川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


年明けに、乳がんの治療中であることを告白した川崎貴子さん。しかし、川崎さんは悲痛なそぶりを見せることはなく、闘病記を「乳がんプロジェクト」と命名して「女社長の乳がん日記」の連載をウートピにて開始。

今回は、その連載に大幅加筆した『我がおっぱいに未練なし』(大和書房)の刊行を記念し、夫のマサヒロさんとの対談を実施。危機に瀕したとき、どうやって夫婦・家族として助け合えばいいのかを伺いました。

――「女社長の乳がん日記」を初めて読んだとき、とても驚きました。連載やイベントが立て込んでいるご様子だったので、病気なのにこんなに忙しく働いていたの!? という点もびっくりして……。

川崎貴子(以下、貴子):そうですよね、記事を公開したときはタイムラグがあったので、多くの方から「なんで言ってくれなかったの!?」とお叱りを受けたというか(笑)。

――マサヒロさんは、貴子さんのがん宣告を受けた際はどのような心境でしたか?

マサヒロさん(以下、マサヒロ):最初は交通事故に遭ったような感じですかね……。なんで? という。そして、やっぱり悲しい・怖いといった衝撃が走ったのですが、貴ちゃんは「右胸を全摘出する」ともう決めていたので、それを聞いて前を向いていこうと落ち着きました。でも、一緒に今後のことを決めていなければ、ネガティブに考えてしまう時間がもう少し長かったかもしれません。

貴子:「交通事故に遭ったみたい」という気持ち、私もすごくよくわかります。身内にもがんになった人がいるのと、健康に気をつけていたわけではないのとで、告知をされたときは「そう言えば……」と思い当たることはたくさんありました。でも、どこかで「自分はがんにかからないかも」という思いはありましたね。

■女性のおっぱいを男性の体で喩えて説明するのは難しい

――がん宣告を受けた夫婦の中には、なかなか受け入れられない人もいるようです。

マサヒロ:逆に、どういった形で受け入れられないのかを聞いてみたいです。不安なのか、死んでしまうかもしれないのが怖いのか、奥さんの乳房がなくなってしまうのが嫌なのか……。

貴子:「嫌」って言われてもねぇ。

マサヒロ:やはり不安なのはずっと消えないんですけど、時間が経つとちょっとフランクなものになってくるというか。僕も今では乳がんが身近になりましたが、それでも男性が気をつけた方が良いと思うのは、センシティブな問題には変わりないので、フランクになりすぎると、ふとした拍子に奥さんをポロッと傷つける言葉を言ってしまう可能性があるかもしれないこと……。

貴子:男性からも「妻や婚約者が乳がんになってしまい、どんな言葉をかければいいのかわからない」という質問をSNSやブログで受けることが増えていて。これには私もすごく悩んでいて。「例えばあなたの体の……」と答えようとしたところで、おっぱいを切除するということにあたることが、男性の体にないんですよね。おっぱいは女性のシンボリックな場所であって、他の部位とは少し違うというか。男性の睾丸を手術でひとつ取ったら同じなのかと言ったら、それもちょっと違うと思うんですよね。

マサヒロ:そうなんですよね。睾丸は隠れている場所だから。テレビでは睾丸を片方取った芸人さんに「玉1個ないじゃん!」と笑いを取っている人もいますが、それとは明らかに違う気がします。妻はあっけらかんとしていましたが、大多数の女性にとっては繊細なところだと思うので。夫婦それぞれだと思うのですが、そこはうーん……って思っちゃいますね。周りは励ましているつもりでも、時と場合によっては「えっ!?」となってしまうから。

貴子:あと、女性は気にしている事があれば自分から話した方がいいと思いますね。相談に来る男性は「腫れ物に触るように一切乳癌に触れない」か、「無神経な言葉を言ってしまって喧嘩になった」のどちらかなので……。

マサヒロ:うん、言った方がいいです。

■妻が入院中、オーバーワークになる男性のケアも欠かせない

――貴子さんが手術で入院していた2週間、貴子さんが不在の状況で家事やお子さんのお世話など、負担が大きかったと思います。マサヒロさんは振り返ってみていかがですか?

