「女」が「おばさん化」するとき

「女」が「おばさん化」するとき

おばさん化が進行するのは30代以降。同時期に「おばさん」という単語に対し、だんだん敏感になってくる。できればそんなふうに呼ばれたくない。おばさんって見た目の問題? それとも、ほかにきっかけはあるのか。ちょっとした視野の持ち方で、死ぬまで「おばさんにならない女」でいられるのかもしれない。


■おばさん化した人たちを見て、ああなりたくないと思った20年前

高校時代、西武新宿線を使って通学していた。東京の西武新宿駅と埼玉の本川越駅を結ぶ鉄道路線だ。

車窓から見える風景はとてものどかなもので、鷺ノ宮駅から下り方面は田園風景も見えていた気が、する。

通学通勤時間帯はそれなりに混んでいたけれど日中はガラガラで、テスト期間中は帰ってテスト勉強をしなくてはいけなかったとしても、少し嬉しくもあった。

一車両を独り占めして外を眺める。そのときばかりはMDウォークマンのイヤフォンも外していた。

そんなほのぼのとした気分をぶち壊すのが、けたたましい女性たちの話し声。わあわあ言いながら乗り込んできて、「あっちの席がいいわよ」「いやよ、こっちは日が当たるじゃない、焼けちゃうわ」などと言いながら、足を広げて長椅子を広々と使う。

太ももがだいぶ太くなってるから、ちゃんと足が閉じられないんだろうな、ああいうおばさんになりたくないものだな、とまだティーンだった私は失礼ながら思っていた。

■30代に入ると「おばさん」なのか?

アラサー、などと言われ始める頃から、周りからどう呼ばれるかは気になるようになった。私にはひと回り離れた弟がいるが、彼から見れば私はおばさんかもしれない。

彼にとっては姉であるから、おばさんとは呼ばれないだろうけれど、彼の友人からしてみれば、私はおばさんと呼ばれる年代に差しかかっているのかもしれない。

アラサー女子、アラフォー女子。20代の頃は素直に受け入れられていた言葉が、今となってはすごく抵抗を感じる。

だってもう私、女子じゃないもの。でも、おばさんと呼ばれるのもなんだかな。何とも複雑なお年頃なのである。

■「おばさん化」は言動と視野の狭さが引き起こす

何歳からがおばさんなのか、どうなったらおばさんなのか。

年齢でばっさりと区切るのはあまりにも辛い。昔に比べて、女性も男性も若々しい人が増えているように思う。そうなると、やはり言動によるものではないだろうか。

若い子に向かって
「ちょっとおばさんにはそういうことわかんないな」
「若いっていいね」
……などとつい言ってしまいがちだが、自己嫌悪に陥るし、言われた相手も困ってしまう。

野暮な言い回しの上に、誰もハッピーになれないのでやめたほうがよさそうだ。年下の人との会話のときにとても便利なセリフではあるのだけれど。

視野の狭さも大きな問題のような気がする。

30代半ばに差しかかると、あなたの人生の主役はあなたで結構だけれど、他人の人生の主役はあなたじゃないんですよ、と言いたくなるような行動を取る人を最近ちらほら見かける。

要は思考が自己中心的になってきているのだ。自分の思い通りにならなかったらヘソを曲げる、不機嫌になる、どうして自分の言うことを聞いてくれないのかと癇癪を起こす。

こんなのは小さい子どもだけかと思っていたけれど、おばさんにも当てはまるのではないか。自分しか見えていないから、大きな声でしゃべるし、自分が歩いている道を阻む人が現れれば「気が利かないわね」と舌打ちをする。

■「おばさん」と言われても、笑って応対する余裕がほしい

とはいっても「おばさん」もしくは「おじさん」と呼ばれる要因はたくさんあるだろう。私が挙げたのはほんの一部に過ぎない。

ただ、ひとつ言えるのは「ねえ、おばさん」と呼ばれたときに、「おばさんじゃないわよ、お姉さんでしょ!」と怒るとあまりにも器が小さく見える、ということだ。

「なあに?」と笑顔で受け止められるぐらいの心の広さは、どんな場面でも必要なはずだ。

ちなみに、昔は40歳ぐらいで初老と言われていたらしい。今は定義が変わって50歳代から60歳代を指すことが多いという。

今後、その定義はさらに変わっていくかもしれないし、いつか「おばさん」「おじさん」もいなくなるのかもしれない。

【編集部おすすめ】「おばさん」は蔑称か

https://p-dress.jp/articles/811

私は今42歳。最近、周囲のスタッフに年下が増えてきた。現場マネージャーも、その上のマネージャーも年下だ。まだ一緒に仕事を始めて日が浅いこともあり、相手がいろいろ気遣ってくれるのがわかる。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


人生

関連する投稿


これからは「裏側」を見られる女性になる

これからは「裏側」を見られる女性になる

優しさには2種類ある。「見えているものへの優しさ」と「見えていないものへの優しさ」。悩んでいるときに「大丈夫?」と気にかけてもらったり、励ましてもらったり、そういう見えている優しさにはすぐに気づくことができる。でも、見えていないところにも優しさは存在していて……。


こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた人は多い、というより、皆何かしらこじらせて、それでも生きている。それを見ていると、ずっと真っ直ぐ育っていける人なんて、いないと思う。真っ直ぐ伸びているつもりでも、気づけば曲がっている。曲がるのも個性だし、曲がりながら伸びることもまた成長だ。


甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性がうらやましい。私もあんなふうに甘えられたらいいのに。なんて思ったことはありませんか? 男性も女性も、仕事でもプライベートでも、良い意味で甘え上手な人は、人生がとてもスムーズに進んでいきます。今回は甘え上手になれる考え方をご紹介します。


生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生き方や働き方、もっと身近なもので言うと、ファッションやメイクもそうだ。どんなことでも、他人に迷惑をかけない範囲ならば、何を選んだっていい。生きづらい世の中、他人に無関心になる優しさを誰もが持てば、皆が少しずつ生きやすくなるんじゃないかと思う。


専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

生き方や働き方は誰もが自由に選択できる、はずなのに……。何を選んでも何かしら非難される気がするのは、気のせい? 特に昨今否定されがちな専業主婦という生き方に注目し、本当に「ダメな選択」なのか、考えてみたい。


最新の投稿


エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏に人気のエスニックネイル。実は簡単にできます。マニキュアとプチプラ商品だけで素敵なエスニックネイルに仕上げる簡単なやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。今季エスニックネイルは特に人気で、100均でもたくさんのエスニックネイル風パーツが売られているので、チェックしてみてください。


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


DRESS部活