姿勢を正すだけで、人生はたちまち好転する【人生が好転する気づきの美習慣#5】

姿勢を正すだけで、人生はたちまち好転する【人生が好転する気づきの美習慣#5】

スマホやPCを使う時間が長くなるにつれ、猫背気味で姿勢が悪くなっていると言われる現代人。姿勢が良くないと見た目の印象も暗くなるだけでなく、呼吸が浅くなり、脳が慢性的な酸欠状態に陥ることで、心身の不調をも引き起こします。今回は、姿勢を正すことで前向きに生きられるようになったある女性の話をお届けします。


■猫背気味の彼女の口癖は「私なんて」

連載「人生が好転する気づきの美習慣」の第5回では、「姿勢を正す」ことで人生が一変した友人についてお話したいと思います。



パソコンに向かったり、スマートフォンを使う機会が多いこともあって、現代人は、猫背で前屈みの人が多いともいわれますね。
背筋を伸ばして胸を張る。姿勢を正す。ただそれだけのことで人生が劇的に変化するものなのだと知って、とても驚いたエピソードをご紹介します。



ある年下の友人のお話です。
彼女は3人姉妹の長女で31歳。しっかり者のお姉さんというよりは、穏やかで控えめな印象の女性です。出身は東北地方。今は東京で、ヘアメイク専門店の店長をしています。

デートや婚活といった大事な用件の前に女性が立ち寄り、ヘアメイクをしてもらう彼女のお店は、センスも手際も良いことから、とても人気があるのです。

プロの手でヘアとメイクを仕上げてもらううち、女性たちはみるみる美しくなり、嬉しそうに微笑んでお店を後にしていきます。やりがいのある素晴らしい仕事だなと、わたしは友人の職業に深い敬意を抱いています。





そんな人気店で5人のヘアメイクの女性たちを束ねている友人ですが、背中を丸めるくせがあるようで、猫背気味で前屈みの姿勢が、少し暗い印象を与えてしまうのです。バリバリ仕事をこなしながらも、温和な人柄が変わらない。こんなに素敵な女性なのに、姿勢のせいで印象を損ねているのは惜しいことだなと以前から感じていました。





さらに、彼女には口癖があります。それは、「私なんて」というもの。「色白だから淡い色のセーターが似合うわね」というと、「え~。私なんて色黒いもの」と俯きます。「お客さまがみんな笑顔でお店を出ていくでしょう? 女性を幸せにできる素晴らしいお仕事ね」と言うと、「そんな。私なんてこれしかできることがないんだもの」と、困ったように笑うのです。

■地元に帰ると「まだ結婚してないの?」攻撃……自信のなさで下を向きがちに

彼女はとても謙虚な人なのだと思います。それにしても、褒め言葉をすべて否定して認めようとしない自信なげな様子が不思議で、ある日、彼女に訊いてみたのです。
「どうしていつも『わたしなんて』って言って俯いてしまうのかな? 責任ある立場で素晴らしいお仕事をしているのに、自信なげに背中を丸めているの、不思議に思えて」



すると彼女は普段より一層俯きがちに、こう告白してくれました。
「だってわたし田舎の出身で、東京育ちじゃないし。田舎に帰るたびに、『結婚はまだ? 30歳を過ぎたのに独身だなんて、もう一生結婚できないんじゃない?』ってみんなに言われるの。そう言われるたび自分でもそんな気がしてきて、どんどん自信がなくなって……」



彼女の告白に驚き、わたしはこう言葉を返しました。
「地方の出身だと何がいけないの? むしろ地方から出てきて、東京で立派にお店の責任者を務めていることが素晴らしいと思うんだけどな。それに、どれほど素敵でもまだ独身っていう女性はたくさんいるでしょう? それはただまだ結婚していないというだけで、その人自身の価値とは何の関係もないこと。堂々と胸を張っていてほしいな。わたしの自慢の友達だもの。背筋を伸ばして。ね?」


「うん……、わかった。ありがとう」。かみしめるように頷きながら、彼女は微笑んでくれたのでした。

■姿勢が変わると心も変わる。名実ともに前向きに生きる女性に

それから1週間後。また彼女と会う機会があったのですが。その日、私は心から驚きました。前に話をしてからわずか1週間しか経っていないというのに、彼女の佇まい、雰囲気がすっかり別人のように一変していたからです。

猫背気味だった姿勢がすっかり治り、背筋がピンと美しく伸びています。
そのせいもあってのことでしょうか。これまで伏し目がちだった彼女が、まっすぐに私の目を見、微笑みながら話しかけてくれます。



その日彼女はただの一度も「私なんて」と口にしなかったばかりか、瞳をいきいきと輝かせて、夢や希望を語ってくれたのでした。その姿は自分の人生を肯定し、自信にあふれているようにも見えたのです。


「今度のお休みは、家に閉じこもっていないで映画を観にいきたい」といったすぐに実現できそうなささやかな夢から、「将来結婚してもしなくても、今の仕事を大切に続けていきたい」「もっと腕を上げるために、自分を鍛えられる環境を得たい」といった、長期的展望を見据えた大きな夢まで。
うんうん、いいわね、と彼女の夢の話を聞きながら、私は「姿勢を正すことの効果ってすごい」と、驚きを禁じ得ませんでした。


前屈みで猫背の姿勢のまま生きていた間、彼女は下ばかり見がちで、自分のことをネガティブにしか捉えられずにいました。それが、胸を張り、背筋を伸ばす女性へと変わったことで、生きる姿勢まで変化し、前向きになることができたのですから──。



あなたも今日から胸を張り、背筋を伸ばすように、少しだけ意識してみませんか?
すると、知らぬ間にうつむきがちになっていた顔が前を向き、視線がしっかりと前方を捉えるようになります。未来を見据える視線を得ることができるのです。


前屈みでいることで浅くなりがちだった呼吸は自然に深くなり、しっかり息を吸い込めるように。すると、集中力を高める脳波であるα波が増えたり、幸福物質とも呼ばれる「セロトニン」が脳から大量に分泌されることで、穏やかな気持ちになれたり。人生そのものに対して、驚くほど明るく前向きになることができるのですね。



「姿勢を正す」。身体の構え方を正しく整えることで心構えまで変わり、人はポジティブになれるものなのです。



一度きりの人生を、一緒に、前向きに生きていきましょうね。
2度と帰らない今、この瞬間を、大切に愛おしみながら──。

この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連する投稿


美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

「哲学」と聞くと、「人生論」というイメージがあると思いますが、SNSもアンチエイジングも格差社会も哲学だ、と言われたら、だいぶ印象が変わりませんか? 実は案外私たちの身近にある哲学。自分自身の生活や生き方に、哲学を取り入れるヒントになる本をご紹介します。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを引き寄せる笑顔をつくる、朝昼晩の簡単すぎる心がけとは

幸せを引き寄せる笑顔をつくる、朝昼晩の簡単すぎる心がけとは

寒さで顔がコリ固まり、正月明けに気持ちがたるみ、表情もなんだかお疲れ気味……。もしそう感じているなら、1年の始まりに笑顔をつくるトレーニングを始めてみませんか? 朝昼晩、どれも簡単にできる方法ばかり。笑う門には福来る。素敵な笑顔で今年1年もハッピーに過ごしましょう。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

「独身だと老後が孤独」とは本当でしょうか。診察を通じて多くの高齢おひとりさま女性と接している内科医の私。その考えは違うのでは、と思うようになりました。配偶者がいようといまいと、最後はひとりになる女性が多いです。生涯おひとりさまでいる女性のなかにも、人に囲まれ、大切にされる方も少なくないからです。彼女たちの共通項とは。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。