育児がつらいときに、思い出してほしい言葉

育児がつらいときに、思い出してほしい言葉

夜中に子どもから何度も起こされて、寝不足状態になる。そんな眠い目をあけると外は雨で気分が落ち込み、ため息をつきながらひとりで自由だった頃を思い出して懐かしむ。たしかに育児はつらいけれど「そのころに戻りたいか?」と聞かれると、答えは「NO」とはっきり言えます。


育児がつらいと思うときがあるのは事実。

そんなときに私が力をもらえる、ふたつの言葉をご紹介します。

■大変な時期はきっと永遠には続かない

「妊娠したの!」という友達の報告を聞くと、妊婦時代は幸せな時間だったことを思い出します。お腹に赤ちゃんがいて、不安はありながらも、楽しい未来「だけ」を想像していました。

それが、赤ちゃんが生まれた瞬間に一変。

穏やかな気持ちで過ごせる時間は、少しもありませんでした。

■誰も教えてくれなかった、生まれた後の現実

育児がつらい

夜中に何度も起こされ、寝不足状態が続き、授乳にオムツ替えの繰り返しの毎日。
授乳回数や、1回の授乳にかかる時間が長いことにも驚きました。

体力的につらかったことに加え、初めてのことばかりで、

「この抱っこの仕方で大丈夫かな」
「洋服を洗う洗剤はこれで大丈夫かな」
「お散歩に出て、外で泣いてしまったらどうしよう」


などと、いろいろなことが気になり不安でいっぱいの毎日でした。

正直に言うと一人目のときは、赤ちゃんをかわいいと思う余裕は、私にはまったくありませんでした。

さらに、そうした不安だけではなく「赤ちゃんをかわいいと思えない自分は母親失格なのではないか」と、罪悪感までもが押し寄せてきてつらかったのです。

妊娠中に育児の大変さをもう少し詳しく教えてくれる人がいてもよかったのに……。
と思うこともありましたが、そう思っていたのも、気がつけば子どもが3歳くらいまでだった気がします。

娘たちが、幼稚園と小学校に通い始めると、ひとりの時間も持てるようになりました。
そうすると、やはり時間的にも精神的にも楽になります。

それまでに、つらかったことはたくさんあったはずなのですが「具体的にはどんなこと?」と聞かれると、すぐに答えられない自分がいます。

もちろん、今は、4歳と7歳の娘の言動や行動にイライラしてしまう毎日で、相手をするのがつらく、逃げ出したいと思う日もあります。

また、母親として何もしてあげられていないのではないか?
という不安も消えてはいません。

そんなつらさや不安を感じたとき、思い出す言葉が2つあります。

■育児がつらくなったときに、思い出してほしい言葉

上の娘が1歳前後のとき「自分は何をしたらいいのか教えてほしい」と思い、育児講習会に参加したことがありました。そこで、私が心に残った言葉を2つご紹介します。

まず、1つ目は保健師さんのお言葉。

「赤ちゃんと一緒にいるだけで、十分育児をしています」

赤ちゃんが泣けば、オムツを替えてあげたり、授乳をしたりと、お母さんはいろいろなことを、ごくあたりまえにやっています。

特別、何かをすることではなく、一緒にいて気にかけている……「そういうことが、十分育児をしているということですよ」と教えてくださいました。

「疲れていて出かける元気がないけれど、公園に連れて行った方がいいかな」
「もっと絵本の読み聞かせをしてあげなければいけないのかな」


子どもに対して、何もしてあげられていない、という悩みを一気に吹き飛ばしてくれた言葉でした。

2つ目は、精神科医でとある神社の宮司をされていた先生のお言葉。

「お母さんは、手を抜くことをがんばって!」

先生は、講習会の間に、何度も何度も「手を抜く」という言葉をおっしゃっていました。

帰る途中も、帰ってからも、先生の優しい口調での「手を抜くことをがんばって!」は、頭の中で繰り返されていました。その言葉だけが頭から消えないので、もう少し、具体的なことを教えてほしかったなという思いもありました。

ですが、数日後、ご飯の準備がつらいなと思ったとき、ふと、先生の言葉が頭をよぎり、「いいや、今日は手を抜いてご飯の準備をやめてしまおう」と、外食しようとするに頭を切り替えることができました。いつもは、迷ってすぐに決断ができないのです。自分がその言葉を頭に残るくらい繰り返していたのには、意味があったのだと気づきました。

今は、もちろん何度も伝えてくれた先生に感謝しています。

まだ、7年間の育児経験しかありませんが、そのときどきの大変さ、つらさは、いつか必ず終わりがきます。ただ、育児のつらさは、子どもの年齢によって内容は変わっても、なくなることはないような気がします。

お互い、程よく手を抜きつつ、子どもと一緒に踏ん張りましょう!

