"新しい何か"が入ってきやすくするためにも"化粧品"の大整理をしよう【藤原美智子 連載】

"新しい何か"が入ってきやすくするためにも"化粧品"の大整理をしよう【藤原美智子 連載】

年末の大掃除。メイクボックスの中のしまいこんだ化粧品もお忘れなく。淀んだ空気を一掃して、気持ちよく新年を迎えよう。


今年も残りわずか。仕事の追い込みにも拍車がかかっている時期だと思いますが、「これがひと段落したら、家の大掃除や整理整頓をしよう!」と計画している人も多いのではないでしょうか。
ところで、その年末の整理のリストに"化粧品類"は入っていますか。使いかけのままの乳液やクリーム、ファンデーション、口紅、マニキュア。お気に入りの色しか使わなかった4色入りのアイシャドウ。カスカスになっているマスカラやアイライナー……。

開封した化粧品の消費期限は約半年と言われているので、それが整理する時期の目安になるけれど、もう一つ。「もう、この色の口紅の気分じゃないなー」とか「この質感は今の自分とは違う気がする」ということも大事な目安の一つ。「何だか、わからないけれど」という人間の感覚って案外、当たっていると私は思っているんです。

化粧品に限ったことではないですが、そんな"何か違う"に見切りをつけると、何故か新しい何かが入ってくるということを、私は今まで何度も経験したことがあります。元来、整理魔の私ですが、そういうこともあって普段から物も事も自分の感覚を大事にしながら整理するようにしています。

「私は物を捨てられない性格だから……」という人もいるかもしれませんが、自分で期限を決めなければいけない洋服と違って、化粧品には消費期限があるのですから潔く捨てられるはず。そして、その期限を忘れない方法として携帯電話の"リマインダー"というアプリに"化粧品"のカテゴリーを作り、そこに購入日を書いておくといいかもしれませんね。

それに洗濯やクリーニングして仕舞っておける洋服類と違って、使いかけのまま引き出しの奥に仕舞い込まれている化粧品からは清潔感に欠けた、淀んだオーラが醸し出されているような……。そんな風に感じるのは私だけではないはず。何しろ、封を開けたときから化粧品の酸化は始まっているのですから、そのように感じるのは当然ですよね。

淀みオーラを一掃して、できるだけ生活の中の"何か違う"の要素が少なくなればなるほど、新しい年には"新しい何か"が入ってくるはず! そのためにも年末の大整理のリストには‘"化粧品類"も是非、加えてみてください。

この記事のライター

ラ・ドンナ主宰。雑誌の表紙やビューティーページ、広告撮影のヘアメイク、執筆、化粧品関連のアドバイザー、講演、TV出演等で幅広く活躍している。 近著「美しい朝で人生を変える」(幻冬舎) 他、著書多数。

関連するキーワード


断捨離 年末年始 整理術

関連する投稿


少ない服でおしゃれに暮らすなら、ストールを味方につけて

少ない服でおしゃれに暮らすなら、ストールを味方につけて

少ない服でおしゃれに暮らす――そんなスタイルにシフトしたい人にとって、限られた数の洋服で過ごす旅は絶好のレッスンチャンス。このとき心強い味方になってくれるのは、小さくまとめられるストール。上手く使って少ない服で旅中もおしゃれに暮らす私に。


Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebookは数あるSNSの中でも「友達」との付き合い方が難しいもの。友人、上司、取引先など、様々な人間関係がフラットに並ぶからこそ、使い方に悩む人も多いです。今回はFacebookで「少し苦手だな」と感じる友達とスムーズに、きれいに距離を置ける友達付き合いの方法をご紹介します。


洋服大好きな人が服を減らすには?

洋服大好きな人が服を減らすには?

服を減らすには――そう考えた結果、無地の服だけを残してみた。そもそも服の多さに比例しておしゃれな人になれるわけではない。しくじりを繰り返しながらも、少ない服で楽しむには一体どうしたら? と日々模索。そんなことを考え続けた結果、実践してみたこと、思いついたことをご紹介する。


アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

福袋を買ったことがなかった輪湖もなみさん。一度くらいはと思い、2017年は渋谷109で福袋を購入してみたところ、思わぬ発見がありました。


ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

前回はクリスマスの過ごし方をミラノ在住河見恵子さんに取材してくれましたが、今回は日本とはちょっと違ったイタリアの新年の迎えかたを伺いました。


最新の投稿


パリ発のシューズブランド「Faux Pas Paris」のポップストアが銀座に

パリ発のシューズブランド「Faux Pas Paris」のポップストアが銀座に

パリ発のシューズブランド「Faux Pas Paris (フォーパパリ)」の2017年ポップアップストア展開がスタート。4月12日まで東急プラザ銀座にて出店中です。


人気ホットクレンジングゲルから「ボタニカルネロリ」が数量限定で登場

人気ホットクレンジングゲルから「ボタニカルネロリ」が数量限定で登場

マナラ化粧品から「マナラ ホットクレンジングゲル 限定ボタニカルネロリ」が4月28日より数量限定発売に。


大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

「女とコミュニティ」について考えてみた。思い返せば、私たちは幼い頃から常にコミュニティに属して生きてきた。そうしなければ、安全に生活することができなかったから。しかし、今そのコミュニティに依存しすぎていないだろうか。とらわれすぎていないだろうか。コミュニティに属するのも抜けるのも、本当はもっと自由だ。


人はなぜ、最悪の相手を選んでしまうのか

人はなぜ、最悪の相手を選んでしまうのか

「アタッチメント・タイプ」を知っていれば、自分にとって相性のいいパートナーを選ぶことができます。3つのアタッチメント・タイプを理解して、恋愛やパートナー選びに活かす方法をご紹介します。


オーロラネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

オーロラネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

輝きが美しいオーロラネイル、意外とマニキュアでもできます! ただし、マニキュアでオーロラネイルをやるには、オーロラネイルグッズをうまく利用することが大事。オーロラネイルグッズの使用法も交えて、オーロラネイルのやり方・コツを豊富な画像で解説します。