"新しい何か"が入ってきやすくするためにも"化粧品"の大整理をしよう【藤原美智子 連載】

"新しい何か"が入ってきやすくするためにも"化粧品"の大整理をしよう【藤原美智子 連載】

年末の大掃除。メイクボックスの中のしまいこんだ化粧品もお忘れなく。淀んだ空気を一掃して、気持ちよく新年を迎えよう。


今年も残りわずか。仕事の追い込みにも拍車がかかっている時期だと思いますが、「これがひと段落したら、家の大掃除や整理整頓をしよう!」と計画している人も多いのではないでしょうか。
ところで、その年末の整理のリストに"化粧品類"は入っていますか。使いかけのままの乳液やクリーム、ファンデーション、口紅、マニキュア。お気に入りの色しか使わなかった4色入りのアイシャドウ。カスカスになっているマスカラやアイライナー……。

開封した化粧品の消費期限は約半年と言われているので、それが整理する時期の目安になるけれど、もう一つ。「もう、この色の口紅の気分じゃないなー」とか「この質感は今の自分とは違う気がする」ということも大事な目安の一つ。「何だか、わからないけれど」という人間の感覚って案外、当たっていると私は思っているんです。

化粧品に限ったことではないですが、そんな"何か違う"に見切りをつけると、何故か新しい何かが入ってくるということを、私は今まで何度も経験したことがあります。元来、整理魔の私ですが、そういうこともあって普段から物も事も自分の感覚を大事にしながら整理するようにしています。

「私は物を捨てられない性格だから……」という人もいるかもしれませんが、自分で期限を決めなければいけない洋服と違って、化粧品には消費期限があるのですから潔く捨てられるはず。そして、その期限を忘れない方法として携帯電話の"リマインダー"というアプリに"化粧品"のカテゴリーを作り、そこに購入日を書いておくといいかもしれませんね。

それに洗濯やクリーニングして仕舞っておける洋服類と違って、使いかけのまま引き出しの奥に仕舞い込まれている化粧品からは清潔感に欠けた、淀んだオーラが醸し出されているような……。そんな風に感じるのは私だけではないはず。何しろ、封を開けたときから化粧品の酸化は始まっているのですから、そのように感じるのは当然ですよね。

淀みオーラを一掃して、できるだけ生活の中の"何か違う"の要素が少なくなればなるほど、新しい年には"新しい何か"が入ってくるはず! そのためにも年末の大整理のリストには‘"化粧品類"も是非、加えてみてください。

この記事のライター

ラ・ドンナ主宰。雑誌の表紙やビューティーページ、広告撮影のヘアメイク、執筆、化粧品関連のアドバイザー、講演、TV出演等で幅広く活躍している。 近著「美しい朝で人生を変える」(幻冬舎) 他、著書多数。

関連するキーワード


断捨離 年末年始 整理術

関連する投稿


断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

片付けが苦手な人でもできる「断捨離」の方法を3回に分けてご紹介しました。無事「断捨離」が終わった方、その後きれいなお部屋を保てていますか? もしかしたら、また少しずつ散らかってきている方もいるはず。今回は、せっかく片付けたお部屋をきれいに保つために必要なコツを、3つのポイントに分けて解説していきます。


断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編2>

断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編2>

不要なものを処分し、部屋も気持ちも一新して新たな暮らしを手に入れようと「断捨離」を決行しようとしている方にお届けする「断捨離」コラムシリーズ。今回は、キッチンやリビングなどパーツごとの「断捨離」方法について解説していきます。


断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編1>

断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編1>

部屋を片付けてスッキリさせたくても、どこから手をつければ良いのかわからない方にお届けする「断捨離」コラムシリーズ。部屋が片付くと、気持ちも晴れやかに。探し物が減り、無駄な買い物もなくなり、一石三鳥以上! では、早速「断捨離」の実践方法をご紹介していきましょう。


断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<心得編>

断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<心得編>

数年前からワイドショーなどでも取り上げられるようになった「断捨離」。「余計な物は買わず、余計な物は捨て、物に対する執着心を捨てよ」という整理の考え方です。しかし頭ではわかっても、なかなか実行に移れないという方も多いでしょう。今回は、誰でも必ずできる「断捨離」方法をご紹介します。


小物類をうまく整理すればクローゼットはもっと美しくなる

小物類をうまく整理すればクローゼットはもっと美しくなる

ファッション小物、どう整理整頓していますか? スカーフにベルト、ネックレス、ピアスなどの整理・収納について思うこと、さらには私が実践している整理法について詳しくご紹介します。


最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。