激ウマ簡単! 白ワインに合う美味しいおつまみ4選

激ウマ簡単! 白ワインに合う美味しいおつまみ4選

今回紹介するのは白ワインに合う美味しいおつまみです。自宅での晩酌、ひとりで飲んでも、誰かと飲んでも、ワインがあると肩肘張ってしまう人が多いようです。難しいものを作らなくてもワインに合う料理は意外にたくさんあります。今回はその中でも私もよく作る料理4つをピックアップしました。


SNSに写真をアップすることが多い昨今。友人を招いてのホームパーティや気軽なつもりの家飲みもなかなか手を抜けません。

家でワインを飲む人も多いと思いますが、よく聞かれるのが、「何のお料理に合わせて良いかわからない」、「家ではフランス料理などを食べないからワインを飲めない」などの悩み。

ワインと料理の相性はいろいろありますが、家でも簡単に作れるおつまみをいくつかご紹介します。

■定番中の定番! 簡単なのにおしゃれな「カプレーゼ」

一番の定番はやはりスーパーでも簡単に手に入るモッツァレラとトマト、バジルを合わせたカプレーゼ。材料を切ってオリーブオイルと塩を振りかけるだけ、という簡単なのにおしゃれに見えてしまう優れた料理です。

モッツァレラはスーパーのものでも良いですし、美味しいチーズが置いてあるお店で購入すれば、上質なものが手に入るので、より一層おいしく仕上がります。

また、サラダ風にしたり、バゲットやピザに載せて焼く、パスタにする、などアレンジも豊富にできるのもポイントです。白ワインを選ぶ場合はすっきりした味わいのものがよく合うでしょう。

フルーティな味わいのリースリングやソーヴィニヨン・ブランという品種のワインも手に入れやすく、モッツァレラとも相性抜群な組み合わせです。また、モッツァレラはイタリアのカンパーニャ州原産のチーズ。カンパーニャ州のワインと合わせてみるのも良いと思います。

■保存が効くから重宝する! お皿に載せるだけ簡単おつまみ

揃えておくと便利な保存が効くおつまみといえば、ピクルスやオリーブ、ナッツ類。

何もないときや急な来客にもさっと対応できる優秀な食材です。ワインバーなどの簡単なおつまみの定番でもありますね。家に少しずつ常備しておけば、開けてお皿にいれるだけでおしゃれに見えるのも優秀なポイントです。

オリーブはパスタや煮物に入れることもできますし、ナッツ類はサラダに混ぜたり、そのまま提供したりする以外にも使い道はたくさん。

そのまま出して軽いおつまみとして食べる場合は、ワインとの相性は真剣に考えず、軽い気持ちで飲むのが楽しいと思います。

どんなワインとも相性が良いですが、ピクルスには軽めの味わいの白ワイン、オリーブには少ししっかりとした味わいの白ワインを用意すると、より美味しく楽しめますよ。

■「白身魚のソテー」スーパーでも揃えやすく簡単調理!

続いて紹介するのが、白身魚のソテー。日本のスーパーでも切り身で売っているので手に入れやすく調理も簡単です。

その日飲むワインとの相性を良くするためには、少し贅沢ですが飲むワインを少量使ってソテーしてみてください。魚にもワインの味わいが染み込んで◎。

また、小麦粉をまぶしてムニエルにしてもおしゃれ料理ができあがります! バターをたっぷり使用した場合は、樽の香りの効いたシャルドネなどが相性抜群です。

マリアージュの定番メソッドに、「その土地の料理とワインを合わせる」というものがあります。ハーブやレモンで魚料理を香りづけした場合は、南フランス風のソテーになります。そのため、南仏の白ワインと組み合わせると、より美味しいマリアージュが完成するのです。

■テーブルに彩りを! あえるだけの簡単「マリネ」

あえるだけで簡単に作れるのに、おしゃれで手が込んでいるように見えるお料理の定番のひとつはマリネ。

白ワインに合わせるなら白身魚、タコやイカのマリネがおすすめです。季節に合わせて使用する食材を変えてみると、いつもと違うものが食べられ、さらに料理の幅も広がります。

マリネのレシピで検索すると「こんなものまでマリネにできるんだ!」というレシピが出てきます。どれもベースは一緒で簡単なのでぜひ挑戦してみてください。

使う食材を色とりどりにすると食卓もにぎやかになり、一気におしゃれ度が増します。こちらもフレッシュでフルーティな白ワインがおすすめ。夏に向けてキンキンに冷やしたフレッシュなワインがぴったりだと思います。

