草食系男子との恋愛を楽しむなら、「境目のない愛情」を与えるのがコツ!

草食系男子との恋愛を楽しむなら、「境目のない愛情」を与えるのがコツ!

草食系男子との恋愛は「喧嘩もなく落ち着いた関係を築けそう」と思う女性は多いかもしれません。恋愛にあまり積極的でない彼らですが、好きな人であれば一途に想い続けるし大切にしてくれます。ですが、その穏やかさのせいで女性が思いがけず傷つく場面があるのも事実。そんな草食系男子との恋愛に有効なのは、「境目のない愛情」です。


■恋愛に奥手な草食系男子

草食系男子というと、


・恋愛にガツガツしていない
・優しくてあまり喧嘩しない
・好きな人に対しては一途


というイメージがありませんか?

常にいい女を探してギラギラしているような肉食系男子と違い、のんびりと草原で日向ぼっこする羊のような彼らは、まず恋愛そのものに対して奥手です。

■傷つける側になることが怖い

草食系男子の彼らは、自分の気持ちが相手に伝わることを徹底して避けます。

例えば、自分が好意を持っている女性から「相談したいことがあるんだけど・・・・・・」とLINEが来ても、そのとき自分の都合が悪かったら断って終わらせます。

替わりの日を提案することもないし、「大丈夫?」という言葉をかけることもありません。本当は、内心では気にしているだろうし、何かあったのかな?くらいは思うでしょう。それでも、そんな自分の気持ちを相手に悟られることから逃げてしまうんですね。

誘った方は、肩透かしをくらって何ともいえない寂しさを味わいます。
断られたこともショックだけど、何より「気にかけてもらえない自分」を感じて落ち込んでしまいます。

自分に興味がないのなら、いっそ相手にしなければいいのに、と思いますよね。

だけど、彼らにとっては「連絡をもらったんだから返事しなくちゃ」という気持ちが最優先。「返事をする」ことで相手の気持ちに応えていると思い込みます。(本当にほしいのはそこじゃないのに)

彼らには、自分の対応が相手を傷つけているという実感がありません。何よりまず自分が傷つける側になることを恐れています。

彼らにとって、「会えないこと」より「返事をしないこと」の方が重いのです。

「こうしてくれるだろう」という肉食系男子や普通の男性なら成り立つ予想が、成り立たないのが草食系男子。片想いしていると、どんどん余計な傷が増えていくことになります。

■痛みを無視するのは、自分に自信がないから

草食系男子の彼らは、相手に踏み込まれることを怖いと考えます。

その理由は、自分に自信がないから。

・深く付き合って、自分の内面を知られて、もし離れていかれたら
・振られる痛みに耐えられない
・価値のない自分を思い知らされるのが怖い


まだ相手とは何も始まっていなくても、勝手に振られることをシミュレーションしてしまいます。でも、好意を受け取ることからは逃げません。

メールも電話も、律儀に毎回きっちり相手してくれるし、無理なときはきちんと説明してくれます。それは、好意を無視することが相手を傷つけると知っているから。気づかないほど鈍感でもないしウブでもないんです。

