LINEで好きな人にメッセージを送るときに注意したい事まとめ

LINEで好きな人にメッセージを送るときに注意したい事まとめ

LINEで好きな人にメッセージを送るときに気をつけていることはありますか? 自分が良いと思って送った内容が、実は逆効果だった、なんてこともあるかもしれません。また、相手から送られてきたメッセージを必要以上にネガティブに捉え、チャンスを逃してしまっている場合も。LINEでのやりとりで注意したいポイントをご紹介します。


■好きな人に送ると、引かれるかもしれないLINEメッセージ

LINEでは文字メッセージ以外にも、写真やスタンプなどのコンテンツを気軽に送ることができますが、相手に引かれてしまうようなものまで、軽い気持ちで送ってはいませんか? 

何を送るときもその内容が重要なので、相手の身になって考えてから送ることが大切です。

ここではLINEをするときのポイントや、送らない方が良いスタンプなどをご紹介します。

自撮り写真

LINEで好きな人に対し、自撮り写真を送りますか?

写真という同じくくりでも、写り方や写っているものによって、相手側が受け取る印象は大きく変わってきます。

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

https://p-dress.jp/articles/3934

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。

スタンプ

スタンプは文章に代わって、感情や意志をイラストでやわらかく表現できるもの。気軽に使いやすいスタンプですが、使い方によっては、相手を困惑させたり、怒らせたりする可能性も……。

【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

https://p-dress.jp/articles/4179

【ダサいLINEチェック】後半は、スタンプの使い方について。日本で誰かと文字でコミュニケーションをとるとき、「LINE」の存在は欠かせません。今や誰もが使う「LINE」だからこそ、ダサくならないように、気をつけたいもの。あなたのLINEは大丈夫?

あなたが使うと逆効果なLINEスタンプ診断

https://p-dress.jp/articles/5546

「あなたが使うと逆効果なLINEスタンプ」がわかる心理テストをご紹介いたします。最近はLINEスタンプブームと言えるくらい、たくさんのスタンプが巷に溢れています。使い方によっては好感度アップに繋がるのですが、間違った使い方をすると「可愛くない」の烙印を押されてしまうことも。

■好きな人とのやりとりで気をつけたい、LINEの既読スピード

LINEで好きな人とずっとやりとりをしていたのに突然の既読スルー。

恋愛の駆け引きで心を不安にさせる「既読スルー」という現象。

気になる相手や彼に送ったメッセージに既読が付いたのに返信が来ない――心配になったり、そわそわしたりしますよね。

どうして相手が返信をくれないのか、理由はいろいろ考えられますが、既読スルーされてしまったときに対応を誤ると、状況をさらに悪化させてしまいます。

その既読スルーの真意を知って、対応を考えましょう。

恋愛におけるLINE、彼の既読スルーの本音とは

https://p-dress.jp/articles/4579

恋愛におけるLINEのやりとりで、ブロックの次にされたくないことが既読スルー。既読にならない状態よりも、既読になっているにもかかわらずノーレスの既読スルーは、ネガティブな想像をしてしまいますよね。今回は、既読スルーに隠されている彼の本音について考えてみましょう。

気になる彼からメッセージが送られてきたら、すぐにでも開きたくなってしまうもの。

送られてきたメッセージはなるべく早く開いて返信をする、というのは律儀で良いことのように思えますが、恋愛だとときに「不正解」になることも。

彼からきたメッセージを、いつもすぐに開いてしまうと逆効果になる場合もあるのです。

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

https://p-dress.jp/articles/2805

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。

■年上・年下に送るときに気をつけたいLINEメッセージ

今好きな彼は年上ですか? それとも年下ですか? 

