子なし夫婦の私、「産まない覚悟」が揺らぐとき

子なし夫婦の私、「産まない覚悟」が揺らぐとき

子なし夫婦として、夫とふたりで心地よく過ごしてきた筆者。産まなくても十分幸せ。でも、喉に引っかかるこの小骨は何だろう。結婚6年目で子作りを急かされた筆者が「産まない」とほぼ決めているのに、モヤモヤしてしまう理由は。


「……今日結婚したこの新しい夫婦に、多くのことは望みません。ただただ普通に家庭を築き、普通に子供を育ててほしい」。

親友の結婚式の最後、新郎のお父さまのスピーチがチクリと私の胸を刺した。

"普通"――やっぱり、結婚したら、次は子どもをと思うのが世の中の普通なんだな。豪華な披露宴会場で、友人の慶事に昂揚していた気持ちが、すうっと冷えていくようだった。

幸い、結婚した友人自身は子供を望んでいる。"普通"を望むご家庭と縁を結んだ彼女が、順調に子どもを授かりますようにと願いながら、会場を後にした。

■子なし夫婦で幸せに過ごしてきたけれど……周りの“善意”がつらくなってきた

私たち夫婦は結婚6年目。子供はいない。

これは、子なし夫婦のあるあるだと思うけれど、まぁ本当にどこへ行っても「お子さんは?」「早いほうが良いわよ」「そろそろ本気で考えないと」と悪意のかけらもない声を、毎度のように浴びせられる。

「またか……」と内心思いながらも、笑顔で「授かり物ですから」とやり過ごしてきたが、最近ちょっとつらくなってきた。

というのも、私は今32歳。今年33歳になる。定期的に通っている婦人科の医師から、「産みたいなら子作りは今年が勝負よ!」と告げられたからだ。

■仲のいい子なし夫婦だけど、妊娠・出産を迷う理由

なぜ、私が「よっしゃ、子ども作る!」となれないのか。それは、ここ10年ほど自律神経系の病気を患っていて、投薬治療を受けているから。

飲んでいる薬の中には胎児に影響を及ぼすものもあるので、妊活の前に断薬をしなくてはいけない。病気持ちにとって、薬が飲めないというのはなかなか不安だ。

でも何より心配なのは、産んだ後。今でも調子が悪くなると寝込んだり、日常生活にもいろいろと制約があったり、健康体の人よりも自由のきかない生活を送っている。

そんな私が「子育て」という子供中心にまわる生活に、堪えられるんだろうか。頼りない母親に育てられるしわ寄せが子供にいかないだろうか。

夫は仕事が忙しく、実家も遠方にある。民間サービスを利用するにしても、限度があるだろう。そう考えると、どうしても積極的に産む気になれない。

夫とは、「子供はいても、いなくても、どちらでも良い」と合意して結婚した。これまでも折に触れて話し合ってきたが、今回、医師にせっつかれたことで改めてじっくり話し合った。

その結果、「二人での生活に不足は感じない。十分楽しい。無理して子供を作らなくても、うちの夫婦にはうちの夫婦の生き方があるはず」と、結論が出た。

ならばもう、何も悩む必要はないはずだ。今の夫婦のカタチを大切にして、のびのび過ごせばいい。

■子なし夫婦、ふたりで生きていく――結論は出たのに、すっきりしない

なのに、悩む。どこかで「これでいいのかな」と思っている。

その裏にはもちろん、夫と自分の血を継いだ子に会ってみたいという思いや、産まないと将来後悔するのかな、という出産の不可逆性ゆえの思いがある。

しかし、それに加えて子どもがいないのは、両実家に対しても、世間に対しても、なんとなく肩身が狭いのではないかという感情がわいてくるのだ。

理屈では、「別に肩身が狭いと感じる必要なんてない」とわかっている。子どもを産み育てるのは国民の義務じゃないし、両家とも跡継ぎを必要とするような家じゃない。

それなのに「肩身が狭い」と感じるのは、子どもを産み育てるのが、普通/あたりまえ/あるべき姿/親孝行だといった現代日本の価値観が、私自身の中にずっしり根づいていることの証拠だ。

