夫婦のLINEのやりとり。熟年になっても男と女でいるために

夫婦のLINEのやりとり。熟年になっても男と女でいるために

恋愛の賞味期限は、3年5年だなんて説に多くの女性がうなずくくらいに恋心は熱しやすく冷めやすいものです。だれかを好きになって、彼も好きになってくれて、二人の思いが通じ付き合いがスタートする。もしかすると、その瞬間が恋愛のピークかもしれません。今回は、熟年夫婦になっても恋愛感情が続いている夫婦の方々にお話をお伺いしました。


■時の洗礼から逃れられない恋心

夫婦のLINEのやりとり

ローマの詩人、ウェルギリウスは「時は万物を運び去る。心までも」と言いました。

その言葉とおり、どんなに熱い恋愛も時の洗礼から逃れられなかったという経験を持つ女性は少なくないのでは。

大恋愛の末、結婚したご夫婦さえも、結婚して20年近く経てば旦那さんの方は奥さんを好きでも奥さんは「亭主元気で留守がいい」とできることならなるべく帰ってこないでほしいと望んでいたり、逆に奥さんが旦那さんを好きでも外にちゃっかり“彼女”がいたり。

またはお互い"パパ" "ママ"として家族として接するか、どちらも気持ちが冷めて"仮面夫婦"のような割り切ったパートナー関係となっているか。

私自身結婚して20年近く経ちますが、これまで取材をした夫婦は大抵恋愛感情の部分ではそんな少し“冷めた部分”がある関係の男性と女性がほとんどです。

そしてそんな"冷めた部分"は時の洗礼のようなもので「どうしようもないことだ」と割り切りながら生活を送る、それが夫婦というパートナーシップなのではないかと感じています。

■熱愛熟年夫婦とは?

夫婦のLINEのやりとり

けれど、中には5年どころか結婚して20年以上経ち、子どもがいても新婚のような熱い関係を維持している熱愛熟年夫婦が存在します。

熱愛熟年夫婦に共通するのは、お互いをいつまでも男性・女性として恋愛感情が冷めていない点です。

そんな熱愛熟年夫婦は、なぜいつまでも新婚のような恋愛感情を維持できているのか。

取材をしてみると、オンラインでのコミュニケーション、かつてはメールでしたが今はLINEがその関係維持に大きな影響を与えていることがわかりました。

熱愛熟年夫婦のLINEのやりとりからつまでもお互いを好きでいられるコミュニケーションとしてのLINEのやりとりを紹介します。

■帰るときに送るLINEには"御用聞き伺い"をプラス

夫婦のLINEのやりとり

旦那さんから奥さんへの帰る際に送るLINE。

かつては帰るコールだった帰宅メッセージを、熱愛熟年夫婦は電話からメール、そしてLINEへと手段を変えながら、何十年もルーティーンにしている習慣をきちんと続けています。

高校生と大学生の二人の子どもがいるTさんご夫婦は結婚歴25年。旦那さんは50代、そして奥さんも40代後半の熟年ご夫婦です。

旦那さんは、仕事から帰る前に「今から帰る」と必ずLINEを入れます。夕飯の支度をする奥さんが困らないように自分の帰宅時間を知らせる為のLINEですが、Tさんの旦那さんはここに必ず「何か買ってくるものはある?」と御用聞き伺いの一言を忘れないそうです。

「毎日家事や仕事、子どもの面倒と忙しいだろうから買い物は自分がサポートするようにしています。特に米や飲み物のような重いものは自分がなるべく会社帰りに買うから買わなくていいと言っています」