気になる相手の年齢によってもLINEの攻略方法が違い、書き言葉は自分が想像する以上に相手の心に影響を与えます。

年齢の違いに応じたメッセージを送れると、気になる相手を射止めることができたり、彼との距離をもっと縮めたりできるかもしれません。

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

https://p-dress.jp/articles/4347

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。

一昔前までは、男性が年上のカップルがスタンダードだったかもしれませんが、最近では女性が年上というカップルも珍しくありません。

恋愛には年齢差は関係ありませんが、歳が離れているとLINEの内容にギャップが出ることがあるのも事実。

悪気はなくても、気づかないうちに相手を落ち込ませているかもしれません。

年下男性に不評な、年上女性からのLINEメッセージ

https://p-dress.jp/articles/3631

今回は、年下男性に不評なLINEメッセージはどんなものなのかを知って、知らぬ間にマイナスな印象を与えていないか振り返ってみましょう。年下男性好きな大人女性だけでなく、年下男性とのLINEのやりとりが多い大人女性は必見です!

■LINEで好きな人に「いつのまにか」しているメッセージ

LINEで好きな人にメッセージを送るときに、悪気や悪意がなくても「いつのまにか」やらかしているかも。

恋愛には欠かせないLINEですが、使い方を間違えると、相手を冷めさせてしまったり、嫌われたりすることもあるかもしれません。

またそれとは逆に、相手から送られてきたメッセージをネガティブに捉えてしまうと、チャンスがあったのにそのチャンスを「いつのまにか」逃してしまうこともあります。

ここではその「いつのまにか」をしてしまわないための心がけをご紹介します。

恋愛を冷めさせてしまうLINEメッセージ

LINEで好きな人にメッセージを送るときは、夢中になって周りが見えなくなりがちです。

相手から返信が来ないことが心配になって、何件も続けてメッセージを送ってしまう。
相手が一度話したことを何回も忘れてしまう。
礼儀がなっていないメッセージを送る。

など、夢中になるあまり、相手に迷惑や鬱陶しい印象を与えてしまっているかも。

手遅れになる前にこの記事を読んでみてください。

恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

https://p-dress.jp/articles/4448

年代問わず、LINE(ライン)は恋愛の主たるコミュニケーションツールになっています。しかし、文字やスタンプ、写真で伝えることは意外と難しいものです。会えないからこそLINEで育みたい恋。けれどその恋をいつの間にか冷めさせてしまうことも。そんな、恋愛を冷めさせてしまうLINEとは一体どんなものなのでしょうか。

意気投合していたのにLINEでフェイドアウト

意気投合してLINEを交換して、趣味も話題も合っていたのに、いつのまにか自然消滅。
それは「LINE独自の特徴」が災いし、いつのまにか彼を遠ざけてしまっていたのが原因でした。

【危険】LINEのせいで価値観が合う男性との恋愛がフェイドアウト!?

https://p-dress.jp/articles/3514

出会って意気投合してLINE(ライン)交換。話題も合っているのになぜか2週間もたたないうちにフェイドアウト。一体何が間違っているのか。今回はLINEのせいで、価値観の合う男性を逃してしまうかもしれない危険についてお伝えしていきます。

しょうもないLINEはチャンスのLINE

気になる相手からきたLINEはしょうもなくて、「これは脈なしかな?」と思っているあなた。

それは逆に脈ありのLINEかもしれません。

LINEのメッセージに対する女性と男性の考え方は違い、男性の中には内容よりもメッセージを送ること自体を大事にする人もいます。

【忠告】気になる男性からの「しょうもないLINE」を雑に取り扱うと損する

https://p-dress.jp/articles/2482

出会って間もない男性から届く「おはよう。今日はいい天気だね。一日がんばろうね」といった、なんて返せばいいの……と戸惑うつまらないLINE。でも、そのLINEを送ってきた意図を読み取り、的確に返さなければ、いい男をものにすることはできない。

心理テストで診断

LINEで好きな人に、感情的なLINEを送ってしまったり、結論の出ない相談だったり、いつのまにか相手を困らせてしまうメッセージを送ってはいませんか? 

