The Reverie Saigon Story 1 ベトナムに、ヴェルサイユ宮殿?! 今、最も注目度の高いホテルとは?

The Reverie Saigon Story 1 ベトナムに、ヴェルサイユ宮殿?! 今、最も注目度の高いホテルとは?

ベトナム、ホーチミンにあるホテル「ザ・リベリー・サイゴン」は、その名の示すとおり、非日常的な夢のような世界を提供してくれます。


 そろそろ、年末年始のバカンスを真剣に考える時期。いろいろ調べてみると、最近は、各旅行会社、ベトナムをかなり押している様子。人気の渡航先だからこそ、周囲と差のつく滞在ができるホテルをご紹介します。

 場所は、ホーチミン市、その名は、「The Reverie Saigon」。Reverieとは、“幻想”や“夢想”を意味します。まさに、このホテルは非日常への入り口。夢か現か……そんな幻想的な世界が広がっているのです。世界各国の旅行のプロや、インテリアデザイナーたちが憧れる、一番ホットなホテルとしても注目されています。

 まず、車を降りてエントランスに入ると、そのゴージャスな内装に驚かされます。まるで、ヴェルサイユ宮殿やルーヴル宮殿のような華やかさ! しかし、驚くのはまだ早いすぎました。「ここは、お客様をお迎えするためだけに設けられた空間なんですよ」とスタッフが一言。1階のエントランスは、夢の世界へのほんの始まりというわけです。
“ホテル”というよりは、“迎賓館”と呼ぶほうがふさわしい空間で、カジュアルなリゾートスタイルでは申し訳ない印象。「TheReverie Saigon」を訪れる時には、ぜひとっておきのリゾートドレスを着用してVIP気分を満喫してほしいものです。
 では、これから「The Reverie Saigon」の魅力を徹底的に解剖していきます!

イタリアの熟練した手仕事が並ぶ、世界トップクラスのデザイン集積地

 ベトナムの迎賓館「The Reverie Saigon」のオーナーは香港出身のチュー氏。欧米へ留学していた時に、イタリアのクラフツマンシップに感銘を受け、自身のホテルを飾る家具や装飾品はすべてイタリアの手仕事が息づくものだけを集めました。採用されているブランドは30あまり。細部にわたるまでこだわりが生きた作品たちが随所に並ぶ様子は、デザインの美術館と思えるほど。それも、実際に触れることができ、完成するまでに7年間を要したのも納得です。

いくつか、日本に輸入されているブランドもありますが、デザインはとても素敵なのに、残念ながら日本の住宅事情と照らし合わせると少し大きすぎる感じ。そんなユニークな家具たちが、とても生き生きと本来の美しさを放った幸福な様子を見て取れます。

さらに、このホテルがすごいところは、同じビルの1〜2階にホテルの空間を飾る家具のショールームをもうけ、イタリア家具の東南アジアの拠点としての役割を担っていること。オーナーと、デザイナーたととの深い信頼関係がなければ実現不可能です。

 代表的なデザイナーの作品が一同に並ぶ最初の空間は、7階のロビー。1階のエントランスにあるブルーの大理石に囲まれたエレベーターホールから、上がります。ブルーの大理石はボリビア産の最高峰で、神秘的な美しさ!

そして、エレベーターの中に入ると、瑪瑙(めのう)が敷き詰められた壁が迎えてくれます。

エレバーターを降りて、最初に目を惹く家具は、こちらの赤いレザーのソファ。「Colombostile(コロンボスティール)」というブランドで、このソファは、あのマイケル・ジャクソンの邸宅にも置かれていてお気に入りだったとか。このソファのフレームはすべて手彫り。そして、ソファの後ろにはオニキスなど宝石があしらわれているなど、とにかく贅沢の極み。

この奥には、こんな天井の高いレセプションが広がっています。色とりどりの花がモザイクで描かれた壁は、ベネチアのモザイク専門ブランド「Sicis(シチス)」(このタイルブランドは日本にもありますね)」。

シャンデリアは、ベネチアのムラノ島を拠点に活動する「Venini(ベニーニ)」。
宝石で飾られた時計は、家具の宝石と称されるフィレンツェの「BALDI(バルディ)」という超一流品で、ため息が出るものばかりです。

じつは、このロビーは風水を意識しており、時計やグランドピアノにはグリーンが選ばれています。グリーンは、風水的に健康や財産をもたらすと考えられています。ではいったいお部屋はどんなインテリアなのでしょうか?

