卵巣機能は年相応でも、妊娠できる保障はどこにもない【塩村あやか 連載 #7】

卵巣機能は年相応でも、妊娠できる保障はどこにもない【塩村あやか 連載 #7】

AMH検査を行った塩村あやかさん。あっけなく終わった検査の結果と、それを受けて気づいたことは――。


前回のコラム「私はランクC?不妊検査を受けようと決めた日【塩村あやか 連載 #6】」に書いたように、「卵巣の加齢状態」が疑われたので、検査をしてきました。


私がしてきた検査は、抗ミュラー管ホルモン検査。検査をした六本木レディースクリニックのサイトの説明をお借りすると「発育途中の卵胞から分泌される女性ホルモンの一種。原始卵胞(生まれつき卵巣にある未成熟な卵胞)が少なくなるにつれ、AMHの値も低下します。そのため、卵巣機能の予備能(卵巣に残っている卵子の数)の目安、つまり女性の卵巣年齢を知る指標となるホルモンとして、不妊症治療において最近注目されています」という検査です。


まず、クリニックに到着をすると、生理周期や婦人科検診を受けたかどうかなどのアンケートに回答します。その間にカルテが作成され、ここから先はプライバシーの面で配慮がなされ、名前ではなく番号で呼ばれるようになります。


そして、待つこと45分。私の番号が呼ばれて採血室へ。チクッと針が右腕の血管に入って、採血が始まります。


「はい、終了ですよ~」という看護師さんの言葉。検査はたったの3分です。「結果は2週間後ですね」。こ、これだけなのか……。あまりにもあっけない。ドキドキして待っていただけに、拍子抜け。費用も7000円くらいでした。


■「卵巣機能年齢」と「妊娠力」はまったく別もの

結果は2週間後とのことで、ドキドキしながら行ってきました。また番号で呼ばれ、部屋に。すぐに医師が検査結果の用紙を渡してくれました。「抗ミュラー管ホルモン 2.39ng/mL」と書いてあります。


「年齢相応ですね」とのこと。検査自体は毎年受ける必要はなく2年で1回でもいいでしょうとのこと。ホッとした。私の卵巣年齢は年相応でした。


かといって、妊娠できる保障なんてどこにもない。この検査でわかる「卵巣機能年齢」と「妊娠力」はまったく別ものということに気をつけなくてはいけない。年相応ということは、妊娠できる確率は、年齢とともに低下していくことを考えたらさほど安心できる材料でもないということに、帰り道で気づいたのでした。


あやうく、なぜか「自分はまだまだ大丈夫」と思い込んでしまうところだったのです。さて、ではどうするか。すぐに子どもを持つということにも今はならない。できることは「卵巣機能は年相応である、つまり年齢と共に妊娠できる可能性は低下していくことを常に頭の片隅において、仕事が落ち着き、この人とならと思った人がそばにいたならば、子どもを持つということを真剣に考えて過ごす」こと。


結局、私の悩みは半分くらいしか解消されませんでした。このコラムを読んでくれているあなたも私と同じモヤモヤを抱えているかもしれません。

この記事のライター

東京都議会議員。モデル、自動車ライター、放送作家を経て、社会の問題は全て政治に行き着くと気づき政治の道を志す。維新政治塾1期生。2013年にみんなの党より都議会議員選挙(世田谷選挙区)に初出馬、当選を果たす。2014年には初...

関連する投稿


【出産ストーリー】39歳で妊娠した大泉りかさんの場合

【出産ストーリー】39歳で妊娠した大泉りかさんの場合

出産ストーリーは一人ひとり異なる。初産となる大泉りかさんの出産ストーリーを詳しくお届けする。難産ではなかったものの、壮絶な痛みや不安を乗り越えた出産ストーリーは、これから妊娠・出産する方にとって、参考になること、考えさせられることが多いはず。


産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後に体型戻しを望んでいても、産前とはまったく違う体型になってしまい、諦めモードになっている方もいるのでは。産後の体型戻しは、産後6ヶ月の過ごし方が重要です。二度の出産を経験した私が、半年以内に元の体型・体重にコントロールした体型の戻し方をご紹介します。


不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩み、不妊治療を受ける夫婦の割合が増えている昨今。6組に1組の夫婦が不妊治療をおこなっている、ともいわれています。なぜ不妊に悩む人が増えているのか、産婦人科専門医の山中智哉さんが解説します。


子なし夫婦の私、「産まない覚悟」が揺らぐとき

子なし夫婦の私、「産まない覚悟」が揺らぐとき

子なし夫婦として、夫とふたりで心地よく過ごしてきた筆者。産まなくても十分幸せ。でも、喉に引っかかるこの小骨は何だろう。結婚6年目で子作りを急かされた筆者が「産まない」とほぼ決めているのに、モヤモヤしてしまう理由は。


計画出産を断念して生じた、ポジティブな「なるようにしかならない」思考

計画出産を断念して生じた、ポジティブな「なるようにしかならない」思考

計画出産とは事前に出産日を決めて、それに合わせて出産をする方法のこと。大泉りかさんも計画出産をおこない、年内に退院する予定を立てていた。しかし、体の状況から計画出産を断念し、自宅でいつものように年を越したそう。しかし、焦りはなく「なるようにしかならない」と落ち着いている。


最新の投稿


40代からの髪型〜大人のショート

40代からの髪型〜大人のショート

40代からの髪型・ヘアスタイルとして、ショートヘアを顔型別にご紹介。ショートレイヤーや前下がりショートなど、ショートスタイルもさまざまですが、顔の形や骨格に合ったショートがあります。大人だからこそ似合うショート。自分らしいショートと出会って、今よりもっと大人かわいい髪型・ヘアスタイルに。


評価より、信念のために行動しよう。それが女性の自由への近道。

評価より、信念のために行動しよう。それが女性の自由への近道。

経沢 香保子(つねざわ かほこ)さんの連載。「評価より、信念のために行動しよう」それが、2度めの起業で彼女がぶつかった問題から得た気づき。今回の記事では、一時的な評価ではなく「真の評価」を得ることの大切さについて語っていただきました。


職場での人間関係に悩みがあるなら、まずは自分が変わること。他人は変わらない

職場での人間関係に悩みがあるなら、まずは自分が変わること。他人は変わらない

「職場での人間関係に悩みがある」「職場での人間関係がうまくいかない」という相談は珍しくありません。毎日過ごす職場での人間関係がうまくいかないのは、大きなストレスですよね。でも、一言で「うまくいかない」と言っても、その状態や理由はいろいろ。あなたにとっての「うまくいっている」とはどういう状態ですか?


『東京タラレバ娘』第6話あらすじ – 結婚がゴールの女は幸せにはなれない!?

『東京タラレバ娘』第6話あらすじ – 結婚がゴールの女は幸せにはなれない!?

『東京タラレバ娘』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子など。素敵な彼氏ができて幸せ絶好調。このまま結婚までいけるかも? 期待大の6話の展開は――。


完全栄養パスタ「BASE PASTA」が販売開始に。料理店でも提供スタート

完全栄養パスタ「BASE PASTA」が販売開始に。料理店でも提供スタート

世界初の完全栄養パスタ「BASE PASTA」が2月22日(水)より販売開始に。同日よりイタリア郷土料理店「ペペロッソ」(東京・三軒茶屋)では、BASE PASTAを用いたメニューの提供をスタート。美味しくて栄養豊富なパスタを自宅でもお店でも。