大人にこそ読んでほしい! チェコのおしゃれな絵本たち

大人にこそ読んでほしい! チェコのおしゃれな絵本たち

世界中にファンを持つチェコ絵本。思わず手にとり、チェコのシュールな挿絵にドッキリすることも。今回は、私の大好きなチェコ絵本をご紹介します。


絵本って、子供だけのモノと思っていませんか? 

―――いえいえ、大人だって十分楽しめるんです。

■チェコは絵本大国って知ってた?

意外と知られていないかもしれませんが、チェコは絵本大国。

どこか懐かしいような素朴さや温かさ。

色彩豊かなダイナミックなイラスト。

洗練されたデザイン。

さまざまなタイプがあり、そのどれもが人気です。

かつて共産主義時代に、比較的表現の自由が許されていたのが、子供向けの絵本やアニメーションだったそうです。きっと、子供たちに向けた愛情で溢れているのでしょうね。

日本でも、たくさんのコレクターがいるんですよ。

■「ロボット」の生みの親、チャペック兄弟がつくる絵本

チェコの国民的作家であるカレル・チャペック。

「ロボット」という言葉を世界へ生み出した人物として有名です。その兄ヨゼフ・チャペックは、カレルが書いた作品の装丁や挿絵を描きました。

カレルの『子犬のダーシェンカ』という写真絵本や、ヨゼフの『こいぬとこねこは愉快な仲間』などは日本でもよく知られています。

他にも、たくさんの日本語版作品が出ています。

ほのぼのとした素朴なお話は、大人の方にこそ手に取ってもらいたいものばかり。

■チェコを代表するイラストレーター、ヨゼフ・ラダのつくる絵本

続いて紹介するのは、チェコでは知らない人はいないほどの国民的イラストレータであるヨゼフ・ラダの作品。こちらも日本でたくさん目にすることができます。

田園風景や動物など、素朴な絵柄と優しい色合い、チェコらしいなと思わせる作品です。彼の故郷、Hrusice(フルシツェ)はチェコの観光名所でもあります。

■ズデニェック・ミレルがつくる絵本――日本でもお馴染みの「もぐらくん」

もぐらの「クルテク」は、日本でも大人気ですね。「クルテク」シリーズは日本語版も出ていますし、アニメ化もされています。

そんな「クルテク」の生みの親、ズデニェック・ミレルの作品は、世界中の子供に届けたい、という思いからあまりセリフが入っていません。その代わり、子供が大好きな色や音を作品に反映しています。

かくいう私も、チェコ語がわからない頃から、子供たちと一緒に楽しんでいました。

■幻想的な挿絵が美しいオタ・ヤネチェックの絵本

こちらは、グリム童話『眠れる森の美女』のチェコ語バージョン。オタ・ヤネチェックの幻想的なイラストが美しいの一言。

ふんわりとした独特の作風、日本にもファンが多いです。

■おしゃれなタッチのアドルフ・ボルン

画家としても有名なアドルフ・ボルンの作品は、ユーモラスでもあり、シュールさも感じさせます。

モダンでおしゃれな絵をよく見つめていると、やっぱり大人向けのような気もしてきます。コミックスといっても、日本の漫画とは少し異なりますが、漫画家としても有名です。

『ツォウルとツォウレック』という猫の漫画や『ビーテクとなかまたち』(日本語訳版あり)は、チェコでは知らない人はいないほど有名な作品です。

■やみつきになるチェコ絵本

こんなに愛らしいイラストを目にしてしまうと、大人でもつい手に取ってしまいませんか?

その反面、チェコ絵本は、挿絵を画家が描いているものも多く、日本の絵本と比べるとリアルすぎてギョッとしてしまうものもあります。

つい、目が離せなくなりませんか?

