乳がんを乗り越える、というより「並走」して生きています

乳がんを乗り越える、というより「並走」して生きています

乳がんで闘病中の小林麻央さん。日々綴るブログとともに報道され、大きな注目を集めている。麻央さんのニュースは世の女性たちに、検診へ行くきっかけを与えたと思う。とはいえ、まだ乳がんという病気への理解は浸透しているとはいえない。今、改めて体験者から話を聞いてみたい。


北斗晶さんに川村カオリさん、小林麻央さん――全員乳がんで報道されたことがある人たちです。女性の12人に1人はかかるといわれる、決して珍しくない病気にもかかわらず、その実情についてはあまり知られていません。

そこで今回、乳がん体験者でがん患者のサポートを行っている「乳がん体験者コーディネーター」の資格を持つフリーライター・北林あいさんにお話を聞きました。

■まさか私が……? 37歳で乳がんに


――まずは北林さんご自身のことを伺いたいと思います。異変を感じたのはいつのことでしょうか。

37歳のときです。最初は右胸にハリを感じていたのですが放置していたんですね。そんなとき、仕事でピンクリボンのイベントに行き、乳腺外科医の話を聞いているうちに乳がんじゃないかと思い始めて検査へ。結果は「乳腺のハリ」とのことで大丈夫だったのですが、左胸に石灰化が見つかりました。これが怪しいということでマンモグラフィーやエコー、そして細胞診を経て、医師から「悪いものでした」と言われたんです。

――どの程度進行されていたのでしょうか。

幸いにもステージⅠという早期発見で、9割以上の確率で治癒する状態でした。MRIやCTで調べた結果、転移もありませんでした。

ただ、石灰化があると言われても乳がんかもしれないという実感は薄く、「もしかして」よりも「まさか」という気持ちが勝っている状態。だから最初に「悪いものでした」とがんを宣告されたとき、どんな言葉も追いつかないくらい絶望感を感じました。そのときは今のように乳がんの知識がなく、がん=死というイメージが先行していたので、初めて命の危険を感じましたね。

手術が必要と言われたときは、診察室で号泣しました。乳房にメスが入るということは、つまり女性性を失うこと、と感じていたので。自分のなかで「乳がん」を受け入れる準備ができていなかったんです。このときの気持ちは、未だに表す言葉が見つからないですね。「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言いますが、今もあのときの衝撃は忘れられません。

――本当に「まさか」だったのですね。手術は発覚後、いつされたのですか?

1ヶ月後です。乳房温存手術だったのですが、「メスが入る」というだけでショックでした。主治医からは「必ず満足していただけるように手術します」と言われ、実際とてもきれいに手術してもらいました。でも、多少なりとも乳房の形が変わるという現実を受け入れるには、時間がかかりました。

――手術後の治療はどのようなことをされたのですか?

ステージごとに治療方法が違いますし、同じステージでも人によって治療方法が変わります。

まず私の場合、万が一取り残したがんをたたくために、術後に放射線療法を行い、25回の照射を行いました。半年くらいで元に戻るのですが、放射線療法では皮膚が赤黒くなるんですね。さらにまだ、手術の傷が生々しい状態だったので、最初は鏡で自分の体を見たときに「汚い」と感じてしまいました。でも、次第に肌が再生していくんです。そのとき「体はこんなにがんばっているのに、自分が自分のことを嫌いになってはダメなんだ。この体を愛してあげないといけないんだ」と感じました。

私の乳がんは、「ホルモン感受性乳がん」というホルモン療法が有効なタイプでした。

そのため放射線の後、ホルモン療法を7年間行いました。人により5年から10年かかるそうです。この治療では更年期障害と似た症状が、副作用として起こります。ホットフラッシュや関節痛のほか、無月経にもなりました。このときも「女性性が失われる」という喪失感を再び感じていました。

■病気とは打ち克つ、よりも「並走」している感覚

――そういった落ち込みからどうやって前向きな思考に変わっていったのでしょうか。きっかけなどありましたか?

手術から5年目に心境の変化があり、病気のことを悲劇としてとらえることがなくなりました。やっと自分の病気を客観視できるようになりましたね。

変化が起きたきっかけとしては、「正しい知識を得られたこと」と「私自身を支えてくれる人に恵まれたこと」が大きいです。ステージ、病状、再発……それぞれについて、科学的根拠に基づいた情報を得たことで「漠然とした不安」に陥らないようになりました。知識を得るためにも、「乳がん体験者コーディネーター」の存在はプラスに働きましたね。

また乳がんになった不安をひとりで抱えきれなかった私は、よく友人に話をしていました。そのときに一緒に泣いてくれる人がいたんです。不安がゼロになることはありませんが、一人ではないと思えたことで前を向けました。

――「病気とつきあう」とよく言われますが、「つきあう」って具体的にはどういうことを指すのでしょうか。

「病気とつきあう」というのは、経験としてとらえられるようになることなのではないでしょうか。私は乳がん=悲劇でなくなった時点で、不安を含め、乳がんが人生の一部になりました。病気に打ち克つ、乗り越えるという感覚ではなく、並走している感じなんですね。

そう考えると「つきあう」とは、病気にかかったことや不安だと思うことを認めて、否定しないことなのかもしれません。自分の状態を受け止めることができる、冷静な視点ができてくることなのだと思います。

(#2へ続く)

北林あいさん
CNJ認定 乳がん体験者コーディネーター/フリーライター。医療・ヘルスケアの取材・執筆をしながら、乳がん体験者コーディネーターとして医療法人湘和会 湘南記念病院乳がんセンターなどで患者さんの相談活動に従事。また、女性疾病の予防活動を行う「ココカラプロジェクト」実行委員会メンバーとしても活動している。乳がんのこと.comを運営。
http://www.nyugan-nokoto.com/

Text/Photo=ミノシマタカコ

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


乳がん 北林あい

関連する投稿


乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

37歳のときに乳がんになり、7年に渡ってホルモン療法を行ってきた、フリーライターの北林あいさん。乳がんと闘病中の小林麻央さんのこと、乳がんの患者さんと接するときのこと……自身の体験から考えることを伺いました。


「乳がん体験者コーディネーター」が必要とされる理由

「乳がん体験者コーディネーター」が必要とされる理由

小林麻央さんの報道で、乳がんへの関心度が高まっている昨今。乳がんの経験を踏まえて患者に寄り添う「乳がん体験者コーディネーター」という資格の存在をご存じでしょうか?


【赤池智子 連載 #2】「がんを放置しなさい」理論は正しくない

【赤池智子 連載 #2】「がんを放置しなさい」理論は正しくない

近年、メディアで頻繁に取り上げられる「子宮頸がんワクチン」問題。それについて考える前に、「腫瘍」と「がん」の基礎知識をおさらいしましょう。


小林麻央・ブログ開設 「なりたい自分になる」に込められた思い

小林麻央・ブログ開設 「なりたい自分になる」に込められた思い

乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さんが9月1日、新たにオフィシャルブログを開設した。「KOKORO.」と名づけられたブログに綴られた、妻として、母として、またひとりの女性としての麻央さんの思いとは。


【運命よりも、幸せになる。#2】置かれた場所で咲く花は美しい

【運命よりも、幸せになる。#2】置かれた場所で咲く花は美しい

19歳のときに「余命半年」と宣告され、摘出手術後に再発と転移を繰り返し、今も肝臓がんと闘う山下弘子さん。今置かれた場所で、自分にしか咲かせられない花を咲かせているから、彼女は美しく輝いている――山下さんと出会って2年になる鈴木美穂さんが綴ります。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。