「乳がん体験者コーディネーター」が必要とされる理由

「乳がん体験者コーディネーター」が必要とされる理由

小林麻央さんの報道で、乳がんへの関心度が高まっている昨今。乳がんの経験を踏まえて患者に寄り添う「乳がん体験者コーディネーター」という資格の存在をご存じでしょうか?


37歳のときに乳がんになり、7年に渡ってホルモン療法を続けてきた、フリーライターの北林あいさん。現在はがん患者のサポートを行う「乳がん体験者コーディネーター」の資格を取得、活動しています。この「乳がん体験者コーディネーター」とはどのような資格なのか、どんな活動をおこなっているのか、「乳がんを乗り越える、というより「並走」して生きています」のインタビューに続き、話を伺いました。

――「乳がん体験者コーディネーター」とはどのような資格ですか。

「乳がん体験者コーディネーター」は、科学的根拠に基づく知識を身につけたうえで、がんの経験を踏まえて患者に寄り添える存在です。

資格はWebラーニングとロールプレイ講習を経て取得できます。第一線で活躍する医師から、最新の科学的根拠に基づく知識を学ぶことで、さらに病気を冷静に見ることができるようになりました。また自分の主治医も講師のひとりだったんです。

▼乳がん体験者コーディネーター(BEC)養成講座
http://www.cancernet.jp/training/bec

――資格取得後はどのような活動をされているのですか。

取得後は患者さんと接する機会が増えましたね。週に1回、湘南の病院に通って「乳がん体験者コーディネーター」としてボランティア活動をしているほか、キャンサーネットジャパンのおしゃべりサロンでも相談員をしています。

▼BEC(乳がん体験者コーディネーター)によるおしゃべりサロン
http://www.cancernet.jp/station/tokyo/bectalk

――この「乳がん体験者コーディネーター」には、どこで出会ったのでしょうか。

通っていた病院の情報提供室で出会いました。私も治療中は「乳がん体験者コーディネーター」の方に話を聞いてもらっていたのです。

■自身の乳がんの経験が、誰かの役に立てばいいと思った

――その後「乳がん体験者コーディネーター」になろうと思ったきっかけは何だったのですか?

5年経って病気を客観視できるようになったときに考えたのが、「経験をもとに人の役に立ちたい」ということ。自分でなにができるかな? と考えたときに、お世話になった「乳がん体験者コーディネーター」を思い出したことが、資格を目指したきっかけです。

――多くの患者さんと接することで、気づきや変化はありましたか?

私のときよりさらにつらい副作用と向き合っている人、経済的な悩みを持つ人、親の介護がある人、小さい子どもを抱えている人……みなさん、いろいろな境遇や環境の中で治療を受けていることがわかり、患者さんに対するリスペクトの気持ちが強くなりました。

環境が違うことを踏まえて、ひとつずつ言葉を選ぶなど、患者さん一人ひとりのバックグラウンドを考慮したサポートを心がけています。
また、コーディネーターという役割を得て、「誰かの役に立つ」ことで、つらい経験が報われたと感じる部分もありました。逆に患者さんの強さに励まされることも多いんです。

――患者さんからはどのような質問が多いですか。

質問で多いのが化学療法に関するものですね。ウィッグを揃えたい、皮膚が乾燥するときのケア方法、全摘出手術後に合う下着がないかといった質問には、実際にパンフレットを見せながら案内します。こういうアイテムがありますよ、と提案することもあるんです。

――「乳がん体験者コーディネーター」は、ほかでは話しづらい、乳がん特有の相談ができる相手なのですね。

そうですね。大きい病気は肉体だけでなく、心への負担も大きいもの。友人に病気の話をしても、なかなか共感してもらえないこともありますが、そんなときはコーディネーターを「掃き出し口」として活用してほしいです。ささいな雑談でもいいので、心の中にモヤモヤをためこまないことが大事。話すことで不安がゼロにはならなくても、半分まで減るかもしれない。気持ちを共有することで、ホッとしたり和らいだりすることができると思います。

