大人にこそ読んでほしい! チェコのおしゃれな絵本たち

大人にこそ読んでほしい! チェコのおしゃれな絵本たち

世界中にファンを持つチェコ絵本。思わず手にとり、チェコのシュールな挿絵にドッキリすることも。今回は、私の大好きなチェコ絵本をご紹介します。


絵本って、子供だけのモノと思っていませんか? 

―――いえいえ、大人だって十分楽しめるんです。

■チェコは絵本大国って知ってた?

意外と知られていないかもしれませんが、チェコは絵本大国。

どこか懐かしいような素朴さや温かさ。

色彩豊かなダイナミックなイラスト。

洗練されたデザイン。

さまざまなタイプがあり、そのどれもが人気です。

かつて共産主義時代に、比較的表現の自由が許されていたのが、子供向けの絵本やアニメーションだったそうです。きっと、子供たちに向けた愛情で溢れているのでしょうね。

日本でも、たくさんのコレクターがいるんですよ。

■「ロボット」の生みの親、チャペック兄弟がつくる絵本

チェコの国民的作家であるカレル・チャペック。

「ロボット」という言葉を世界へ生み出した人物として有名です。その兄ヨゼフ・チャペックは、カレルが書いた作品の装丁や挿絵を描きました。

カレルの『子犬のダーシェンカ』という写真絵本や、ヨゼフの『こいぬとこねこは愉快な仲間』などは日本でもよく知られています。

他にも、たくさんの日本語版作品が出ています。

ほのぼのとした素朴なお話は、大人の方にこそ手に取ってもらいたいものばかり。

■チェコを代表するイラストレーター、ヨゼフ・ラダのつくる絵本

続いて紹介するのは、チェコでは知らない人はいないほどの国民的イラストレータであるヨゼフ・ラダの作品。こちらも日本でたくさん目にすることができます。

田園風景や動物など、素朴な絵柄と優しい色合い、チェコらしいなと思わせる作品です。彼の故郷、Hrusice(フルシツェ)はチェコの観光名所でもあります。

■ズデニェック・ミレルがつくる絵本――日本でもお馴染みの「もぐらくん」

もぐらの「クルテク」は、日本でも大人気ですね。「クルテク」シリーズは日本語版も出ていますし、アニメ化もされています。

そんな「クルテク」の生みの親、ズデニェック・ミレルの作品は、世界中の子供に届けたい、という思いからあまりセリフが入っていません。その代わり、子供が大好きな色や音を作品に反映しています。

かくいう私も、チェコ語がわからない頃から、子供たちと一緒に楽しんでいました。

■幻想的な挿絵が美しいオタ・ヤネチェックの絵本

こちらは、グリム童話『眠れる森の美女』のチェコ語バージョン。オタ・ヤネチェックの幻想的なイラストが美しいの一言。

ふんわりとした独特の作風、日本にもファンが多いです。

■おしゃれなタッチのアドルフ・ボルン

画家としても有名なアドルフ・ボルンの作品は、ユーモラスでもあり、シュールさも感じさせます。

モダンでおしゃれな絵をよく見つめていると、やっぱり大人向けのような気もしてきます。コミックスといっても、日本の漫画とは少し異なりますが、漫画家としても有名です。

『ツォウルとツォウレック』という猫の漫画や『ビーテクとなかまたち』(日本語訳版あり)は、チェコでは知らない人はいないほど有名な作品です。

■やみつきになるチェコ絵本

こんなに愛らしいイラストを目にしてしまうと、大人でもつい手に取ってしまいませんか?

その反面、チェコ絵本は、挿絵を画家が描いているものも多く、日本の絵本と比べるとリアルすぎてギョッとしてしまうものもあります。

つい、目が離せなくなりませんか?

