夫婦のLINEのやりとり。熟年になっても男と女でいるために

夫婦のLINEのやりとり。熟年になっても男と女でいるために

恋愛の賞味期限は、3年5年だなんて説に多くの女性がうなずくくらいに恋心は熱しやすく冷めやすいものです。だれかを好きになって、彼も好きになってくれて、二人の思いが通じ付き合いがスタートする。もしかすると、その瞬間が恋愛のピークかもしれません。今回は、熟年夫婦になっても恋愛感情が続いている夫婦の方々にお話をお伺いしました。


■時の洗礼から逃れられない恋心

夫婦のLINEのやりとり

ローマの詩人、ウェルギリウスは「時は万物を運び去る。心までも」と言いました。

その言葉とおり、どんなに熱い恋愛も時の洗礼から逃れられなかったという経験を持つ女性は少なくないのでは。

大恋愛の末、結婚したご夫婦さえも、結婚して20年近く経てば旦那さんの方は奥さんを好きでも奥さんは「亭主元気で留守がいい」とできることならなるべく帰ってこないでほしいと望んでいたり、逆に奥さんが旦那さんを好きでも外にちゃっかり“彼女”がいたり。

またはお互い"パパ" "ママ"として家族として接するか、どちらも気持ちが冷めて"仮面夫婦"のような割り切ったパートナー関係となっているか。

私自身結婚して20年近く経ちますが、これまで取材をした夫婦は大抵恋愛感情の部分ではそんな少し“冷めた部分”がある関係の男性と女性がほとんどです。

そしてそんな"冷めた部分"は時の洗礼のようなもので「どうしようもないことだ」と割り切りながら生活を送る、それが夫婦というパートナーシップなのではないかと感じています。

■熱愛熟年夫婦とは?

夫婦のLINEのやりとり

けれど、中には5年どころか結婚して20年以上経ち、子どもがいても新婚のような熱い関係を維持している熱愛熟年夫婦が存在します。

熱愛熟年夫婦に共通するのは、お互いをいつまでも男性・女性として恋愛感情が冷めていない点です。

そんな熱愛熟年夫婦は、なぜいつまでも新婚のような恋愛感情を維持できているのか。

取材をしてみると、オンラインでのコミュニケーション、かつてはメールでしたが今はLINEがその関係維持に大きな影響を与えていることがわかりました。

熱愛熟年夫婦のLINEのやりとりからつまでもお互いを好きでいられるコミュニケーションとしてのLINEのやりとりを紹介します。

■帰るときに送るLINEには"御用聞き伺い"をプラス

夫婦のLINEのやりとり

旦那さんから奥さんへの帰る際に送るLINE。

かつては帰るコールだった帰宅メッセージを、熱愛熟年夫婦は電話からメール、そしてLINEへと手段を変えながら、何十年もルーティーンにしている習慣をきちんと続けています。

高校生と大学生の二人の子どもがいるTさんご夫婦は結婚歴25年。旦那さんは50代、そして奥さんも40代後半の熟年ご夫婦です。

旦那さんは、仕事から帰る前に「今から帰る」と必ずLINEを入れます。夕飯の支度をする奥さんが困らないように自分の帰宅時間を知らせる為のLINEですが、Tさんの旦那さんはここに必ず「何か買ってくるものはある?」と御用聞き伺いの一言を忘れないそうです。

「毎日家事や仕事、子どもの面倒と忙しいだろうから買い物は自分がサポートするようにしています。特に米や飲み物のような重いものは自分がなるべく会社帰りに買うから買わなくていいと言っています」

