購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


「家を買うか、賃貸に徹するべきか、それが問題だ」

かのシェークスピアは言って……ませんが、DRESS世代にとって、住まい選びはパートナー選びと同じくらい大事なファクター。一緒に考えてみませんか?

■12年間で家賃に1584万円超費やした……気づいて震えた

ワンルーム11万円に12年間、自分で家賃を払い、住んでいます。ざっくり累計1584万円。

郵便受けに入っていた分譲住宅(いわゆるマンション)のビラなどを見るとわかりますが、中古物件だと都内だとアクセスが良い場所でも1000万円×㎡程度で買えるのです。

住宅ローンを勉強してみると、もちろん物件のプライス等の状況にもよりますが、私の現時点家賃+αくらいの金額で住宅ローン返済は十分可能。

「え、私、住宅ローン払えるくらいの月々支払い額じゃない……それも、ワンルームのリビング代くらい支払ってきたんだ」

どうせいつか嫁に行く、どうせいつか東京以外に住む、毎年言って早12年。

いつかが来ない私よ、考え直せ! と、重い腰をあげたのでした。

■購入か賃貸か……オンナ、悩むココロ実況中継

「結婚するかもしれないし」

いの一番に思いましたが、それっていつのこと? そもそも私に結婚願望ってあったかしら? (結婚願望については、いつか!)

「女が住宅ローンなんて」
もうオンナがどうだとか言ってる可愛い年齢ではないぞ、私よ。
「払えるか不安」
いやいや、賃貸だって同じ、払えなくなったら即退去よね。

「12年前に購入して住宅ローン組んでいたら、あと10年このまま働いて生きたらほぼ1LDK買えたはずだったんだ」

都内ですらおよそ2500万円もあれば、ワンルームや1LDKに十分手が届く金額です。3000万円のラインを超えたら物件によってはもっといい物件を手に入れることができますね。

よほどの大病や事故に遭わない限り、あと20年は自分で働いて生きていくでしょう。その20年でおよそ3000万をただ垂れ流すのか……?

つまり、今(1500万のコスト発生時点)が決定どころ。

私、1LDKくらいの物件を買っても良いんじゃないの! 女性の平均寿命考えたら、これからまだかなりの確率で40〜50年くらいは生きるでしょ。

■築浅のピカピカマンションか、中古ビンテージマンションか

ただ、購入に踏み切ろうとしても、新築・築浅物件を買うか、中古物件を買うかという選択が発生します。

「20代のピチピチ男性か、アラフォー以上の(場合によってはバツ付き子供あり)の成熟した大人の男性か?」みたいな問いです。

考慮ポイントは、今は築浅でも年月が経過したらその面の価値は下がるということ。新築でも鍵を初めて差し込んだ瞬間に売却価額は下がるのです。処女信仰が不動産にもあるのかい……と、妙齢のワタクシ、震え上がりました。私なんてとんだ中古物件ねぇ。

不動産投資家の新築で利ざやを稼いでいる方は、鍵を入れる前に速攻売っぱらいますが、私は住居目的での購入なので、築年数は私の好みだけで決めて良いなと仮説を持ちました(ちなみに、私は年上男性が好きです。ファザコンだもの。うふ……こちらもまたいつかの機会に書かせてください、編集部さん!)。

こうして、築浅という売りプライシングされた物件より、アクセスや物件自体の価値でプライシングされた中古のビンテージマンションに狙いを定めたのでした。

今、知り合いの不動産投資家に頼んで、都内で中古物件を探している最中。こればかりは人との出会いと同じくご縁なので急いではいませんが、勉強しつつ内覧を繰り返す日々です。

■住居選びはパートナー選びと似ている

そもそも男性のことを私たち女性は、「いい物件じゃーん!」とか「いまいちな物件だねぇ、優先度下げよう」なんて話しますよね。

それは、「(ほぼ)一生モノ」を決めること、それが共通しているからなのでしょう。他にも、こんな点がよく似ております。

1.ご縁がすべてだけれど、自分から動かないと出会えないこと
2.常にメンテナンスしないといけないこと
3.誰(何)を選んでもメリットやデメリットがあること

【賃貸】
〈メリット〉
・ライフスタイルの変化や気持ちに合わせて変更しやすい
・初期費用が安価(敷金、礼金、仲介手数料で家賃の数ヶ月ぶん)
・修繕積立金などはオーナー持ち

〈デメリット〉
・オーナー都合で退去させられる場合あり
・支払い滞った場合は基本は即退去させられる場合あり
・「資産」にはならずひたすら「コスト」、失職したりひとり暮らしのおばあさんになったら契約更新できないリスクあり

