ではっきり決めてくことで、「服を買う」という行為に対して罪悪感は消える。いつも幸せな気持ちで買い物を楽しめるようになった。

プチプライスな服は、できればネット通販で買うようにしている。倉庫から直接配送されるので、人の手が触れず、店舗に並んでいるものより状態がいいため。fifthのリブニットは洗っても型崩れしない秀逸な品。色違いで揃えていくつもり。

■同じ服を二度着ない人生、同じ服を何度も着る人生

今の時代、「基本的に服はワンシーズン限りですべて処分する」という前提での買い物も可能だと思う。現代ではそれほどプチプラな服が大量に溢れている。

早いサイクルで入れ替わる商品。極限までコストを押さえた販売価格。去年のものを着るなんて笑われてしまうんじゃないだろうかと不安になり、「インスタ映え」を気にするあまり、次から次へと大量の服を買ってしまう女性たち。

でも30代40代と年齢を重ねれば重ねるほど、古い服、すなわち歴史のある服を持たないことの方が逆に寂しいことなんじゃないか、と私は思う。

クローゼットの中はもうすぐ捨てようと思っている服か、今シーズン買った服ばかりが溢れている。それって本当に豊かなんだろうか?

納得できる品質の自分の身の丈にあった服を、うんうん悩みながら、お財布と相談しながら一枚一枚選ぶ。丁寧に手洗いして着続けている上質なカシミアのニットやシルクのブラウス。ブラッシングを欠かさず何年も着ている上質なコート。悲喜こもごも一緒に人生を戦ってきたいろいろなアイテム。それらに触れるとき、間違いなく心はふわっと優しい気持ちで満たされる。

それは使い捨てファッションを続けていると絶対に生まれない気持ちだと思うのだ。

女のワードローブにはその女の「何かを選び取り、何かを捨てる」という思考と行動の繰り返しの結果がぎゅうぎゅうに詰まっているのだ。

以前の記事でも登場した、20年近く着ているTOMORROWLANDの紺のパンツスーツと、義母が結婚前に買ってくれた銀座かねまつのバッグ。現在でも現役活躍中。

■アイテムごとに、買い方を変える

安いものを大量に買い、どんどん処分&購入を繰り返すファッションライフ。
質の良いものを少数精鋭で買い、じっくり買い替えずに着るスタイル。

どちらがいいのか? との問いに実は正解はない。
人それぞれ考え方もライフスタイルも洋服・ファッションへの興味も異なるからだ。
そして私は上記のどちらかを二者択一する必要もないと思う。

コートやジャケットなど適切な手入れをするとずっと着られるアイテムは後者の選び方。
夏のサンダルやカラフルな小物、形に流行が出やすく膝が出て傷みやすいパンツなどは前者の選び方。

逆に「コートこそ、毎年流行の形を着たい!」という人は コートを前者の選び方にしたってもちろんOK。自分の考えでアイテムごとに選び方を変えていいのだ。合理的に考えよう。

コートの記事で登場したUNTITLEDのウールのコート。これも10年以上着ている。白という汚れる色にも関わらず、クローゼットに生き残っている。日本の老舗アパレルの服の質の良さを着るたびに感じる服。

■インスタ映え、高見え、を忘れよう

昨今では、いわゆる「高見え」という基準が、自分自身の着心地より「毎日違う服を着なければいけない、高級品に見える服を着なければいけない」と思う風潮をさらに煽っているのではないかと思う。高級ブランドのバッグのレンタルビジネスまで登場している。

ファッション選びにおいて、軸が「他人の目線」である限りはどんなにたくさん買っても、どんなに高級ブランドを買っても決して心は満たされない、そんな危険がある。軸を「自分自身の幸福度」に置くことにより、きっとそのスパイラルから抜け出せるはずだ。

