教育費は今から貯めよう。学資保険と定期預金あなたはどちらを選ぶ?

教育費は今から貯めよう。学資保険と定期預金あなたはどちらを選ぶ?

子供がほしいけど、お金がない。そんなふうに二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。しかし、教育費は早めに貯める準備をすれば、それほど怖いものではありません。今回は、教育費を貯めるポイントをご紹介します。


子供を育てるうえで一番心配なのが、教育にかかる費用面ですよね。

もし子供がほしいと思ったら、教育費は早めに貯め始めたほうが得策です。今回は、教育費を貯めるためのポイントをご紹介します。

■教育費を貯める前のマネープランの立て方

教育費を貯める前に、どうやっていくら貯めようかという計画を立てる必要があります。ここではそんなマネープランの立て方についてお話しします。

専門家の意見も取り入れながらバランスよく情報収集すること

教育費を貯めようと思ったら、まずはいくらお金を貯めていけばいいのか確認しましょう。

子供ひとりあたり3000万円、とはよく聞きますが、私立に入学した場合のことが考慮されていたり、極端な話、私大医学部へ進学した子どもも含めた平均値がとられていたりするだけで、絶対にどんな場合にも3000万円必要というわけでもありません。

今ならネットで簡単に調べられますし、もしわからなければ学資保険を選ぶときに保険の担当者の方に聞いてみるのもいいですね。

身近にいる専門家は積極的に活用しましょう。ただ、保険担当者は保険を売るために情報を用意しているので、不安を煽るために高めの金額を言ってくるケースもあります。

自分で調べることと、専門家に聞くこと、どちらも活用して情報をバランスよく仕入れましょう。

「いつ」「いくら」必要かをはっきりさせる

大体の相場がわかったら、次は「いつ」「いくら」必要なのかを考えます。子供たちの教育費としてかかるお金と、成長にあわせてかかるお金がありますよね。

授業料や入学金がどのくらいかかるのか。それとは別に、小学校なら学習机やランドセルも用意しなければなりません。子供の成長にあわせて大きな車や家を買うかもしれませんよね。

その分の貯金もしながら、教育費を無理なく貯めていく必要があります。大学も、もし子供が家を出てひとり暮らしをする場合、入学金とは別に、ある程度まとまったお金が必要になりますし、大学の受験料も私大を含めて複数校受験するなら大きな金額になってきます。

自分や夫の経験、そして周りの先輩お母さんたちの話を参考にしながら「いつ」「いくら」必要なのかを確認していきましょう。集めた情報は、ぜひA4の白い紙に順を追って書き出してみてください。簡単なもので結構です。

すると、保育園・幼稚園入園、小学校入学、中学校入学、高校入学、高校卒業(大学受験料等)、大学入学という節目で「いつ」「いくら」必要なのかがわかると思います。

中でも一番大きな出費は大学入学にかかる費用ですので、そこに向けてお金を貯めていきましょう。

1枚の紙に書き出して情報整理を

次は必要なタイミングに必要な金額を用意するための作戦を考えます。

そのタイミングまでに月額いくら貯めて、ボーナスからいくらを用意すればいいのか、学資保険で祝い金が支給されるならいくら支給されるか、そしてそれを何に使うか。余裕をもってお金を貯める一番の秘訣は、より早く着手することです。

マネープランを立てたら、あとは夫と協力してお金を貯めていくだけです。

低金利の今の時代は預貯金だけでなく、学資保険も選択肢のひとつとして考えてみましょう。次からは学資保険でお金を貯めるメリット・デメリットをご紹介します。

■学資保険でお金を貯めるメリット・デメリット

学資保険はあらゆる節目の年にお祝い金がもらえることが多いですが、基本的には一番大きな出費となる大学進学資金に充てることを目的としています。

ほかにもまとまった金額を貯める方法はありますが、学資保険にはいくつかのメリットがあります。

返戻率が高い

学資保険と定期預金を比べてみましょう。ご存知の通り、いまの預金金利はとても低いですよね。

メガバンクなら0.010%程度、ネット銀行でも0.02~0.2%ほど。たとえば18年間1000万円を預け入れても利息は3万6000円。

1000万円を18年も定期預金に入れてもたったこれだけですから、資産運用の選択肢として魅力的とは言えません。

その一方で、学資保険の返戻率(へんれいりつ)は、104%~110%ほどで、高いところだと115%にもなります。返戻率とは、支払った保険料総額に対していくらお金が戻ってくるかを割合で表したもので、たとえば90%だといわゆる「元本割れ」の状態ですし、110%だったら支払った金額の1.1倍のお金が受け取れるということになります。

その保険の内容にもよりますが、30歳男性を契約者とし、子供が0歳のときに契約したとすると、毎月約8000円を18年間払い込み、払い込み総額約170万円、受取金額200万円となります。このように、返戻率が110%以上になる保険もあります。

