1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 週末は「泣く女」になろう。

週末は「泣く女」になろう。

Share

感涙療法士・吉田英史さんがお届けする連載「心と体がととのう、週末涙活デトックス」#10。今回も泣ける動画をセレクト。皆さんは今夜、どれを見る?

週末は「泣く女」になろう。

こんにちは。感涙療法士の吉田英史です。年末年始、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。

慌ただしく過ごしたため疲れている――そんな方も少なくないのでは。おすすめなのは涙を流して、心身をすっきりさせること。

今週末はたっぷり泣いてみませんか? 来週からシャキッと過ごせるよう、蓄積したストレスや疲れ、心の澱を涙と一緒に流してしまいましょう。

■「東京ガス おばあちゃんの料理篇」で検索

【あらすじ】

ただただ優しいおばあちゃんと、意地を張る思春期の男の子とのやりとり。「口に合わなかったかねぇ」というおばあちゃんに、彼は「うちの料理が古臭いからだよ!」と叫ぶ。その後、時が経ち、ふたりは……。

【感涙ポイント】

彼が「あのときはゴメン」と謝るシーン。

【こんなときに見よう】

カッとなって感情的に言った言葉で人を傷つけてしまったとき。

■「象の背中 旅立つ日」で検索

【あらすじ】

4人暮らしの幸せな家族に、ある日突然、死神がやってきて父に死の宣告を。空の上から見守る父。そこには、子どもたちと妻に感謝の気持ちが溢れていた……。

【感涙ポイント】

「ありがとう」の言葉を父が受け取るとき。

【こんなときに見よう】

誰もが迎える「死」。自分自身が、残りの人生をどう生き、どう死ぬのかを考えたいとき。

■「Panasonic おばあちゃんの結婚式篇」で検索

【あらすじ】

おばあちゃんに自分の結婚式のビデオを見せる孫娘。そのとき、おばあちゃんも自分の結婚式を思い出す。その回送シーンの中で、おばあちゃんは……。

【感涙ポイント】

孫娘の「おばあちゃん、幸せだったの?」の問いに、おばあちゃんが応答するその言葉に……。

【こんなときに見よう】

家族の愛、そして、本当の幸せとは何かを考えたくなるとき。

涙活×映画『君と100回目の恋』特別試写会に抽選で40名様をご招待!
日時:2017年1月16日(月)
18:30開場/19:00開映
※本編上映時間:116分
場所:アスミック・エース試写室
〒106-8553 港区六本木6-1-24 ラピロス六本木
お申し込み:涙活HPまで http://www.ruikatsu.com/

Share

吉田 英史

早稲田大学大学院教育学研究科修了。老人ホーム、学校勤務を経て、現職に。感涙療法士として医療や福祉、教育の現場で涙活(るいかつ)を広め、患者や生徒等の心の健康をサポートする。最近は、看護師や企業、自治体の職員に向けての涙活イベ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article