プラセンタ注射とはどういうもの?1年間打ち続けた個人的な体験談

プラセンタ注射とはどういうもの?1年間打ち続けた個人的な体験談

プラセンタ注射の「プラセンタ」とは胎盤のこと。このプラセンタ注射は、美肌やアンチエイジング、体のさまざまな不調を改善に導く、と一般的に言われています。「万能薬」的な効果があると至るところで書かれていますが、実際はどうなのでしょうか。1年間通い続けた私の個人的な体験談をお届けします。


はじめまして、美容ブロガーの佐藤おりえと申します。今月からビューティ関連の記事を連載することになりました。

自分が実際に試したものの中で、美肌やアンチエイジングのためにいい! と感じたモノ・コトを発信していきます。初回はプラセンタ注射についてご紹介します。

■アラフォーママのつや美肌はプラセンタ注射のおかげ?

私がプラセンタ注射に通い始めたのはちょうど1年前のこと。きっかけはアラフォーの友人でした。

3児の母でありながら仕事もこなす彼女からは「老け」や「疲れ」といったものがまったく感じられません。肌はなめらかで美しく、お酒もよく飲み、とにかくパワフル。

その横で土気色の顔をしながら疲れ果てている、彼女よりも年下の私。当時は慢性的な倦怠感に睡眠不足、イライラ、ひどい肌荒れなどに悩まされていました。

そんなある日、彼女が「最近イライラするからプラセンタ打ちに行かなきゃ」とぽろっと言ったんです。

話を聞くと、プラセンタ注射を打つことでイライラのほかにも、美肌や疲労感、アレルギー、二日酔い予防などに効果があり、定期的に受け続けることでアンチエイジングも期待できるとのこと。

素敵な彼女が言うと説得力があります。というわけで、私もさっそくプラセンタ注射に通い始めたのでした。

■プラセンタ注射で期待できる効果とは

インターネットや書籍などでプラセンタ注射に期待できる効果を調べてみると、それはもう「万能薬」のように紹介されています。

ここですべてあげると大変なことになるので(それほど効用が多岐に渡る)、私たちの心をくすぐるものをピックアップしてみます。

・美肌効果(シミ、そばかす、たるみ、乾燥、肌荒れ、美白)
・月経前症候群、生理痛、生理不順
・アトピー、花粉症
・肝臓の働きを高める、解毒作用、二日酔い予防
・自律神経失調症、不眠、精神を安定させる
・疲労、冷え性、体質の改善を促す
・活性酸素を除去し、酸化を防ぐ(=アンチエイジング!)

これだけでも驚きますが、調べるともっと出てきます。

気になるのは「本当にそんなにすごいのか?」というところなので、私の体験談をお話します。

■私が感じたプラセンタ注射を打ち始めて変わったこと

1年前から、1週間〜10日に1回、2本ずつ打っています。

プラセンタ注射に通い始めてすぐに実感したのは、

・睡眠の質が改善される
・肌の調子がよくなる(急に周りから褒められるようになる)
・イライラしない(家族からも指摘される)

さらに、1年前と今の自分を比較してみると、

・倦怠感がなくなり、疲れが残りにくくなった
・年中肌荒れや大人ニキビに悩んでいたが、今ではほとんどトラブルがない
・以前より二日酔いしにくくなった
・まつげが増えた(まつげエクステシングルラッシュ110本から140本へ)

このような変化があったことに気づきます。

中でも睡眠の質の改善については、初めて打ったその日から実感がありました。

以前は、寝つきが悪く、朝起きるのが辛いというタイプでしたが、プラセンタ注射を打った日は、22時頃から目を開けていられないほどの眠気が襲ってくるのです。この感覚、小学生以来。

熟睡できるからか、いつもより早い時間にすっきり目覚めることができます。

不眠や倦怠感、イライラ、肌荒れなどのトラブルを抱えていましたが、最近ではぐっすり眠れるからか倦怠感や疲労感がなくなり、心も落ち着き、肌もきれいになる……というように、正のスパイラルへと転換できたのです。

