褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒められると誰だって嬉しい……はずだった。でも、微妙に違和感を覚えるときはないだろうか。褒められ上手、褒め上手になるための、日常の些細な心がけを提案したい。


褒められると嬉しいのに、いざ褒められるとどう返していいのかわからなくなる。そういう経験をした人は多いのではないだろうか。

事実、私も褒められると「あー」とか「うー」と口ごもる。褒め言葉への正しい返し方がわからない。

日常生活で多い褒め言葉は「かわいいね」「美人だね」「男前だね」「イケメンだね」など見た目が多いと思う。初対面でどこを見ますか、と言われたら多くの人が「顔」と答えるはずだ。

逆に「手」とか「腰」などと答えられたらそれはそれで戸惑う。妙なエロティックさを感じなくもないが。とはいえ、「美人ですね」と言われたとして、あなたはどう答えるだろうか。

■褒め上手なカナダ人女性のエピソード

先日、カナダ人女性と話していたときに、「そばかすがとってもキュートだ」と言われた。私は思わず「ええっ、嘘でしょ!?」と返していた。

中高生のころに日焼け止めも塗らずに、太陽の下を闊歩していたため、この年になって肌にはそばかすとして出てしまっているのだ。これがいずれシミになっていくのか……と思うと気が重くて仕方がない。

でも、海外ではそばかすメイクが流行っているのだとか。ほらこんなに! と言って彼女はそばかすメイクの動画も見せてくれた。

「だって赤毛のアンみたいでかわいいじゃない?」

なるほど、そうか……そう? 本当に? 私自身は彼女がキュートだと言ってくれたそばかすがコンプレックスなので嬉しくはなかった。

でも、その褒め言葉ひとつで思いのほか話が盛り上がったのだ。彼女は褒め上手なのだろう。

「美人だね」と褒められたらどう返すだろう。「いえいえ、そんなことないですよ~」か、「ありがとうございます」で終わりそうだ。

「どのパーツが特に綺麗だと思います?」などと返せば困惑させてしまう(聞いてどうするんだ、という話ではあるが)。

しかし、ピンポイントでの褒め言葉は会話を広げるきっかけになるのかもしれない。

■日本人が「褒め下手」な理由

私個人としては自撮りをする習慣もないし、SNSに自分の写真を載せる機会も少ない。

たまにほかの女性が友達や姉妹との写真を載せているのを見かける。コメント欄には「美人姉妹だね!」「かわいい子揃い!」という言葉が並ぶ。

別にそれがいけないというわけではないけれど、もし自分が同じようなコメントをされたら、一方的すぎて、なんて応えればいいのかわからなくなる。

1人ずつに「そんなことないですよ~」「ありがとうございます」と返しているのを見ると、いいなあ、というよりは、大変だな……という心持ちになる。

そこでふと思ったのは、もしかして、みんな褒められ慣れてないから、褒めるのが下手なのか? ということ。卵が先か、鶏が先か、みたいな話になってくるけれど。

■褒め上手になるには、目の前の相手を褒めることから

友だちの恋人を紹介されたとする。あとから「私の恋人はどうだった?」と聞かれると、とっさに外見を褒めてしまう。

もちろん、はじめましての状態でそんなに突っ込むことはできないのだけれど、「カッコいいね」とか「優しそうだね」とかだろうか。

でも、一言二言話しているのなら、本来はもう少し何かしら言葉が出てくるはずだ。「素敵な声をしている人だった」とか「恋人を見る目がとても優しそうだった」とか。

褒められたい、というなら、自分ももっと周りの人たちを褒めるべきだ。

日本人はよく恥ずかしがり屋だし謙虚だ、なんて言うけれど、良いと言われたことはもっと迎合すべきだし、周りのことも積極的に褒めていくべきなのだろう。

「褒め」の語彙力を増やし、褒め上手になるのは、周りにとっても自分にとっても、良い暮らしのエッセンスになりそうだ。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


コミュニケーション

関連する投稿


あなたは、話しかけやすい人ですか? 生産性を上げるために大切なこと

あなたは、話しかけやすい人ですか? 生産性を上げるために大切なこと

仕事やプライベートなどさまざまなシーンで生まれるコミュニケーションによる悩み。あなたも一度は悩んだことがあるはず。今回はそんなコミュニケ―ションの問題をものともしない「話しやすい人」とは一体どのような人なのか、考えてみたいと思います。


男心チェックリスト! 彼の気持ちを確かめる5つの方法

男心チェックリスト! 彼の気持ちを確かめる5つの方法

今回は男性の心理を把握したうえで、彼の気持ちを確かめる方法を5つご紹介します。お付き合いしている男性が「自分のことを本当に大切に思っているのだろうか?」と、考えたことがある人は多いかもしれません。もし彼との関係に不安があるならば、こちらのチェックリストを試してみてくださいね。


人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は、自分と他人との間に境界線を引いて、そこから立ち入らないよう、ほどよい距離感を保っています。そしてベストな線引きは、自分が持っている「コミュニケーションの前提」で決まってきます。ゆっくり過ごせる時間があるときに、自分の前提を見直してみませんか?


今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

SNSによって「伝える」ことは簡単にできるようになりました。”いいね!”のボタンの種類は増えて、LINEのスタンプだって日々新しくなる。楽だけれど、本当にそれだけで充分伝えられているでしょうか。せっかくならもう少し相手と近くなれるような、今日はそんな伝え方をしてみませんか。


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


最新の投稿


上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

ニールズヤードから、質の良い睡眠をサポートするためのグッドナイト ピローミストが8月1日に新登場。マンダリンの甘いシトラスの香りが穏やかな気持ちにさせ、ラベンダーやカモミールのハーバルな香りが心身にリラックス感を与える製品です。


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。