藤原 美智子 さんが 2016/12/26 に更新
"新しい何か"が入ってきやすくするためにも"化粧品"の大整理をしよう【藤原美智子 連載】

"新しい何か"が入ってきやすくするためにも"化粧品"の大整理をしよう【藤原美智子 連載】

年末の大掃除。メイクボックスの中のしまいこんだ化粧品もお忘れなく。淀んだ空気を一掃して、気持ちよく新年を迎えよう。

断捨離 年末年始 整理術


今年も残りわずか。仕事の追い込みにも拍車がかかっている時期だと思いますが、「これがひと段落したら、家の大掃除や整理整頓をしよう!」と計画している人も多いのではないでしょうか。
ところで、その年末の整理のリストに"化粧品類"は入っていますか。使いかけのままの乳液やクリーム、ファンデーション、口紅、マニキュア。お気に入りの色しか使わなかった4色入りのアイシャドウ。カスカスになっているマスカラやアイライナー……。

開封した化粧品の消費期限は約半年と言われているので、それが整理する時期の目安になるけれど、もう一つ。「もう、この色の口紅の気分じゃないなー」とか「この質感は今の自分とは違う気がする」ということも大事な目安の一つ。「何だか、わからないけれど」という人間の感覚って案外、当たっていると私は思っているんです。

化粧品に限ったことではないですが、そんな"何か違う"に見切りをつけると、何故か新しい何かが入ってくるということを、私は今まで何度も経験したことがあります。元来、整理魔の私ですが、そういうこともあって普段から物も事も自分の感覚を大事にしながら整理するようにしています。

「私は物を捨てられない性格だから……」という人もいるかもしれませんが、自分で期限を決めなければいけない洋服と違って、化粧品には消費期限があるのですから潔く捨てられるはず。そして、その期限を忘れない方法として携帯電話の"リマインダー"というアプリに"化粧品"のカテゴリーを作り、そこに購入日を書いておくといいかもしれませんね。

それに洗濯やクリーニングして仕舞っておける洋服類と違って、使いかけのまま引き出しの奥に仕舞い込まれている化粧品からは清潔感に欠けた、淀んだオーラが醸し出されているような……。そんな風に感じるのは私だけではないはず。何しろ、封を開けたときから化粧品の酸化は始まっているのですから、そのように感じるのは当然ですよね。

淀みオーラを一掃して、できるだけ生活の中の"何か違う"の要素が少なくなればなるほど、新しい年には"新しい何か"が入ってくるはず! そのためにも年末の大整理のリストには‘"化粧品類"も是非、加えてみてください。

関連する投稿


少ない服でおしゃれに暮らすなら、ストールを味方につけて

少ない服でおしゃれに暮らすなら、ストールを味方につけて

少ない服でおしゃれに暮らす――そんなスタイルにシフトしたい人にとって、限られた数の洋服で過ごす旅は絶好のレッスンチャンス。このとき心強い味方になってくれるのは、小さくまとめられるストール。上手く使って少ない服で旅中もおしゃれに暮らす私に。


村上アシシさん「半年仕事・半年旅人」で世界を浮遊する暮らし

村上アシシさん「半年仕事・半年旅人」で世界を浮遊する暮らし

ノマドに断捨離、ミニマリズム……。窮屈な環境や、物質的な支配から解放されようというライフスタイルが最近流行っています。今回は定住しない生き方、「半年仕事・半年旅人」というスタイルで生きる、村上アシシさんにお話をお伺いしました。


洋服大好きな人が服を減らすには?

洋服大好きな人が服を減らすには?

服を減らすには――そう考えた結果、無地の服だけを残してみた。そもそも服の多さに比例しておしゃれな人になれるわけではない。しくじりを繰り返しながらも、少ない服で楽しむには一体どうしたら? と日々模索。そんなことを考え続けた結果、実践してみたこと、思いついたことをご紹介する。


山本侑貴子さん【キレイのために捨てていること#10】

山本侑貴子さん【キレイのために捨てていること#10】

山本侑貴子さんに「捨てていること」というテーマで、お話ししていただきました。断捨離ブームがくる10年前から、手放す・捨てること意識していた山本侑貴子 (やまもと ゆきこ)さん。ひとり自宅でくつろぐことが多い人、夫婦で生活を始めたばかり人、マダムな生活に憧れる方など幅広い層の方必見の文章です。


Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebookは数あるSNSの中でも「友達」との付き合い方が難しいもの。友人、上司、取引先など、様々な人間関係がフラットに並ぶからこそ、使い方に悩む人も多いです。今回はFacebookで「少し苦手だな」と感じる友達とスムーズに、きれいに距離を置ける友達付き合いの方法をご紹介します。


最新の投稿


ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

銀座で話題のポーランドランジェリーのセレクトショップ「kobieta(コビエタ)」が2月24日(金)〜3月2日(木)までそごう横浜店4階=インナーウエア売場に期間限定で初登場します。


「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

プレミアム・ライフスタイル・ブランド「リバティ ロンドン」は2月22日(水)~28日(火)の期間、日本橋三越本店にて日本初の「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」を開催します。


育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休復帰後のキャリアプランが不安……。そんな人は育休期間を活かしてスキルアップにつながる行動を起こしてみてはどうだろうか。小田桐あさぎさんは育休中、ブログを起ち上げて発信したことで、キャリアだけではなく、人生そのものが大きく変わっていった。


恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

元遊び人の筆者が「恋人を実家に連れて帰る」という人生初のアクションを描く短期連載「遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った」#2。いよいよ実家へ向かい、恋人を親に紹介するときがやってきた……そんななか、久々に会った姪っ子が後のキーパーソンに!?


冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行で、伝統の中のモダンにふれてきました。アンティーク着物衣装を探したり、繊細な京都料理を食したり……冬の京都の楽しみ方をお伝えします。