子なし夫婦の私、「産まない覚悟」が揺らぐとき

子なし夫婦の私、「産まない覚悟」が揺らぐとき

子なし夫婦として、夫とふたりで心地よく過ごしてきた筆者。産まなくても十分幸せ。でも、喉に引っかかるこの小骨は何だろう。結婚6年目で子作りを急かされた筆者が「産まない」とほぼ決めているのに、モヤモヤしてしまう理由は。


「……今日結婚したこの新しい夫婦に、多くのことは望みません。ただただ普通に家庭を築き、普通に子供を育ててほしい」。

親友の結婚式の最後、新郎のお父さまのスピーチがチクリと私の胸を刺した。

"普通"――やっぱり、結婚したら、次は子どもをと思うのが世の中の普通なんだな。豪華な披露宴会場で、友人の慶事に昂揚していた気持ちが、すうっと冷えていくようだった。

幸い、結婚した友人自身は子供を望んでいる。"普通"を望むご家庭と縁を結んだ彼女が、順調に子どもを授かりますようにと願いながら、会場を後にした。

■子なし夫婦で幸せに過ごしてきたけれど……周りの“善意”がつらくなってきた

私たち夫婦は結婚6年目。子供はいない。

これは、子なし夫婦のあるあるだと思うけれど、まぁ本当にどこへ行っても「お子さんは?」「早いほうが良いわよ」「そろそろ本気で考えないと」と悪意のかけらもない声を、毎度のように浴びせられる。

「またか……」と内心思いながらも、笑顔で「授かり物ですから」とやり過ごしてきたが、最近ちょっとつらくなってきた。

というのも、私は今32歳。今年33歳になる。定期的に通っている婦人科の医師から、「産みたいなら子作りは今年が勝負よ!」と告げられたからだ。

■仲のいい子なし夫婦だけど、妊娠・出産を迷う理由

なぜ、私が「よっしゃ、子ども作る!」となれないのか。それは、ここ10年ほど自律神経系の病気を患っていて、投薬治療を受けているから。

飲んでいる薬の中には胎児に影響を及ぼすものもあるので、妊活の前に断薬をしなくてはいけない。病気持ちにとって、薬が飲めないというのはなかなか不安だ。

でも何より心配なのは、産んだ後。今でも調子が悪くなると寝込んだり、日常生活にもいろいろと制約があったり、健康体の人よりも自由のきかない生活を送っている。

そんな私が「子育て」という子供中心にまわる生活に、堪えられるんだろうか。頼りない母親に育てられるしわ寄せが子供にいかないだろうか。

夫は仕事が忙しく、実家も遠方にある。民間サービスを利用するにしても、限度があるだろう。そう考えると、どうしても積極的に産む気になれない。

夫とは、「子供はいても、いなくても、どちらでも良い」と合意して結婚した。これまでも折に触れて話し合ってきたが、今回、医師にせっつかれたことで改めてじっくり話し合った。

その結果、「二人での生活に不足は感じない。十分楽しい。無理して子供を作らなくても、うちの夫婦にはうちの夫婦の生き方があるはず」と、結論が出た。

ならばもう、何も悩む必要はないはずだ。今の夫婦のカタチを大切にして、のびのび過ごせばいい。

■子なし夫婦、ふたりで生きていく――結論は出たのに、すっきりしない

なのに、悩む。どこかで「これでいいのかな」と思っている。

その裏にはもちろん、夫と自分の血を継いだ子に会ってみたいという思いや、産まないと将来後悔するのかな、という出産の不可逆性ゆえの思いがある。

しかし、それに加えて子どもがいないのは、両実家に対しても、世間に対しても、なんとなく肩身が狭いのではないかという感情がわいてくるのだ。

理屈では、「別に肩身が狭いと感じる必要なんてない」とわかっている。子どもを産み育てるのは国民の義務じゃないし、両家とも跡継ぎを必要とするような家じゃない。

それなのに「肩身が狭い」と感じるのは、子どもを産み育てるのが、普通/あたりまえ/あるべき姿/親孝行だといった現代日本の価値観が、私自身の中にずっしり根づいていることの証拠だ。

