「女」が「おばさん化」するとき

「女」が「おばさん化」するとき

おばさん化が進行するのは30代以降。同時期に「おばさん」という単語に対し、だんだん敏感になってくる。できればそんなふうに呼ばれたくない。おばさんって見た目の問題? それとも、ほかにきっかけはあるのか。ちょっとした視野の持ち方で、死ぬまで「おばさんにならない女」でいられるのかもしれない。


■おばさん化した人たちを見て、ああなりたくないと思った20年前

高校時代、西武新宿線を使って通学していた。東京の西武新宿駅と埼玉の本川越駅を結ぶ鉄道路線だ。

車窓から見える風景はとてものどかなもので、鷺ノ宮駅から下り方面は田園風景も見えていた気が、する。

通学通勤時間帯はそれなりに混んでいたけれど日中はガラガラで、テスト期間中は帰ってテスト勉強をしなくてはいけなかったとしても、少し嬉しくもあった。

一車両を独り占めして外を眺める。そのときばかりはMDウォークマンのイヤフォンも外していた。

そんなほのぼのとした気分をぶち壊すのが、けたたましい女性たちの話し声。わあわあ言いながら乗り込んできて、「あっちの席がいいわよ」「いやよ、こっちは日が当たるじゃない、焼けちゃうわ」などと言いながら、足を広げて長椅子を広々と使う。

太ももがだいぶ太くなってるから、ちゃんと足が閉じられないんだろうな、ああいうおばさんになりたくないものだな、とまだティーンだった私は失礼ながら思っていた。

■30代に入ると「おばさん」なのか?

アラサー、などと言われ始める頃から、周りからどう呼ばれるかは気になるようになった。私にはひと回り離れた弟がいるが、彼から見れば私はおばさんかもしれない。

彼にとっては姉であるから、おばさんとは呼ばれないだろうけれど、彼の友人からしてみれば、私はおばさんと呼ばれる年代に差しかかっているのかもしれない。

アラサー女子、アラフォー女子。20代の頃は素直に受け入れられていた言葉が、今となってはすごく抵抗を感じる。

だってもう私、女子じゃないもの。でも、おばさんと呼ばれるのもなんだかな。何とも複雑なお年頃なのである。

■「おばさん化」は言動と視野の狭さが引き起こす

何歳からがおばさんなのか、どうなったらおばさんなのか。

年齢でばっさりと区切るのはあまりにも辛い。昔に比べて、女性も男性も若々しい人が増えているように思う。そうなると、やはり言動によるものではないだろうか。

若い子に向かって
「ちょっとおばさんにはそういうことわかんないな」
「若いっていいね」
……などとつい言ってしまいがちだが、自己嫌悪に陥るし、言われた相手も困ってしまう。

野暮な言い回しの上に、誰もハッピーになれないのでやめたほうがよさそうだ。年下の人との会話のときにとても便利なセリフではあるのだけれど。

視野の狭さも大きな問題のような気がする。

30代半ばに差しかかると、あなたの人生の主役はあなたで結構だけれど、他人の人生の主役はあなたじゃないんですよ、と言いたくなるような行動を取る人を最近ちらほら見かける。

要は思考が自己中心的になってきているのだ。自分の思い通りにならなかったらヘソを曲げる、不機嫌になる、どうして自分の言うことを聞いてくれないのかと癇癪を起こす。

こんなのは小さい子どもだけかと思っていたけれど、おばさんにも当てはまるのではないか。自分しか見えていないから、大きな声でしゃべるし、自分が歩いている道を阻む人が現れれば「気が利かないわね」と舌打ちをする。

■「おばさん」と言われても、笑って応対する余裕がほしい

とはいっても「おばさん」もしくは「おじさん」と呼ばれる要因はたくさんあるだろう。私が挙げたのはほんの一部に過ぎない。

ただ、ひとつ言えるのは「ねえ、おばさん」と呼ばれたときに、「おばさんじゃないわよ、お姉さんでしょ!」と怒るとあまりにも器が小さく見える、ということだ。

「なあに?」と笑顔で受け止められるぐらいの心の広さは、どんな場面でも必要なはずだ。

ちなみに、昔は40歳ぐらいで初老と言われていたらしい。今は定義が変わって50歳代から60歳代を指すことが多いという。

今後、その定義はさらに変わっていくかもしれないし、いつか「おばさん」「おじさん」もいなくなるのかもしれない。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


人生

関連する投稿


地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

どこで生きるか。それは、何の仕事をするか、誰と生きるか、といった課題と並んで大きく人生を左右する選択。自分の価値観にあった望む生き方ができる場所はどこだろう? それに悩んだ女性は、何を思い、どういう結論を出したのか……?


『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

いよいよ春ですね。桜とともに過ごすこの季節は、私たちの生活に多くの「変化」を運んできます。そうした変化の中において、もしかしたらあなたの心はちょっぴりくたびれているかもしれません。今日はそんなあなたに、花咲く季節にふさわしいある物語から、心の中の「傷ついた少女」を癒してくれる優しい言葉をお届けします。


生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

人生がうまくいくコミュニケーションの基本は、他人との付き合い方より、自分自身との付き合い方。皆さんは「本音の私」と「普段の私」、両方とうまく付き合えていますか?


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高めるための学び、していますか? 時代は移り変わり、求められる能力やスキルは刻々と変わっています。気づくと自分がアップデートされず、古くなっていた……となると、お金に困ることも。お金が貯まらない、お金がないという悩みを解消すべく、「自分の価値を高める学び」に賢く投資しましょう。


最新の投稿


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

ストレスを感じやすい人は、対策としてまずは考え方を見直すことから始めましょう。ブレインケアクリニックの今野裕之院長が、精神的なストレスを和らげるコツを「認知の歪み」について解説しながら、ご紹介します。


「貯金できない人」が「貯金できる人」になるための5つのヒント

「貯金できない人」が「貯金できる人」になるための5つのヒント

貯金ができない理由は何だと思いますか? 無駄遣いしている、そもそも収入が少ない、いつの間にかなくなっている……人によって理由はさまざまだと思いますが、それらはちょっとした心がけで変わるものです。今回は「貯金できる人」になるためのヒントをご紹介します。


『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』や『パパ、お月さまとって!』でおなじみの絵本作家、エリック・カールさんの世界を堪能できる「エリック・カール展」の情報をお届けします。


バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂は歳を重ねると自然と起きてしまうこと、避けられないこと、と諦めないで。バストの下垂は日々の細かい努力で防ぐことができます。バストの下垂を予防し、何歳になっても美しいバストを保つ習慣をご紹介します。