【100万円のオンナ貯金#14】お金が増えて、無駄遣いが減るお財布の作り方

【100万円のオンナ貯金#14】お金が増えて、無駄遣いが減るお財布の作り方

お金が増えない、無駄遣いが減らない。そんな人はお財布の使い方を見直してみましょう。お財布を雑に使っているからお金がなかなか貯まらないのかもしれません。そこで今回は、お金が増えて無駄遣いが減るお財布の作り方をご紹介します。


お財布の使い方次第で、お金が増えるか減るか、お金が貯まるか貯まらないかが大きく変わってきます。お財布って普段何気なく使っていますが、お金のすべてが集まるところですよね。

現金はもちろん、クレジットカードやキャッシュカードを入れている人も多いのではないでしょうか。

そんな「お金の集まる場所」を改革することで、お金がずっと貯まりやすくなるのです。そこで今回は、お金がふえて無駄遣いがなくなるお財布の作り方についてご紹介します。

■財布には「自由に使えるお金」の5000円しか入れない

原則、現金での支払いは「現金払いのみ可」という場面でしか使用しません。

あとで詳しくお話しますが、原則は3種類のカードをうまく使いこなしてほしいのです。特に、家計簿をつけるのが苦手な人は現金払いが多くなると、支出額と用途を管理するのが大変になってしまいます。

現金での支払いしかできないような場面でだけ、現金を使いましょう。
最近は電子マネーも普及していますし、カードが使えないお店も多くないので【1週間5000円】でなんとかやりくりできると思います。

たとえば飲み会の会費やパーティーの参加費、社会人サークルの活動費などは基本現金での支払いになると思いますが、そういう場面でのみお財布の中の現金を使って、コンビニでのちょっとした支払いや食料品の買い物についてはカードで支払いを。

お財布の中にたくさんの現金が入っているとつい気持ちも大きくなって無駄な出費が増えてしまいがち。できるだけお財布に入れる金額は絞ってください。5000円ぴったりを毎週決まった日にお財布に入れて、前週の繰り越しは貯金箱へ。そうすると今週の支出について管理しやすくなりますよ。

「自由に使えるお金」は毎週5000円と決めていますが、それ以外のお金についてはカードで支払って、支出先と用途を可視化しておきましょう。

■カードは3種類を使いこなす

お財布に常備しておいてほしいカードは次の3種類です。

PASMOやSuicaなどの交通系ICカードを1枚
クレジットカードを1枚
給与口座とは別の銀行のデビットカードを1枚です。

交通系ICカードは定期として使っている人も多く、常にお財布の中に入っているという人も多いかもしれませんね。コンビニでの買い物や移動の交通費はここから支出しましょう。たとえば毎月15000円入れておいて、そこからランチ代や移動の交通費は出す、と決めておくのです。営業などで移動の交通費が多くかかる人は計算が複雑になるので、移動用の交通系ICカードがそれとは別にあるといいでしょう。

コンビニなどでクレジットカードを出すのははばかられるという人のために、自由に使っていいお金を前述した現金と分散して交通系ICカードにもチャージしておきましょう。

クレジットカードについては、基本的に使う場面は多くありません。
クレジットカード決済が必要だと思われる場面の多くはデビットカードでカバーできます。クレジットカードを持つメリットは、団体保険へ加入できたり空港ラウンジが使えたりと行った付帯サービスにあります。デビットカードを持っているのなら、ポイント還元率よりそういった付帯サービスを見て選んだほうがいいでしょう。

デビットカードは、給与口座とは別の銀行口座直結のカードを作ってください。
食料品や被服費、お化粧品代や毎月決まった引き落としがある場合はそこから支払いましょう。家賃、光熱費、水道代、通信費などは口座引き落としになっていることが多いと思います。それらは確実に引き落としができるように給与口座と同じ口座を指定してください。

