あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

モヤモヤを感じることは誰にだってあるだろう。モヤモヤとどう付き合うか、は自分で決められる。モヤモヤしたとき、それは、次の成功へ向けた土台作りを始めるタイミング。自分を見直し、バージョンアップする点検の時期として活用すれば、さらに、豊かな人生が開くはず。


世の中全体が、モヤモヤしていないだろうか?

テレビをつければ、理解しがたい事故から、女優に対してのパワハラの問題まで。
そして、政治情勢。この記事が掲載されるころにはどうなってるのだろうか?
ミサイルは飛んでくるのかこないのか? しかし、なぜこんな世になったのか?

いや、もしかしたら、そんな大げさなことだけじゃなく、私がモヤモヤしているだけなのかもしれない。

たとえば、会ったこともないのに悪口を言う人、勝手に誤解してネットにマイナスの風評を書き込む人、自分の要望を満たすだけのために時間を奪おうとする人――それらはまだマシなほうかもしれない。

だが、 十分尽くしたと思う相手から、さらなる要求をされたとき、私が苦しいときには追い討ちをかけながら、うまくいき始めると手のひらを返されたとき。勝手に歴史を書き換えられたとき。
そういうシーンではいちいちモヤモヤしたり、古傷が疼いたりするのだ。

では、なぜ私はモヤモヤするのだろうか?

まずは、私の器の小ささだ。器が小さいがゆえに、「私が、犠牲になったのに」「都合のいいときだけ振る舞いを変えるなんて」と感じてしまう。
そう、きっと腹の底では、「信じられない、納得いかない、理不尽だ」。そう思ってるのかもしれない。

この感情が心に発生するとモヤモヤが始まってしまう。
気分が悪くなるところから始まり、心が黒く塗りつぶされたような暗雲たる状態、それがモヤモヤの正体なのだろう。

■モヤモヤとの向き合い方は自分で決められる

でも、落ち着いてみよう。よく考えれば、「気分が悪くなったほうが負け」。それが人生なのだ。

たとえば、気分が悪いからと、暗い顔をしていれば人も離れていき、運気も下がるだろう。

相手のせいだからと、仕返しをして気分を晴らそうと、真実を声高にぶちまけてみたとする。
結果、多少すっきりするとしても、まくしたてるあなたは怖い顔に見え、美人からは遠ざかるだろう。

さらには、仕返しがきっかけで、やりとりが泥沼にはまって長期化すれば、あなたの人生も消耗する。相手の評判を下げたところで、あなたの評判も下げることになるなら、あまり意味がない。

モヤモヤしたとき、それを晴らす方法は自分で決められるのだ。悪い道を進むか、良い道にするかは自分次第。

そして、誰もが、多少なりともなモヤモヤを感じて生きている、さてモヤモヤとどう付き合うか?

■モヤモヤしたら、書き出してみる

じゃあ、モヤモヤしたときの対処法について考えてみた。

私は、モヤモヤはある意味で、正念場だと思ってる。

まず、モヤモヤしたとき、それは、相手との戦いではなく、自分との戦い、そう考えたらいいと思う。
そして、気分が悪いとき、むしゃくしゃしたとき、マイナスの感情のとき、そんなときこそ人間が問われるという法則を思い出そう。

つまり、そのときの行動や考え方次第で、自分が成長したり、評価を上げたりする機会にもなるというプラスの側面もある。

そう考えると、モヤモヤだって悪いことばかりじゃない、生きるパワーになることが多い。
「くっそー見返してやる」「いつか黙らせてやる」――そんな怒りは、飛躍の原動力になることが多い。

私は、モヤモヤしたとき、まず紙に書き出す。今の時代だったらPCでもスマホでもいいだろう。

くっそー、悔しい、という感情からでもいい。まず、思いつく言葉を書こう、そして、少し落ち着いたら、こんな出来事だったという具体的な事象を書き始めよう。
そして、なぜ悔しいのか、どうなればその問題はおさまるのか、計画を立てよう。

そうすると、きっとあなたは気づくだろう。自分が1秒でも早く立ち直り、1秒でも早く機嫌良くなり、そして、前を向いて、再び成功したり、もっと幸せになることが、相手への最大の復讐になるということ。そして、それができたとき、あなたの人生は飛躍しているはず。

そう、モヤモヤしたとき、それは、次の成功へ向けた土台作りを始めよう、というサイン。
自分を見直し、バージョンアップする点検の時期として活用すれば、さらに、豊かな人生が開く扉となるのだ。

あなたの街にもキッズライン! 全国展開プロジェクトを始めました

今一番がんばっているプロジェクト、ぜひ応援してください。

日本全国に新しい育児のインフラを作ろう! ということで立ち上がった、全国展開プロジェクト、おかげさまで、なんと100名近い方が早速プロジェクトメンバーが集まっています。

くわしくはこちら→ http://kahoko.blog.jp/archives/1068228347.html

この記事のライター

桜蔭高校・慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳のときに自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。 2014年に再びカラーズを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社会を...