【購入】
〈メリット〉
・支払い完了すれば、「資産」、おばあさんになっても住んでいられる
・リノベなど、お金さえあって建築基準法等を無視しなければ自由に行える

〈デメリット〉
・住宅ローン返済がマスト
・月々の修繕積立金や管理費の支払いが発生
・将来的にローン返済以外のコスト発生(固定資産税の支払いや、リフォーム費用)

■購入or賃貸 住居選びだって、私たちは自由

酸いも甘いも噛み分けて、目利きになって、キャリアがあるDRESS世代の淑女の皆さん。

パートナー選びと同じくらいプロアクティブに住居含むライススタイルを自分で設計してもいいのではないでしょうか。

あなたにフィットするのが賃貸でも購入物件でも、いいのです。

でも、「なんとなく賃貸」はそろそろ卒業、かも? オトナのオンナ、ですもの。

この記事のライター

外資系コンサルで奮闘する会社員です。 最愛の彼氏が死んでしまったり、諸事情を抱え、人生要件定義しなおし中です。 働く女性の視点で、あれやこれやと思考をめぐらすのが好きで、このたび記事を書かせて頂きます。

関連するキーワード


人生 独身

関連する投稿


松岡修造さんの「考えろ! 考えるな!」実践で、生きやすくなった

松岡修造さんの「考えろ! 考えるな!」実践で、生きやすくなった

松岡修造さんの名言「考えろ! 考えるな!」をご存知ですか。自ら努力してどうにかなるものは、とことん考えて取り組みたい。一方、相手の気持ちや考えなど、自分の努力やコントロールが及ばないものは、考えても仕方がない。くよくよするくらいなら、ほかのことに時間を割こう。生きるのが楽になる、そんな考え方を筆者の経験と共にご紹介。


一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

関本大介というプロレスラーを初めて生で見たときの衝撃は忘れられない。厚い筋肉で覆われた頑丈な体ですさまじい試合を見せてくれた。そんな関本選手の自伝『劣等感』をご紹介する。


不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

ナイフでえぐられた心の傷は深部にまで達した。受け入れてもらえなかった自分。言いたいことが言えなかった自分。そして成熟していなかった自分を認めざるを得ない状況に呆然とする。でも悲しみを噛みしめたら一歩前に歩き出してみよう。自分から笑顔をふりまける人になったとき、人生が好転していく気がするのです。


これからは「裏側」を見られる女性になる

これからは「裏側」を見られる女性になる

優しさには2種類ある。「見えているものへの優しさ」と「見えていないものへの優しさ」。悩んでいるときに「大丈夫?」と気にかけてもらったり、励ましてもらったり、そういう見えている優しさにはすぐに気づくことができる。でも、見えていないところにも優しさは存在していて……。


こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた人は多い、というより、皆何かしらこじらせて、それでも生きている。それを見ていると、ずっと真っ直ぐ育っていける人なんて、いないと思う。真っ直ぐ伸びているつもりでも、気づけば曲がっている。曲がるのも個性だし、曲がりながら伸びることもまた成長だ。


最新の投稿


旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬を迎えたトマト。安くて買いすぎたけど、使いきれない。というときにおすすめの夏のひんやりトマトレシピを紹介します。


スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーのように心地よく、ラクに歩けて美しい。働く女性のための新しいシューズブランド「SUGATA(スガタ)」が8月下旬にデビュー。女性の足にやさしく、正しい歩行と姿勢をサポートするおしゃれな靴が揃います。


台湾おすすめグルメの旅! 台北でいちばん美味しい朝食を

台湾おすすめグルメの旅! 台北でいちばん美味しい朝食を

今回ご紹介するのは、台湾のおすすめグルメ情報! 旅の醍醐味といえば、現地の美味しい食事を楽しむこと。今観光スポットとして大人気の台湾にも、魅力的なグルメがたくさん溢れています。定番の小龍包やビール、朝食におすすめのお店を取り上げます。


フランス女性に学ぶ「目的別」のオイル美容

フランス女性に学ぶ「目的別」のオイル美容

ここ数年、日本でホットなオイル美容。フランスでも日々のケアに取り入れることは一般的。数滴のオイルの力で肌も体もきれいになれると、重宝されているスキンケアアイテムです。しかし、何より大切なのは目的に合わせて効果的に使用すること。今回はおすすめのオイルと期待できる効能、オイル美容に対する疑問についてご紹介します。


『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第3話では、司はコンペに企画を出すことになり、ステップアップを期待するが……。


DRESS部活