それ以外の食料品、被服費、美容代などの変動費は、給与口座とは別の口座に決まった金額を移してそこから使っていきます。デビットカードは銀行口座からその場で支払いをするので、使い過ぎの心配もありませんし、きちんと履歴が残ります。通帳記入して、そこに用途を書き込めばそれが家計簿がわりになるのも魅力です。

■毎日鞄から出してレシートを保管する

毎日鞄に財布を入れっぱなしにする人、多いのではないでしょうか。

お財布は毎日鞄から出して、レシートを取り出し、今日の出費について見直すのが一番理想です。お財布を大事にすることは、お金を大事にすることです。お財布を大事に扱うことで、お金にも意識が向いてきますよね。

レシートは決まった場所に保管しておいて、その出費が本当に無駄ではなかったか、一つひとつ目を通しましょう。それを見ながら家計簿をつけるのが一番理想です。忙しくて家計簿をつける時間がないという人は、せめてレシートを見直すだけでもしてみましょう。無駄だと思われる出費がいくつかあるはずです。そういうものを発見したら次からは同じ轍を踏まないように気を付ければいいだけですよね。家計の見直しって、実はこういうところから始める方法もあるのです。

■お金が住みたくなる財布作りを心掛けて!

お財布は、いわばお金が暮らす家と同じ。

快適な家にはずっといたくなりますし、汚くモノがたくさん詰まってパンパンになった快適でない家にはずっといたくないですよね。

お金の気持ちになって、自分のお財布をきれいに快適に保ってあげましょう。お金がずっと住みたくなるようなお財布に、環境を整えてあげてくださいね。

この記事のライター

都内で働く金融系20代OL。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、キャリアやお金、結婚・恋愛のことなどいろんな女性の悩みに向き合う。現代日本に生きる働きすぎな女性にエールを送る記事をお送りします。

関連するキーワード


100万円のオンナ貯金 マネー

関連する投稿


【DRESS部活】第2回DRESSマネー部「人生の見通しセミナー」を開催しました

【DRESS部活】第2回DRESSマネー部「人生の見通しセミナー」を開催しました

DRESSマネー部第2回目となる「人生の見通しセミナー」を1月25日に開催しました。今回は東京スター銀行とのコラボレーション企画。東京スター銀行がDRESSマネー部のために、女性対象にアレンジしたレクチャーとなりました。


仮想通貨って危険なの? その疑問にお答えします

仮想通貨って危険なの? その疑問にお答えします

ちょっと前に「仮想通貨が流出した!」このようなニュースがあったのは知っていますか。仮想通貨とはどのようなものか、これから仮想通貨とどのように付き合っていけばいいのかについてお話します。


住宅購入もお金のことを知っていれば「私、失敗しない」になれる

住宅購入もお金のことを知っていれば「私、失敗しない」になれる

女友達とランチをしていると独身既婚に関わらず「家を買おっかなと思っている」なんて話が出てきます。しかし、そのときセットで出てくるのが「でも、ローンを返せるか不安で……」という悩み。ここでは、失敗しない住宅購入を目指す方法をお伝えしていきます。


投資初心者の方におすすめの始め方・運用の仕方まとめ

投資初心者の方におすすめの始め方・運用の仕方まとめ

「投資、資産運用」=「怪しい、怖い、わからない」と思っている方も多いかもしれません。ただそういうイメージを持ってしまうのは、きちんと知ったり、理解したりする機会がないから。正しい知識を身につければ、漠然とした不安はなくなりますよ。初心者の方にもわかるように、投資の基礎知識から種類まで1から紹介していきます。


賢いお金の考え方を身につけて、人生を変えよう

賢いお金の考え方を身につけて、人生を変えよう

みなさんは、お金を賢く使っている自信ありますか? 年末から新年にかけて家計簿特集をやっている本屋さんをよく見かけます。「今年こそは、ムダなお金を使わない! 上手に貯金する!」と意気込んでいる人が多いのでしょう。そういった方は、まず賢いお金の使い方を身につけてみませんか。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。