ウチの夫は家事ができない

ウチの夫は家事ができない

夫婦での家事分担はなかなか難しい。気がつけば「夫は何もしない」という場合も。そんな中で少しでも家事に取り組んでもらう方法を探っていきたい。これから長い人生を一緒に過ごしていくためにも。


「ウチの夫は仕事ができない」ならぬ「ウチの夫は家事ができない」。

どれぐらいできないかと言うと、結婚して数年経つが掃除・洗濯も苦手だし(一度、食事のテーブルに掃除機をかけようとして怒ったことがある)、食事を作ってくれたのは一度だけ。

そのときはたらこパスタを作ってくれたのだが、ゆでたパスタにたらこをのせて、なぜかそれをレンジでチンしていた。味付けはゼロ。

最近は、「パスタには市販のパスタソースをかけるのが一番」ということに気づいたらしく、調理はしなくなった(ただし、やたらとパスタの茹で具合にはこだわる)。

我が家は共働きなので、家事を妻である私がすべてやっているということになるのだけれど、これがまあ辛い。

外食を嫌う人なので、朝食からお弁当、夕飯を作り、そのほかに掃除・洗濯がかぶると気が狂いそうになることがある(手を抜けばいいと言われるが、できればちゃんとしたい、という個人的な性格についてはこの際、棚上げさせていただきたい)。

■「家事ができない夫」を「できる夫」に変えることは可能か?

たとえば、テレビを見ていて、「男性タレントが料理をしている、掃除をしている」というのを見かけると「ほら、○○さんだってやってるんだよ!」などと言ってみる。

しかし、夫はと言うと「やらないんじゃなくて、できないんだよ……」と弱り顔をする。

私が家事をする分、夫が負担する生活費を増やしてもらう、ということも考えたが、なんだかそれもなあ、ということで却下になった。

これまでの自分が自由に使える金額が急に少なくなると、想像しているよりも気持ちへのダメージが増える、と考えたからというのもある。

……ということで始めたのが「小さなことからコツコツと」だった。

夫が休みの日だけお風呂掃除をしてもらう。
出勤前にさりげなくゴミ出しを頼む。
細かいところだと、ゴミ箱にゴミ袋をかけてもらうだとか、使った食器は下げてもらうとか。

一度習慣になると「これは自分の仕事」という認識が根づくのか、進んでやってくれることが増えた。

ちなみに、どんなに小さなことでも、してもらったら褒めて伸ばせ、という話があるけれど、私の中に「なんでそんな当たり前のことを褒めなあかんねん……」という気持ちがあったのでうまくいかなかった。

■小さなことが心の余裕につながる

家事ができない夫に、いきなり、掃除・洗濯・買い物・料理などをやってもらうのは現実的に難しい。だから、こういった家事を細分化して、小さなことからコツコツと積み重ねていくように取り組んでもう。

このとき、互いがやってみて「こうすると妻は機嫌が良くなる」「この作業なら、夫は得意そう」と探りながらやっていくのがいいようだ。

夫がやってくれることは本当に些細なことだけれど、たとえば「今日は夫が休みだから風呂掃除をしなくていいんだー!」と思うと、ものすごく心の余裕ができる。

だから、すぐにカリカリしなくなるし、夫も「こんな小さなことで笑ってくれるようになるんだな」と気づいてくれる。

怒りを相手にぶつけるだけでは、私も夫も前に進むことができないことを知った。

子供がいるとまた状況は変わってくるのだろうけれど、夫婦だけで生活しているのなら、ふたりがニコニコしていられる環境をつくるのが一番だ。

その目的さえ共有していれば、たとえ歩みは遅かったとしても、少しずつ家庭内でのパワーバランスがとれていくのではないだろうか。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


夫婦

関連する投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


夫のことが好き? 当たり前である

夫のことが好き? 当たり前である

結婚は恋のゴールではあるかもしれないけれど、新たなスタートでもある。しかし、ただ一緒に過ごしているだけでは、夫婦関係というのは続かない。苦なく関係を続けていくにはどうすればいいのか考えてみた。


「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

家事は女性の仕事だ――そういう意見を持つ男性は、まだ世の中に少なからずいます。今回は、そんな男性が持つ偏った意見に疑問をぶつけ、夫婦ふたりが幸せな形になるためには、どうすれば良いのか考えてみました。


セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

フランス南部のニース。あるカップルの離婚訴訟がフランスだけでなく欧米を巻き込んで議論を呼びました。21年間の結婚生活中、妻(47歳)からのたび重なるセックスの願いを退けてきた夫(51歳)が、離婚慰謝料としておよそ1万ユーロ(約105万円)を払うよう判決を受けたのです。気になるのはその後の話……。


夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

「あるときを境に人間関係がギクシャクし始めた」という経験は、誰にでもあると思います。このような状況に出くわしたときは、風水が影響している可能性が高いです。ここでは仲良しで有名だった夫婦が急に険悪になり、そして風水の対策によって円満に戻った話をご紹介します。


最新の投稿


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o大船ルミネウィング店」が11月9日に新規オープン。コロンビア産カカオによる“香りの高さ“、水分量の多さによる“口どけの良さ”、カカオ純度 100%による喉に残らない“爽やかな後味”にこだわった絶品チョコをお届けします。