乳がんを経験した大切な方へのギフトセットを発売開始

乳がんを経験した大切な方へのギフトセットを発売開始

乳がんを経験した大切な方への贈り物に。女性の乳腺外科医・乳がん認定看護師と一緒に考えた、「楽で」「心地よく」「術後も気持ちの上がる」術後ブラジャーや自然素材のネイルやハンドクリームをセットしたプレゼントを「サイズ交換券付き」で9月20日より発売します。


乳がん患者に寄り添う会社、アボワールインターナショナルは、乳がん患者に向け、女性の乳腺外科医・乳がん認定看護師と一緒に考えた、「楽で」「心地よく」「術後も気持ちの上がる」術後ブラジャーや自然素材のネイルやハンドクリームをセットしたプレゼントを「サイズ交換券付き」で、9月20日に発売します。

■発売背景

今や11人にひとりが罹患する「乳がん」(2016年国立がん研究センター調べ)。乳がんになった大切な友人や家族の力になりたいと思っても、役に立つ良い贈り物を思いつかない方がほとんどです。

アボワールインターナショナルは、社長自らが乳がん患者だからこそ分かるユーザー目線を活かし、女性の乳腺外科医・乳がん認定看護師と一緒に考えた、「楽で」「心地よく」「術後も気持ちの上がる」術後ブラジャーや自然素材のネイルやハンドクリームをセットしたプレゼントを、贈る方も贈られる方も安心な「サイズ交換券付き」でご用意しました。

乳がん経験者だからこそわかる、心と体に寄り添った乳がん下着を全国の乳がん患者にお届けしたいと考えています。

■特徴

◆退院後に使用可能な前開きブラジャーやすぐに仕事復帰する方向けブラジャーをご用意
◆体に触れる部分のボタン・縫い目・縫い付けタグなどに配慮
◆治療法(放射線治療の有無など)の違いにより選択いただけるデザインのバリエーション
◆贈られた方が思わず笑顔になる気品と女性らしさ溢れる素敵なラッピング

■発売

9月20日より、アボワールのウェブサイト、あるいはアボワールパンフレットのQRコードからご購入可能です。
※パンフレット設置病院全国に多数

希望販売価格(税別)
¥3800~¥9300
※ご希望に応じた商品でのセットも承ります。

(お問い合わせ先)
アボワールインターナショナル TEL 075-708-6208

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


乳がん

関連する投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


医師が教える、乳がん検診のデメリット

医師が教える、乳がん検診のデメリット

近年、乳がん検診を受ける人が増えています。でも、中には「受けなくてもいい」ひとの検診や「受けるべきでない検診」も……。乳がん検診のデメリットも含め、乳がん検診の目的やメリット、受けるべき人に関して詳しく解説します。


乳がんドックを受けてきた - きっかけは友人が乳がんにかかったこと

乳がんドックを受けてきた - きっかけは友人が乳がんにかかったこと

乳がんドックを受けてきました。今回初めて乳がんドックを受けようと思い立ったのは、30代後半の友人が乳がん(ステージ2)にかかり、手術した話を聞いたこと。それまでなんとなく、他人事として捉えてしまっていた乳がんでしたが、ようやく自分事として考えられるようになりました。乳がんドックについて感想も交えて詳しくご紹介します。


乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

37歳のときに乳がんになり、7年に渡ってホルモン療法を行ってきた、フリーライターの北林あいさん。乳がんと闘病中の小林麻央さんのこと、乳がんの患者さんと接するときのこと……自身の体験から考えることを伺いました。


最新の投稿


未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

別れた元カレから突然謝罪の連絡が来るけど、それっきり。「どうすれば良いの?」と悩む女性もいるでしょう。未練がましい男性ほど、本音を隠して次の行動を元カノに取らせようとします。素直に復縁したいと言えない男心と、どんな対応をすれば良いかについてお話しします。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。