関連するキーワード


人生を好転させる

関連する投稿


人生好転・はじめの一歩は「他人の意見を捨てる」こと

人生好転・はじめの一歩は「他人の意見を捨てる」こと

人生好転を望む人が、最初にすべきこととは――。秋も深まり、季節の移ろいを感じられるこの季節は、自分の人生を振り返るのにもってこいの時期です。今回は「他人の意見を捨てる」をキーワードに、人生好転のヒントを探ってみましょう。


直観力を活かして人生を好転させる

直観力を活かして人生を好転させる

『直観力』はメンタリストとして多方面で活躍しているDaiGoさんの著書。なんとなくあやふやな「直観」も、メンタリストDaiGoさんの解説を読むと信頼できる判断材料のひとつなんだとわかります。今回は本のご紹介をしつつ、直観の活用法をご提案します。


手帳はデジタル派ですか、紙派ですか?【経沢香保子】

手帳はデジタル派ですか、紙派ですか?【経沢香保子】

予定管理はデジタルツールひとつ、という方は多いのでは。そんななか、あえて手帳を使うことを勧めたい。夢や目標を叶えるための計画を考え、手帳に書き出し、常に見返そう。そんな習慣を持つことで、人生は自分のシナリオ通りに進んでいく、と実感できるはず。


引き寄せの旅を記憶に定着させる簡単な方法

引き寄せの旅を記憶に定着させる簡単な方法

旅を自分だけの素敵な物語にする方法って? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。


自分が変わると、世界が変わる - 旅が与えてくれるプレゼント

自分が変わると、世界が変わる - 旅が与えてくれるプレゼント

旅に出て、本当に人生は変わる? 変わらない? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。


最新の投稿


見た目もりんご、中身もりんご。ぎゅうぎゅうりんごパン【天然酵母のパンレシピ#5】

見た目もりんご、中身もりんご。ぎゅうぎゅうりんごパン【天然酵母のパンレシピ#5】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第5回目は旬のりんごをたっぷり使ったちぎりパンのご紹介です。


大顔・エラ張りさんが小顔になるには「咬筋ほぐし」。方法を紹介します

大顔・エラ張りさんが小顔になるには「咬筋ほぐし」。方法を紹介します

物を食べるときなどに使う咀嚼筋のひとつ「咬筋」は普段から誰もが当たり前に使っている筋肉です。しかし、この筋肉が発達しすぎると、小顔から遠ざかるのをはじめ、美容面でも健康面でも悪影響が。今回は「咬筋ほぐし」の方法をお伝えします。


今日という日をもっと幸せに生きるヒント

今日という日をもっと幸せに生きるヒント

昨日の失敗にへこんだり、今日をやり直したいと思ったり、明日が来るのが怖かったり……。季節が大きく変わる秋の夜長、考えなくてもよいことまで、あれこれ考えてしまうことはありませんか。そんなときに観ていただきたい、素敵な映画をご紹介します。


PCを持ち歩く姿が凛とする。才色兼備なビジネスクラッチ「DANA」

PCを持ち歩く姿が凛とする。才色兼備なビジネスクラッチ「DANA」

従来のPCバッグやドキュメントバッグのイメージを一新するビジネスクラッチが登場。PCや書類、ケーブル、スマートフォン、手帳まで、まとめて収納可能。打ち合わせや社内移動も、DANAでエレガントに装ってみてください。


コスメデコルテが有名パティシエとコラボ。オリジナルスイーツを発売

コスメデコルテが有名パティシエとコラボ。オリジナルスイーツを発売

コスメデコルテが人気有名パティシエとコラボ! 「モイスチュア リポソーム(保湿美容液)」の潤いの秘密、マイクロカプセルをモチーフにしたオリジナルスイーツを期間・数量限定で発売いたします。


おっぱい

MENU

DRESS部活