褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒められると誰だって嬉しい……はずだった。でも、微妙に違和感を覚えるときはないだろうか。褒められ上手、褒め上手になるための、日常の些細な心がけを提案したい。


褒められると嬉しいのに、いざ褒められるとどう返していいのかわからなくなる。そういう経験をした人は多いのではないだろうか。

事実、私も褒められると「あー」とか「うー」と口ごもる。褒め言葉への正しい返し方がわからない。

日常生活で多い褒め言葉は「かわいいね」「美人だね」「男前だね」「イケメンだね」など見た目が多いと思う。初対面でどこを見ますか、と言われたら多くの人が「顔」と答えるはずだ。

逆に「手」とか「腰」などと答えられたらそれはそれで戸惑う。妙なエロティックさを感じなくもないが。とはいえ、「美人ですね」と言われたとして、あなたはどう答えるだろうか。

■褒め上手なカナダ人女性のエピソード

先日、カナダ人女性と話していたときに、「そばかすがとってもキュートだ」と言われた。私は思わず「ええっ、嘘でしょ!?」と返していた。

中高生のころに日焼け止めも塗らずに、太陽の下を闊歩していたため、この年になって肌にはそばかすとして出てしまっているのだ。これがいずれシミになっていくのか……と思うと気が重くて仕方がない。

でも、海外ではそばかすメイクが流行っているのだとか。ほらこんなに! と言って彼女はそばかすメイクの動画も見せてくれた。

「だって赤毛のアンみたいでかわいいじゃない?」

なるほど、そうか……そう? 本当に? 私自身は彼女がキュートだと言ってくれたそばかすがコンプレックスなので嬉しくはなかった。

でも、その褒め言葉ひとつで思いのほか話が盛り上がったのだ。彼女は褒め上手なのだろう。

「美人だね」と褒められたらどう返すだろう。「いえいえ、そんなことないですよ~」か、「ありがとうございます」で終わりそうだ。

「どのパーツが特に綺麗だと思います?」などと返せば困惑させてしまう(聞いてどうするんだ、という話ではあるが)。

しかし、ピンポイントでの褒め言葉は会話を広げるきっかけになるのかもしれない。

■日本人が「褒め下手」な理由

私個人としては自撮りをする習慣もないし、SNSに自分の写真を載せる機会も少ない。

たまにほかの女性が友達や姉妹との写真を載せているのを見かける。コメント欄には「美人姉妹だね!」「かわいい子揃い!」という言葉が並ぶ。

別にそれがいけないというわけではないけれど、もし自分が同じようなコメントをされたら、一方的すぎて、なんて応えればいいのかわからなくなる。

1人ずつに「そんなことないですよ~」「ありがとうございます」と返しているのを見ると、いいなあ、というよりは、大変だな……という心持ちになる。

そこでふと思ったのは、もしかして、みんな褒められ慣れてないから、褒めるのが下手なのか? ということ。卵が先か、鶏が先か、みたいな話になってくるけれど。

■褒め上手になるには、目の前の相手を褒めることから

友だちの恋人を紹介されたとする。あとから「私の恋人はどうだった?」と聞かれると、とっさに外見を褒めてしまう。

もちろん、はじめましての状態でそんなに突っ込むことはできないのだけれど、「カッコいいね」とか「優しそうだね」とかだろうか。

でも、一言二言話しているのなら、本来はもう少し何かしら言葉が出てくるはずだ。「素敵な声をしている人だった」とか「恋人を見る目がとても優しそうだった」とか。

褒められたい、というなら、自分ももっと周りの人たちを褒めるべきだ。

日本人はよく恥ずかしがり屋だし謙虚だ、なんて言うけれど、良いと言われたことはもっと迎合すべきだし、周りのことも積極的に褒めていくべきなのだろう。

「褒め」の語彙力を増やし、褒め上手になるのは、周りにとっても自分にとっても、良い暮らしのエッセンスになりそうだ。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


