美バストになりたいなら、ブラのパッドを取り外そう

美バストになりたいなら、ブラのパッドを取り外そう

一瞬でバストアップし、谷間を作ってくれるブラのパッド。なんとも便利な存在です。でも、分厚いブラパッドは、美バストを目指す方にはおすすめできません。もし、パッド入りブラが当たり前になっているなら、ブラ選びを見直したほうが良いかもしれません。パッドの本来の目的とは? 体に与える影響は? パッドについて解説します。


バストをよりきれいに見せたくて、パッド入りのブラを愛用している方も少なくありません。しかし、大人女性のバストは柔らかく流れやすい――。そのパッド、本当に必要なのでしょうか?

■パッドの本来の目的は?

分厚いパッドを内蔵したブラは多く販売されています。そもそもパッドの本来の目的は、胸の左右差を解消するため。

露出度が高い服装をする場合などは、多少のバストメイクは必要ですが、普段着のときはどうでしょうか。パッドを使って底上げしているバストは、簡単に言うと、胸が圧迫されている状態です。結果、バストの成長を妨げてしまいます。

■あなたの本当のブラサイズは?

ブラパッド入りのブラでEカップだとすると、本当のバストサイズもE、ということになるのでしょうか?

私のサロンのお客さまにブラのサイズを尋ねると、「パッド入りで〇カップ」と答える方が少なくありません。バストサイズに正直で、自バストをきれいにしたいと願う女性が多いのです。

ブラは毎日身につけるものだからこそ、バストへの影響はとても大きいです。ブラを取ったときにボリュームがなくなり、バストの形が崩れているなら、バストの成長が妨げられていたり、バストの脂肪が流れていたりする可能性も。

■パッドが体に及ぼす影響

ブラのパッドはバストを圧迫し、血流やリンパの巡りが悪くなるだけでなく、その影響で顔や体のむくみやくすみ、肌トラブル、身体の緊張、ストレス、悪姿勢につながります。体が疲れやすくなり、バストの成長も妨げることに。

■パッドからの解放を

最近ではパッドに頼らなくても、美しい谷間を作る構造のブラや、補正力のある機能的なブラもたくさん販売されています。まずは思いきってブラのパッドを外しませんか。

わたしは日常ではパッド入りブラをやめ、毎日バストをケアすることで、バストアップだけでなく、バージスラインがはっきりして、形が整ったことに感動しています。

他に流れた脂肪を自分でしっかり集め、コツコツていねいにケアすることで、自然と美しい自バストへ変化していきます。

集めた脂肪がバストに定着して、ブラがキツく感じるようになったら、ブラの替え時。再度サイズを見直しましょう。

■シーンに合わせたブラ選びを

繰り返しになりますが、露出度の高いファッションのときは、パッド入りのブラでしっかりバストメイクをしてもいいと思います。

スポーツをするとき用のスポーツブラ、特別な日に身につけたいランジェリー……ファッションやTPOに合わせたブラ選びをしたいもの。

普段使いのブラは、自バストを美しくするための、体を思いやるものを選んでください。体も心も快適なブラを選ぶことで、ボディラインが変わったり、自バストが美しくなって自信が持てたりします。

ブラ選びだけでなく、自バストが美しくなる過程までも楽しんでくださいね。

この記事のライター

大阪・心斎橋の小顔と美ボディを叶える美容矯正サロン「petit」オーナー。【いくつになってもオンナを楽しむ】をテーマに、オリジナルメソッド「極乳♡リアルマーメイドトリートメント」を考案。乳を極め美を導く「オッパニスト」として...

関連するキーワード


大人の美胸の作り方

関連する投稿


美バストを作るブラジャーの選び方

美バストを作るブラジャーの選び方

美バストを作るブラジャー。ブラひとつで体のラインは激変し、良くも悪くも見せてくれます。自分の体に合うブラを身に着けて、下着姿のときも洋服を着たときも、美バストを維持してみませんか。今回はおしゃれな美バストを作るためのブラ選びのポイントをご紹介します。


美バストを目指して「背中」を鍛える〜実践編

美バストを目指して「背中」を鍛える〜実践編

美バストを目指している――そんな方は背中を整えることから始めてください。悪姿勢は背中に負担をかけ、バストの下垂にもつながります。今回は簡単にできるエクササイズとともに、背中へのアプローチ方法をご紹介します。背中とバストの両方をケアすることで、美しいボディバランスを保つことができますよ。


美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには背中を整える必要があります。バストケアをした直後は、ふわふわの柔らかいバストを手に入れることができても、しばらくするとバストが背中や脇に流れるのは、背面の「癖」が原因です。姿勢や筋肉の癖がバストアップの妨げになっている可能性が高いのです。


太くなったアンダーバストを細くする方法

太くなったアンダーバストを細くする方法

アンダーバストを細くしたい……。そう願う方は、「年齢を重ねていくにつれアンダーバストが太くなった」「アンダーバストのサイズが上がった」とお悩みを抱えています。その原因と解消法をご紹介。アンダーバストが細くなることで、カップサイズが上がる可能性があります。結果、スタイルも良くなります。


美バストへの近道は、自分のバストと向き合うこと

美バストへの近道は、自分のバストと向き合うこと

美バストになりたい、と願う方は多いのでは。では、どんなバストが美しい? あなたの考える美バストはどんなバストですか? 自分の体と向き合い、寄り添って、ていねいにケアしながら、自分らしい美バストの定義を考えてみましょう。他の誰かを真似したり、憧れたりするのも良いけれど、本来の自分を活かした美バストを手に入れて。


最新の投稿


マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としを使った満足感のあるレシピを3品ご紹介。マグロはお寿司屋さんで食べられるだけでなく、スーパーでも気軽に手に入る魚のひとつです。今回は最も入手しやすいマグロの切り落としが主役。それだけでも美味しく食べられますが、一手前加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。


2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

今春、絶対に外せないトレンドカラーのひとつは「ピンク」。定番ネイルカラーであるだけに、普通に使ってしまうと、いつもと代わり映えしないネイルになってしまいます。そんなピンクネイルを今年らしく仕上げてみませんか。甘すぎないハンサムネイルのやり方を詳しくご紹介します。


ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

目を大きく見開くと、おでこの横ジワがくっきり現れたり、怒っているわけではないのに眉間のシワが気になったり。それは骨格の癖、筋肉の緊張・衰えのせいかもしれません。おでこがゴツゴツすると、目が疲れやすくなる、瞼が重たくなる、顔の印象までも悪くなるなど、いいことなし。ふっくら丸いおでこを手に入れるメリットをご紹介します。


大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、語学留学のメリットや国ごとの特徴を徹底解説した『世界13カ国 英語留学ガイド』では、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介しています。「旅行だけじゃ物足りない」と感じている大人に「観光+ちょこっと英語留学」をご提案。


平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

「キリン 午後の紅茶 アサイ-ヨーグルティー」×「ポッキー<バナナブラン>」がALOHAなコラボ! 俳優・平岡祐太さんとのハワイデートを疑似体験してみませんか。没入感あふれる360°ムービーで、思わず照れてしまう全8種の期間限定胸キュンストーリーを楽しんで。


おっぱい