●ホテルの問い合わせ先
The Reverie Saigon(ザ・レベリー サイゴン)
予約:リーディング・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド 0120-086-230

Photos by: Kunihiro Fukumori
Text by: Rica Ogura

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


ポンフー、台湾のハワイと称される島へ【台湾リゾート #1】

ポンフー、台湾のハワイと称される島へ【台湾リゾート #1】

ポンフー(澎湖)は、中華圏のWebサイトで「台湾のハワイ」と紹介される、台湾と中国大陸の間の海・台湾海峡に浮かぶ大小90の島々です。世界一の発行部数を誇る旅行ガイド『Lonely Planet』からも世界10大秘島のひとつに選出されています。日本人には未だ馴染みの薄いポンフーの魅力を全5回でご紹介します。


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・後編をお届けします。ホテル「ル メリディアン イルデパン」や「Sheraton Deva」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅の後半は――。


あなたをプリンセス気分にしてくれる南スペインの古城ホテル【母だってひとり旅#2】

あなたをプリンセス気分にしてくれる南スペインの古城ホテル【母だってひとり旅#2】

お母さんのひとり旅を応援する「母だってひとり旅」。ここでは、大のひとり旅好きの著者が、女性のひとり旅におすすめの場所をご紹介していきます。今回紹介するのは、南スペインにある古城ホテル。小高い丘の上に立つ、海を一望できるお城のホテルで、誰の目も気にせずお姫様気分を味わってみませんか?


ミラネーゼが愛するフラワーフェスティバル~ミラノ通信 #10

ミラネーゼが愛するフラワーフェスティバル~ミラノ通信 #10

初夏を感じるイタリアの5月。ミラノでは恒例のフラワーフェステバルが開催されます。花々や植木、ガーデニング用品だけでなく、レストランや美容イベントまで開催されるこのイベントは今年もたくさんの人で賑わいを見せました。ミラノ在住の河見恵子さんがレポートします。


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・前編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・前編をお届けします。ホテル「ル メリディアン ヌメア」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅へ――。


最新の投稿


相続税の節税といえば「生命保険」

相続税の節税といえば「生命保険」

「生命保険」と聞くと、死亡保障など万が一に備えて入るもの、というイメージを持たれている方が多いかと思います。もちろん貯蓄目的で生命保険に入る方もいらっしゃるのですが、実は生命保険は節税としてとても有効な手段です。今回は、相続税の節税としても使い勝手の良い「生命保険」について、以下、順を追って説明していきます。


ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

奇跡的な出会い、そしてお付き合いを経て結婚することになったふたり。結婚式やハネムーンをプランニングする傍ら、パートナーシップについて話し合う機会を持つことができれば、結婚生活が始まってからもハッピーにやっていける確率が上がります。そうした機会を与えてくれるプレマリッジ・セミナーの内容を連載でお届けします。


美髪を作るドライヤーの使い方

美髪を作るドライヤーの使い方

毎日髪を乾かしているけれど、正しい方法で乾かしていますか? ドライヤーの正しい使い方や選び方、最近の機能のことはもちろん、自然乾燥とドライヤーによる乾燥の違いやメリット、デメリット、タオルドライの方法など、美髪のプロである美容師が正しい髪の乾かし方を改めて詳しく解説します。


「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」スタイルより、小遣い制を選んでいる夫婦の方が多いようだ。しかし、子なし夫婦としてはそちらより、夫婦別財布のほうが何かとトラブルも少ないし、自由が利くと感じている。将来的にはやはり小遣い制のほうがよかった、と後悔するのだろうか。夫婦別財布とお小遣い制について考えてみた。


ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフといえば、インパクトのある色使いが魅力的なアイテム。カラフルな色を取り入れたファッションが復活した今年、コーデの一部として取り入れると、華やかに旬な雰囲気を楽しめます。ビンテージスカーフを結ぶだけでできるスカーフバッグの作り方をご紹介します。