かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

世の中には「かまってちゃん」な人たちがいる。気がつくと自分がなっている場合も。決して、かまってちゃんになるのは悪いことではない。ただ、常軌を逸すると、当然のことながら「みっともない女」になってしまう。


「仕事終わりにひとりで一杯。自分、お疲れさま」

瓶ビールとグラス、それからおつまみが写った写真に添えて、そんなツイートをする。リプライ欄には「お疲れさま」「おつまみ、おいしそうですね」という言葉が飛んでくる。

仕事が終わった解放感、キンキンに冷えたビールにほんのり酔ったときは、誰に向けてでもない一言をつぶやいてみたくなるものだ。

しかし、「仕事終わりに今日もひとりで一杯。誰か一緒に乾杯してくれないかなあ」というツイートになったらどうだろう。

わずかにツイート主の寂しさがにじみ出している……ような気はしないだろうか。

■SNSの普及=かまってちゃんが増えている?

世の中には、「かまってちゃん」と呼ばれる人たちがいる。

かまってちゃんは誰かに相手をしてほしくて、わざとらしい気を引くような言動を行う。

体調が悪い、落ち込んでいる、時にはとんでもなく突拍子のないことをしてみたり。大した反応が得られないとその言動はエスカレートしていく場合もある。

ちょっと前は、それが対面、メール、電話など、個人に対してだったけれど、SNSが普及したことで世界に向けて「かまって! かまって!!」と叫べるようになってしまった。対個人よりも罪悪感がないし、発信相手が多ければ多いほど、かまってくれる人が現れやすい。

最初は寂しくて、寂しくて仕方がなくて、ぼそりとつぶやいてしまっただけかもしれない。でも、一度、優しい言葉をかけてくれる人がいれば、クセになってしまいそうだ。

しかし、決してそれは悪いことではないと思う。本当につらいときだってある。不特定多数の誰かに助けを求められるのは、いざというときに大きな支えになるのではないだろうか。

■厄介なSNS⁉ 特定の誰かへ「かまって」コール

「To 誰かさん」と明記はしていないけれど、文脈を探ると「きっと『誰か』に向けて書いてあるんだろうなあ」という発言を目にすることがある。

彼、彼女、○○をした人、○○と言った人。

第三者はそれを目にしてスルーするが、その言葉が向けられた「誰か」は自分なのだろうか、だけど、SNS上で返したときに「え、違うよ? 君のことを言ったんじゃないよ」と言われてしまえば恥をかくだけだ。

なので、こっそりとLINEなり電話なりで、探りを入れる。ビンゴだった場合は、相手は嬉々として返信してくるだろう。

察してほしい、空気を読んでほしい、という控えめなんだか、図々しいんだかわからない。とんでもなくシャイだという可能性もあるが、どう転んでも面倒くさい。

■かまってちゃんに煩わされないために

かまってちゃんから逃れる方法は簡単だ。

「気づかないフリをする」。

もし自分に向けて「かまってコール」をしている人がいたとしても、スルー。SNSは流れが早い。あえてピックアップする必要もないだろう。それで誰が悪いということにはならない。

問題は自分がかまってちゃんである場合だ。思わせぶりな発言はしないようにしよう、と元気なときは自分を戒めることができても、不安なことや悲しいことがあると耐え切れない可能性だってあるだろう。

そういうときは仕方ない。「かまってくれ!」と発信してみよう。誰だってそんなときはある。ただ、かまってほしい、と思った一度目はとりあえず我慢してみてほしい。

というのも、「かまってほしい」という欲求が刹那的なものかもしれないからだ。一瞬の感情に突き動かされると、恥ずかしいことをしてしまった、と後悔する場合もある。

また、こうした欲求を我慢することで「どうして自分がかまってほしいと思ったのか」を見直すことができる。寂しさか、疎外感か、自己顕示欲か、もっと別の理由があるのか。

SNSが出現し、外の世界と簡単につながりを持てるようになり、「ひとりの時間」は減りつつある。「誰かにそばにいてほしい」「優しくしてほしい」という気持ちを堪え、なぜ自分が誰かを求めているのかわかれば、ひとりの時間をもう少し艶やかにできるようになるかもしれない。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


SNS

関連する投稿


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


「これだからおばさんは!」と煙たがられる、痛いインスタ投稿を考える

「これだからおばさんは!」と煙たがられる、痛いインスタ投稿を考える

「インスタにおばさんは入ってこないで!」と言われてしまうのではないかなぁ、と思わされるような痛い投稿を見て、モヤモヤすることってないですか? 私と同世代と思われる大人の、ちょっと気になるインスタの投稿について書いてみました。


インスタにUPしたくなる。パイ専門店「Pie Holic」期間限定ショップが六本木に

インスタにUPしたくなる。パイ専門店「Pie Holic」期間限定ショップが六本木に

カリフォルニアスタイルのパイ専門店「Pie Holic(パイホリック)」が、六本木ヒルズに期間限定ショップとして登場します。9月28日より1年間限定でオープン。直径7センチの手のひらサイズのパイ、六本木店限定メニューなど約30種類を提供します。


セルフブランディングがうまくない、自分を出すのが苦手な方へ伝えたいこと

セルフブランディングがうまくない、自分を出すのが苦手な方へ伝えたいこと

SNSの普及とともに、セルフブランディングに関わるコンテンツを目にすることが増えました。ただ、「私が、私が」と出ていけない人はいったいどうすればいいのか? 自分のキャラクターで勝負できない人間のひとりとして、ちょっと考えてみました。


【Instagram】盛って嫌われる人、愛される人

【Instagram】盛って嫌われる人、愛される人

Instagramは写真アプリである以上、キレイな写真を撮りたくなるのは当然の考え。しかし、「キレイな写真」ばかりを撮ることで好感度を上げる人と、下げまくる人がいます。いったいこの正体は何か。


最新の投稿


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o大船ルミネウィング店」が11月9日に新規オープン。コロンビア産カカオによる“香りの高さ“、水分量の多さによる“口どけの良さ”、カカオ純度 100%による喉に残らない“爽やかな後味”にこだわった絶品チョコをお届けします。


おっぱい