ゆらぎ肌に悩んだら敏感肌用アイテム投入で臨機応変にケアしよう

ゆらぎ肌に悩んだら敏感肌用アイテム投入で臨機応変にケアしよう

ゆらぎ肌に悩むアラフォー世代は多いのでは。バリア機能の回復と保湿を重視した基礎化粧品を取り入れて、賢く臨機応変にスキンケアしていきましょう。花粉が舞う春のゆらぎ肌をケアする化粧品の選び方をご紹介します。


■ゆらぎ肌の季節がやってきた

早い方は1月から「あの気配」を感じていたはず。そして、2月に入ってからは本格的に体感し始めたのではないでしょうか……そう、花粉です。

私は、くしゃみ・鼻水こそないものの、毎年2月〜4月頃までひどく肌荒れします。もちろん原因は花粉です。

常に肌がかゆくなり、かかないように我慢していても、肌表面がガサガサ・ボロボロしてきます。

20代の頃はこんなことはなかったのですが、30代半ばから徐々に肌質が変わってきて、毎年この季節は大変な目に遭うように……。

おそらく私以外にも、30代を過ぎてから・アラフォーになってから、昔と肌質が変わってきて、気温や外気、環境などで、肌がゆらぎやすくなったという方も、少なくないのではないでしょうか。

花粉の時期に化粧水がしみたり、肌がかゆくなったり、風さえもヒリヒリ感じたりする、エイジングとともに現れる肌の変化。

どうにもならないときは、早々に皮膚科のお世話になるのですが、できればそこまでひどくなる前になんとかしたいのが女心。

ただ、日中に仕事をしていると、病院に行くタイミングを作りづらく、自分でケアできる方法があればそれに越したことはないですよね。

■ゆらぎ肌には敏感肌用・トライアルセットを

そんな悩める敏感肌代表の私は、肌の感じがいつもと違ってきたなと思ったら、敏感肌用のスキンケアに切り換えています。

といっても、一式買い換えるのは面倒ですし、お金もバカにならないので、私がよく使っているのは敏感肌用スキンケアを扱うメーカーの「トライアルセット」や「トラベルセット」。

1週間分くらいの量なので、普通のスキンケアコスメだとちょっとしみてしまう日や、いつもより肌がガサガサ・ムズムズするときだけ、一時的に切り替えることができます。

普段、敏感肌用スキンケアを使わない方だと、どれを選べばいいかわからないかもしれませんが、アクセーヌ、NOV、HABA、アルージェなどの、「敏感肌向け」「敏感肌の方でも使える」と謳っているメーカーのものは、肌のバリア機能を整えてくれるものが多く、おすすめです。

昔は、「敏感肌用のスキンケアって、肌に優しい、ただそれだけで、使用感がいまいちだったり、浸透がよくなかったり微妙な使い勝手なのよね」と思っていましたが、そんなことはまったくありません。

化粧水は浸透しやすく、クリームはベタベタしすぎず、なかなかの使い心地です。

たいていの敏感肌コスメは、肌に必要以上の刺激を与えないため、この時期のケアにも取り入れやすく、スキンケアコスメを替えたせいで、肌状態が悪くなるということもありません(もちろん個人差もあれば、そのときの肌状態によっても変わってきます)。

さらには、肌のバリア機能を低下させる原因である乾燥を防ぐために、保湿を非常に重視しているため、敏感肌の方だけでなく乾燥肌の方にもおすすめです。

肌が敏感な時期は、肌を触らない・こすらない、刺激を与えない、この3点を徹底してください。

とにかくシンプルなケアにする必要がありますが、保湿重視のコスメだと、ローションを重ねづけする回数も少なくなる、つまりは肌に触れる時間も短くなり、物理刺激を与えないという意味でも肌に優しいのです。

■臨機応変なスキンケアでゆらぎ肌を安定肌へ

2月に入って、今年もやはり肌状態が不安定になってきた私は、NOVの「ノブ Ⅲ トライアルセット」を使っています。ケチらずたっぷり使うと、4~5日くらいで使いきります。

使い切った後は、いつもの肌状態に戻ったなと感じたら普段のケアを、ちょっと足りないかもと思うならもう1セット、まだまだ改善されないならトライアルセットではなく通常商品を購入。