そんなあなたがしてしまいがちなダメLINEを、心理テストで診断します。

恋を逃すLINEのダメトークがわかる心理テスト

https://p-dress.jp/articles/5545

「恋を逃すLINEでのダメトーク」がわかる心理テストをご紹介いたします。 今や恋愛する上では、必須のツール“LINE”。連絡を取り合ったり写真を添付したりと非常に便利ではありますが、使い方を間違うとせっかくの恋を逃すことも……。あなたはそんな「間違ったLINE」を男性に送っていませんか? 

■LINEで好きな人にメッセージを送るときに気をつけたいこと

LINEは気軽にチャットができて、何か他のことをしながらもコミュニケーションが取れるというメリットがある反面、それがコミュニケーションを雑にしてしまっている側面もあります。

そんなときに注意したいポイントをご紹介します。

【LINE】メッセージのやりとりでの注意点 - 大人の恋愛編

https://p-dress.jp/articles/2414

大人の恋愛につながるメッセージのやりとりの注意点をご紹介。最近では、新規で出会った相手とはLINEのIDを交換することが多いのでは? でも、淡々とLINEのメッセージをやりとりするだけで、その後の進展しない……。相手のコミュニケーションにもイライラ。そんな方に試してほしい、恋愛を成就させる方法をご紹介します。

LINEを賢く使いこなして、理想の恋愛やパートナーを手に入れて!

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


元彼がLINEをブロックする5つの理由

元彼がLINEをブロックする5つの理由

別れたあとで、元カレにLINEやメールなどをブロックされたことのある女性は多いのではないでしょうか。拒否されることはショックですが、男性が別れた女性の連絡先をブロックする心理は複雑で、単純に嫌いになったからとは言い切れません。本当は未練を抱えた状態でも、ブロックしてしまう男性の気持ちについてお話しします。


聞き取りやすい声をつくる方法【素敵な人ねと思われる話し方#3】

聞き取りやすい声をつくる方法【素敵な人ねと思われる話し方#3】

「人は見た目が9割」なんてことが言われますが、「話し方」もそれに近いくらい、人の印象を決めるもののひとつ。話し方に自信がなくてもトレーニングすれば変えられます。ここでは話し方のなかでも「声」に焦点を当て、現役アナウンサーが講師を務める話し方教室「KEE’S」で教えていただきました。


不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第5回では、不倫関係におけるイライラを解消する方法について解説してもらいます。


最新の投稿


マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としを使った満足感のあるレシピを3品ご紹介。マグロはお寿司屋さんで食べられるだけでなく、スーパーでも気軽に手に入る魚のひとつです。今回は最も入手しやすいマグロの切り落としが主役。それだけでも美味しく食べられますが、一手前加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。


2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

今春、絶対に外せないトレンドカラーのひとつは「ピンク」。定番ネイルカラーであるだけに、普通に使ってしまうと、いつもと代わり映えしないネイルになってしまいます。そんなピンクネイルを今年らしく仕上げてみませんか。甘すぎないハンサムネイルのやり方を詳しくご紹介します。


ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

目を大きく見開くと、おでこの横ジワがくっきり現れたり、怒っているわけではないのに眉間のシワが気になったり。それは骨格の癖、筋肉の緊張・衰えのせいかもしれません。おでこがゴツゴツすると、目が疲れやすくなる、瞼が重たくなる、顔の印象までも悪くなるなど、いいことなし。ふっくら丸いおでこを手に入れるメリットをご紹介します。


大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、語学留学のメリットや国ごとの特徴を徹底解説した『世界13カ国 英語留学ガイド』では、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介しています。「旅行だけじゃ物足りない」と感じている大人に「観光+ちょこっと英語留学」をご提案。


平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

「キリン 午後の紅茶 アサイ-ヨーグルティー」×「ポッキー<バナナブラン>」がALOHAなコラボ! 俳優・平岡祐太さんとのハワイデートを疑似体験してみませんか。没入感あふれる360°ムービーで、思わず照れてしまう全8種の期間限定胸キュンストーリーを楽しんで。