無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

フィリピンで就職しようと決めた、当時33歳・無職の私。将来を悲観して落ち込みもしましたが、「人生の夏休み」とばかりに自分の時間を謳歌した結果、選んだ道は「フィリピンで働く」でした。


■まさかのフィリピン就職

無職の期間に思いついた「やりたいこと」を次々とこなしていくうちに、「また働きたい」と思うようになりました。

次のキャリアについて漠然と考え始めたときに、

・自分と似たようなスペックの人はすでに日本にたくさんいるし、この先若い人が成長してきたら自分の居場所がなくなるかもしれない
・人件費の安い国から人が流れてきたら、ますます居場所がなくなるかもしれない
・だったら、そういう人をマネジメントする経験を積んでおくと、自分の市場価値が上がるかもしれない
・じゃあ、次に働くのはそういう人がいる国だよね
・時代も時代だし、英語はマストだよね

という発想と、労働ビザの取りやすさを考慮した結果、「フィリピンで仕事を探そう」という決断に至りました。

コネもツテもないので、フィリピン・セブ島に留学。英語を勉強しながら就職先を探し始めました。

■フィリピン就職で34歳の「年齢」はネックにならなかった

管理職全体の50%以上が女性、女性の社会進出が進んでいる、などの統計はインターネット上にあふれていますし、友人が働く銀行でも「支店長の7割は女性」とのことで、女性の社会進出は実際に進んでいると思われるフィリピン。

ただし、あえて私の肌感でお伝えすると、「女性が輝ける社会」という前向きな話だけでなく「夫婦どちらか片方の稼ぎだけではまだちょっと苦しい」という家庭が少なくないというのが現実です。

一部の裕福な家庭を除き、男女関係なく「家族・親族の中で働き手となれる大人たちが生活費や学費を稼ぐ」という風潮なんですね。キャリア志向でバリバリ働く人もいますし、普通に働いてそれなりのお給料で、という人もいます。住み込みのメイドやベビーシッターとして働きながら家族に仕送りをする人もいます。

(身内の誰かが海外に出稼ぎに行ったらそれをアテにして働かなくなるケースもありますが、それはまた別の話)

従って、フィリピンでの就職活動において私の年齢はネックにならず、純粋にこれまでのキャリアを評価していただけました。

誕生日が過ぎて34歳独身になっていた私は、「この先結婚したとしても働き続けるのが普通」と見られていて、仮に34歳既婚だったとしても「妊娠しても産休明けに復職するのが普通」と見られたことでしょう。

■フィリピン女性の社会進出が進んだ背景

日本だと、働いている女性が結婚したり妊娠すると
「結婚することにしたの」
「じゃぁ寿退職?」

あるいは

「今妊娠◯カ月でね」
「じゃぁ仕事どうするの?(辞めるの?)」

という会話になるかもしれません。

これがフィリピンだと
「結婚することにしたの」
「じゃぁ将来に備えてもっと稼がないとね」

あるいは
「今妊娠◯カ月でね」
「今のうちから子供の面倒見てくれる人を探さないとね」

なんです。結婚や妊娠、出産、育児を理由に退職する人はあまりいません。
仕事を辞めるとその分家計が苦しくなるか、将来の不安が圧倒的に大きくなるので、むしろ夫側も妻が退職することを望んでいません。
このような背景から、結果的に女性の社会進出が進んだのかもしれません。

余談ですが、私が結婚した後に「仕事辞めないの?」と聞いてきた人はみんな、日本人でした。

■まとめ

オフィスの写真

フィリピンで働くというのは突拍子もない決断でしたが、仕事面において日本で痛い目に遭ったような「年齢や性別で苦労」することもなく、結果的に大正解でした。

日本に息苦しさを感じていたり男社会で苦労したりしている方は、旅行や語学留学などでも構わないので「女性が働くのがあたりまえの国」を経験してみてください。

もちろんメリットだけでなくデメリットもたくさんあります。日本で再就職していたらまた違うキャリアが……と思うこともあります。

でも、選ばなかった人生に思いを馳せて後悔するよりも、選んだ決断を信じてそれを「大正解」と言えるように帳尻を合わせてながら生きていたい、そう私は思います。

後悔する時間も、余計な苦労をする時間ももったいないし、時間は巻き戻せません。失敗したと気づいたら軌道修正すれば済みますし。

また、英語を勉強していたおかげで「フィリピンで働く」という判断ができ、フットワーク軽く動けました。自分の武器・強みを増やすという観点で、英語はやっておいて損はありません。

この記事のライター

海外就職してフィリピンのベンチャー企業で働いています。1979年生まれ、千葉県出身。自称バリキャリからの33歳で無職→語学留学→34歳でフィリピン就職→35歳でインドネシアで働く日本人と交際開始→36歳で結婚し夫がインドネシ...

関連するキーワード


キャリア 働き方

関連する投稿


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ものづくりには「正解」があると思う【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#2】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画初回では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招き。前編に続き、後編をお届けします。


女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

女医のわたしが起業するまで・起業してからのリアル

内科医として働きながら、セミナーやコンサル、執筆など、個人でいくつもの事業を展開する岡本彩さん。なぜ医師という高収入な職業に就きながらも、収入を得るルートをいくつも構築しているのでしょうか。起業するまでに直面した大変な現実、起業後のリアルについて綴っていただきました。


会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

会社を辞めたからこそ見えた景色――「やりたいこと」をするには今自分にあるもので戦うしかない

新しいキャリアに向けて何をしたらいいかわからない……。そんな悩みを持つ女性は少なくないはず。24歳で女性向けメディア『4MEEE』の立ち上げに参画、フリーランスの経験を経て、現在は同社COOの坂梨亜里咲さん。先のことがわからない時でも「行動力」で道を切り開いてきた彼女に、自分のやりたいことを実現する秘訣を伺いました。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


最新の投稿


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o大船ルミネウィング店」が11月9日に新規オープン。コロンビア産カカオによる“香りの高さ“、水分量の多さによる“口どけの良さ”、カカオ純度 100%による喉に残らない“爽やかな後味”にこだわった絶品チョコをお届けします。


おっぱい