流行やトレンドを思う存分ワンシーズン楽しみたい、と思って買ったプチプライスな小物たち。
ちょっと飽きそうな派手な色や素材のバッグたち。

こういったものを適宜投入することで、服の枚数を増やすことなく、ワンシーズン、自分自身がずっと新鮮な気持ちでコーデが楽しめる。

■キラキラした気持ちになる買い物をしよう

きっと長くは付き合わないだろうな、と最初から思う恋を始めることほど女を消耗させるものはない。
逆にずっと長く一緒にいようと思って始める恋ほど女を幸せで満たすものはない。

次々と使い捨てる服、長く愛する服。そこにはそれと同じような大きな隔たりがあるのだと思う。

女は「新しい服」そのものが欲しいのではない。

服によってもたらされる、まだ見ぬ自分と新しい時間と新しい人との出会いを夢見ているのだ。

だからこそ、自分自身が消耗して疲れるような服の買い方を避けるべき。
高いか安いかでなく、一瞬一瞬が、温かでキラキラする気持ちに満たされる、そんなお買い物を。
そして眺めるだけで幸せな気分になれるクローゼットを、一生かけて少しずつ構築しよう!

この記事のライター

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード


おしゃれ

関連する投稿


着るだけで背筋が伸びる。ツイードジャケットが1枚あるといい

着るだけで背筋が伸びる。ツイードジャケットが1枚あるといい

ツイードジャケットを着ると、背筋がピンと伸びる――そんな感覚はありませんか。1枚持っておくと、春という新生活を素敵に始められるような気がします。今回はツイードジャケットの着こなしアイデアをふたつご紹介。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

年に一度のバレンタインデー。どことなく街全体がソワソワするこの時期のデートは、いつもとちょっと違ったコーディネートを意識してみませんか? 寒い中でのデートの強い味方「ロングブーツ」を軸に、彼をキュンッとさせるコーディネートをスタイリストさんに教えてもらいました。


夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

暗闇から差し込む光とともに、不安から期待へ、絶望から希望へ。新しい1日という物語をまた0から歩き出そう、といつも次の国へ向かう――そんな気持ちをくれる「夜明け」の時間をコンセプトに作られた"yoake"のボストンバッグが発売開始に。


冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

ボタンをすべて閉めてサラッと1枚で着ると落ち着いた印象に。ボタンをすべて開けてロングシャツとして羽織ってもスタイルアップが叶います。それが万能な前ボタンロングワンピース。ボタンの開け閉めの仕方でイメージが変わる前ボタンロングワンピースのコーデを3つご提案します。


最新の投稿


マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としを使った満足感のあるレシピを3品ご紹介。マグロはお寿司屋さんで食べられるだけでなく、スーパーでも気軽に手に入る魚のひとつです。今回は最も入手しやすいマグロの切り落としが主役。それだけでも美味しく食べられますが、一手前加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。


2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

今春、絶対に外せないトレンドカラーのひとつは「ピンク」。定番ネイルカラーであるだけに、普通に使ってしまうと、いつもと代わり映えしないネイルになってしまいます。そんなピンクネイルを今年らしく仕上げてみませんか。甘すぎないハンサムネイルのやり方を詳しくご紹介します。


ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

目を大きく見開くと、おでこの横ジワがくっきり現れたり、怒っているわけではないのに眉間のシワが気になったり。それは骨格の癖、筋肉の緊張・衰えのせいかもしれません。おでこがゴツゴツすると、目が疲れやすくなる、瞼が重たくなる、顔の印象までも悪くなるなど、いいことなし。ふっくら丸いおでこを手に入れるメリットをご紹介します。


大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、語学留学のメリットや国ごとの特徴を徹底解説した『世界13カ国 英語留学ガイド』では、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介しています。「旅行だけじゃ物足りない」と感じている大人に「観光+ちょこっと英語留学」をご提案。


平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

「キリン 午後の紅茶 アサイ-ヨーグルティー」×「ポッキー<バナナブラン>」がALOHAなコラボ! 俳優・平岡祐太さんとのハワイデートを疑似体験してみませんか。没入感あふれる360°ムービーで、思わず照れてしまう全8種の期間限定胸キュンストーリーを楽しんで。