チェコの絵本は、子供の絵本というより、まさに芸術本。

お土産やプレゼントにもおすすめですよ。

この記事のライター

ヨーロッパはチェコの片田舎で、三姉妹の母親業の傍らネイルアーティスト、ライターとして活動中。1978年生まれ。 美容専門学校ネイル講師、プライベートネイルスクール&サロン主宰を経て、2011年夫の故郷チェコへ移住。

関連するキーワード


絵本

関連する投稿


『100万回生きたねこ』を読んで、チェコで模索する自分と重ね合わせました

『100万回生きたねこ』を読んで、チェコで模索する自分と重ね合わせました

その時選ぶ「本」は、自分が必要としているものなのかもしれません。『100万回生きたねこ』を読んで、模索する今の自分と重ね合わせました。


インド発の世界にひとつだけの絵本『夜の木』は、手にするだけで胸がときめく

インド発の世界にひとつだけの絵本『夜の木』は、手にするだけで胸がときめく

南インド、チェンナイの小さな出版社から届く、手づくりの絵本『夜の木』。手漉(す)きの紙に、手作業で一枚ずつ印刷され、人の手で綴じられた世界にひとつだけの本には、不思議なぬくもりが宿っています。ざらりとした漆黒の紙に原初的なインドの神話世界を描き、世界中で感動を呼んだ絵本『夜の木』の日本語版をご紹介。


絵本作家ターシャ・テューダーの「喜び」を見つめる生き方

絵本作家ターシャ・テューダーの「喜び」を見つめる生き方

「人生は短いのよ、何があっても『生きること』を楽しんで」――アメリカを代表する絵本作家にしてイラストレーターであり、農婦で酪農家で4人の子供を育て上げたシングルマザーのターシャ・テューダーの生涯から、勇気をくれる言葉とターシャの庭を訪問するための情報をご紹介します。


『おくりものはナンニモナイ』が教えてくれた、いま持っている幸せに気づく大切さ

『おくりものはナンニモナイ』が教えてくれた、いま持っている幸せに気づく大切さ

『おくりものはナンニモナイ』という絵本があります。あらすじは犬のムーチが猫のアールに「ナンニモナイ」を贈り、「ナンニモナイ」を楽しむというもの。心温まるお話には、大人の私たちにとっても大事な気づきがあります。今年のクリスマスに、クリスマスプレゼントとして贈ってみるのもいいかもしれません。


最新の投稿


ゴッホの夢とは、死の真相とは? 天才画家の謎に迫る3つのメディア

ゴッホの夢とは、死の真相とは? 天才画家の謎に迫る3つのメディア

わずか37年の生涯に2000点以上もの作品を残した画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。天才とも狂気の人とも言われるその生涯は、多くの謎や伝説に彩られています。鮮やかな色彩に潜む思いとは? 「耳切り事件」の真相は? 本当に自殺だったのか? 秋から冬は、ゴッホの謎に新たな光を当てる映画・ノンフィクション・美術展に注目です。


7歳の天才少女・メアリーの演技に泣く! 心温まる感動作『gifted/ギフテッド』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#29

7歳の天才少女・メアリーの演技に泣く! 心温まる感動作『gifted/ギフテッド』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#29

全米で5週連続トップ10入りのヒットを記録した映画『gifted/ギフテッド』がついに公開されます。生まれて間もなく母を亡くし、叔父のフランクに育てられた7歳のメアリー。彼女には突出した才能があって……。『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督による最新作は、家族の素晴らしさを描いたハートフルな感動作です。


家事テクを知ってもっと楽しく効率良く! エアコンをキレイに保つ掃除の方法

家事テクを知ってもっと楽しく効率良く! エアコンをキレイに保つ掃除の方法

吐く息が白い季節になりました。エアコンを冷房から暖房に切り替えて使い始めた方も多いと思います。久しぶりにエアコンのスイッチを「ピ」と押したとき、少し気になるのが、エアコンから出る空気がキレイかどうかということ。ホコリっぽいとか、カビくさいにおいを感じたら、エアコン内部が汚れている可能性大……。


書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」

書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」

墨アーティストで書道家の海老原露巌(えびはらろげん)先生に、漢字「一文字」を書いていただき、『DRESS』読者にその漢字の意味やメッセージをいただくコーナー。第三弾の漢字は「天」。


手首周りをおしゃれに。自分だけのブレスレットができるスタータセット

手首周りをおしゃれに。自分だけのブレスレットができるスタータセット

リンクス オブ ロンドンから、ブランドのアイコン商品「スウィーティー」ブレスレットに、お好きなアルファベットチャームとスタイリッシュなミニブレスレットをセレクトしてパーソナライズする、スターターセットが限定発売に。


おっぱい