「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

幸せな結婚や恋愛を望んでいても、うまくいかない……その原因の1つは「男嫌い」にあるかもしれない。筆者自身もつらい恋愛経験が多く、男性不信の一歩手前だった。しかし現在は男嫌いを克服し、男性の良さや素敵さに目を向けられるようになった。それからは不思議と恋愛もうまくいくように。男嫌いを脱却する方法をご紹介する。


■あなたは何個当てはまる?男嫌いチェックリスト

なかなか恋愛がうまくいかない人は、男性全般に関して、良くないイメージを持っていないだろうか。男性とひとくちに言ってもいろいろな人がいるのに、「男ってバカだから」「男って自分勝手」など男性をひとくくりとして扱うこと。他にも、

・感謝や尊敬ができない
・頼りなさを感じる
・女の方が優秀だと思う
・好かれると引いてしまう
・これだから男は……と思ってしまう

など、当てはまる数が多いほど「男嫌い」のレベルは上がっていく。これでは、良縁をつかみづらいし、人を好きになれないのも、仕方あるまい。

コーヒー嫌いが、1億円のコーヒーを目の前に出されても首を縦に振らないのと同じだ。

■男嫌いになる原因は、職場男性との関係の悪さにある?

男嫌いになった原因は何か。小学校でクラスの男子にいじめられた、過去にひどい失恋をしたなど、いろいろあるだろう。

それすら思い当たる節がないという人もいる。複数の女性に話を聞くと、おおかた周りにいる男性との関係が悪いことが挙げられる。

たとえば、職場にいる男性たち。つまり男性上司と仲が悪かったり、後輩男性に対して苛立ちが強いなど。

職場の男性が好きになれない。それが毎日続けば「男は悪いもの。自分に害を与えるもの」と刷り込まれるのも無理はないだろう。

それがエスカレートしてしまうと、この世のすべての男性が自分にとって害悪なのではないかと錯覚してしまう可能性もある。

■簡単で毎日できる!男嫌いを卒業するための筋トレ

ここからは男嫌いの状態を卒業したい、男嫌いだけど恋愛・結婚はしたい、という方に読んでほしい。

男嫌いを脱却して、幸せなご縁を呼び込むにはどうすればいいか。とにかく出会いの数を増やせばいい……というわけではない。

男嫌いなまま出会いを増やしても、結果は同じである。コーヒー嫌いのスタバ通い。疲弊して帰ってくるに違いない。

解決するには、まず周りにいる男性と仲良くなることから始めてみては。「無理!」と突っぱねたくなった人もいるはず。

あのアブラ臭い上司を好きになれるか! 頭空っぽな後輩にやさしくするなんて100年たっても無理! なんて声が聞こえてくる。

男嫌いに男を好きになれと言うのは、運動神経ゼロの人に、オリンピックに出ろと言っているようなものかもしれない。だからこそトレーニングが大切なのだ。ここでは男嫌い脱却に近づく「筋トレ」を1つ紹介したい。

それは、通勤電車で向かいに座る男を、片っ端から無理やり褒めていくことである。見た目を褒めるもよし、その人の長所を想像するもよし。その際ネガティヴなワードは一切NG。一見、無理めな人でも、このようにポジティブにとらえたい。

・ハゲている→男性ホルモンが多そう
・太っている→冬一緒に寝ると温かそう
・全般的に見た目がイマイチ→浮気の心配がなさそう

このように、いいところだけを探していく。いいところが見つかりそうにない場合も、「ネクタイだけはおしゃれ」と小物を褒めてみてもいいだろう。

これを1日10人やるだけで違ってくる。男性の嫌なところに目がいく前に、男性のいいところに注目できるようになる。男性を好きになる力・恋愛力もみるみる蘇ってくる。

先のアブラ臭い上司でも「家族を養っている点は偉い」とか、頭空っぽな後輩でも「毎日会社に来ているだけで偉い」とか、好きな点を見つけてみよう。そうやって、私も男嫌いを克服してきた。

男嫌いではなくなると、今までとは違う世界が待っている。騙されたと思って、この筋トレを一定期間、試してみてほしいと思う。

この記事のライター

あずま・かなこ。1983年生まれ。元女性サイト編集長のコラムニスト。テレビ・ラジオ出演多数。著書に「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)。趣味は鉄道一人旅。

関連するキーワード


恋愛 結婚

関連する投稿


相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

『DRESS』では1月、「疲れない出会い」特集を展開しました。疲れない出会いの場や機会を探すうちに見つけたのが、“誕生日”で相性が良い相手を見繕って引き合わせてくれる合コンです。実際に体験してきた、30代前半女性のレポートをご紹介します。


「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

小泉今日子さんが2月1日、自身のサイト上でかねてから恋愛報道があった、俳優の豊原功補さんとの「恋愛関係」を認め、さらに豊原さんは離婚しておらず、いまも家族がいることを報告したことがニュースになっている。実質的には不倫関係にあると考えられるが、そこに「不倫」の文字はなかった。


「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第三回目は疲れる原因「ピンとこない男性との出会い」についてお話を伺いました。


悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第二回目は疲れる原因「親や周囲からのプレッシャー」についてお話を伺いました。


自己肯定感の高い男性をパートナーにしよう――女医の恋愛事情から見える大事なこと

自己肯定感の高い男性をパートナーにしよう――女医の恋愛事情から見える大事なこと

内科医のわたしが綴る、リアルな「女医たちの恋愛事情」。そこから見えてくる傾向には、女医という職業に限らず、高学歴・高収入な女性たちにもあてはまるものが少なくないのではないでしょうか。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。