マサヒロ:僕は主夫をやっていた時期もあるので、結構家事ができるんです(笑)。もしものときのために、男性も普段から家事をやっておいた方がいいと思います。入院経験のある女性に聞くと「あのとき、これくらいは家のことをやっておいてほしかった」という夫に対するクレーム話が多いです。そして、退院後に「えー、あれをやってなかったの?」とストレスがたまっていくという。今、洗濯機や掃除機なんてスイッチを押すだけで簡単ですし、家を回すための最低限のことは修行しておいた方がいいと改めて思いました。料理だけは少し幅が広いので難しいかもしれませんが……。

貴子:ただ、妻が病気になった場合、確実に夫の方がオーバーワークにはなります。それも、家事ができちゃう旦那さんほどオーバーワークになります。また、多くの男性は「実はうちの妻が病気でつらい」ということを世間の人に言わないですよね。女性同士だと「うち、今こんなんで大変でさ〜」と相談して「あそこの家事代行サービスは良いらしいよ」など、感情や情報を共有しますが、男性は「全部自分でやらなきゃ」と抱え込んじゃう人が多い。だから、旦那さん側のケアも必要だなと今回学びました。治療中の妻には「今、これが大変で……」と愚痴れないから、どんどん物理的&精神的な負担が増えていく。そうすると、夫婦共倒れになる、ということにもなりかねません。

――男性が悩みを相談しないというのは恥ずかしいからですか?

貴子:それもありますし、弱みを見せている自分が嫌になるんじゃないでしょうか。そもそも習慣がないというか。

――マサヒロさんは何か発散方法はありましたか?

マサヒロ:家で真夜中にゲームをしていました(笑) あとは疲れて寝ていましたね。がんばりすぎるとオーバーワークになって壊れてしまうので……。

貴子:だから、本当に2週間で良かったと思います。2週間以上だったら夫が壊れていたと思います。

(後編へ続く)

Text/姫野ケイ

『我がおっぱいに未練なし』書籍情報

我がおっぱいに未練なし
著者:川崎貴子
発行:大和書房
単行本:216ページ
発売日:2017/9/23
価格:1300円+税

[公式サイト]
http://www.daiwashobo.co.jp/book/b308078.html

著者 川崎貴子さんプロフィール

1972年生まれ。埼玉県出身。リントス株式会社代表取締役。1997年に働く女性をサポートするための人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を展開。女性誌での執筆活動や講演多数。現在は株式会社ninoya取締役、及びベランダ株式会社取締役として、共働き推奨の婚活サイト「キャリ婚」を立ち上げ、婚活結社「魔女のサバト」も主宰。「女性マネージメントのプロ」、「黒魔女」の異名を取る。著書に『結婚したい女子のための ハンティング・レッスン』(総合法令出版)、『私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由』(大和書房)、『愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。』(KKベストセラーズ)、『上司の頭はまる見え。』(サンマーク出版)などがある。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


川崎貴子 乳がん

関連する投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


乳がんを経験した大切な方へのギフトセットを発売開始

乳がんを経験した大切な方へのギフトセットを発売開始

乳がんを経験した大切な方への贈り物に。女性の乳腺外科医・乳がん認定看護師と一緒に考えた、「楽で」「心地よく」「術後も気持ちの上がる」術後ブラジャーや自然素材のネイルやハンドクリームをセットしたプレゼントを「サイズ交換券付き」で9月20日より発売します。


医師が教える、乳がん検診のデメリット

医師が教える、乳がん検診のデメリット

近年、乳がん検診を受ける人が増えています。でも、中には「受けなくてもいい」ひとの検診や「受けるべきでない検診」も……。乳がん検診のデメリットも含め、乳がん検診の目的やメリット、受けるべき人に関して詳しく解説します。


乳がんドックを受けてきた - きっかけは友人が乳がんにかかったこと

乳がんドックを受けてきた - きっかけは友人が乳がんにかかったこと

乳がんドックを受けてきました。今回初めて乳がんドックを受けようと思い立ったのは、30代後半の友人が乳がん(ステージ2)にかかり、手術した話を聞いたこと。それまでなんとなく、他人事として捉えてしまっていた乳がんでしたが、ようやく自分事として考えられるようになりました。乳がんドックについて感想も交えて詳しくご紹介します。


乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

37歳のときに乳がんになり、7年に渡ってホルモン療法を行ってきた、フリーライターの北林あいさん。乳がんと闘病中の小林麻央さんのこと、乳がんの患者さんと接するときのこと……自身の体験から考えることを伺いました。


最新の投稿


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。