「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

嫌いな人間ができるたびに、いけない気がして封じ込めてきた。しかし、好きも嫌いも、人間だからこそわき出る自然な感情だ。嫌いという感情と向き合い、とことん考え尽くすことで、見えてくるものがあると知ってほしい。


「嫌いな人間」を作ってはいけないと思っていた。

自分も誰かに嫌われたくないし、自分がされたら嫌なことは、人に対してしてはいけない。それは裏を返せば、できるだけ多くの人に好かれたい、ということなのかもしれない。

とにかく「嫌い」という感情を抑え込んでいた。

「嫌い」を抑え込むと、比較的どんな人とでもフラットに付き合えるようになり、人付き合いもやりやすくなった、気がした。20代半ばぐらいまでは、それでうまくいっていた。いや、うまくいっている気になっていた。

■嫌いな人間がいる、ということ

誰かを嫌いになるということは、とてもパワーが必要になる。だから、これまでの人生の大半をとても省エネに生きていた、ということなのかもしれない。

30前になっても、変わらず「嫌い」を封じ込めて、なんとなく合わないな、と思う人に対しては「苦手」という便利な言葉で処理していた。

しかし、苦手、苦手とごまかしていたのに、どうにも説明ができない感情が沸き上がるような相手と出会ってしまった。

気がつけば、その人のことばかり考えているし、その人の一挙一動をチェックして嫌なところを探しているし、その人との共通点を見つけては潰していく自分がいる。

恋ではないのに、こんなにも他人について考えることがあるのだろうか、と愕然とした。それでも、嫌いとは言いたくはない。その人を自分の特別にしてしたくなかったのだ。

そして何より、長い間、「嫌い」から逃げていたせいで、誰かを嫌う自分に欠陥があるように感じてしまっていたからだ。

■嫌いな理由を考え尽くしたら「自分がそうなりたくない姿」が見えてきた

「あの人のことを嫌いになるなんて、自分はなんて嫌な人間なんだろう」

嫌いだと認めないばかりに、その相手のせいで、自己嫌悪にまで陥るようになった。なんたる時間の無駄だろう。

でも、そんな気分になった人は久しぶりだった。それなら、その人に対してなぜ嫌悪を覚えるのだろう、と考えてみた。

本当に好きな人のことなら、嫌いなところも10個挙げられるはずだ、という話を聞いたことがあるけれど、それは確かだと思う。

粗探しじゃないけれど、嫌いなところをひとつ見つけると、芋づる式で見つけてしまう。なんとなくそりの合わない嫁と姑が時間を重ねても仲が悪くなる一方なのもわかる気がした。

いっそのこと、とことん久しぶりに「嫌い」な人について考えてみることにした。途端にとても嫌な気分になったけれど、それはひとつの快感でもあった。

考え尽くした末、嫌いな人に「自分が決してなりたくはない姿」を見出すようになった。

■嫌いな人間がいるのはおかしいことじゃない

どこが嫌いなのかを分析したら、途端にその人のことを忘れられた。

なぜ好きなのかわからなければ、ときめきは増すけれど、なぜ嫌いなのかがわからないのは、ただ苛立ちが増すだけだ。自分の中にある感情から逃げても何も得はしないのだと、身に染みて感じ入る。

嫌いになるのは悪いことではない。年を重ねて、人を受け入れられるキャパシティが狭くなったのかと思ったけれど、そうじゃない。

きっと、人格が本格的に形成されて自分がなりたくない自分を見つけられた証拠なのだ。

嫌いなら嫌いと言えばいい。自覚することで、またひとつ、自分が形成されていく。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


友達 人間関係

関連する投稿


不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第5回では、不倫関係におけるイライラを解消する方法について解説してもらいます。


“親友”と呼べない私。友達ってなんだろう。

“親友”と呼べない私。友達ってなんだろう。

あなたにとって友達とは? なんて聞かれると少し困ってしまう。あの子との関係はこうだから、友達。そう考えながら付き合っているわけじゃない。でも、あらためて「友達」について思いめぐらせると、気づくことがある。大人になってから考える、大人になったからこそ考えたい、友達。


「なぜ?」で詰めるのはアウト。部下や後輩の上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#4】

「なぜ?」で詰めるのはアウト。部下や後輩の上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#4】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第4回では、職場でパワハラにならない上手な叱り方について解説してもらいます。


 #だからひとりが好き ディレクターがすすめる「ひとり」に勇気をくれる本5冊

#だからひとりが好き ディレクターがすすめる「ひとり」に勇気をくれる本5冊

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今あらためて友達について考えます。同時に、友達という他者とではなく、ひとりで過ごす時間にも目を向けてみては。誰かとの時間も尊いものだけれど、ひとりで自分と向き合う時間もとても大切なもの。ひとりが好きな人、ひとりでいることに不安を感じる人、どちらにもおすすめの本をご紹介。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


最新の投稿


フランス女性が好む「美しくなるホットワイン」ヴァン・ショーの作り方

フランス女性が好む「美しくなるホットワイン」ヴァン・ショーの作り方

フランスの冬に欠かせない飲み物に「ヴァン・ショー(ホットワイン)」があります。ワインは健康や美容に良いと注目されていますが、フルーツやスパイスと合わせて煮ることで、風邪予防にも効果的な美味しい1杯に。体だけでなく心まで温めてくれるので、ひと息入れたいときにもピッタリなのです。


映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』感想。人生は美しい色であふれている

映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』感想。人生は美しい色であふれている

【シネマの時間】第23回は、世界中の映画祭で観客賞を受賞した感動作。映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』をお送りします。カナダで最も有名な画家モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは? 2018年3月3日(土)より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか全国ロードショー公開です!


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。