だから、嫌いな相手でなければ、自分に向けられた気持ちには応えようとするけれど……

・気持ちのやり取りが発生するようなとき
・ご飯に誘われたりドライブに誘われたりしたとき

このような状態になったときに、彼らはこのように考えます。


・個人的な時間を過ごすことの重みを感じる
・自分が相手と深く関わってしまうことが怖い


そして逃げてしまいます。

それは、何が起こるか分からない未知の時間が怖いから。もし相手に自分のことを探られたらどうしよう、向き合うくらいなら、嫌がられるくらいなら、今のままでいい。

こう考えてしまうと、彼らに相手を思いやる余裕はありません。

「自分が受け入れられないこと」の恐怖が勝ってしまうと、彼らはあっけないくらい簡単に誘いを断ります。それが、相手を深く傷つけていることを知らずに。

傷つけたくないと思いながら、自分が受ける痛みが優先してしまい、結局相手をないがしろにしてしまうことに、彼らは気がつきません。

相手のことが好きであればあるほど、踏み込まれることに恐怖を感じ、どうして良いかがわからなくなります。

でも、好意は感じていたいんです。好きでいてほしいと思うのです。

そんな面倒くさい彼らに自分と向き合ってもらうには、警戒されずに過ごす時間が必要になります。

■草食系男子には「境目のない愛情」が効く

自分に自信が持てない草食系男子には、「境目のない愛情」が効果的。

はっきりと「デートしよう!」という雰囲気は避けられるので「何かのついでに長い時間を一緒に過ごした」くらいの流れが受け入れてもらいやすいでしょう。

はっきりした気持ちより、境目のない、時間の流れの中に含まれるような愛情の方が、彼らは身を任せやすいです。

例えば、「○○が買いたいから付き合ってほしい」と誘い出します。これは簡単なものがいいです。

洋服だと女性向けのショップに腰が引けてしまう可能性があるので、誰かに贈りたいプレゼントで雑貨屋に行くとか、足を向けやすい場所を選ぶのがポイント。

また、例えば彼の趣味が美術館巡りだったら、「好きなアーティストが個展をやっているから付き合って」など、彼の好みに合わせた簡単な用事でも出て来やすくなります。

要は、彼に2人きりを意識させない時間と空間が必要なのです。

「この時間に重要な意味はないんだ」と錯覚させることができれば、草食系男子はリラックスできます。用事が終わったら、ついでのように「天気も良いしドライブでもしない?」など気軽に誘ってみましょう。

よっぽど関心がない相手でなければ彼らの方から「もう帰りたい」と言い出すことはないので、あくまで気軽に言ってみます。

そうやって、2人で過ごすことが不自然にならない時間を過ごすことが、草食系男子との恋愛を進める分かりやすい方法になります。

少しずつ、彼の心は開いていきます。

彼の恐怖に打ち勝つのは、こちらが与える「心地よさ」

一緒に過ごすことは楽しいんだと、幸せなんだと、彼が実感した時に恋の化学反応が起こります。

もともと一途に人を愛する彼らは、「こんな自分でもいいんだ」と思わせてくれる女性はとことん大事にします。

恐怖があるからこそ、むやみやたらと恋愛をしない彼らにとって、自分が向ける愛情を受け止めてくれる存在はかけがえのないもの。

だから、彼に愛されようと思ったら、その心を開くことから始めないといけません。

タイミングをはかるより、境目のない愛情を伝え続ける方が、草食系男子は受け止めやすいと心得ましょう。

自信がなくて知らず相手を傷つけてしまう彼らに効くのは、あなたからしか得られない「心地よさ」が一番です。

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

https://p-dress.jp/articles/4347

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。

あなたの”しんどい恋愛”を解消する4つの視点

https://p-dress.jp/articles/4655

彼・夫と一緒にいても、イライラしてばかり。デート時の会話もイマイチ盛り上がりに欠けるし、LINEの返事もなかなか返ってこない。最近は休日も気づくとバラバラ行動。もし心当たりがあるのだとしたら、それはあなたのちょっとした心がけ次第で変わるかも。

もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

https://p-dress.jp/articles/3996

好きな人からLINEの返事が来ない。それってもしかしたら、相手にとってあなたの優先順位がそれほど高くないからなのかもしれない。だから私たちは想像する。どんな話なら喜んでくれるかな、興味を持ってくれるかな、と。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第6回。

この記事のライター

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード


恋愛 喧嘩

関連する投稿


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


女性に知っておいてほしい。恋愛経験の少ない男性の気持ち

女性に知っておいてほしい。恋愛経験の少ない男性の気持ち

恋愛経験値の少ない男性との恋愛は、何かと苦労する場面があるのが現実です。問題なのは、彼らは自分の振る舞いが女性を傷つけたり、がっかりさせたりするのに気づかないこと。彼らには「客観的な視点」が足りないだけなので、なぜそうなってしまうのか、彼らが思うところも、女性には知っておいてほしいです。


LINEのやりとり、恋愛アラートのサインとは?

LINEのやりとり、恋愛アラートのサインとは?

会っているときであれば、彼の気持ちの変化は態度や口調でわかるけれど、LINEは相手の本音がわかりにくいもの。今回は、そんなLINEのやりとりに現れる恋愛アラート、つまり彼の気持ちのマイナスな変化”のサインについてご紹介します。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


最新の投稿


ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

胸下まであったロングヘアをばっさり切ってボブヘアにしました。最初は単なる気分転換のつもりでしたが、思い返すと、5年前に経験したある出来事とリンクしていることに気づいたのです。当時の話を交えながら、ボブにしてみての所感などをお伝えします。


じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載がスタート。第1回目ではじゃこと九条ねぎをたっぷり使った、和風のリュスティックの作り方をご紹介します。


Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Lingerie+〈ランジェリープラス〉とは、2014年より開催されているランジェリーの合同トレード・ショー。ただのバイヤー向け展示会ではなく、OPEN SHOPPING DAYを設けた一般向けフェアの側面もあります。ランジェリー好きな方、未知のランジェリーブランドに出会いたい方は10月7日に会場に足を運んでみて。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

ジャケットがトレンドアウターの今秋。とくにダブルボタンジャケットは羽織るだけで旬な印象になり、1枚持っておくと便利です。1万円以下でリーズナブルに買える、ZARAのダブルボタンジャケット(正式な商品名は「ダブルブレザー」)を活用した3つのコーディネートをご紹介します。


おっぱい