「女」が「おばさん化」するとき

「女」が「おばさん化」するとき

おばさん化が進行するのは30代以降。同時期に「おばさん」という単語に対し、だんだん敏感になってくる。できればそんなふうに呼ばれたくない。おばさんって見た目の問題? それとも、ほかにきっかけはあるのか。ちょっとした視野の持ち方で、死ぬまで「おばさんにならない女」でいられるのかもしれない。


■おばさん化した人たちを見て、ああなりたくないと思った20年前

高校時代、西武新宿線を使って通学していた。東京の西武新宿駅と埼玉の本川越駅を結ぶ鉄道路線だ。

車窓から見える風景はとてものどかなもので、鷺ノ宮駅から下り方面は田園風景も見えていた気が、する。

通学通勤時間帯はそれなりに混んでいたけれど日中はガラガラで、テスト期間中は帰ってテスト勉強をしなくてはいけなかったとしても、少し嬉しくもあった。

一車両を独り占めして外を眺める。そのときばかりはMDウォークマンのイヤフォンも外していた。

そんなほのぼのとした気分をぶち壊すのが、けたたましい女性たちの話し声。わあわあ言いながら乗り込んできて、「あっちの席がいいわよ」「いやよ、こっちは日が当たるじゃない、焼けちゃうわ」などと言いながら、足を広げて長椅子を広々と使う。

太ももがだいぶ太くなってるから、ちゃんと足が閉じられないんだろうな、ああいうおばさんになりたくないものだな、とまだティーンだった私は失礼ながら思っていた。

■30代に入ると「おばさん」なのか?

アラサー、などと言われ始める頃から、周りからどう呼ばれるかは気になるようになった。私にはひと回り離れた弟がいるが、彼から見れば私はおばさんかもしれない。

彼にとっては姉であるから、おばさんとは呼ばれないだろうけれど、彼の友人からしてみれば、私はおばさんと呼ばれる年代に差しかかっているのかもしれない。

アラサー女子、アラフォー女子。20代の頃は素直に受け入れられていた言葉が、今となってはすごく抵抗を感じる。

だってもう私、女子じゃないもの。でも、おばさんと呼ばれるのもなんだかな。何とも複雑なお年頃なのである。

■「おばさん化」は言動と視野の狭さが引き起こす

何歳からがおばさんなのか、どうなったらおばさんなのか。

年齢でばっさりと区切るのはあまりにも辛い。昔に比べて、女性も男性も若々しい人が増えているように思う。そうなると、やはり言動によるものではないだろうか。

若い子に向かって
「ちょっとおばさんにはそういうことわかんないな」
「若いっていいね」
……などとつい言ってしまいがちだが、自己嫌悪に陥るし、言われた相手も困ってしまう。

野暮な言い回しの上に、誰もハッピーになれないのでやめたほうがよさそうだ。年下の人との会話のときにとても便利なセリフではあるのだけれど。

視野の狭さも大きな問題のような気がする。

30代半ばに差しかかると、あなたの人生の主役はあなたで結構だけれど、他人の人生の主役はあなたじゃないんですよ、と言いたくなるような行動を取る人を最近ちらほら見かける。

要は思考が自己中心的になってきているのだ。自分の思い通りにならなかったらヘソを曲げる、不機嫌になる、どうして自分の言うことを聞いてくれないのかと癇癪を起こす。

こんなのは小さい子どもだけかと思っていたけれど、おばさんにも当てはまるのではないか。自分しか見えていないから、大きな声でしゃべるし、自分が歩いている道を阻む人が現れれば「気が利かないわね」と舌打ちをする。

■「おばさん」と言われても、笑って応対する余裕がほしい

とはいっても「おばさん」もしくは「おじさん」と呼ばれる要因はたくさんあるだろう。私が挙げたのはほんの一部に過ぎない。

ただ、ひとつ言えるのは「ねえ、おばさん」と呼ばれたときに、「おばさんじゃないわよ、お姉さんでしょ!」と怒るとあまりにも器が小さく見える、ということだ。

「なあに?」と笑顔で受け止められるぐらいの心の広さは、どんな場面でも必要なはずだ。

ちなみに、昔は40歳ぐらいで初老と言われていたらしい。今は定義が変わって50歳代から60歳代を指すことが多いという。

今後、その定義はさらに変わっていくかもしれないし、いつか「おばさん」「おじさん」もいなくなるのかもしれない。

【編集部おすすめ】「おばさん」は蔑称か

https://p-dress.jp/articles/811

私は今42歳。最近、周囲のスタッフに年下が増えてきた。現場マネージャーも、その上のマネージャーも年下だ。まだ一緒に仕事を始めて日が浅いこともあり、相手がいろいろ気遣ってくれるのがわかる。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活