ハロウィーンぐるぐるベーグル【天然酵母のパンレシピ#2】

ハロウィーンぐるぐるベーグル【天然酵母のパンレシピ#2】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第2回目ではかぼちゃを使った、ハロウィン仕様のベーグルの作り方をご紹介します。


■天然酵母のパンレシピ#2「ハロウィーンぐるぐるベーグル」

街中がハロウィーン、そんな今の時期にぴったりのベーグル。ちょっとインパクトのある見た目が魅力です。

意外に簡単に作れて、ほんのりしたかぼちゃと国産小麦の甘さ、そしてスパイスの香りにあとひとつ、と手が伸びます。

独特の食感を楽しむため、1次発酵不要なベーグル。思った以上に短時間で完成します!

■材料(6個分)

・国産強力粉          200g
・きび砂糖            20g
・塩              2.5g
・白神こだま酵母(顆粒状)    4g
・ぬるま湯(35℃)        100g
・かぼちゃパウダー        10g
・ブラックココアパウダー     6g
・シナモンパウダー、ナツメグ    適量
・かぼちゃの種           適量
他にコーンミール、ボイル用モラセス(もしくははちみつ)

■作り方

1、ボウルに強力粉、きび砂糖、塩、酵母を入れ真ん中にくぼみを作る。
  ぬるま湯をくぼみめがけて入れ、真ん中から壁を崩すようにヘラでまとめる。

2、粉っぽさがなくなったら(通常のパン生地より硬く水分が少ない状態)、8分くらいこねる。
  生地がしっとりとし、なめらかになったらまとめて2等分し、少量の水でマスタード程度の固さ
  にしてそれぞれに練り込む。かぼちゃの生地にはシナモンとナツメグをお好みで加える。

3、各生地をめん棒で12センチ程度の四角に伸ばして重ね、包丁で6等分にする。

4、転がして生地の角を取ったら、片側を押さえて手前にねじり、
  2センチくらいつなぎ目を重ねてしっかりとつまんで閉じる。

5、底にくっつき防止のためのコーンミールをつけ、35℃くらいのところ(オーブンの発酵機能など を使う)で1.5倍になるまで35分発酵させる。
  

6、大きめの鍋に湯を沸かしモラセスを溶かし、ごく弱火にしたところに生地を入れ、片面30秒ずつボイル。天板に戻してかぼちゃの種を貼り付ける。

7、200℃に予熱したオーブンで10分、190℃に下げて7分焼いてできあがり。

<mina's tips>
ボイルしたら間を空けずに焼き上げるのが上手に作るコツ。
タイミング良くオーブンに入れられるよう、予熱を忘れずにしましょう。
モラセスは製菓材料店や輸入食材店にある糖蜜で、ダークタイプを選んでください。
ハロウィーンのポットラックパーティーにもおすすめです!

この記事のライター

パン・スイーツ研究家。 長く国際線CAとして乗務。世界中の美味しいものを体感すると同時に様々な教室に通う。退職後は焼き菓子塾講師を経て、ル・コルドンブルーにてパティスリーディプロム取得。横浜駅近くで「自家製天然酵母パンとフ...

関連する投稿


スイーツからグラタンまで! 豆腐で作れるヘルシーレシピたち

スイーツからグラタンまで! 豆腐で作れるヘルシーレシピたち

高たんぱく、中脂質、低糖質の食材、豆腐。ボリュームもあるため、お腹が満たされやすく、食べてもいい量が限られてくるダイエット時には嬉しい味方です。今回はそんな豆腐を使ったおかずや、スイーツを3品ご紹介します。


パンケーキなのにヘルシー! もちっ・さくっな食感に感動【天然酵母のパンレシピ#10】

パンケーキなのにヘルシー! もちっ・さくっな食感に感動【天然酵母のパンレシピ#10】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第10回目は保存容器で簡単準備、そして食物繊維もたっぷりの“もちっとさくっと食感”のパンケーキのご紹介です。


お気に入りのお酒とともに「里芋とタコの温製タパス」を召し上がれ【パリから届いたレシピ#4】

お気に入りのお酒とともに「里芋とタコの温製タパス」を召し上がれ【パリから届いたレシピ#4】

【パリから届いた料理】では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ中山豊光さんが、日本の食材を使って簡単に作れるおしゃれなレシピを紹介。今回は「里芋とタコの温製タパス」のレシピをご紹介。


ダイエットの味方「カッテージチーズ」を使ったレシピ3品

ダイエットの味方「カッテージチーズ」を使ったレシピ3品

少々意外かもしれませんが、カッテージチーズは最強ともいえるダイエット食材のひとつです。高たんぱくで低糖質・低脂質。持ち運びできてそのまま食べられます。今回はそんなカッテージチーズに一手間加えたおいしいレシピを3品ご紹介します。


もうすぐバレンタイン! 準備してなくても材料3つですぐ作れる「サクサクチョコレートパイ」

もうすぐバレンタイン! 準備してなくても材料3つですぐ作れる「サクサクチョコレートパイ」

バレンタインの準備をしていない! という方にぴったりな、材料3つでとても簡単に作れるチョコレートパイのレシピです。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。