人にも物にも。やさしく触れた瞬間、人生は好転し始める【人生が好転する気づきの美習慣#6】

人にも物にも。やさしく触れた瞬間、人生は好転し始める【人生が好転する気づきの美習慣#6】

たったひとつのなにげない仕草が、その人の生き方を物語る──。そんなふうに考えたことはあるでしょうか。連載「人生が好転する気づきの美習慣 #6」では、休日の午後、あるレストランのテラス席で出会った女性の話をお届けします。すべてのものにやさしく触れるその女性の周囲には、癒しに満ちた、穏やかな時間が流れているようでした。


■どちらも間違ってはいないのに、折り合えないふたり

今回のテーマは、「触れる」。
なにげない仕草が、その人の生き方まで物語っているのだな、と気づいた出来事について、お話したいと思います。




やわらかな陽射しがふりそそぐ、穏やかな休日の午後。
イタリアンレストランのオープンテラスの席で、友人と食事をしていたときのことです。
メイン料理の皿を下げてもらい、デザートが運ばれてくるのを待っていると、隣のテーブルから男性の、少しばかり大きな声が聞こえてきたのでした。



「ダメだって言ってるだろ。何度言ったらわかるんだ?」
「なんでダメなの? みんな持ってるんだよ。持ってないのぼくだけだよ」
懸命に言葉を返す、小学校低学年くらいの男の子。

どうやら男の子は何か欲しいものがあって、お父さんにおねだりをして、叱られているようです。
2人の間に座っているお母さんは、困り顔。




息子をわがままな子どもにしてはいけない。だからこそ、欲しがるものを簡単に買い与えてはいけない。
お父さんの考えには、筋が通っていますよね。

友達はみんな持っているのに。ぼくだけ持っていないと、仲間に入れないのに。
子どもにだって子どもなりに直面している現実があって、ただわがままを言っているわけではないように聞こえます。



どちらも間違ったことは言っていないのに、うまく折り合えず、そっぽを向いてしまったお父さんと男の子。
事のなりゆきに気づいてしまった私は、隣のテーブルで勝手にはらはらしていました。

こんなとき、お母さんはどうされるのかなあと気になって、それとなく様子を拝見していると──。

■やさしく触れられると、人は心を開き、素直になる

「ねえ、ケイくん。あのね……」
ふわっと、そっと、お母さんは男の子の背中に触れながら、耳元でやさしく諭すように何かをささやいています。
プッとふくれて口をへの字にし、あさっての方を向いていた男の子が、少しずつ、少しずつ普通の顔に戻って、最後は小さく頷く様子が見えました。




その様子を見届けてから、今度はお父さんの方に向き直り、ふんわりお父さんの腕に触れながら、「ね? パパ、ケイくんはね……」と、笑顔で語りかけるお母さん。
眉間にシワを寄せたまま不機嫌そうに頬杖をついていたおとうさんも、徐々に表情がやわらいで、最後は気を取り直し、ケイくんに何か話しかけていたようでした。




この一連の経過を目にして、私は気づいたのです。
お母さんは、男の子の背中や、お父さんの腕にそっと触れながら話をすることによって、2人の心にやさしく触れ、語りかけていたのだな、と。




やさしくそっと触れられると、その人からとても大切にされているのだと、肌身を通して実感できます。ほのかに伝わってくる手のひらのぬくもりが心をじんわりあたため、ときほぐしてくれるので、相手に対して心を開き、素直に話を聞くことができるのですね。




また、やさしく触れるという仕草は、語りかけている人自身にも効果をもたらすようです。
相手とどこも接していない状態で語りかけるよりも、そっと手を触れながら語りかける方が、自然とやさしい口調になることができ、そのような自分の話し方やふるまいによって、実は自分自身が癒されもするのです。
人って不思議ですね──。




とはいえ、家族や親しい友人でない限り、気軽に触れることがためらわれる場合もあります。そんなときは、相手の方に触れる少し手前で、手を添える仕草をして語りかけるだけでも、随分効果があるようです。それも躊躇される場合は、相手の方にそっと触れるイメージを浮かべながら、語りかけてみるとよいのではないでしょうか。

■やさしく触れる。それは、慈しみつつ人生を生きること

息子さんやご主人にあんなふうにそっとやさしく触れて、思いを相手の心に響かせることができるなんて素敵な女性だなと思いつつ、ふとまたその方に目がいって、さらに気づいたのです。彼女が人だけでなく、物にもやさしく触れる女性であったことに。




水の入ったグラスを男の子が取りやすい位置に移動してあげるときも、取り皿を1枚ご主人の前に置いてあげるときも。そっと触れて、そっと置く。そのくり返し。粗雑に扱うことが、ただの一度もなかったのです。
人にも物にも丁寧に気持ちを傾けて、やわらかく接する彼女の周りには、周囲よりもひときわ穏やかな時間が流れているように見えました。




人にも物にも、やさしく触れる。
その仕草は彼女が謙虚に、真摯に、慈しみつつ人生を生きている姿であるように感じられ、私は胸を打たれたのです。




自分を取り巻く人や物に対してどんなふうに接するかは、今この瞬間をどう生きるかということ。
つまり、一度しかない人生をどのように生きるかということ、そのものだったのですね。
そう気づかせてくれたひとりの女性に、私は心から感謝したのでした。




やさしく触れることで、あなたの思いが周りの方々にやわらかく、深く響きますように。そのように慈愛に満ちた関わりの中で、あたたかな絆が結ばれ、かけがえないあなたの人生が、やすらぎに満ちたものとなりますように。
心から願ってやみません。

この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


人生を好転させる 生き方

関連する投稿


あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

モヤモヤを感じることは誰にだってあるだろう。モヤモヤとどう付き合うか、は自分で決められる。モヤモヤしたとき、それは、次の成功へ向けた土台作りを始めるタイミング。自分を見直し、バージョンアップする点検の時期として活用すれば、さらに、豊かな人生が開くはず。


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活