「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

嫌いな人間ができるたびに、いけない気がして封じ込めてきた。しかし、好きも嫌いも、人間だからこそわき出る自然な感情だ。嫌いという感情と向き合い、とことん考え尽くすことで、見えてくるものがあると知ってほしい。


「嫌いな人間」を作ってはいけないと思っていた。

自分も誰かに嫌われたくないし、自分がされたら嫌なことは、人に対してしてはいけない。それは裏を返せば、できるだけ多くの人に好かれたい、ということなのかもしれない。

とにかく「嫌い」という感情を抑え込んでいた。

「嫌い」を抑え込むと、比較的どんな人とでもフラットに付き合えるようになり、人付き合いもやりやすくなった、気がした。20代半ばぐらいまでは、それでうまくいっていた。いや、うまくいっている気になっていた。

■嫌いな人間がいる、ということ

誰かを嫌いになるということは、とてもパワーが必要になる。だから、これまでの人生の大半をとても省エネに生きていた、ということなのかもしれない。

30前になっても、変わらず「嫌い」を封じ込めて、なんとなく合わないな、と思う人に対しては「苦手」という便利な言葉で処理していた。

しかし、苦手、苦手とごまかしていたのに、どうにも説明ができない感情が沸き上がるような相手と出会ってしまった。

気がつけば、その人のことばかり考えているし、その人の一挙一動をチェックして嫌なところを探しているし、その人との共通点を見つけては潰していく自分がいる。

恋ではないのに、こんなにも他人について考えることがあるのだろうか、と愕然とした。それでも、嫌いとは言いたくはない。その人を自分の特別にしてしたくなかったのだ。

そして何より、長い間、「嫌い」から逃げていたせいで、誰かを嫌う自分に欠陥があるように感じてしまっていたからだ。

■嫌いな理由を考え尽くしたら「自分がそうなりたくない姿」が見えてきた

「あの人のことを嫌いになるなんて、自分はなんて嫌な人間なんだろう」

嫌いだと認めないばかりに、その相手のせいで、自己嫌悪にまで陥るようになった。なんたる時間の無駄だろう。

でも、そんな気分になった人は久しぶりだった。それなら、その人に対してなぜ嫌悪を覚えるのだろう、と考えてみた。

本当に好きな人のことなら、嫌いなところも10個挙げられるはずだ、という話を聞いたことがあるけれど、それは確かだと思う。

粗探しじゃないけれど、嫌いなところをひとつ見つけると、芋づる式で見つけてしまう。なんとなくそりの合わない嫁と姑が時間を重ねても仲が悪くなる一方なのもわかる気がした。

いっそのこと、とことん久しぶりに「嫌い」な人について考えてみることにした。途端にとても嫌な気分になったけれど、それはひとつの快感でもあった。

考え尽くした末、嫌いな人に「自分が決してなりたくはない姿」を見出すようになった。

■嫌いな人間がいるのはおかしいことじゃない

どこが嫌いなのかを分析したら、途端にその人のことを忘れられた。

なぜ好きなのかわからなければ、ときめきは増すけれど、なぜ嫌いなのかがわからないのは、ただ苛立ちが増すだけだ。自分の中にある感情から逃げても何も得はしないのだと、身に染みて感じ入る。

嫌いになるのは悪いことではない。年を重ねて、人を受け入れられるキャパシティが狭くなったのかと思ったけれど、そうじゃない。

きっと、人格が本格的に形成されて自分がなりたくない自分を見つけられた証拠なのだ。

嫌いなら嫌いと言えばいい。自覚することで、またひとつ、自分が形成されていく。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


友達 人間関係

関連する投稿


別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

自分から別れを選んだのに、いつまでも彼を憎む気持ちが消えない。彼にも嫌な思いをさせたいと思う自分を自覚するのは、とてもつらいことですね。ですが、それは言いたいことをすべて吐き出すことでいつか消えていきます。嫌な自分を認めてあげることが、彼を本当に忘れる第一歩です。


人の美醜を笑うな

人の美醜を笑うな

他人の外見を笑うのは当然のことながら褒められた行為ではない。美人かそうでないかは大げさではなく人生を左右する。しかし、時代が変われば美人の定義も変わる。美人とはいったいなんなのか。


彼と別れたい……付き合い始めたけど、やっぱりダメだったときの対処法

彼と別れたい……付き合い始めたけど、やっぱりダメだったときの対処法

告白されてとりあえず付き合ってみたけど、やっぱり彼のことを好きになれない……から別れたい。でも、彼は私のことが大好きで、すごく良くしてくれている。こんなとき、別れ話をするのに罪悪感を持ってしまいがち。そこで今回は、自分に原因がある場合における、彼との上手な別れ方をご紹介します。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼と別れたくなったとき、どんな言葉を選べば良いか悩む女性も多いでしょう。きれいな別れ方を望むなら、「先はない」つもりで接する潔さが必要です。最後なら、しっかり感謝の気持ちを伝えて「いい女」で終わらせたいもの。覚悟が見えれば男性も別れを正面からとらえることができます。


最新の投稿


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


おっぱい