かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

世の中には「かまってちゃん」な人たちがいる。気がつくと自分がなっている場合も。決して、かまってちゃんになるのは悪いことではない。ただ、常軌を逸すると、当然のことながら「みっともない女」になってしまう。


「仕事終わりにひとりで一杯。自分、お疲れさま」

瓶ビールとグラス、それからおつまみが写った写真に添えて、そんなツイートをする。リプライ欄には「お疲れさま」「おつまみ、おいしそうですね」という言葉が飛んでくる。

仕事が終わった解放感、キンキンに冷えたビールにほんのり酔ったときは、誰に向けてでもない一言をつぶやいてみたくなるものだ。

しかし、「仕事終わりに今日もひとりで一杯。誰か一緒に乾杯してくれないかなあ」というツイートになったらどうだろう。

わずかにツイート主の寂しさがにじみ出している……ような気はしないだろうか。

■SNSの普及=かまってちゃんが増えている?

世の中には、「かまってちゃん」と呼ばれる人たちがいる。

かまってちゃんは誰かに相手をしてほしくて、わざとらしい気を引くような言動を行う。

体調が悪い、落ち込んでいる、時にはとんでもなく突拍子のないことをしてみたり。大した反応が得られないとその言動はエスカレートしていく場合もある。

ちょっと前は、それが対面、メール、電話など、個人に対してだったけれど、SNSが普及したことで世界に向けて「かまって! かまって!!」と叫べるようになってしまった。対個人よりも罪悪感がないし、発信相手が多ければ多いほど、かまってくれる人が現れやすい。

最初は寂しくて、寂しくて仕方がなくて、ぼそりとつぶやいてしまっただけかもしれない。でも、一度、優しい言葉をかけてくれる人がいれば、クセになってしまいそうだ。

しかし、決してそれは悪いことではないと思う。本当につらいときだってある。不特定多数の誰かに助けを求められるのは、いざというときに大きな支えになるのではないだろうか。

■厄介なSNS⁉ 特定の誰かへ「かまって」コール

「To 誰かさん」と明記はしていないけれど、文脈を探ると「きっと『誰か』に向けて書いてあるんだろうなあ」という発言を目にすることがある。

彼、彼女、○○をした人、○○と言った人。

第三者はそれを目にしてスルーするが、その言葉が向けられた「誰か」は自分なのだろうか、だけど、SNS上で返したときに「え、違うよ? 君のことを言ったんじゃないよ」と言われてしまえば恥をかくだけだ。

なので、こっそりとLINEなり電話なりで、探りを入れる。ビンゴだった場合は、相手は嬉々として返信してくるだろう。

察してほしい、空気を読んでほしい、という控えめなんだか、図々しいんだかわからない。とんでもなくシャイだという可能性もあるが、どう転んでも面倒くさい。

■かまってちゃんに煩わされないために

かまってちゃんから逃れる方法は簡単だ。

「気づかないフリをする」。

もし自分に向けて「かまってコール」をしている人がいたとしても、スルー。SNSは流れが早い。あえてピックアップする必要もないだろう。それで誰が悪いということにはならない。

問題は自分がかまってちゃんである場合だ。思わせぶりな発言はしないようにしよう、と元気なときは自分を戒めることができても、不安なことや悲しいことがあると耐え切れない可能性だってあるだろう。

そういうときは仕方ない。「かまってくれ!」と発信してみよう。誰だってそんなときはある。ただ、かまってほしい、と思った一度目はとりあえず我慢してみてほしい。

というのも、「かまってほしい」という欲求が刹那的なものかもしれないからだ。一瞬の感情に突き動かされると、恥ずかしいことをしてしまった、と後悔する場合もある。

また、こうした欲求を我慢することで「どうして自分がかまってほしいと思ったのか」を見直すことができる。寂しさか、疎外感か、自己顕示欲か、もっと別の理由があるのか。

SNSが出現し、外の世界と簡単につながりを持てるようになり、「ひとりの時間」は減りつつある。「誰かにそばにいてほしい」「優しくしてほしい」という気持ちを堪え、なぜ自分が誰かを求めているのかわかれば、ひとりの時間をもう少し艶やかにできるようになるかもしれない。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


SNS

関連する投稿


SNS疲れなんてもったいない。自分の世界を広げるSNSの使い方

SNS疲れなんてもったいない。自分の世界を広げるSNSの使い方

数年前から聞くようになった「SNS疲れ」。うまく使うと、人とつながれて、チャンスも舞い込むSNS、せっかくならストレスなく使いたいものですよね。ブログを含むTwitterやFacebookなどのSNSを心地よく、ストレスなく使う方法をご紹介します。


インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

東京と大阪に同時オープンした、スタイリッシュな空間をリーズナブルに楽しむことができる注目の「モクシー・ホテル」を紹介します。


SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSの使い方にはその人自身が現れる。SNSはその人の分身と言ってもいい。SNSを使っていないのが珍しいといえるくらい、すっかり普及しているSNSだが、SNSをきっかけとした揉め事も少なくない。自分なりのルールを設けてSNSを楽しみ、ポジティブな影響をもらう方法とは――。


SNSをストレスなく楽しむスタンスを考える

SNSをストレスなく楽しむスタンスを考える

SNSは便利で楽しい反面、ストレスに感じてしまうことも。周りの反応を気にしすぎたり、見知らぬ人からの心ない発言に傷ついたり……。実際に私が体験したことから、ストレスなくSNSを楽しむスタンスを考えます。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


最新の投稿


ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは何かご紹介します。最近話題の、インターネットを使った資金調達方法のクラウドファンディング。その中でもとくに旬なのがソーシャルレンディング。株や債券など、今まであった投資対象に加えて、これを機にあなたも新しい投資を始めてみませんか?


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


おっぱい