私はランクC?不妊検査を受けようと決めた日【塩村あやか】

私はランクC?不妊検査を受けようと決めた日【塩村あやか】

38歳半ばを迎えた塩村あやかさん。結婚については焦っていない。でも、子どもを産める年齢には限界がある……と不安をおぼえ、AMH検査への申込みを行いました。


気がつけば、38歳も半ば。
 結婚は、議員としての任期もあと数ヶ月に入ってくると、次の選挙を考えても忙しくてそれどころではない状態。乱暴な言い方かも知れないけど、結婚はいつでもできる。けれど、子どもを産める時期は、生物学的に限られていると考え込んでしまうのです。
 議員になったひとつのきっかけは、30歳を超えて「子どもを持とうと思っても、フリーランスの雇用形態では間違いなく待機児童になって、日本一の都市東京で働く女性が幸せになれない」と感じたこと。それを変えたい。まずは待機児童を解消しなくては!
 
 そして、議員になって議案で上ってきたのは、不妊助成に制限を設けるということだった。それは、女性は40歳も半ばになると受精の成功率が下がるから、効果の高いうちに受けてもらうためだと担当職員に説明され、何だか自分はあと少しでこの助成対象からも漏れて(結婚していることが条件)、子どもは持てないかもと寂しく感じたのです。

 そしていま38歳に。任期満了まであと数ヶ月になりました。都庁でのデスクワークも多く、日々体力が落ちていくのを感じています。そんなとき、「子育てはホンマに体力がいる。歳とってからの子育ては大変じゃ」と、大して歳を取っていない2児の母である妹がため息をついていたことを思い出してしまいました。何だかゾワッとしたのです。

 結婚は焦っていない。けれど、子どもについては「焦っている」。
 「何ができるだろう」と考えていたとき、不妊治療で子どもを授かった友人が「今からでも不妊検査を受けておいて。結婚してから検査をして数ヶ月体を準備して……というその数ヶ月がもったいないいの。漢方とか飲んだりする治療期間もある人も多いのよ」と。

■AMH検査だけなら未婚でも受けられる

 「なるほど」。
 そう思い、ネットで調べてみたものの、ほとんどが結婚をした人たち向けの本格的なもの。私に結婚の予定はない。そんななか、ネットで見つけた簡易検査をやってみたところ、「【ランクC】卵巣に過度の加齢症状が出ている可能性があります」という悲しい結果が出てしまったのです。

簡易卵巣年齢チェックシート(六本木レディースクリニックHPより引用)
https://www.sbc-ladies.com/lp/checksheet/?_bdld=2vRSid.ltRMmEI

 頭のなかで「高齢出産は一般的になってきている。まだ大丈夫なはずだ」と思う自分と「いや、不妊に悩む知人も多い……」と現実を見る自分もいる。モヤモヤした不安が拭えないのです。だったら、ちゃんと検査を受けてみよう。ネットで見たこのAMH検査だけなら未婚の私も気軽に受けることができそうです。AMH検査とは、発育卵胞から分泌されるホルモンで、その数値によって卵巣年齢がわかるとされるホルモン。治療方針のひとつとされるそうで、卵巣の排卵能力を評価できるそうです。

 これなら、相手がいなくてもプチ不妊検査ができる。
 「いま予約しないでいつするの。手遅れになってからではいけない」。クリニックのHPを眺めながら、ネット予約をしたのでありました。

(次回のコラム「卵巣機能は年相応でも、妊娠できる保障はどこにもない【塩村あやか】」では、その検査の内容を詳しくレポートしています)



この記事のライター

東京都議会議員。モデル、自動車ライター、放送作家を経て、社会の問題は全て政治に行き着くと気づき政治の道を志す。維新政治塾1期生。2013年にみんなの党より都議会議員選挙(世田谷選挙区)に初出馬、当選を果たす。2014年には初...

関連するキーワード


出産 不妊

関連する投稿


安定期でも注意したい、妊婦あるあるな症状【海外で、産む】

安定期でも注意したい、妊婦あるあるな症状【海外で、産む】

妊婦によく見られる症状を自身の体験を元にいくつかご紹介します。つわりが終わって安定期に入れば、あとはトラブルなく出産を迎えられるものだとばかり思っていました。しかし、そうじゃなかった……。安定期だからといって、油断できないのがホントのところ。


体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載です。


【海外で、産む】産後ママの最優先タスクは「体力回復」

【海外で、産む】産後ママの最優先タスクは「体力回復」

海外で出産する著者は、産後ケア専門のプロ「産褥アマ」を雇い、産後28日間は体力回復に努めることにしました。日中は授乳とおむつ交換のみ、夜は寝るだけ、日中の家事と夜中のミルクやおむつ対応は一切しない予定です。なぜそこまでする必要があるのでしょうか。そして「産褥アマ」とはどういうお仕事なのでしょうか。詳しくご紹介します。


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


【海外で、産む】土地勘のない海外での産院探し

【海外で、産む】土地勘のない海外での産院探し

慣れない土地で病院にかかるだけでも不安なのに、ましてや出産。どうしよう。でもお腹の子どもの成長は私を待ってくれません。早く病院を見つけないと……焦りは募るばかりです。今回はマレーシアで病院を決めるまでの模様を詳しくレポートします。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


MENU

DRESS部活