そう考えると約20万円以上お金が増えていることになりますから、定期預金よりおトクですよね。

親に万が一のことがあったときの保障がある

学資保険の最大の特徴は、親(契約者)に万が一のことがあったときにも支払いが免除となり保障が続くことです。この安心はとても大きいですよね。

親の死亡は子供にとっては非常に大きな損害です。

そんなことがないに越したことはありませんが、もしものときのことを組み入れないマネープランは非常に危険ですよね。

そういった意味では定期保険よりもリスクに備えた貯蓄方法と言えそうです。

税額控除が受けられる

学資保険は、生命保険のひとつととらえられており、学資保険の保険料として支払った金額は税額控除の対象となります。ここが定期預金とは違う大きなポイントですよね。

所得税で最大4万円、住民税で2万8000円が控除されるので、もし教育資金を貯めるのであれば学資保険で貯めるのがいいでしょう。

中途解約で元本割れも

学資保険の欠点は、途中で大金が必要になって解約してしまうと元本割れしてしまう点です。

そもそも学資保険は最後まで解約しないことを前提に設計されているので、途中で解約しないという強い決意で契約しましょう。

■定期預金でお金を貯めるメリット・デメリット

一方で、途中で解約してしまうと元本割れしてしまう学資保険ではなくて、定期預金で元本保証されながらしっかり貯めたいという人も多いと思います。その場合のメリットとデメリットをお伝えします。

自分で預入期間を決められる

最近はネット銀行の台頭で、預入期間が非常に短いものが増えてきています。

さらに金利が高い場合も多いので、自分で好きなようにお金を預け入れて増やしていきたい人には定期預金がおすすめです。

途中で解約しても元本割れしない

学資保険と違って、途中で解約しても元本割れを起こす心配はありません。

ただし、当初予定していたやや高めの利率が適用されるわけではなく、途中で解約した場合の特別な利率を適用するので注意が必要です。

■教育費は計画的に貯めよう!

子供を育てるには多くのお金がかかります。しかし、計画的にお金を貯めていけばそれほど怖いものではありません。

自分の性格と価値観に照らし合わせて、学資保険で貯めるのか、定期預金で貯めるのかじっくり考えてみてはいかがですか。少しでも早めに着手して、家族の将来の笑顔を守りましょう。

この記事のライター

都内で働く金融系20代OL。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、キャリアやお金、結婚・恋愛のことなどいろんな女性の悩みに向き合う。現代日本に生きる働きすぎな女性にエールを送る記事をお送りします。

関連するキーワード


マネー

関連する投稿


知らないと損するかも。押さえておきたい社会保障制度

知らないと損するかも。押さえておきたい社会保障制度

将来に向けてマネープランを考える前に、「土台」として押さえておきたいのが、社会保障制度。民間の保険に加入したり、投資を始めたりする前に、理解しておいて、必要なときは活用したいもの。全10回のお金に関する連載、第3回目は、押さえておきたい社会保障制度についてお届けします。


貯金できない人へ。“攻めの開運術”「氣学」を参考にしてお金を貯める方法

貯金できない人へ。“攻めの開運術”「氣学」を参考にしてお金を貯める方法

開運実践氣学アドバイザーとして大人気の、勝沼慧衣さんによる開運術第2弾! “氣学”とは、「占い」とは違って、自分がどうなりたいのか、とるべき行動を自分で決めて、自ら運命を切り拓いていく「攻めの開運術」。話題の書『あたらしい自分になる運の磨きかた百科』(かんき出版)より、今回は“お金が貯まる”開運術を教えてもらいました。


世界で一番貧しい大統領の言葉が、私たちに教えてくれること

世界で一番貧しい大統領の言葉が、私たちに教えてくれること

世界で一番貧しい大統領、ホセ・ムヒカ氏をご存知でしょうか? 2012年にブラジルで開かれた国際会議でムヒカ氏が発した言葉は、先進国で生きる私たちに「本当の豊かさ」を教えてくれます。お金と豊かさについて考えてみましょう。


“すぐできるテク”で、今日から賢いネットショッピングを

“すぐできるテク”で、今日から賢いネットショッピングを

ネットショッピング、ついつい「ポチっ」と購入ボタンを押してしまう……という人も多いのでは? ネットショッピングで後悔しない方法をお伝えします。


顧問税理士に迷惑がかからない「相続税還付」

顧問税理士に迷惑がかからない「相続税還付」

前回は「相続税還付の大事なポイント。あなたの相続税は取り戻せる」で、相続税還付の大切なポイントについて説明しました。今回は、相続税還付の際に依頼者の多くの方が気にする、顧問税理士との今後の関係性についてご説明します。


最新の投稿


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


手帳は究極の“引き寄せ”ツール。自分が心からやりたいこと・なりたいものを見つけよう

手帳は究極の“引き寄せ”ツール。自分が心からやりたいこと・なりたいものを見つけよう

ヨガスタジオを経営する傍ら、手帳で夢を叶える“CITTA式メソッド”を考案し、手帳ライフコーディネーターとしても活動する青木千草さん。理想のものがなかなか見つからなかったため、自身で開発したという青木さんの手帳は、口コミが口コミを呼んでベストセラーに。このヨガマインドを活かした“夢を叶える”手帳術を教えてもらいました。


DRESS部活