興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

「興味ない」のにしつこくLINEしてくる相手に対し、どう反応すればよいのか……悩んだことはありませんか。飲み会や忘年会が増え出会いも増える年末に向けて、LINEでしつこい人に対処する方法や気をつけたいことを考えてみました。


グループの飲み会で、全員とLINEを交換することになった。断れない状況で無理矢理、連絡先を交換しなければいけなくなった。そんなことって、ありますよね。

最初は連絡先を交換するくらいならいいかな、と軽く考えていたけれど、たくさん連絡されるあまり、疲れてしまう。そんなふうにならないために、いくつかの点に気をつけておきましょう。

今回は、飲み会や忘年会が増える年末に向けて、興味がないのにしつこくLINEしてくる男性に、どう対応していけばいいのか考えてみたいと思います。

■興味ない人からLINEがしつこく来たら

LINEは最初が肝心です。最初の方は何気なくやりとりしていたのに、気がつくと「なにしてるの〜?」とか「返信くれないね」なんて、少しネチネチしたLINEが返ってきたりして、既読のタイミングや返信に困る事態が起きてしまうこともありますよね。

最初の方にぽんぽん返信してしまって、途中で「もういいかな……」と自分は思っても、相手も同じタイミングでそう思っているとは限りません。

はじめはちょっといい感じだったけど、そこから急に冷たくなったり、返信をしなかったりして、あまりにも傷つけたり、裏切ったりすると、相手がストーカーみたいになってしまうことも。ここは慎重に対応したいところです。

男性は意外と傷つきやすいので、あまり相手に嬉しい思いをさせてしまうと、いつしか“重い相手”になってしまいがち。もし、LINEがしつこいな、と思う人がいたら、しつこくなった経緯を見直してみてくださいね。

たとえ、相手に少し気があったとしても、返信のペースは自分が主導権を握るようにしましょう。既読後すぐには返さずに、自分のタイミングで返していく。

そして、最初から思わせぶりなことをしたり、相手を喜ばせすぎてしまわない。そういった小さなポイントで、自分のスペースを守っていけるはずです。

■安易に「返信遅れてごめん」と言ってはいけない

相手と既にたくさんやりとりをしている。LINEを見ると毎回メッセージが来ていて、ルーティンをこなすような感覚で返信している。

やがてLINEの返信が億劫になって、返信の時間をのばしていると、「忙しくて返信遅れてごめん」こんな文言をいれることがありますよね。

好きな相手に「忙しくて返信遅れてごめん」というのと、本当は返したくない人に「忙しくて返信遅れてごめん」と使うのでは、意味が大きく変わってしまうので要注意です。

好きな相手には、自分は忙しかった、返信したかったけどごめんね、と伝えるのは大切なことです。一方で、好きではない相手に使うと、それは謝る側と謝られる側を決める行為となってしまいます。

ごめんね、と自分がいうと、相手は許す側になってしまいます。自分でその関係を築いてしまうと、毎回相手に許されなければいけなくなります。

あくまでも、自分の意思で連絡するし、返す義務はそもそもない。そんなふうに自分を保っていると、しつこいLINEに対して、上手く立ち回れるようになるはずです。

■興味ない相手へのLINE、ベストな対応は?

相手を最初から見極めて、この人面倒くさそうと思ったら、早めに自分から切るのが一番美しいやり方だと思います。

「自分は相手から嫌われたくない」なんて思うと、気のない相手をどんどんその気にさせてしまうことになってしまいます。

自分の「好かれたい」という弱さのせいで、結果的に相手を傷つけることにもなるので、LINEにも潔さを発揮していきたいところです。

この記事のライター

エッセイスト、作家。学業と並行して心理学の資格を取得し、ビジネス書作家の付き人として働く。そこで得た学びをもとに、2012年5月より「いい女になるための心に刺さるひと言」をテーマにTwitter内で作家活動を開始。1年間で2...

関連する投稿


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

『DRESS』では1月、「疲れない出会い」特集を展開しました。疲れない出会いの場や機会を探すうちに見つけたのが、“誕生日”で相性が良い相手を見繕って引き合わせてくれる合コンです。実際に体験してきた、30代前半女性のレポートをご紹介します。


元彼がLINEをブロックする5つの理由

元彼がLINEをブロックする5つの理由

別れたあとで、元カレにLINEやメールなどをブロックされたことのある女性は多いのではないでしょうか。拒否されることはショックですが、男性が別れた女性の連絡先をブロックする心理は複雑で、単純に嫌いになったからとは言い切れません。本当は未練を抱えた状態でも、ブロックしてしまう男性の気持ちについてお話しします。


聞き取りやすい声をつくる方法【素敵な人ねと思われる話し方#3】

聞き取りやすい声をつくる方法【素敵な人ねと思われる話し方#3】

「人は見た目が9割」なんてことが言われますが、「話し方」もそれに近いくらい、人の印象を決めるもののひとつ。話し方に自信がなくてもトレーニングすれば変えられます。ここでは話し方のなかでも「声」に焦点を当て、現役アナウンサーが講師を務める話し方教室「KEE’S」で教えていただきました。


不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第5回では、不倫関係におけるイライラを解消する方法について解説してもらいます。


最新の投稿


たっぷり寝たいだけ寝ると、ついでに肌も調います【わたしを助けてくれる肌ケア】

たっぷり寝たいだけ寝ると、ついでに肌も調います【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、いつも素敵なイラストやコラムを執筆してくださっている兎村彩野さんが、自身の大切にしている肌ケア習慣をご紹介します。


肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を

肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は肌をつくる食生活を見直します。美肌をつくる食事法を皮膚科医の赤池智子先生に伺いました。


出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

外資系企業勤務の私が出産後も仕事を継続する上で一番のハードルになるのが、出張について。今回は先輩ママに「いったいどうしているの?」をテーマにお話を聞きました。


開運力のある手相「向上線」&「希望線」で夢をつかむ!

開運力のある手相「向上線」&「希望線」で夢をつかむ!

手相で「開運」を表す線の代表といえば「向上線」と「希望線」です。どちらの線も、開運して成功をつかむことができる運をもっています。向上線では開運の時期がわかりますので、その時期を目標にして頑張りましょう。希望線は夢をもつことで開運力が高まります。まずは夢や目標を見つけましょう。


汚いものを吐き出した分だけ愛されなくなる

汚いものを吐き出した分だけ愛されなくなる

同性に好かれるのは一体どんな女性なんだろうか。難しいことは考えなくていい、実はとても簡単なこと。でも、その簡単なことができないから、みんな悩んでいる。