私は「乳がん体験者コーディネーター」として、心の中にためていたものを話してもらえる相手でありたいと思っています。病気になって、誰かに頼りたいと感じたときは、コーディネーターを頼ってほしいですね。

(つづく)

北林あいさん
CNJ認定 乳がん体験者コーディネーター/フリーライター。医療・ヘルスケアの取材・執筆をしながら、乳がん体験者コーディネーターとして医療法人湘和会 湘南記念病院乳がんセンターなどで患者さんの相談活動に従事。また、女性疾病の予防活動を行う「ココカラプロジェクト」実行委員会メンバーとしても活動している。乳がんのこと.comを運営。
http://www.nyugan-nokoto.com/

Text/Photo=ミノシマタカコ

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


乳がん

関連する投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


乳がんを経験した大切な方へのギフトセットを発売開始

乳がんを経験した大切な方へのギフトセットを発売開始

乳がんを経験した大切な方への贈り物に。女性の乳腺外科医・乳がん認定看護師と一緒に考えた、「楽で」「心地よく」「術後も気持ちの上がる」術後ブラジャーや自然素材のネイルやハンドクリームをセットしたプレゼントを「サイズ交換券付き」で9月20日より発売します。


医師が教える、乳がん検診のデメリット

医師が教える、乳がん検診のデメリット

近年、乳がん検診を受ける人が増えています。でも、中には「受けなくてもいい」ひとの検診や「受けるべきでない検診」も……。乳がん検診のデメリットも含め、乳がん検診の目的やメリット、受けるべき人に関して詳しく解説します。


乳がんドックを受けてきた - きっかけは友人が乳がんにかかったこと

乳がんドックを受けてきた - きっかけは友人が乳がんにかかったこと

乳がんドックを受けてきました。今回初めて乳がんドックを受けようと思い立ったのは、30代後半の友人が乳がん(ステージ2)にかかり、手術した話を聞いたこと。それまでなんとなく、他人事として捉えてしまっていた乳がんでしたが、ようやく自分事として考えられるようになりました。乳がんドックについて感想も交えて詳しくご紹介します。


最新の投稿


今日という日をもっと幸せに生きるヒント

今日という日をもっと幸せに生きるヒント

昨日の失敗にへこんだり、今日をやり直したいと思ったり、明日が来るのが怖かったり……。季節が大きく変わる秋の夜長、考えなくてもよいことまで、あれこれ考えてしまうことはありませんか。そんなときに観ていただきたい、素敵な映画をご紹介します。


PCを持ち歩く姿が凛とする。才色兼備なビジネスクラッチ「DANA」

PCを持ち歩く姿が凛とする。才色兼備なビジネスクラッチ「DANA」

従来のPCバッグやドキュメントバッグのイメージを一新するビジネスクラッチが登場。PCや書類、ケーブル、スマートフォン、手帳まで、まとめて収納可能。打ち合わせや社内移動も、DANAでエレガントに装ってみてください。


コスメデコルテが有名パティシエとコラボ。オリジナルスイーツを発売

コスメデコルテが有名パティシエとコラボ。オリジナルスイーツを発売

コスメデコルテが人気有名パティシエとコラボ! 「モイスチュア リポソーム(保湿美容液)」の潤いの秘密、マイクロカプセルをモチーフにしたオリジナルスイーツを期間・数量限定で発売いたします。


お尻とお腹を美しく引き締めるヨガ【#3分MASAYOGA 第3回】

お尻とお腹を美しく引き締めるヨガ【#3分MASAYOGA 第3回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第3回目ではお尻とお腹を引き締めるヨガポーズ「橋のポーズ」を取り上げます。


ドゥ・ラ・メールがプレミアムフライデーにラグジュアリーなトリートメント体験を提供

ドゥ・ラ・メールがプレミアムフライデーにラグジュアリーなトリートメント体験を提供

毎月末金曜プレミアムフライデーに、全国のドゥ・ラ・メール店舗にてトリートメントサービスを5〜15分で気軽に体験できるサービスデー「ヒーリングデー」を実施しています。