なるほど。こうした奥様へのちょっとした思いやりの積み重ねが熱愛の秘訣なんですね。

「筋トレにもなるし一石二鳥ですよ(笑)」

少し照れながら笑う旦那さん。隣では奥さんが嬉しそうにそんな旦那さんを見つめていましたが愛されている女性だけが醸し出す幸せオーラを発していました。

■子どもの前では照れくさい感謝や愛のコトバをLINEでこまめに伝える

夫婦のLINEのやりとり

子どもができるとお互いをパパ、ママと呼び合うようになり、いつの間にか家族になっていく。それが普通といえば普通です。

けれど、どんなに素敵でも自分の"パパ"や"ママ"を恋愛対象には見ない為、家族になっていくことは同時に恋人という関係が変容することに繋がります。

Nさんご夫婦はご近所でも評判の仲良し夫婦。

二人の息子さんは成人した長男と大学生。Nさんの奥さんは三田寛子さんのような、年齢に左右されないかわいらしさを感じさせる人。

「いい年して恥ずかしいんですけど、お互い未だに大好きで週末は二人でデートに出かけるんです」

出掛ける時は必ず二人で手を繋ぐそう。

「“いつもありがとう“や”大好き“という言葉は子どもの前では恥ずかしいから、LINEで伝える様にしています」

どれくらいの頻度ですか?

「毎日じゃないですけれど、週に2、3回かな? あとは結婚記念日や誕生日、子どもの卒業や入学という節目にも“いつもありがとう”って伝えます」

感謝の気持ちはコトバにしなければ伝わらないもの。

熱愛の秘訣は子どもの前では照れくさいコトバを飲み込むのでなく、LINEを使ってちゃんと伝えることにあります。

■"愛してる"やハートマークは定型文!?

夫婦のLINEのやりとり

言わなくなるとなぜか言えなくなるのが夫婦間での"愛してる"というコトバ。

マイナビウーマンのインターネット調査によると日常的に「愛してる」と言っている夫婦は1割程度だそうです。

さらに結婚歴が20年以上という夫婦ではもっと少なくなるでしょう。自分の両親を振り返ってみてもどちらかが「愛してる」と抱き合ったりしている姿は記憶にありませんし、手をつないでいる姿さえ記憶にありません。もちろん私自身も最後に夫へ“愛してる”と言った記憶ははるか彼方の遠い記憶(笑)。

もともと日本人はカップル、スキンシップ文化ではないので欧米人のようにはいかずともそれはやはり恋愛感情をキープする上で大切なコミュニケーションなのです。

前述でご紹介したTさんご夫婦もNさんご夫婦も、旦那さんや奥さんの誕生日や結婚記念日には必ずそれを祝うイベントを行っていましたが、どうしても仕事やお子さんの行事が重なりオンタイムで行えない場合はLINEで「愛してる」や"ハートマーク”を入れて愛を伝えるそうです。

特に旦那さんへのLINEに「必ずハートマークは1つ以上入ってしまう」と二組の奥さんはこっそり教えてくれました。

口に出すのは照れくさい「愛してる」というコトバ。

けれど、言わなくなると二度と言えなくなるコトバだからこそLINEを使ってまめに伝えることが、年月を経ても恋人同士の気持ちでいられる関係を維持できる秘訣なのです。

この記事のライター

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード


夫婦

関連する投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


夫のことが好き? 当たり前である

夫のことが好き? 当たり前である

結婚は恋のゴールではあるかもしれないけれど、新たなスタートでもある。しかし、ただ一緒に過ごしているだけでは、夫婦関係というのは続かない。苦なく関係を続けていくにはどうすればいいのか考えてみた。


「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

家事は女性の仕事だ――そういう意見を持つ男性は、まだ世の中に少なからずいます。今回は、そんな男性が持つ偏った意見に疑問をぶつけ、夫婦ふたりが幸せな形になるためには、どうすれば良いのか考えてみました。


セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

フランス南部のニース。あるカップルの離婚訴訟がフランスだけでなく欧米を巻き込んで議論を呼びました。21年間の結婚生活中、妻(47歳)からのたび重なるセックスの願いを退けてきた夫(51歳)が、離婚慰謝料としておよそ1万ユーロ(約105万円)を払うよう判決を受けたのです。気になるのはその後の話……。


夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

「あるときを境に人間関係がギクシャクし始めた」という経験は、誰にでもあると思います。このような状況に出くわしたときは、風水が影響している可能性が高いです。ここでは仲良しで有名だった夫婦が急に険悪になり、そして風水の対策によって円満に戻った話をご紹介します。


最新の投稿


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。コンサルタントとして毎日慌ただしく働くユキ・クリヤマさんは、情報収集する時間はあまりないけど、周りの空気を読んで投票することはしたくない、と話してくれました。そんなクリヤマさんが考える【わたしの選挙】とは――?


おっぱい

MENU

DRESS部活