人にも物にも。やさしく触れた瞬間、人生は好転し始める【人生が好転する気づきの美習慣#6】

人にも物にも。やさしく触れた瞬間、人生は好転し始める【人生が好転する気づきの美習慣#6】

たったひとつのなにげない仕草が、その人の生き方を物語る──。そんなふうに考えたことはあるでしょうか。連載「人生が好転する気づきの美習慣 #6」では、休日の午後、あるレストランのテラス席で出会った女性の話をお届けします。すべてのものにやさしく触れるその女性の周囲には、癒しに満ちた、穏やかな時間が流れているようでした。


■どちらも間違ってはいないのに、折り合えないふたり

今回のテーマは、「触れる」。
なにげない仕草が、その人の生き方まで物語っているのだな、と気づいた出来事について、お話したいと思います。




やわらかな陽射しがふりそそぐ、穏やかな休日の午後。
イタリアンレストランのオープンテラスの席で、友人と食事をしていたときのことです。
メイン料理の皿を下げてもらい、デザートが運ばれてくるのを待っていると、隣のテーブルから男性の、少しばかり大きな声が聞こえてきたのでした。



「ダメだって言ってるだろ。何度言ったらわかるんだ?」
「なんでダメなの? みんな持ってるんだよ。持ってないのぼくだけだよ」
懸命に言葉を返す、小学校低学年くらいの男の子。

どうやら男の子は何か欲しいものがあって、お父さんにおねだりをして、叱られているようです。
2人の間に座っているお母さんは、困り顔。




息子をわがままな子どもにしてはいけない。だからこそ、欲しがるものを簡単に買い与えてはいけない。
お父さんの考えには、筋が通っていますよね。

友達はみんな持っているのに。ぼくだけ持っていないと、仲間に入れないのに。
子どもにだって子どもなりに直面している現実があって、ただわがままを言っているわけではないように聞こえます。



どちらも間違ったことは言っていないのに、うまく折り合えず、そっぽを向いてしまったお父さんと男の子。
事のなりゆきに気づいてしまった私は、隣のテーブルで勝手にはらはらしていました。

こんなとき、お母さんはどうされるのかなあと気になって、それとなく様子を拝見していると──。

■やさしく触れられると、人は心を開き、素直になる

「ねえ、ケイくん。あのね……」
ふわっと、そっと、お母さんは男の子の背中に触れながら、耳元でやさしく諭すように何かをささやいています。
プッとふくれて口をへの字にし、あさっての方を向いていた男の子が、少しずつ、少しずつ普通の顔に戻って、最後は小さく頷く様子が見えました。




その様子を見届けてから、今度はお父さんの方に向き直り、ふんわりお父さんの腕に触れながら、「ね? パパ、ケイくんはね……」と、笑顔で語りかけるお母さん。
眉間にシワを寄せたまま不機嫌そうに頬杖をついていたおとうさんも、徐々に表情がやわらいで、最後は気を取り直し、ケイくんに何か話しかけていたようでした。




この一連の経過を目にして、私は気づいたのです。
お母さんは、男の子の背中や、お父さんの腕にそっと触れながら話をすることによって、2人の心にやさしく触れ、語りかけていたのだな、と。




やさしくそっと触れられると、その人からとても大切にされているのだと、肌身を通して実感できます。ほのかに伝わってくる手のひらのぬくもりが心をじんわりあたため、ときほぐしてくれるので、相手に対して心を開き、素直に話を聞くことができるのですね。




また、やさしく触れるという仕草は、語りかけている人自身にも効果をもたらすようです。
相手とどこも接していない状態で語りかけるよりも、そっと手を触れながら語りかける方が、自然とやさしい口調になることができ、そのような自分の話し方やふるまいによって、実は自分自身が癒されもするのです。
人って不思議ですね──。




とはいえ、家族や親しい友人でない限り、気軽に触れることがためらわれる場合もあります。そんなときは、相手の方に触れる少し手前で、手を添える仕草をして語りかけるだけでも、随分効果があるようです。それも躊躇される場合は、相手の方にそっと触れるイメージを浮かべながら、語りかけてみるとよいのではないでしょうか。

