褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒められると誰だって嬉しい……はずだった。でも、微妙に違和感を覚えるときはないだろうか。褒められ上手、褒め上手になるための、日常の些細な心がけを提案したい。


褒められると嬉しいのに、いざ褒められるとどう返していいのかわからなくなる。そういう経験をした人は多いのではないだろうか。

事実、私も褒められると「あー」とか「うー」と口ごもる。褒め言葉への正しい返し方がわからない。

日常生活で多い褒め言葉は「かわいいね」「美人だね」「男前だね」「イケメンだね」など見た目が多いと思う。初対面でどこを見ますか、と言われたら多くの人が「顔」と答えるはずだ。

逆に「手」とか「腰」などと答えられたらそれはそれで戸惑う。妙なエロティックさを感じなくもないが。とはいえ、「美人ですね」と言われたとして、あなたはどう答えるだろうか。

■褒め上手なカナダ人女性のエピソード

先日、カナダ人女性と話していたときに、「そばかすがとってもキュートだ」と言われた。私は思わず「ええっ、嘘でしょ!?」と返していた。

中高生のころに日焼け止めも塗らずに、太陽の下を闊歩していたため、この年になって肌にはそばかすとして出てしまっているのだ。これがいずれシミになっていくのか……と思うと気が重くて仕方がない。

でも、海外ではそばかすメイクが流行っているのだとか。ほらこんなに! と言って彼女はそばかすメイクの動画も見せてくれた。

「だって赤毛のアンみたいでかわいいじゃない?」

なるほど、そうか……そう? 本当に? 私自身は彼女がキュートだと言ってくれたそばかすがコンプレックスなので嬉しくはなかった。

でも、その褒め言葉ひとつで思いのほか話が盛り上がったのだ。彼女は褒め上手なのだろう。

「美人だね」と褒められたらどう返すだろう。「いえいえ、そんなことないですよ~」か、「ありがとうございます」で終わりそうだ。

「どのパーツが特に綺麗だと思います?」などと返せば困惑させてしまう(聞いてどうするんだ、という話ではあるが)。

しかし、ピンポイントでの褒め言葉は会話を広げるきっかけになるのかもしれない。

■日本人が「褒め下手」な理由

私個人としては自撮りをする習慣もないし、SNSに自分の写真を載せる機会も少ない。

たまにほかの女性が友達や姉妹との写真を載せているのを見かける。コメント欄には「美人姉妹だね!」「かわいい子揃い!」という言葉が並ぶ。

別にそれがいけないというわけではないけれど、もし自分が同じようなコメントをされたら、一方的すぎて、なんて応えればいいのかわからなくなる。

1人ずつに「そんなことないですよ~」「ありがとうございます」と返しているのを見ると、いいなあ、というよりは、大変だな……という心持ちになる。

そこでふと思ったのは、もしかして、みんな褒められ慣れてないから、褒めるのが下手なのか? ということ。卵が先か、鶏が先か、みたいな話になってくるけれど。

■褒め上手になるには、目の前の相手を褒めることから

友だちの恋人を紹介されたとする。あとから「私の恋人はどうだった?」と聞かれると、とっさに外見を褒めてしまう。

もちろん、はじめましての状態でそんなに突っ込むことはできないのだけれど、「カッコいいね」とか「優しそうだね」とかだろうか。

でも、一言二言話しているのなら、本来はもう少し何かしら言葉が出てくるはずだ。「素敵な声をしている人だった」とか「恋人を見る目がとても優しそうだった」とか。

褒められたい、というなら、自分ももっと周りの人たちを褒めるべきだ。

日本人はよく恥ずかしがり屋だし謙虚だ、なんて言うけれど、良いと言われたことはもっと迎合すべきだし、周りのことも積極的に褒めていくべきなのだろう。

「褒め」の語彙力を増やし、褒め上手になるのは、周りにとっても自分にとっても、良い暮らしのエッセンスになりそうだ。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


コミュニケーション

関連する投稿


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第2回のテーマは「銀座ママから盗んだモテるためのテクニック」です。


モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

モテる女は「ボケを拾うスキル」を持っている【植村絵里×竹中功】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんに、「男女間のコミュニケーションを心地よくするには?」というテーマで対談していただきました。


後輩との会話は「コツをおすそわけ」スタンスで――「教育」するでは通用しない理由

後輩との会話は「コツをおすそわけ」スタンスで――「教育」するでは通用しない理由

企業によって、何年目から後輩指導をするのかはまちまちですが、いずれにせよいつかは直面する、後輩指導・育成。すでに管理職の方もそうでない方も、一緒に考えてみませんか?


居心地の悪い空間を演出する人の特徴

居心地の悪い空間を演出する人の特徴

友人と話をするとき、何も考えずに話せたら楽だ。でも、互いに別の生き物であり、違った考えを持っている。嫌な気分にならず、心地よい会話をするためには、少しだけ気をつけなければいけない。


最新の投稿


栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

和光アネックス(銀座)では、今が旬の栗をふんだんに使った、秋限定のスイーツを味わえる「マロンフェア」を10月1日〜31日まで開催します。毎年人気のマロンパイのほか、2種類の栗を贅沢に使用したパフェなど、秋の味覚を堪能できる美味しいスイーツが揃います。


オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

体に良さそうだけどお値段高めのオーガニック。でも、食べてみるとひと味違います! 美味しい味わいに驚かされるオーガニック・メニューやオーガニック・クッキング、アメリカと日本で相互認証もされているオーガニックの意味合いなど、日米を行き来するジャーナリストの小野アムスデン道子さんがご紹介。


男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

既婚の男性の不倫する理由なんて、どうせ性欲だけなんでしょ? と思う女性は多いですが、実際は切実な思いで女性を求めている人もいます。もちろん不倫は許されることではありませんが、なぜ妻以外の女性を求めてしまうのか、そこには家庭があっても満たされない「飢餓感」がありました。


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


おっぱい

MENU

DRESS部活