"新しい何か"が入ってきやすくするためにも"化粧品"の大整理をしよう【藤原美智子 連載】

"新しい何か"が入ってきやすくするためにも"化粧品"の大整理をしよう【藤原美智子 連載】

年末の大掃除。メイクボックスの中のしまいこんだ化粧品もお忘れなく。淀んだ空気を一掃して、気持ちよく新年を迎えよう。


今年も残りわずか。仕事の追い込みにも拍車がかかっている時期だと思いますが、「これがひと段落したら、家の大掃除や整理整頓をしよう!」と計画している人も多いのではないでしょうか。
ところで、その年末の整理のリストに"化粧品類"は入っていますか。使いかけのままの乳液やクリーム、ファンデーション、口紅、マニキュア。お気に入りの色しか使わなかった4色入りのアイシャドウ。カスカスになっているマスカラやアイライナー……。

開封した化粧品の消費期限は約半年と言われているので、それが整理する時期の目安になるけれど、もう一つ。「もう、この色の口紅の気分じゃないなー」とか「この質感は今の自分とは違う気がする」ということも大事な目安の一つ。「何だか、わからないけれど」という人間の感覚って案外、当たっていると私は思っているんです。

化粧品に限ったことではないですが、そんな"何か違う"に見切りをつけると、何故か新しい何かが入ってくるということを、私は今まで何度も経験したことがあります。元来、整理魔の私ですが、そういうこともあって普段から物も事も自分の感覚を大事にしながら整理するようにしています。

「私は物を捨てられない性格だから……」という人もいるかもしれませんが、自分で期限を決めなければいけない洋服と違って、化粧品には消費期限があるのですから潔く捨てられるはず。そして、その期限を忘れない方法として携帯電話の"リマインダー"というアプリに"化粧品"のカテゴリーを作り、そこに購入日を書いておくといいかもしれませんね。

それに洗濯やクリーニングして仕舞っておける洋服類と違って、使いかけのまま引き出しの奥に仕舞い込まれている化粧品からは清潔感に欠けた、淀んだオーラが醸し出されているような……。そんな風に感じるのは私だけではないはず。何しろ、封を開けたときから化粧品の酸化は始まっているのですから、そのように感じるのは当然ですよね。

淀みオーラを一掃して、できるだけ生活の中の"何か違う"の要素が少なくなればなるほど、新しい年には"新しい何か"が入ってくるはず! そのためにも年末の大整理のリストには‘"化粧品類"も是非、加えてみてください。

この記事のライター

ラ・ドンナ主宰。雑誌の表紙やビューティーページ、広告撮影のヘアメイク、執筆、化粧品関連のアドバイザー、講演、TV出演等で幅広く活躍している。 近著「美しい朝で人生を変える」(幻冬舎) 他、著書多数。

関連するキーワード


断捨離 年末年始 整理術

関連する投稿


カーペットやラグを綺麗に保つ掃除方法~少しの工夫でラクになる家事テク~

カーペットやラグを綺麗に保つ掃除方法~少しの工夫でラクになる家事テク~

いろいろなお宅やモデルルームを巡っていると、一番多く見受けられる床がフローリング。家族が集まりやすいダイニングルームやリビングルームの中央に、大きなラグが敷かれているパターンがほとんどです。放っておくと、どんどん汚れてしまうカーペットやラグは、どのようにお手入れすれば良いのでしょうか。


そろそろお節に飽きたなら。簡単リメイクお節三種盛【簡単なのにほめられる!ホムパごはん#7】

そろそろお節に飽きたなら。簡単リメイクお節三種盛【簡単なのにほめられる!ホムパごはん#7】

第7回は「リメイクお節」。新年会ホムパにちょっぴりお節でお正月気分。お節に飽きた時期にもぴったりです。ホームパーティーは敷居が高い、大変と思っていませんか? DRESS世代のホームパーティーはカジュアルにスマートに。簡単で失敗なしなのに喜ばれるパーティー料理や、パーティーをランクアップさせるコツなどをご紹介します。


まだ間に合う。『神さま手帖』で学ぶお参りの基本【積読を崩す夜 #15】

まだ間に合う。『神さま手帖』で学ぶお参りの基本【積読を崩す夜 #15】

【積読を崩す夜】15回目は、『神さま手帖』をご紹介します。年始は神社にお参りに行く機会が多いのでは。三が日を過ぎて初めてお参りに行く方もいるでしょう。日本人なら心得ておくべき、知っているようで知らない、神社やお参りのあれこれについてご紹介します。


“読書初め”におすすめ。『千年後の百人一首』で千年前の恋歌に思いを馳せる

“読書初め”におすすめ。『千年後の百人一首』で千年前の恋歌に思いを馳せる

意識的であろうとなかろうと、気分が「和」に向きやすい新年。このタイミングで、学生以来の百人一首に触れてみてはいかがでしょうか。千年前の恋の歌を、千年後の言葉と絵で蘇らせた本をご紹介します。


カフェコムサから、新年を彩る限定フレッシュフルーツケーキが登場

カフェコムサから、新年を彩る限定フレッシュフルーツケーキが登場

カフェコムサは “日本の食をアートする”をテーマに、日本の四季を感じる旬の国産のプレミアムフルーツをふんだんに使用した、アート感覚あふれるケーキを発売します。洋梨といちごをたっぷり用いた、2018年お正月時期だけの限定ケーキとなります。


最新の投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

朝晩のスキンケアでしっかり保湿しているつもりでも、日中に乾燥した室内で過ごしたり、保湿をしないでいると、肌からうるおいが失われていきます。だからこそ日中もこまめに「プチ」保湿を。おすすめはミスト化粧水よりも乳液!? その理由と使い方や得られるメリットをご紹介します。


おっぱい