ウチの夫は家事ができない

ウチの夫は家事ができない

夫婦での家事分担はなかなか難しい。気がつけば「夫は何もしない」という場合も。そんな中で少しでも家事に取り組んでもらう方法を探っていきたい。これから長い人生を一緒に過ごしていくためにも。


「ウチの夫は仕事ができない」ならぬ「ウチの夫は家事ができない」。

どれぐらいできないかと言うと、結婚して数年経つが掃除・洗濯も苦手だし(一度、食事のテーブルに掃除機をかけようとして怒ったことがある)、食事を作ってくれたのは一度だけ。

そのときはたらこパスタを作ってくれたのだが、ゆでたパスタにたらこをのせて、なぜかそれをレンジでチンしていた。味付けはゼロ。

最近は、「パスタには市販のパスタソースをかけるのが一番」ということに気づいたらしく、調理はしなくなった(ただし、やたらとパスタの茹で具合にはこだわる)。

我が家は共働きなので、家事を妻である私がすべてやっているということになるのだけれど、これがまあ辛い。

外食を嫌う人なので、朝食からお弁当、夕飯を作り、そのほかに掃除・洗濯がかぶると気が狂いそうになることがある(手を抜けばいいと言われるが、できればちゃんとしたい、という個人的な性格についてはこの際、棚上げさせていただきたい)。

■「家事ができない夫」を「できる夫」に変えることは可能か?

たとえば、テレビを見ていて、「男性タレントが料理をしている、掃除をしている」というのを見かけると「ほら、○○さんだってやってるんだよ!」などと言ってみる。

しかし、夫はと言うと「やらないんじゃなくて、できないんだよ……」と弱り顔をする。

私が家事をする分、夫が負担する生活費を増やしてもらう、ということも考えたが、なんだかそれもなあ、ということで却下になった。

これまでの自分が自由に使える金額が急に少なくなると、想像しているよりも気持ちへのダメージが増える、と考えたからというのもある。

……ということで始めたのが「小さなことからコツコツと」だった。

夫が休みの日だけお風呂掃除をしてもらう。
出勤前にさりげなくゴミ出しを頼む。
細かいところだと、ゴミ箱にゴミ袋をかけてもらうだとか、使った食器は下げてもらうとか。

一度習慣になると「これは自分の仕事」という認識が根づくのか、進んでやってくれることが増えた。

ちなみに、どんなに小さなことでも、してもらったら褒めて伸ばせ、という話があるけれど、私の中に「なんでそんな当たり前のことを褒めなあかんねん……」という気持ちがあったのでうまくいかなかった。

■小さなことが心の余裕につながる

家事ができない夫に、いきなり、掃除・洗濯・買い物・料理などをやってもらうのは現実的に難しい。だから、こういった家事を細分化して、小さなことからコツコツと積み重ねていくように取り組んでもう。

このとき、互いがやってみて「こうすると妻は機嫌が良くなる」「この作業なら、夫は得意そう」と探りながらやっていくのがいいようだ。

夫がやってくれることは本当に些細なことだけれど、たとえば「今日は夫が休みだから風呂掃除をしなくていいんだー!」と思うと、ものすごく心の余裕ができる。

だから、すぐにカリカリしなくなるし、夫も「こんな小さなことで笑ってくれるようになるんだな」と気づいてくれる。

怒りを相手にぶつけるだけでは、私も夫も前に進むことができないことを知った。

子供がいるとまた状況は変わってくるのだろうけれど、夫婦だけで生活しているのなら、ふたりがニコニコしていられる環境をつくるのが一番だ。

その目的さえ共有していれば、たとえ歩みは遅かったとしても、少しずつ家庭内でのパワーバランスがとれていくのではないだろうか。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


夫婦

関連する投稿


男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

付き合いはじめはラブラブだったカップルや夫婦。ですが、一緒に暮らしているうちに、相手に対して不満を抱えることが多くなっていませんか? 今回ご紹介するのは、そんな不満を解消するために考えるたったひとつのこと。とある原則を実行すれば、お互いの不満は減っていくはず――。


”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

近年、ますます増加する日本のセックスレス。当然こうした状態にあっても、夫婦円満を築いている家庭はたくさんある。しかし、もしもセックスレスが原因で夫婦仲が悪くなってしまっていたとしたら――。今回は、コラムニスト・大泉りかさんにセックスレス解消のために大切な、”色気を出すタイミング”について綴っていただいた。


それでも私は、夫との恋愛をやめたくない

それでも私は、夫との恋愛をやめたくない

「産後クライシス」という言葉があるように、子供ができてから夫婦関係が悪い方向へと進んでいくことがある。けれども、大泉りかさんはどれだけ子供がかわいくても、お互いが持つ「恋人」という役割を終わらせたくないと話す。いつまでも「恋人のような夫婦」を目指すために大泉さんが大切にしたいこととは――。


結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

人間関係をうまくやっていたくために必要なコミュニケーション能力。結婚前のカップルが受けるプレマリッジ・セミナーでも、非常に重要なトピックです。コミュニケーションの重要性をパートナーと共有し、トラブルになりやすい「火種」をあらかじめ知っておくことで、新婚カップルにありがちな口論を避けることができます。


「不倫」と「浮気」の違いって? どんな男女が不倫にハマるのか

「不倫」と「浮気」の違いって? どんな男女が不倫にハマるのか

何をすれば「不倫」で、「浮気」とはどう違うのか。それは、夫婦という社会的に認められた立場であることが関係してきます。慰謝料の請求など、夫婦関係を破たんさせたと認められるものだからこそ、その責任は大きいものです。また、不倫にハマる男女にはどんな特徴があるのかも見ていきましょう。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。