プラセンタ注射は「諸々、じわじわ改善されていく」というとしっくりきますが、週に1回、せっせと通い続けたくなるだけの魅力は十分にあります。

■プラセンタは経口摂取も効果的

プラセンタは、注射だけでなくサプリメントやドリンクから摂取しても◎とされていますが、選び方が重要です。

「以前プラセンタサプリメントを摂っていたけど、何がいいかわからなかった」という話も聞きますが、“いいもの”は本当にいいです。

おすすめは医療機関専売品のプラセンタサプリメント。「サプリメントにしては高い」と思う方もいるかもしれませんが、十分な量のプラセンタエキスを摂取できますし、私は家に常備しておかないと気が済まないほどです。

私が飲んでいる医療機関専用プラセンタサプリメント「JBPプラセンタEQカプセル」。プラセンタ注射の「ラエンネック」で有名な日本生物製剤社製で、医療用医薬品の抽出技術が応用されています。国産サラブレット使用、100%プラセンタエキス充填。

スケジュールがハードなときにプラセンタサプリメントを飲むと、ぐっすりと眠れて、翌朝はスッキリとした目覚めで体も軽い。疲れが抜け切らないときの、あの「体の奥のほうがずーんと重い感覚」がないのです。

ついでに、肌のキメも整い、内側から潤うようなもっちり感で、ファンデーションも綺麗にのってくれます。

「十分な睡眠」や「疲れを溜め込まない」ことは美肌やアンチエイジングに影響するので、 私たちの世代では何らかの対策をとる必要がありますが、プラセンタはこれをサポートする有効な手段のひとつだと確信しています。

※本コラムの内容は個人の感想で、感じ方には個人差があります。

この記事のライター

美容ブロガー。 ニキビ、肌荒れ、極度の敏感肌、小じわ、ほうれい線など、肌トラブルや老化に悩まされたことをきっかけに美容ブログを立ち上げる(http://amaiame.com/)。 美容医療やドクターズコスメ、サ...

関連するキーワード


アンチエイジング 美容医療

関連する投稿


韓国で人気の美肌治療「水光注射」とは?5回受けてみた個人的な体験談

韓国で人気の美肌治療「水光注射」とは?5回受けてみた個人的な体験談

水光注射とは、たっぷりと水分を含み、ツヤとハリのある肌を実現するとされる、韓国で人気の美肌治療。5回受けてみたので、肌の変化や体験談についてお話します。


美肌治療「フォトRFオーロラ」を3回受けてみた個人的な体験談

美肌治療「フォトRFオーロラ」を3回受けてみた個人的な体験談

フォトRFオーロラと水光注射を2016年春から美容皮膚科で受けている私。今回は、実際にフォトRFオーロラを3回受けてみた体験談についてお話します。


「美しい顔」とは? 美容医療から見た老化の原因

「美しい顔」とは? 美容医療から見た老化の原因

自由が丘クリニックの古川登隆先生が、“美を司る秘密の3ポイント”、“老化とは?”など、理論に基づく最新の美容医療について講演されました。特殊メイクアーティストのJIRO氏によるパフォーマンスも!


冬至を過ぎてもゆず湯でデトックス! ハッピーカラーで新年をポジティブに迎えよう

冬至を過ぎてもゆず湯でデトックス! ハッピーカラーで新年をポジティブに迎えよう

冬至にゆず湯を楽しむ方は多いのでは。今年の冬至は過ぎてしまいましたが、年の瀬にゆず湯に浸かって、リラックスしてみませんか。いろいろな嬉しい効果が期待できる、癒やしの黄色いゆずたちに囲まれて。


アンチエイジングは卒業。エイジングを受け入れると生きやすくなる

アンチエイジングは卒業。エイジングを受け入れると生きやすくなる

アンチエイジングは「抗老化」「抗加齢」などと訳され、若返りを求める人も少なくありません。でも、若さ=本当の美しさ? 真の美しさとは、内側からあふれ出る魅力なのでは。エイジング、歳を重ねることを成熟として受け入れると、人はもっと生きやすくなるのかもしれません。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。