■簡単おつまみで、白ワインを美味しく楽しむ

簡単でおしゃれなおつまみがあれば、ワインをより気軽に楽しむことができるはず。

もちろん料理上手な方はもっと凝ったメニューを作っても良いですし、ここにはない、他の料理に挑戦するのもありです。これからは暑くなってきて白ワインが美味しい季節。気楽に家飲みワインを楽しんでくださいね。

この記事のライター

ソムリエ。ワイン輸入会社。日本の女性にもっとワインを飲んでもらいたくワイン会や執筆活動を行っています。女性全員が、アルコール含めて口に入れるものすべてを自分の意思で選べるような社会が目標。モットーはおいしく楽しく食べて幸せを...

関連するキーワード


ワイン レシピ

関連する投稿


高たんぱく低糖質食材「たまご」を主役おかずにするレシピ

高たんぱく低糖質食材「たまご」を主役おかずにするレシピ

たまごを主役のおかずにするレシピを3つ紹介します。高たんぱく低糖質のたまごは栄養満点で、他の食品にも合わせやすい万能選手です。


旬の新生姜を使った自家製ガリの作り方。アレンジレシピで美容効果も期待できる!

旬の新生姜を使った自家製ガリの作り方。アレンジレシピで美容効果も期待できる!

旬の新生姜を使った「自家製ガリ」の作り方とアレンジレシピをご紹介します。難しそうに見えますが、実は材料3つで簡単に作ることができます。生姜は、夏バテや冷え性で悩む方に、積極的に摂ってほしい食材の一つです。


和紅茶ビールに抹茶ビール……お茶づくしの「抹茶ビアガーデン」が開業

和紅茶ビールに抹茶ビール……お茶づくしの「抹茶ビアガーデン」が開業

ホテル・レストラン運営の龍名館は、御茶ノ水の日本茶レストランで、「抹茶ビアガーデン」を6月より期間限定で開業。「和紅茶ビール」「抹茶ビール」など10種のビールの飲み放題や、「抹茶ワイン」、13品の「お茶料理」を楽しめます。


フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスで歴史あるブルゴーニュワインのドメーヌ「シモン・ビーズ」の5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さん。彼女がその重責を担うまでに至った経緯と現在をパリ在住でブルゴーニュワイン専門店を夫婦で営む近藤さんがレポートします。


サラダチキンの簡単レシピ4つ。たんぱく質できれいを磨く

サラダチキンの簡単レシピ4つ。たんぱく質できれいを磨く

サラダチキンを使った簡単で美味しいレシピを4つご紹介します。サラダチキンには良質なたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は美容と健康を作るもと。しっかり摂取してきれいを磨きましょう。


最新の投稿


新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断(NIPT)を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスク、他の診断方法(羊水染色体検査や絨毛染色体検査など)との違いなどを山中智哉医師が解説します。


普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

ミキモトのパールネックレスといえば「一生モノ」の代名詞。そのジュエリーは、長い歴史に裏打ちされた技術と志があるからこそ、色褪せることなく未来に向かって輝き続けるのかもしれません。愛おしさすら感じる素敵な雑貨をセレクトして紹介する連載「愛しい雑貨」2回目では、そんなミキモトのパールネックレスを取り上げます。


【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

約650年の歴史を誇る日本の伝統芸能、能楽。最近、能楽が女性の間でブームになっています。とはいえ「能は観たことがないし……」と敷居が高いと感じている人も多いのでは? そんな方には、7月29日(土)に行われるイベント「能楽カフェ×体感する能『黒塚』」がおすすめ。DRESS限定、終演後の能舞台ツアーも開催!


結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

私は「結婚が怖い」と回避して回避して30代になった。そんな私が、内田樹先生の『困難な結婚』と出会い……ちょっと結婚に対する意識が前向きに変わったので、紹介させてください。


狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

初めて能楽堂へ訪れる方へおすすめなのが、横浜能楽堂で定期開催している「横浜狂言堂」。狂言の世界へはじめの一歩を踏み出してみませんか? 通常、狂言は能とあわせて演じられますが、横浜狂言堂では狂言だけをピックアップし、1回の公演で2曲楽しめるのが魅力。直近では6月11日に開催されます。