無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

フィリピンで就職しようと決めた、当時33歳・無職の私。将来を悲観して落ち込みもしましたが、「人生の夏休み」とばかりに自分の時間を謳歌した結果、選んだ道は「フィリピンで働く」でした。


■まさかのフィリピン就職

無職の期間に思いついた「やりたいこと」を次々とこなしていくうちに、「また働きたい」と思うようになりました。

次のキャリアについて漠然と考え始めたときに、

・自分と似たようなスペックの人はすでに日本にたくさんいるし、この先若い人が成長してきたら自分の居場所がなくなるかもしれない
・人件費の安い国から人が流れてきたら、ますます居場所がなくなるかもしれない
・だったら、そういう人をマネジメントする経験を積んでおくと、自分の市場価値が上がるかもしれない
・じゃあ、次に働くのはそういう人がいる国だよね
・時代も時代だし、英語はマストだよね

という発想と、労働ビザの取りやすさを考慮した結果、「フィリピンで仕事を探そう」という決断に至りました。

コネもツテもないので、フィリピン・セブ島に留学。英語を勉強しながら就職先を探し始めました。

■フィリピン就職で34歳の「年齢」はネックにならなかった

管理職全体の50%以上が女性、女性の社会進出が進んでいる、などの統計はインターネット上にあふれていますし、友人が働く銀行でも「支店長の7割は女性」とのことで、女性の社会進出は実際に進んでいると思われるフィリピン。

ただし、あえて私の肌感でお伝えすると、「女性が輝ける社会」という前向きな話だけでなく「夫婦どちらか片方の稼ぎだけではまだちょっと苦しい」という家庭が少なくないというのが現実です。

一部の裕福な家庭を除き、男女関係なく「家族・親族の中で働き手となれる大人たちが生活費や学費を稼ぐ」という風潮なんですね。キャリア志向でバリバリ働く人もいますし、普通に働いてそれなりのお給料で、という人もいます。住み込みのメイドやベビーシッターとして働きながら家族に仕送りをする人もいます。

(身内の誰かが海外に出稼ぎに行ったらそれをアテにして働かなくなるケースもありますが、それはまた別の話)

従って、フィリピンでの就職活動において私の年齢はネックにならず、純粋にこれまでのキャリアを評価していただけました。

誕生日が過ぎて34歳独身になっていた私は、「この先結婚したとしても働き続けるのが普通」と見られていて、仮に34歳既婚だったとしても「妊娠しても産休明けに復職するのが普通」と見られたことでしょう。

■フィリピン女性の社会進出が進んだ背景

日本だと、働いている女性が結婚したり妊娠すると
「結婚することにしたの」
「じゃぁ寿退職?」

あるいは

「今妊娠◯カ月でね」
「じゃぁ仕事どうするの?(辞めるの?)」

という会話になるかもしれません。

これがフィリピンだと
「結婚することにしたの」
「じゃぁ将来に備えてもっと稼がないとね」

あるいは
「今妊娠◯カ月でね」
「今のうちから子供の面倒見てくれる人を探さないとね」

なんです。結婚や妊娠、出産、育児を理由に退職する人はあまりいません。
仕事を辞めるとその分家計が苦しくなるか、将来の不安が圧倒的に大きくなるので、むしろ夫側も妻が退職することを望んでいません。
このような背景から、結果的に女性の社会進出が進んだのかもしれません。

余談ですが、私が結婚した後に「仕事辞めないの?」と聞いてきた人はみんな、日本人でした。

■まとめ

オフィスの写真

フィリピンで働くというのは突拍子もない決断でしたが、仕事面において日本で痛い目に遭ったような「年齢や性別で苦労」することもなく、結果的に大正解でした。

日本に息苦しさを感じていたり男社会で苦労したりしている方は、旅行や語学留学などでも構わないので「女性が働くのがあたりまえの国」を経験してみてください。

もちろんメリットだけでなくデメリットもたくさんあります。日本で再就職していたらまた違うキャリアが……と思うこともあります。

でも、選ばなかった人生に思いを馳せて後悔するよりも、選んだ決断を信じてそれを「大正解」と言えるように帳尻を合わせてながら生きていたい、そう私は思います。

後悔する時間も、余計な苦労をする時間ももったいないし、時間は巻き戻せません。失敗したと気づいたら軌道修正すれば済みますし。

また、英語を勉強していたおかげで「フィリピンで働く」という判断ができ、フットワーク軽く動けました。自分の武器・強みを増やすという観点で、英語はやっておいて損はありません。

この記事のライター

海外就職してフィリピンのベンチャー企業で働いています。1979年生まれ、千葉県出身。自称バリキャリからの33歳で無職→語学留学→34歳でフィリピン就職→35歳でインドネシアで働く日本人と交際開始→36歳で結婚し夫がインドネシ...

関連するキーワード


キャリア 働き方

関連する投稿


女性のための「学び直し」と「社交」コミュニティー「SHElikes」がスタート

女性のための「学び直し」と「社交」コミュニティー「SHElikes」がスタート

21世紀を生きるミレニアルミューズのためのソーシャルクラブ「SHElikes」がスタートしました。SHElikesは「学び」と「コミュニティー」との出会いを通じ、自分にしかない価値を見つけ発揮して生きられるようなアクションができる場所です。


「信頼残高」貯めていますか? 将来のキャリアに不安を抱くすべての人へ

「信頼残高」貯めていますか? 将来のキャリアに不安を抱くすべての人へ

働く女性が未来のライフステージについて考えるとき、結婚や出産のタイミングなどキャリア以外のことにも想いを巡らせることがあります。そんなライフステージへの不安を持つ女性をマネジメントする立場の人も多いはず。トレンダーズ株式会社取締役副社長COOの黒川涼子さんに、多様化するキャリアとマネジメントについてお伺いしました。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。


女性は地方移住で幸せになれる? 田舎暮らしの実態を3人の女性に聞いてみた

女性は地方移住で幸せになれる? 田舎暮らしの実態を3人の女性に聞いてみた

インターネットの普及により、場所を問わず仕事ができるようになってきた現代。国も企業に対してテレワークの推進を行うなど、地方移住への障壁は下がりつつあります。そこで今回は実際に都会から地方へ移住した3人の働く女性にインタビュー。地方移住の良い面、悪い面、両方について正直にお答えいただきました!


大人女性の転職に有利な資格は? 意外と知らない転職と資格の関係

大人女性の転職に有利な資格は? 意外と知らない転職と資格の関係

「転職するなら資格を持っていたほうが有利」と思う女性もいるのでは。でも、資格であれば何でもOKというわけではありません。では、何の資格を取ればいいの? 英語を使って仕事したいんだけど、TOEICは何点必要? など、資格に関してよく寄せられる疑問についてお答えします!


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


DRESS部活