それらの価値観から外れてしまうことを、おそらく私は怖がっている。そんなふうに、自分で自分を息苦しくしている女性は多いんじゃないだろうか。

■社会の価値観を内在化して、自分で自分を追い詰める必要なんてない

たしかに、今の日本では古来からの価値観に最近の少子化の影響も加わって、”産む”ことの価値がものすごく高くなっている。

国もどうにかして「産ませよう」とするし、社会全体に「産むことは素晴らしい」という空気が漂っている。私も「産むことは素晴らしい」を否定する気はない。

でも、その世間の空気を内在化して、自分をがんじがらめにする必要はない。誰しも、自由な意思決定を尊重されるべきだ。

自由な意思決定が尊重されることの価値は、産むことと同様か、それ以上に高いはず。

私は自分の頭が凝り固まっていると感じると、思考実験のように「ここが一人っ子政策下の中国だったら」「今が大飢饉だったら」などと考え始める。

ちょっと極端だと思われるかもしれないけれど、絶対的な正義なんてそうそうなくて、所変われば、時が変われば、宗教が変われば、価値観なんてすぐひっくり返る。そのことを思い出せるのだ。

私はおそらく産まないだろう。細長い島国の2017年現在の空気に負けず、弱気になったら頭の中で地球儀や年表のあちこちを旅しながら、”二人家族”の人生を堂々と楽しむ所存である。

この記事のライター

ライター、コラムニスト。1984年生まれ。東大法学部卒。外資系IT企業勤務、教授秘書職を経て、現在は執筆活動をしながら夫と二人暮らし。 好きなものは週末のワイン、夢中になれる本とドラマ、ふなっしー。マッサージともふもふのガ...

関連するキーワード


出産 結婚

関連する投稿


フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

まもなく日本で公開されるフランスの恋愛映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』。対照的な男女がふとしたきっかけで恋に落ちる。男女の10年間の軌跡と葛藤を描き、カンヌ映画祭では、主演のエマニュエル・ベルコに女優賞をもたらしたフランスの有名女性監督・マイウェンにインタビュー。(プロフィールは文末)


「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

幸せな結婚や恋愛を望んでいても、うまくいかない……その原因の1つは「男嫌い」にあるかもしれない。筆者自身もつらい恋愛経験が多く、男性不信の一歩手前だった。しかし現在は男嫌いを克服し、男性の良さや素敵さに目を向けられるようになった。それからは不思議と恋愛もうまくいくように。男嫌いを脱却する方法をご紹介する。


約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


育児に及び腰だった夫。息子と2人きりで過ごした日から、彼は父親になった

育児に及び腰だった夫。息子と2人きりで過ごした日から、彼は父親になった

夫が育児に非協力的でイライラする? そんな人は思いきって夫に育児を任せてみよう。「彼は育児なんてできない」「やり方が下手」などと思わずに。任せることで父親として、子供を育てる自覚が芽生え、結果としてできるようになるのだ。


結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


最新の投稿


SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

FacebookやTwitterなどによる「SNS疲れ」。他人の投稿をみて「いいね」ではなく「いいな」と思ってしまった人は要注意。そんな方には、週末にSNSデトックスをすることをおすすめします。SNSと距離をおくことで、SNS疲れをなくしましょう!


大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

ベーシックファッションを大人流に楽しむなら、シャツ×デニムで品格漂うコーデを作ってみませんか。取り入れる色次第で、ナチュラルにもフェミニンにも見せられるコーデ、挑戦してみては?


AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

AMPHI×ピカ子さんのコラボランジェリーが美しい

メイクアップアーティストのピカ子さん×AMPHIが、メイクとランジェリーの融合をテーマにしたコラボランジェリーを4月1日に発売。


いちごとラズベリーを使った春らしさあふれる甘酒

いちごとラズベリーを使った春らしさあふれる甘酒

新潟の甘酒専門店「古町糀製造所」が春限定のミックスベリーの甘酒「糀・木苺」を新発売。


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。