それらの価値観から外れてしまうことを、おそらく私は怖がっている。そんなふうに、自分で自分を息苦しくしている女性は多いんじゃないだろうか。

■社会の価値観を内在化して、自分で自分を追い詰める必要なんてない

たしかに、今の日本では古来からの価値観に最近の少子化の影響も加わって、”産む”ことの価値がものすごく高くなっている。

国もどうにかして「産ませよう」とするし、社会全体に「産むことは素晴らしい」という空気が漂っている。私も「産むことは素晴らしい」を否定する気はない。

でも、その世間の空気を内在化して、自分をがんじがらめにする必要はない。誰しも、自由な意思決定を尊重されるべきだ。

自由な意思決定が尊重されることの価値は、産むことと同様か、それ以上に高いはず。

私は自分の頭が凝り固まっていると感じると、思考実験のように「ここが一人っ子政策下の中国だったら」「今が大飢饉だったら」などと考え始める。

ちょっと極端だと思われるかもしれないけれど、絶対的な正義なんてそうそうなくて、所変われば、時が変われば、宗教が変われば、価値観なんてすぐひっくり返る。そのことを思い出せるのだ。

私はおそらく産まないだろう。細長い島国の2017年現在の空気に負けず、弱気になったら頭の中で地球儀や年表のあちこちを旅しながら、”二人家族”の人生を堂々と楽しむ所存である。

この記事のライター

ライター、コラムニスト。1984年生まれ。東大法学部卒。外資系IT企業勤務、教授秘書職を経て、現在は執筆活動をしながら夫と二人暮らし。 好きなものは週末のワイン、夢中になれる本とドラマ、ふなっしー。マッサージともふもふのガ...

関連するキーワード


子なし夫婦

関連する投稿


「お子さんはまだですか?」なんて大きなお世話。実に無責任な圧力だ

「お子さんはまだですか?」なんて大きなお世話。実に無責任な圧力だ

結婚して、子どもがいれば果たして幸せなのでしょうか? 「家族という病」などで大きな話題を呼んだ下重暁子さんは、「子どもをもたない」人生を選んだ一人。近著『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』(かんき出版)に綴った、下重さんの家族観や夫婦観を、お伝えしてきた連載も今回が最後です。


下重暁子さんが「子どもをもたない」人生を選んだわけ

下重暁子さんが「子どもをもたない」人生を選んだわけ

“子どもをもたない”という選択肢について語られることが増えています。「家族という病」などで大きな話題を呼んだ下重暁子さんも、「子どもをもたない」人生を選んだ一人。近著『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』(かんき出版)に綴った、下重さんの家族観や夫婦観を前回に続き公開します。


“子どもをもたないこと”はいけないことですか? 下重暁子さんの考える夫婦の形とは

“子どもをもたないこと”はいけないことですか? 下重暁子さんの考える夫婦の形とは

「なぜ子どもを作らなかったの?」「子どもがいなくて淋しいでしょう」。こんな言葉に違和感を覚える人も多いのでは。『家族という病』などで大きな話題を呼んだ下重暁子さんは、「子どもをもたない」人生を選んだひとり。近著『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』(かんき出版)に綴った、下重さんの家族観や夫婦観を全3回で公開します。


共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

従来の結婚観にとらわれず、夫婦で自発的に共働き&子なしという選択をする「DINKs(ディンクス)」。今回はDINKsという夫婦の形と、登場から30年経ったその現状について紹介したい。


子供がいない=幸せじゃない、なんて誰が決めたの?

子供がいない=幸せじゃない、なんて誰が決めたの?

子供がいない=幸せではない、と考える人もいるけれど、そんなことはないと思う。子供がいて味わえる幸せもあれば、子供がいないからこそ感じられる幸せもあるのだから。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活