人生の満足度をステータスだけで決めない。「おひとりさま」を楽しむ秘訣

人生の満足度をステータスだけで決めない。「おひとりさま」を楽しむ秘訣

結婚・出産をしないと決めた、とあるアラフォーの「おひとりさま」女性。世間の厳しい目を多少感じつつも、今のところハッピーに過ごしているそう。今回はそんな彼女に「おひとりさま」を楽しむコツを聞きました。


■「世間体」さえ気にしなければ「おひとりさま」は悪くない

今年40歳になります。もともと恋愛体質じゃなく、恋人がいた期間よりいない期間が長いです。

一時期婚活をしてましたが、結婚してもいいと思えるような男性に巡り合うことはなかったです。時間とお金の無駄だと思って、もうやめてしまいました。今は「おひとりさま」を満喫しています。

「おひとりさま」で一番つらいのは、世間体。親もどこか私が結婚していないせいで肩身が狭そうだし、Webの記事でも「子供を育てたことがない人は、社会性が低い」とか「40にもなって独身というのはどこか人間的に問題がある」とか好き勝手書かれますよね。そういうのを見かけるたびに嫌だな、とは思います。

ただ、逆に言うとつらいのはそれだけで、あとは自由気ままに過ごしています。

■日々の生活は「ひきこもりタイム」と「アクティブタイム」をバランスよく

「ひきこもりタイム」と「アクティブタイム」をバランスよく作るように心がけています。

「アクティブタイム」は文字通り、アクティブに過ごす時間。友人とランチしたりもそうですが、ボランティアだったり読書会だったり、知らない人と関わるイベントに顔を出すようにしています。

「おひとりさま」って交友関係が狭くなりがちじゃないですか。そこを埋めるためには自分から動くしかないですよね。そこまで社交的な方じゃないですけど、ピンとくる催しがあったら、なるべく参加するようにしています。

そこで意気投合した方とその後また別のイベントでご一緒したり、ということも最近あって、少しずつ交友関係が広がってきています。

「ひきこもりタイム」はとにかく家から一歩も出ずに、好きなことをする時間です。私は映画が好きなので、映画を観ることが多いです。食事もデリバリーですませ、ビールを飲みながら延々と映画をみる時間、最高です。

こうやって自由きままにのんびりできるのは、「おひとりさま」ならではだな、というのがあって。そういう時間も当たり前ですけど、ものすごく大切にしています(笑)。

■「子供がいない」ということについて

少子化だ、と言われているし、産める性なのに結婚もしないで……というのを、少し負い目に思っているところはあります。ただ、だからといって、いまさらどうしようもないなって。

その負い目を感じている分、兄弟の子育てを少しでも手伝うようにしています。もう私でも見られるくらいの年になったので、留守番役を買って出たり、物入りのときには援助もしようと思います。

あとは、ボランティアかな。家庭環境が複雑な子供に勉強を教えるようなボランティアがあるようなので、調べてみて良さそうだったら、そのうち参加してみるつもりです。

■「老後」についてはどう考えている?

正直あまり考えていないですね。というのも私の職業は定年がないので、体の自由がきく限りは働くし、きかなくなったら老人ホームでも……と思ってます。病気とか怪我とかも、まあそのときになって考えればいいかな。

保険には入っているので、ある程度はカバーされるだろうし、貯蓄もあります。まあなくても、日本は社会保障が整っているので、そんなに悲惨なことにはならないんじゃないでしょうか。

独身だと老後が心配でしょ、と言われるんですけど、結婚してても夫婦同時に亡くならない限り、最後はどちらかがひとり暮らしになりますよね。私は「死ぬときは誰でもひとり」だと思っているので、独身だから老後が心配というのはあまりないです。

■「ステータス」だけで人生の満足度は決まらない

婚活していたころは「結婚しないと不幸になる」という思い込みがあったし、もう婚活やめようと決めたときは「一生幸せになれないな」と考えて泣きました。

ただ、結婚する目的のためだけに誰かと会って、お互いに値踏みするのがすごく苦痛で。婚活をやめたら長年の悩みだった肌荒れもよくなって(笑)。今はこれでよかったなと思っています。

今は「結婚/未婚」のステータスだけで、人生の満足度は決まらないと思っています。仕事柄いろいろな人にお会いする機会がありますが、結婚しているからといって、必ずしも幸せだとは限らない。

人生どうするかは自分次第。自分の決断でどうとでもなる「おひとりさま」でも十分幸せになれるし、私はそれを証明していきたいなと思っています。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


ひとり時間

関連する投稿


朝はいつだって、贅沢なひとり時間。

朝はいつだって、贅沢なひとり時間。

必ずひとりで過ごす時間がある。それは朝だ。どんな日の朝であっても、自分だけの贅沢な時間を味わうと決めている。元来ひとりでいるのが好きな私にとって、朝は自由気ままなひとり時間として、なくてはならないものだった。


ひとりの時間は、変身の時間

ひとりの時間は、変身の時間

春は物欲。そんな季語はないけれど、秋冬ものが売り場の片隅に追いやられて肩身が狭そうに赤い値札をつけ、淡い色合いのはかなげな薄手の服が並び始めるこの季節は、まるでお店の中にだけ春が来ているようで、いちばんわくわくする。


ひとりを満喫する楽しみ、ひとりで飛び込む楽しみ

ひとりを満喫する楽しみ、ひとりで飛び込む楽しみ

DRESS世代のひとり上手な女性に、「ひとり時間を楽しむ」をテーマに寄稿いただくシリーズ。第1回目はライターの西森路代さん。 「ひとりを楽しむ」という企画をよく見かけます。


ひとりでいる力

ひとりでいる力

というわけで(前回と前々回をご参照あれ)、オーストラリア・パースと東京との行ったり来たりの暮らしをしている私なのだが、東京にいるときは、夫と同棲を始めた26歳の時以来の一人暮らしである。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。