「レディファーストをしない男はけしからん」と言う女はけしからん!?

「レディファーストをしない男はけしからん」と言う女はけしからん!?

独身女性たちと話していて「付き合うならレディファーストできる男がいい」という発言をよく聞く。彼女たちが求めるレディファーストは、ドアをさりげなく開けたり、エスカレーターに先に乗せたり、道の車道側を歩くことなどである。しかしそうした要求があまりにも当たり前のように扱われてくることに疑問を感じる。


独身女性たちと話していて「付き合うならレディファーストできる男がいい」という発言をよく聞く。

彼女たちが求めるレディファーストは、男性が女性に対し、ドアをさりげなく開けたり、エスカレーターに先に乗せたり、道の車道側を歩くことなどを指す。

■レディファーストを強要する女はややこしい?

たしかに、男性から女性として扱われるのはとても気分がいい。お姫様のような気持ちになるし、相手の人も心なしかイイ男に見える。

しかし、レディファーストは日本にあまり馴染みのない文化。「欧米では普通らしい」という耳より情報を聞きつけて、主張する女性を何人も見てきたが、ちょっと怖い。過激な女性になると「レディファーストしない男なんてありえない」と怒ったりする。

女性であることを振りかざして、なんでも要求と通そうとするエゴイストと見られては損である。「お客様は神様でしょ?」と自分から言ってしまう客のような、ややこしい雰囲気もぷ~んと漂う。男性の前で声高に叫ぶのは控えたいところである。

■日本人男性のレディファーストに対する考え方は

レディファーストについて、日本の男性はどう思っているのか。大きく分けて3種類の男性がいるようだ。

・レディファーストを抵抗なくする男性
レディファーストがスマートにできる人。女性からは「やさしい」と評される。

・気づきつつも、あえてやらない男性
ここでドアを開けたらレディファーストだなと気づきつつも、気恥ずかしさなど、何かしらの理由で行動に移さない人。

・そもそもレディファーストの概念がない男性
もともと必要ないと思っている男性。概念がなければ、しないのは当然である。

この3種類の男性が日本にいることを、まず知っておきたい。それだけでも、されなかったときに「あ、この人、しないタイプの人なのかな」と、受け流すこともできる。

そもそも現代の女性は一昔前とは違う。仕事をして、結果を出し、プライベートを充実させるだけの思考力・行動力を兼ね備えている。非常にたくましい。そういう面では男性化が進んでいるのかも。

そんな女性を目の当たりにした現代の男性たちにとって、女性は守る対象から尊重する対象に変わった。レディファーストという概念が頭の中から抜け落ちてしまうのも、仕方ないのかもしれない。

■レディファーストされるにはどうすればいいか

とはいっても、レディファーストは女性の憧れ。やっぱりされてみたい! されるにはどうすればいいか。

レディファーストされたければ、まずは自分が「レディ」になるのはどうか。普段から女性らしい言動を心がけて、身ぎれいにして、女として認識してもらうことにポイントを置く。

持って生まれた容姿やスタイルは関係なく、「女性として自分をケアしていること」が、女らしさにつながる。男性に自分が女であると認識させれば、女性扱いはしてくれるはずである。レディであることを放棄して、レディファーストされたいというならば、そこには矛盾が生じてしまう。

そして、こちらがレディになるのだから、相手をジェントルマンとして扱ってみよう。相手を立てて、頼ったり、リスペクトすれば、彼はジェントルマンになりうる。

もしも女らしさを捨てて、相手を男として扱わなければ、両者の男女の概念が消える。レディがされるべき「レディファースト」の概念が、消滅してしまうことになりかねない。

■「レディファースト受け入れ態勢」も育てよう

レディファーストをされたい女性は、きちんとそれを受け入れる態勢を作るのも大切。ドアを開けるのも、男性より先にガツガツ歩いて、自らドアを開けてしまう女性も見受けられる。せっかくのチャンスをつぶさないように、店に入るときは、男性より1歩後ろを歩くのが吉。そうすれば相手は自然とドアを開けてくれる。

また、慣れていない女性は、恥ずかしさのあまり、無意識にレディファーストを拒否してしまうこともある。本当はしてほしいのに、いざ、されると恥ずかしい。「大丈夫だから!」と強めに拒めば、「あっ、ゴメン……」と男性も萎えてしまう。そうならないように、自分の照れをなくして、受け入れ態勢も作っていきたい。

レディファーストされたときの正しい反応は「ありがとう」と笑顔で言うこと。さも当然のような顔をしていると、男性も気分が良くないはずだ。「レディファーストしたのに礼を言わない女はけしからん」と言われないように、女性として基本のコミュニケーションは取っておきたい。

この記事のライター

あずま・かなこ。1983年生まれ。独身の恋愛コラムニスト。これまで1000本以上のコラムを執筆。テレビ・ラジオ出演多数。元女性サイト編集長という経歴を生かし、書籍「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パ...

