1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 彼氏の既読スルーが増えた。LINEに見る男性の本音とは

彼氏の既読スルーが増えた。LINEに見る男性の本音とは

彼氏に既読スルーされる――それって恋愛におけるLINEのやりとりで、ブロックの次にされたくないことかもしれません。既読にならない状態よりも、既読になっているにもかかわらずノーレスの既読スルーは、ネガティブな想像をしてしまいますよね。今回は、既読スルーに隠されている彼の本音について考えてみましょう。

彼氏の既読スルーが増えた。LINEに見る男性の本音とは

■彼氏の既読スルー、本音は4つ

彼氏から既読スルーされたからといって、すぐに“冷めてしまったのかな?”と焦る必要はありません。

恋愛初期は、朝のおはようLINEから夜のお休みLINEまで、一日に何度もやりとりをしていたものの、恋愛が進むにつれて頻度が減っていくのはむしろ普通のこと。もともと男性は女性に比べて、メールやLINEなどオンラインでの恋愛コミュニケーションを、本音としては好きではない人が多いのです。

けれど、女性にとって恋愛におけるLINEのやりとりは、ひと昔前のラブレターやラブコールと同じですよね。

そんな大切な恋愛コミュニケーションであるLINEで起こる既読スルー。女性なら、誰もが落ち込む彼の行動に隠れる本音は大きく4つあります。

彼氏の既読スルー 本音1:恋愛モードのトーンダウン

あなたに対する恋愛感情の低下ではなく、彼自身の恋愛に対するモードがトーンダウンするとLINEの既読スルーが起こりやすくなります。

私はこの恋愛モードのトーンダウンを“恋の踊り場”と呼んでいます。

恋愛はスタートから一気に互いの感情が高まっていき、なんといってもこの高まっているときが一番楽しい時期。寝ても冷めても彼のことばかり考え、頻繁に甘いLINEのやりとり。まさに恋愛の絶頂期です。

その期間を経た後に必ずやってくるのが、階段の踊り場のように、ちょっと一休みするタイミングの”恋の踊り場“。好きだけれど、熱く燃え上がるような感情が落ち着き、穏やかな安心感になる時期のことです。

この”恋の踊り場“の時期は、恋愛モードがトーンダウンします。

このタイミングで新しい仕事を任される、家族友人の問題が発生するなど、恋愛以外で対応しなくてはならないことが起こると、恋愛への集中力が低下して既読スルーというアクションにつながることも。

けれど、あなたへの感情が冷めたわけではなく、ついうっかりということが多いので、この場合はしばらく静観してみましょう。

彼氏の既読スルー 本音2:安心感からの甘え

恋愛関係も一定期間継続してくると、お互いに安心感を覚えて、信頼できるパートナー関係に変化していきます。

まさに阿吽の呼吸のように、お互いのいいところも悪いところも知り尽くしてるからこそ、かけがえのないパートナーといえるのですが、安心感が甘えを生むのも事実。

「きちんと返信したいと思うので、LINEを既読してすぐレスしないことが多かったんです。それでも最初は時間をおいて、返信内容を考えて、ちゃんと返信していました。付き合いが深まるにつれて、安心感からうっかりLINEを既読したまま忘れてしまうことが増え、彼女から既読スルーは悲しいと言われて反省しました。今は返信できないときにはスタンプだけは送って、既読スルーをしないように心がけています」(45歳 男性)

特にオンラインコミュニケーション世代ではない、40代後半の大人男性のなかには、ここ最近LINEを始めたなんて人もいる世代。LINEは既読後に即レスするコミュニケーションツールだと知らない場合があります。

既読スルーが気になるようであれば、彼にそのことを伝えてみましょう。

その場合、追及するのではなく、前述の彼女のように“寂しい””悲しい“など既読スルーされたときの心情を伝えると、彼の感情的なスイッチを入れることなく反省を促せます。

恋愛を長続きさせるコツは、安心と緊張をほどよく散りばめていくことです。

彼氏の既読スルー 本音3:恋愛感情の低下

西澤 史子

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article