■やさしく触れる。それは、慈しみつつ人生を生きること

息子さんやご主人にあんなふうにそっとやさしく触れて、思いを相手の心に響かせることができるなんて素敵な女性だなと思いつつ、ふとまたその方に目がいって、さらに気づいたのです。彼女が人だけでなく、物にもやさしく触れる女性であったことに。




水の入ったグラスを男の子が取りやすい位置に移動してあげるときも、取り皿を1枚ご主人の前に置いてあげるときも。そっと触れて、そっと置く。そのくり返し。粗雑に扱うことが、ただの一度もなかったのです。
人にも物にも丁寧に気持ちを傾けて、やわらかく接する彼女の周りには、周囲よりもひときわ穏やかな時間が流れているように見えました。




人にも物にも、やさしく触れる。
その仕草は彼女が謙虚に、真摯に、慈しみつつ人生を生きている姿であるように感じられ、私は胸を打たれたのです。




自分を取り巻く人や物に対してどんなふうに接するかは、今この瞬間をどう生きるかということ。
つまり、一度しかない人生をどのように生きるかということ、そのものだったのですね。
そう気づかせてくれたひとりの女性に、私は心から感謝したのでした。




やさしく触れることで、あなたの思いが周りの方々にやわらかく、深く響きますように。そのように慈愛に満ちた関わりの中で、あたたかな絆が結ばれ、かけがえないあなたの人生が、やすらぎに満ちたものとなりますように。
心から願ってやみません。

この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


人生 人生を好転させる

関連する投稿


これからは「裏側」を見られる女性になる

これからは「裏側」を見られる女性になる

優しさには2種類ある。「見えているものへの優しさ」と「見えていないものへの優しさ」。悩んでいるときに「大丈夫?」と気にかけてもらったり、励ましてもらったり、そういう見えている優しさにはすぐに気づくことができる。でも、見えていないところにも優しさは存在していて……。


こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた人は多い、というより、皆何かしらこじらせて、それでも生きている。それを見ていると、ずっと真っ直ぐ育っていける人なんて、いないと思う。真っ直ぐ伸びているつもりでも、気づけば曲がっている。曲がるのも個性だし、曲がりながら伸びることもまた成長だ。


心を整理する4つのステップでピンチを乗り切る

心を整理する4つのステップでピンチを乗り切る

心を整理する4つのステップをご紹介します。仕事に行き詰まる、人間関係がこじれる、大切なパートナーが離れてしまいそう――人生にはいろいろなピンチが訪れます。不安や恐れで目の前のことも手につかなくなる、あなたも経験ありませんか? そんなときに思い出してほしい、心を整理するための簡単な4つのアイデアです。


甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性がうらやましい。私もあんなふうに甘えられたらいいのに。なんて思ったことはありませんか? 男性も女性も、仕事でもプライベートでも、良い意味で甘え上手な人は、人生がとてもスムーズに進んでいきます。今回は甘え上手になれる考え方をご紹介します。


生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生き方や働き方、もっと身近なもので言うと、ファッションやメイクもそうだ。どんなことでも、他人に迷惑をかけない範囲ならば、何を選んだっていい。生きづらい世の中、他人に無関心になる優しさを誰もが持てば、皆が少しずつ生きやすくなるんじゃないかと思う。


最新の投稿


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

お金の相談を受けたときには、必ず「ふるさと納税は利用していますか?」と聞くようにしています。「聞いたことはあるけど、利用したことはありません」という人も多く、そんな人には、「手続きは10分もあればできるから、利用してみて」とお伝えします。今回は、ふるさと納税の魅力について解説します。


メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

この人メイクが下手なのかな? そう思う相手のメイクを観察すると、自分では気づきにくいファンデーションの塗り忘れやムラなどの雑なメイクになっていることが往々にしてあります。雑になりやすいメイクの4つのポイントを押さえて、外出前にしっかりチェックして。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

夏に美味しいシェイクをイメージした期間限定フレーバーが登場。芳醇な完熟バナナの味わいとほろ苦いチョコレートの絶妙なバランスを堪能して。ハーゲンダッツミニカップ「バナナショコラータ」が6月27日より発売となります。