そんなふうに、自分の肌状態をじっくり観察しながら、そのときどきでベストなスキンケアコスメを使っていくのが年の功、もとい、経験豊富なアラフォー・アラフィフのお手入れ法。

ここでうっかり肌の不調を許してしまうと、紫外線が急激に強まる4月以降、大ダメージを受けてしまうのは必至。老化へのカウントダウンが進んでしまいます。

そうならないよう、年齢とともに変わりゆく肌の変化を受け入れつつ、いたわりつつ励ましつつ、調子のいい時は活を入れつつ、賢く臨機応変にお手入れしていきましょう。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師。1978年生まれ。長野県出身。 自身のニキビや頬の毛穴に劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。「昨日の自分より美しく」をコンセプトに、眠れるほどに...

関連するキーワード


美容 スキンケア

関連する投稿


飲むUVケア「ザ・プラセンタ ウルトラヴェール」で紫外線・乾燥対策を

飲むUVケア「ザ・プラセンタ ウルトラヴェール」で紫外線・乾燥対策を

待望の“飲む”UVケア「ザ・プラセンタ ウルトラヴェール」。純度100%のプラセンタサプリで大人気のシリーズからUV対策商品が発売。


良いコミュニケーションをたくさんとるのが美の秘訣?篠田弁護士流10の美習慣【篠田恵里香 連載 #4】

良いコミュニケーションをたくさんとるのが美の秘訣?篠田弁護士流10の美習慣【篠田恵里香 連載 #4】

篠田恵里香 弁護士の連載、第4回目では篠田先生流、生き生き過ごす習慣を全10項目に渡ってご紹介。「美に悪いことをたくさんしている(笑)」と言う篠田先生ですが、常に心地よく過ごそうとする日々が、先生を素敵に見せているのかもしれません。


自分の「真実の顔」を知って対処するために - 蛍光灯下での深夜自撮りのススメ

自分の「真実の顔」を知って対処するために - 蛍光灯下での深夜自撮りのススメ

自分の「真実の顔」は普段、他人が目にしていて、自分では見えていないもの。盲点ともいえます。他人と自分の視点では、見ているものが違うということは往々にしてあります。他人が見ている自分の「真実の顔」を自分でも知るために、真夜中に蛍光灯の下で自撮りをしてみてください。思わぬものが見えてきて、改善に近づけていけるはずです。


大人の肌悩み「たるみ毛穴」は練り状の美容液でなかったことにする

大人の肌悩み「たるみ毛穴」は練り状の美容液でなかったことにする

「たるみ毛穴」をフラットに整えてくれる美容液をご紹介します。肌の老化現象として悩む人も多いのがたるみ毛穴。だからといって「隠す」ためにファンデーションを厚塗りしてしまうと、おばさんっぽく見えてしまいます。美容液をファンデ前にひと塗りして、たるみ毛穴をきれいにカバーしてみては。


【プレゼント】マドンナが手がける「MDNA SKIN」スパトリートメントメニュー体験

【プレゼント】マドンナが手がける「MDNA SKIN」スパトリートメントメニュー体験

六本木のホテル、グランド ハイアット東京の、心身のくつろぎと調和のためのスペース「Nagomi スパ アンド フィットネス」にて、「MDNA SKIN」を使用したスパトリートメントメニューの体験をDRESSメンバー限定で3名様にプレゼントします。


最新の投稿


SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

FacebookやTwitterなどによる「SNS疲れ」。他人の投稿をみて「いいね」ではなく「いいな」と思ってしまった人は要注意。そんな方には、週末にSNSデトックスをすることをおすすめします。SNSと距離をおくことで、SNS疲れをなくしましょう!


大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

ベーシックファッションを大人流に楽しむなら、シャツ×デニムで品格漂うコーデを作ってみませんか。取り入れる色次第で、ナチュラルにもフェミニンにも見せられるコーデ、挑戦してみては?


AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

メイクアップアーティストのピカ子さん×AMPHIが、メイクとランジェリーの融合をテーマにしたコラボランジェリーを4月1日に発売。


いちごとラズベリーを使った春らしさあふれる甘酒

いちごとラズベリーを使った春らしさあふれる甘酒

新潟の甘酒専門店「古町糀製造所」が春限定のミックスベリーの甘酒「糀・木苺」を新発売。


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。