コミュニケーション

関連する投稿


SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSの使い方にはその人自身が現れる。SNSはその人の分身と言ってもいい。SNSを使っていないのが珍しいといえるくらい、すっかり普及しているSNSだが、SNSをきっかけとした揉め事も少なくない。自分なりのルールを設けてSNSを楽しみ、ポジティブな影響をもらう方法とは――。


興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

「興味ない」のにしつこくLINEしてくる相手に対し、どう反応すればよいのか……悩んだことはありませんか。飲み会や忘年会が増え出会いも増える年末に向けて、LINEでしつこい人に対処する方法や気をつけたいことを考えてみました。


夫婦は本当にわかりあうべきもの?【結婚は、本から学ぶ#1】

夫婦は本当にわかりあうべきもの?【結婚は、本から学ぶ#1】

書籍から結婚、夫婦関係、パートナーシップについて学ぶ新連載【結婚は、本から学ぶ】を開始します! 初回は『読書で離婚を考えた』。作家同士のご夫婦が、お互いをより理解しあうために、順番に課題図書を出して感想文を書き合ってみたというコンセプトの本です。


彼と別れたい……付き合い始めたけど、やっぱりダメだったときの対処法

彼と別れたい……付き合い始めたけど、やっぱりダメだったときの対処法

告白されてとりあえず付き合ってみたけど、やっぱり彼のことを好きになれない……から別れたい。でも、彼は私のことが大好きで、すごく良くしてくれている。こんなとき、別れ話をするのに罪悪感を持ってしまいがち。そこで今回は、自分に原因がある場合における、彼との上手な別れ方をご紹介します。


彼に会いたい気持ちを上手に伝える方法とは?

彼に会いたい気持ちを上手に伝える方法とは?

「彼に会いたい」と思っていても、「ウザい」「重い」と思われたらどうしよう……そう考えると、なかなか言い出すことは難しいですよね。そこで、彼女から「会いたい」と言われたときの男性心理を解説! 上手に「会いたい」と伝える方法と、彼があなたに会いたいと思わせる方法をご紹介します。


最新の投稿


シャンプー後に使うだけ。白髪を徐々に染め上げるヘアカラートリートメント

シャンプー後に使うだけ。白髪を徐々に染め上げるヘアカラートリートメント

コーセーは、“Sea(シー)&Spa(スパ)”をコンセプトとする化粧品専門店向けブランド「プレディア」から、シャンプー後に使用することで、白髪を徐々に染めながら、ツヤのある美しい髪色にみちびく「プレディア ヘアカラートリートメント」を、2018年1月16日から全国の化粧品専門店で発売開始します。


『監獄のお姫さま』第6話あらすじ - 子どもを奪われた母の苦しみ

『監獄のお姫さま』第6話あらすじ - 子どもを奪われた母の苦しみ

『監獄のお姫さま』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは小泉今日子、満島ひかり、伊勢谷友介ほか。しのぶの息子・勇介が吾郎に引き取られ、勇介ロスに陥ったカヨたち。一方、吾郎からはなかなか真相を聞き出すことができず……。


フランス女性の朝食はシンプルで体想い

フランス女性の朝食はシンプルで体想い

フランス人の朝食は甘いものが定番。焼きたてのクロワッサンやパン・オ・ショコラにカフェオレなど、イメージそのものとも言ってもよさそう。しかしフランス女性の朝食内容を覗いてみると、シンプルだけど体のことを想ったメニューであることもわかります。今回は気軽に取り入れることができる、フランス流の朝食をご紹介します。


浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

軽い気持ちで浮気すると、大きな後悔をしてしまうかもしれません。今回は、浮気で後悔しないために知っておくべきリスクについて解説します。


【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

六本木開館10周年を迎えるサントリー美術館が、2017年11月22日(水)から2018年1月28日(日)まで、「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」展を開催。


おっぱい