「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

嫌いな人間ができるたびに、いけない気がして封じ込めてきた。しかし、好きも嫌いも、人間だからこそわき出る自然な感情だ。嫌いという感情と向き合い、とことん考え尽くすことで、見えてくるものがあると知ってほしい。


「嫌いな人間」を作ってはいけないと思っていた。

自分も誰かに嫌われたくないし、自分がされたら嫌なことは、人に対してしてはいけない。それは裏を返せば、できるだけ多くの人に好かれたい、ということなのかもしれない。

とにかく「嫌い」という感情を抑え込んでいた。

「嫌い」を抑え込むと、比較的どんな人とでもフラットに付き合えるようになり、人付き合いもやりやすくなった、気がした。20代半ばぐらいまでは、それでうまくいっていた。いや、うまくいっている気になっていた。

■嫌いな人間がいる、ということ

誰かを嫌いになるということは、とてもパワーが必要になる。だから、これまでの人生の大半をとても省エネに生きていた、ということなのかもしれない。

30前になっても、変わらず「嫌い」を封じ込めて、なんとなく合わないな、と思う人に対しては「苦手」という便利な言葉で処理していた。

しかし、苦手、苦手とごまかしていたのに、どうにも説明ができない感情が沸き上がるような相手と出会ってしまった。

気がつけば、その人のことばかり考えているし、その人の一挙一動をチェックして嫌なところを探しているし、その人との共通点を見つけては潰していく自分がいる。

恋ではないのに、こんなにも他人について考えることがあるのだろうか、と愕然とした。それでも、嫌いとは言いたくはない。その人を自分の特別にしてしたくなかったのだ。

そして何より、長い間、「嫌い」から逃げていたせいで、誰かを嫌う自分に欠陥があるように感じてしまっていたからだ。

■嫌いな理由を考え尽くしたら「自分がそうなりたくない姿」が見えてきた

「あの人のことを嫌いになるなんて、自分はなんて嫌な人間なんだろう」

嫌いだと認めないばかりに、その相手のせいで、自己嫌悪にまで陥るようになった。なんたる時間の無駄だろう。

でも、そんな気分になった人は久しぶりだった。それなら、その人に対してなぜ嫌悪を覚えるのだろう、と考えてみた。

本当に好きな人のことなら、嫌いなところも10個挙げられるはずだ、という話を聞いたことがあるけれど、それは確かだと思う。

粗探しじゃないけれど、嫌いなところをひとつ見つけると、芋づる式で見つけてしまう。なんとなくそりの合わない嫁と姑が時間を重ねても仲が悪くなる一方なのもわかる気がした。

いっそのこと、とことん久しぶりに「嫌い」な人について考えてみることにした。途端にとても嫌な気分になったけれど、それはひとつの快感でもあった。

考え尽くした末、嫌いな人に「自分が決してなりたくはない姿」を見出すようになった。

■嫌いな人間がいるのはおかしいことじゃない

どこが嫌いなのかを分析したら、途端にその人のことを忘れられた。

なぜ好きなのかわからなければ、ときめきは増すけれど、なぜ嫌いなのかがわからないのは、ただ苛立ちが増すだけだ。自分の中にある感情から逃げても何も得はしないのだと、身に染みて感じ入る。

嫌いになるのは悪いことではない。年を重ねて、人を受け入れられるキャパシティが狭くなったのかと思ったけれど、そうじゃない。

きっと、人格が本格的に形成されて自分がなりたくない自分を見つけられた証拠なのだ。

嫌いなら嫌いと言えばいい。自覚することで、またひとつ、自分が形成されていく。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


友達 人間関係

関連する投稿


人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は「境界線」を引いている

人付き合いが上手な人は、自分と他人との間に境界線を引いて、そこから立ち入らないよう、ほどよい距離感を保っています。そしてベストな線引きは、自分が持っている「コミュニケーションの前提」で決まってきます。ゆっくり過ごせる時間があるときに、自分の前提を見直してみませんか?


パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだと分かりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、現代の結婚観にこそ問題があるのかもしれない。今回は複数人と同時交際を行う「ポリアモリー」とともに、“婚外”で性関係を持ってもいいとして、注目を集める「オープン・マリッジ」という結婚の形について掘り下げていく。


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立つか、成り立たないか」人それぞれ考え方はあるかもしれないけれど、そもそも「友達」や「友情」とはなんなのだろうか? 肩書きや言葉に惑わされて見えなくなっている「男女の関係性」について、掘り下げていく。


大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

「女とコミュニティ」について考えてみた。思い返せば、私たちは幼い頃から常にコミュニティに属して生きてきた。そうしなければ、安全に生活することができなかったから。しかし、今そのコミュニティに依存しすぎていないだろうか。とらわれすぎていないだろうか。コミュニティに属するのも抜けるのも、本当はもっと自由だ。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。