1. DRESS [ドレス]トップ
  2. グルメ
  3. ハロウィーンぐるぐるベーグル【天然酵母のパンレシピ#2】

ハロウィーンぐるぐるベーグル【天然酵母のパンレシピ#2】

Share

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第2回目ではかぼちゃを使った、ハロウィン仕様のベーグルの作り方をご紹介します。

ハロウィーンぐるぐるベーグル【天然酵母のパンレシピ#2】

■天然酵母のパンレシピ#2「ハロウィーンぐるぐるベーグル」

街中がハロウィーン、そんな今の時期にぴったりのベーグル。ちょっとインパクトのある見た目が魅力です。

意外に簡単に作れて、ほんのりしたかぼちゃと国産小麦の甘さ、そしてスパイスの香りにあとひとつ、と手が伸びます。

独特の食感を楽しむため、1次発酵不要なベーグル。思った以上に短時間で完成します!

■材料(6個分)

・国産強力粉          200g
・きび砂糖            20g
・塩              2.5g
・白神こだま酵母(顆粒状)    4g
・ぬるま湯(35℃)        100g
・かぼちゃパウダー        10g
・ブラックココアパウダー     6g
・シナモンパウダー、ナツメグ    適量
・かぼちゃの種           適量
他にコーンミール、ボイル用モラセス(もしくははちみつ)

■作り方

1、ボウルに強力粉、きび砂糖、塩、酵母を入れ真ん中にくぼみを作る。
  ぬるま湯をくぼみめがけて入れ、真ん中から壁を崩すようにヘラでまとめる。

2、粉っぽさがなくなったら(通常のパン生地より硬く水分が少ない状態)、8分くらいこねる。
  生地がしっとりとし、なめらかになったらまとめて2等分し、少量の水でマスタード程度の固さ
  にしてそれぞれに練り込む。かぼちゃの生地にはシナモンとナツメグをお好みで加える。

3、各生地をめん棒で12センチ程度の四角に伸ばして重ね、包丁で6等分にする。

4、転がして生地の角を取ったら、片側を押さえて手前にねじり、
  2センチくらいつなぎ目を重ねてしっかりとつまんで閉じる。

5、底にくっつき防止のためのコーンミールをつけ、35℃くらいのところ(オーブンの発酵機能など を使う)で1.5倍になるまで35分発酵させる。
  

6、大きめの鍋に湯を沸かしモラセスを溶かし、ごく弱火にしたところに生地を入れ、片面30秒ずつボイル。天板に戻してかぼちゃの種を貼り付ける。

7、200℃に予熱したオーブンで10分、190℃に下げて7分焼いてできあがり。

<mina's tips>
ボイルしたら間を空けずに焼き上げるのが上手に作るコツ。
タイミング良くオーブンに入れられるよう、予熱を忘れずにしましょう。
モラセスは製菓材料店や輸入食材店にある糖蜜で、ダークタイプを選んでください。
ハロウィーンのポットラックパーティーにもおすすめです!

Share

山田 美奈

パン・スイーツ研究家。 長く国際線CAとして乗務。世界中の美味しいものを体感すると同時に様々な教室に通う。退職後は焼き菓子塾講師を経て、ル・コルドンブルーにてパティスリーディプロム取得。横浜駅近くで「自家製天然酵母パンとフ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article