チェコの絵本は、子供の絵本というより、まさに芸術本。

お土産やプレゼントにもおすすめですよ。

この記事のライター

ヨーロッパはチェコの片田舎で、三姉妹の母親業の傍らネイルアーティスト、ライターとして活動中。1978年生まれ。 美容専門学校ネイル講師、プライベートネイルスクール&サロン主宰を経て、2011年夫の故郷チェコへ移住。

関連するキーワード


絵本

関連する投稿


友だちって、どんな人……? 大人の心をあたためてくれる絵本たち

友だちって、どんな人……? 大人の心をあたためてくれる絵本たち

「ともだちって かぜがうつっても へいきだって いってくれるひと」「ともだちって いっしょに かえりたくなるひと」……あなたが思う「友だち」って、どんな人? どんなときに「友だち」を思い、自分がどんな「友だち」でいたいと思うのでしょう。友だちがほしいとき、なかなおりしたいとき、あなたの友になってくれる絵本を紹介します。


『100万回生きたねこ』を読んで、チェコで模索する自分と重ね合わせました

『100万回生きたねこ』を読んで、チェコで模索する自分と重ね合わせました

その時選ぶ「本」は、自分が必要としているものなのかもしれません。『100万回生きたねこ』を読んで、模索する今の自分と重ね合わせました。


インド発の世界にひとつだけの絵本『夜の木』は、手にするだけで胸がときめく

インド発の世界にひとつだけの絵本『夜の木』は、手にするだけで胸がときめく

南インド、チェンナイの小さな出版社から届く、手づくりの絵本『夜の木』。手漉(す)きの紙に、手作業で一枚ずつ印刷され、人の手で綴じられた世界にひとつだけの本には、不思議なぬくもりが宿っています。ざらりとした漆黒の紙に原初的なインドの神話世界を描き、世界中で感動を呼んだ絵本『夜の木』の日本語版をご紹介。


絵本作家ターシャ・テューダーの「喜び」を見つめる生き方

絵本作家ターシャ・テューダーの「喜び」を見つめる生き方

「人生は短いのよ、何があっても『生きること』を楽しんで」――アメリカを代表する絵本作家にしてイラストレーターであり、農婦で酪農家で4人の子供を育て上げたシングルマザーのターシャ・テューダーの生涯から、勇気をくれる言葉とターシャの庭を訪問するための情報をご紹介します。


『おくりものはナンニモナイ』が教えてくれた、いま持っている幸せに気づく大切さ

『おくりものはナンニモナイ』が教えてくれた、いま持っている幸せに気づく大切さ

『おくりものはナンニモナイ』という絵本があります。あらすじは犬のムーチが猫のアールに「ナンニモナイ」を贈り、「ナンニモナイ」を楽しむというもの。心温まるお話には、大人の私たちにとっても大事な気づきがあります。今年のクリスマスに、クリスマスプレゼントとして贈ってみるのもいいかもしれません。


最新の投稿


マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としを使った満足感のあるレシピを3品ご紹介。マグロはお寿司屋さんで食べられるだけでなく、スーパーでも気軽に手に入る魚のひとつです。今回は最も入手しやすいマグロの切り落としが主役。それだけでも美味しく食べられますが、一手前加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。


2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

今春、絶対に外せないトレンドカラーのひとつは「ピンク」。定番ネイルカラーであるだけに、普通に使ってしまうと、いつもと代わり映えしないネイルになってしまいます。そんなピンクネイルを今年らしく仕上げてみませんか。甘すぎないハンサムネイルのやり方を詳しくご紹介します。


ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

目を大きく見開くと、おでこの横ジワがくっきり現れたり、怒っているわけではないのに眉間のシワが気になったり。それは骨格の癖、筋肉の緊張・衰えのせいかもしれません。おでこがゴツゴツすると、目が疲れやすくなる、瞼が重たくなる、顔の印象までも悪くなるなど、いいことなし。ふっくら丸いおでこを手に入れるメリットをご紹介します。


大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、語学留学のメリットや国ごとの特徴を徹底解説した『世界13カ国 英語留学ガイド』では、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介しています。「旅行だけじゃ物足りない」と感じている大人に「観光+ちょこっと英語留学」をご提案。


平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

「キリン 午後の紅茶 アサイ-ヨーグルティー」×「ポッキー<バナナブラン>」がALOHAなコラボ! 俳優・平岡祐太さんとのハワイデートを疑似体験してみませんか。没入感あふれる360°ムービーで、思わず照れてしまう全8種の期間限定胸キュンストーリーを楽しんで。