なるほど。こうした奥様へのちょっとした思いやりの積み重ねが熱愛の秘訣なんですね。

「筋トレにもなるし一石二鳥ですよ(笑)」

少し照れながら笑う旦那さん。隣では奥さんが嬉しそうにそんな旦那さんを見つめていましたが愛されている女性だけが醸し出す幸せオーラを発していました。

■子どもの前では照れくさい感謝や愛のコトバをLINEでこまめに伝える

夫婦のLINEのやりとり

子どもができるとお互いをパパ、ママと呼び合うようになり、いつの間にか家族になっていく。それが普通といえば普通です。

けれど、どんなに素敵でも自分の"パパ"や"ママ"を恋愛対象には見ない為、家族になっていくことは同時に恋人という関係が変容することに繋がります。

Nさんご夫婦はご近所でも評判の仲良し夫婦。

二人の息子さんは成人した長男と大学生。Nさんの奥さんは三田寛子さんのような、年齢に左右されないかわいらしさを感じさせる人。

「いい年して恥ずかしいんですけど、お互い未だに大好きで週末は二人でデートに出かけるんです」

出掛ける時は必ず二人で手を繋ぐそう。

「“いつもありがとう“や”大好き“という言葉は子どもの前では恥ずかしいから、LINEで伝える様にしています」

どれくらいの頻度ですか?

「毎日じゃないですけれど、週に2、3回かな? あとは結婚記念日や誕生日、子どもの卒業や入学という節目にも“いつもありがとう”って伝えます」

感謝の気持ちはコトバにしなければ伝わらないもの。

熱愛の秘訣は子どもの前では照れくさいコトバを飲み込むのでなく、LINEを使ってちゃんと伝えることにあります。

■"愛してる"やハートマークは定型文!?

夫婦のLINEのやりとり

言わなくなるとなぜか言えなくなるのが夫婦間での"愛してる"というコトバ。

マイナビウーマンのインターネット調査によると日常的に「愛してる」と言っている夫婦は1割程度だそうです。

さらに結婚歴が20年以上という夫婦ではもっと少なくなるでしょう。自分の両親を振り返ってみてもどちらかが「愛してる」と抱き合ったりしている姿は記憶にありませんし、手をつないでいる姿さえ記憶にありません。もちろん私自身も最後に夫へ“愛してる”と言った記憶ははるか彼方の遠い記憶(笑)。

もともと日本人はカップル、スキンシップ文化ではないので欧米人のようにはいかずともそれはやはり恋愛感情をキープする上で大切なコミュニケーションなのです。

前述でご紹介したTさんご夫婦もNさんご夫婦も、旦那さんや奥さんの誕生日や結婚記念日には必ずそれを祝うイベントを行っていましたが、どうしても仕事やお子さんの行事が重なりオンタイムで行えない場合はLINEで「愛してる」や"ハートマーク”を入れて愛を伝えるそうです。

特に旦那さんへのLINEに「必ずハートマークは1つ以上入ってしまう」と二組の奥さんはこっそり教えてくれました。

口に出すのは照れくさい「愛してる」というコトバ。

けれど、言わなくなると二度と言えなくなるコトバだからこそLINEを使ってまめに伝えることが、年月を経ても恋人同士の気持ちでいられる関係を維持できる秘訣なのです。

この記事のライター

1968年生まれ横浜市出身。株式会社ループ 代表取締役社長。 短大卒業後モデル、MC、テレビレポーターとして活動後、大手電器 メーカーの法人営業部門で13年間勤務。 その後、年間四十万人以上を動...

関連するキーワード


恋愛 LINE 夫婦

関連する投稿


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


年下男性に不評な、年上女性からのLINEメッセージ

年下男性に不評な、年上女性からのLINEメッセージ

今回は、年下男性に不評なLINEメッセージはどんなものなのかを知って、知らぬ間にマイナスな印象を与えていないか振り返ってみましょう。年下男性好きな大人女性だけでなく、年下男性とのLINEのやりとりが多い大人女性は必見です!


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


最新の投稿


「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

投資を始めようと思ったら、NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)と個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を活用すれば税制面で有利です。ただ、投資初心者にとって、両方スタートするのは難しい……。どちらを最初に選ぶべきか、比較してみましょう。


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!