関連するキーワード


大人のマナー術

関連する投稿


大人はくさい - 自覚してニオイ対策を最大限に

大人はくさい - 自覚してニオイ対策を最大限に

大人はくさい……。ニオイ対策をしないとまずい。大人になる前から気づいていたけれど、自分が大人になった今改めて思う、「大人はくさい!」という問題。認めたくはないけれど、歳を重ねるにつれ年々きつくなっていくニオイ。私はこんな対策をしています。


あなたは大丈夫? 大人なら知っておきたい洋食レストランでの食事マナー

あなたは大丈夫? 大人なら知っておきたい洋食レストランでの食事マナー

食べ方のマナーやレストランのマナーは人を不快にさせないためのもの。知っているようで知らないこと。知っていると心強いこと。ガチガチにルールやマナーに縛られることはないけれど豆知識以上、決まりごと未満くらいで少し覚えておくといいかもしれません。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


ブーツとタイツの正しいマナーを身につけて。年末年始も靴で女の品格を上げる!

ブーツとタイツの正しいマナーを身につけて。年末年始も靴で女の品格を上げる!

ブーツやタイツは冬の必須アイテム。でもこの二つ、フォーマルなファッションではなく、防寒具だとご存じですか? 履いてもいいけれど「履き替え」を提案するのは、『すてきな靴が一歩ふみ出す自信をくれる』著者、横田真由子さん。靴で品格を上げる方法をご紹介します。


【大人のマナー】重要なことや常識を身につけて、愛される人になる

【大人のマナー】重要なことや常識を身につけて、愛される人になる

今さら人に聞けないマナーや常識。きちんと身につけていますか? 人から愛される人は、真の大人としてのマナーや常識、礼儀などを心得ているもの。しっかり実践したい大人のふるまいを取り上げた『また会いたいと思われる人になる 大人の教科書』をご紹介します。意外と知らない重要なことが、掲載されています。


最新の投稿


華やかな空間は人の想いや気持ちをつなげる【高田賢三】

華やかな空間は人の想いや気持ちをつなげる【高田賢三】

パリ在住の世界的ファッションデザイナー、高田賢三さんによる連載。「華やか×◯◯」をテーマに毎月1本コラムをお届けします。第8回は「華やか×空間」でその思いを綴っていただきました。高田賢三さんが考える、華やかな空間とは――。


突然の結婚宣言。「AKB選抜総選挙」から株式投資を考える

突然の結婚宣言。「AKB選抜総選挙」から株式投資を考える

「私、私、結婚します」と宣言し、一躍話題になったNMB48の須藤凛々花さん。これからの進退に注目が集まっています。筆者はこの宣言を聞いた瞬間、「これは、デフォルトじゃないか⁉(投資用語で、債務不履行とか破綻の意味)」と思いました。「AKB選抜総選挙」には、投資の世界に似た要素があるんだなと感じたのです。


ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

大人になった今「ラジオ体操」を朝の習慣にしています。子供の頃はその効果に疑問を感じていたラジオ体操ですが、運動不足の大人に成り下がった今、これが案外すごい体操だったということを身をもって知りました。あえてラジオ体操をチョイスするメリット、それには3つの理由があるんです。


おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

『おしゃれの幸福論』(著:光野桃)を取り上げます。ワンツーコーデが流行っている今、人とはかぶらないけれど、浮くわけでもない、自分らしいワンツーコーデがしたい。そう思った桜井真砂美さんが手に取ったのは『おしゃれの幸福論』。本書から得たヒントを紹介してくれました。


有名税ってありますか?

有名税ってありますか?

「有名税ってどんなもの?」「有名になるメリットとデメリットってなんですか?」などとよく尋ねられる。本気で取り組めば、多少の有名税を支払うことになったとしても、新たなチャンスを得て、世界を広げていけることの方が多い。