この記事のライター

1975年生まれ。新聞社のデジタル部門で企画・営業などを8年間経験したのち、フリーとなる。ライターとして絵本や児童書の紹介や、情報系webサイトでエディターとしての活動を行う。妻として、親として当たり前のことがなかなかできず...

関連するキーワード


育児

関連する投稿


子どもの夏休みの宿題、手伝う? 手伝わない?

子どもの夏休みの宿題、手伝う? 手伝わない?

楽しいことばかりじゃないのが夏休み……。例えば、「夏休みの宿題」は子ども本人だけでなく、親にとってもネックなのではないでしょうか。特に自由研究の課題に悩まされている親は多いと思います。子どもの夏休みの宿題と親との関わり方をデータでお伝えするとともに、自由研究に役立つアイデアをご紹介します。


子どもの夏休みにおすすめ。100均のプチプラアイテム

子どもの夏休みにおすすめ。100均のプチプラアイテム

100均には子どもの遊びにもってこいのプチプラアイテムが揃っています。インスタ映えするアイテムを選べば、子どもだけではなく、大人も楽しめること間違いなし。セリア、ダイソー、フライングタイガーなどをはじめとする100均で、夏休みにおすすめのアイテムを探してみました。


育児中にイライラしている自分に気づいてあげよう

育児中にイライラしている自分に気づいてあげよう

朝からなんだかイライラすることってありますよね。寝不足だったり、お腹がすいていたり、気になることが片付いていなかったり……。いろいろな原因があると思いますが、自分ではどうすることもできない原因もあるはず。今回は、育児中に気づいたイライラしたときの対処法をご紹介します。


育児中の上手な時間の使い方~夕飯の献立をまとめて考える~

育児中の上手な時間の使い方~夕飯の献立をまとめて考える~

育児中、夕飯のレシピで悩むことはありませんか? 献立が決まらないまま、子どもの世話が始まり、考えは一時停止。頭の片隅に気になったまま残っているものですよね。献立を考えるのは毎日のことなので、意外と時間を使うし小さなストレスになることも。今回は、育時間の効率的な使い方について、体験してよかったものをご紹介します。


ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんといえば、インスタグラムで育児日記をアップしたら、フォロワー10万人と大人気になり、ついに書籍化に至った、あの「なつきママ」。なつきママが子育て絵日記本『#ピヨトト家〜うちのアホかわ男子たち〜』で描く3歳と1歳のふたりの男の子は、アホでかわいくて、子育て中のママ&パパなら、誰もが思わず笑っちゃうはず。


最新の投稿


栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

和光アネックス(銀座)では、今が旬の栗をふんだんに使った、秋限定のスイーツを味わえる「マロンフェア」を10月1日〜31日まで開催します。毎年人気のマロンパイのほか、2種類の栗を贅沢に使用したパフェなど、秋の味覚を堪能できる美味しいスイーツが揃います。


オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

体に良さそうだけどお値段高めのオーガニック。でも、食べてみるとひと味違います! 美味しい味わいに驚かされるオーガニック・メニューやオーガニック・クッキング、アメリカと日本で相互認証もされているオーガニックの意味合いなど、日米を行き来するジャーナリストの小野アムスデン道子さんがご紹介。


男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

既婚の男性の不倫する理由なんて、どうせ性欲だけなんでしょ? と思う女性は多いですが、実際は切実な思いで女性を求めている人もいます。もちろん不倫は許されることではありませんが、なぜ妻以外の女性を求めてしまうのか、そこには家庭があっても満たされない「飢餓感」がありました。


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


おっぱい

MENU

DRESS部活