「いつだってご機嫌な人」の人生は好転する【人生が好転する気づきの美習慣#7】

「いつだってご機嫌な人」の人生は好転する【人生が好転する気づきの美習慣#7】

ちょっとイヤなことに遭遇したとき、さっと気持ちを切り替えること、あなたは得意でしょうか? 切り替え法を幾つか常備しておき、不機嫌な状態を長く引きずらないようにする。いつも機嫌のよい人として生きる。それだけで人生は自然に好転していきます──。 


■機嫌よく生きる力のある女性は、自然と人生が好転していく

皆さん、こんにちは。湯木景子です。
連載「人生が好転する気づきの美習慣」では、ちょっとした言葉や仕草に気をつけることで、人生をよりよく好転させる方法についてお話させていただいています。

今回は少し視点を変えて、「ご機嫌力」についてのお話を。
「ご機嫌力」とは、上手に自分で自分のご機嫌を取り、いつも機嫌よく生きていく力のことです。



生きていると、誰しも多少は不快なことに遭遇するものですね。
外で働いている方なら、通勤電車が混んでいて、人にぶつかり痛い思いをした。会社で同僚から気に障ることを言われた、など。
主婦の方だって、毎日の家事や人づきあいで疲れることもあるでしょうに、 そんなときに限って「主婦は気楽でいいね」なんて心ない言葉をかけられ、傷ついたり──。


自分で自分のご機嫌をとる方法を身につけておくと、こういうネガティブな出来事があっても不機嫌を長引かせることなく、さっと気分を切り替えて、明るく穏やかな状態に戻ることができます。

いつも穏やかで機嫌の良い人として生きていると、知らぬ間に幸運を引き寄せることになり、人生が好転をくり返していきます。


些細なことで苛立ってご機嫌ななめになり、不機嫌な表情を人前に晒す女性と、いつも穏やかな笑顔でいる女性。
人生が明るいほうへ向かうのは、きっと笑顔の女性の方ですものね。

今回は、わたしが普段から実践している「ご機嫌力」を高める方法を、少しご紹介してみますね。

■ご機嫌力UP法1)くすっと微笑んでしまう愛らしいコンテンツを観る

画像の力って偉大ですね。目にした瞬間、くすっと笑える微笑ましい画像をストックしておくと、
曇りそうになった心を瞬時に明るく晴らしてくれます。
検索して探すとしてもほんの数秒。
ご機嫌力を上げてくれる、頼もしいコンテンツです。

フレンチブルドッグの赤ちゃん。なんてやさしく微笑んでいるんでしょう。つい惹きこまれちゃいますね。

ネコ派の皆さんにはこちらを。にちゃ~っと笑っているようなこの顔も可愛すぎ。
観ているだけで、思わずつられて笑っちゃいそうでしょう?

もう言葉はいりませんよね。なんてかわいいベビー。ママが作ってくれたスイーツが美味しいのかな? いっぱい食べて、元気に大きくなってね。

■ご機嫌力UP法2)心あたたまるコンテンツを観る

じんわり心があたたまる、やさしい画像も効果的。
音声を出してもよい環境なら、映像を眺めるのもいいですよね。

小さな女の子が、一匹のねこに抱いた愛情が伝わってくる画像。
抱きしめている女の子も、抱きしめられているねこも、きっとうんとあたたかいことでしょうね。

幼い子どもって、お母さんのことが世界一大好きですよね。
そしてきっとお母さんも坊やのことが大好き。
この画像に名前をつけるとしたら、
やはり「愛」ではないでしょうか。

ネガティブな感情に深く取り込まれそうになると、私はまず微笑ましいコンテンツを、次に心あたたまるコンテンツを観るようにしています。
くすっと笑って不機嫌のあら熱を冷ましてから、じんわり心をあたためる。
するとイヤなことはもうすっかり忘れて、穏やかな気持ちに満たされることができるのです。


この2つを実践するのに必要な時間は、長くてもほんの数分。
会社でお仕事中のあなたも、誰にも気づかれずにさっとできてしまうかもしれませんね。

もう少し余裕があるときは、次の方法も──。

■ご機嫌力UP法3)最近誰かにしてもらったことを思い出してみる

ほんのささやかなことでいいのです。
エレベーターに乗るとき、居合わせた方から「お先に」と譲っていただいたこと。
友人がLINEでかわいいスタンプを送ってくれたこと。
仕事をしていたら、家族がお茶を淹れてくれたこと──。


紙とペンがあれば、ささっと書き出してみます。
そこまでできない状況のときは、頭の中で思い出してみるだけでも効果があるようです。
記憶を脳裏に浮かべてみるだけでも、うれしかったそのときの感情を改めて思い出したり、
いつも支えてもらっている存在があることに気づいて、胸の奥深いところから感謝の気持ちが沸いたり。


イヤなことより幸せなことの方がうんと多い毎日を生きていることに気づく。
そのお陰で、またひとつ幸せになる。そんな感覚なのです。

■「ご機嫌力」は、人生をよりよく生きるために欠かせない

「ご機嫌力」を磨いて、機嫌の良い状態を維持するよう自分をコントロールすることは、人生をよりよく生きる上でとても効果的なセルフプロデュース法なのですね。


何かを不快だと感じている状態が長いと、免疫力が低下したり、酸化ストレスへの抵抗力も弱まったり、加齢が加速して老け込んでしまうといった研究も報告されているようです。
ネガティブな感情はさっとすばやく手放して、いつも瑞々しい笑顔美人を目指したいものです。



皆さん、今日もどうぞ素敵な1日でありますように。
このコラムを夜読んでくださっているあなたは、お疲れさまでした。
どうぞ明日がよい日になりますように。

この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


人生を好転させる 生き方

関連する投稿


あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

モヤモヤを感じることは誰にだってあるだろう。モヤモヤとどう付き合うか、は自分で決められる。モヤモヤしたとき、それは、次の成功へ向けた土台作りを始めるタイミング。自分を見直し、バージョンアップする点検の時期として活用すれば、さらに、豊かな人生が開くはず。


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活