1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 今年やり残したことをする。私の場合、ウエストをマイナス7センチ!【藤原美智子 連載】

今年やり残したことをする。私の場合、ウエストをマイナス7センチ!【藤原美智子 連載】

Share

あなたにもあるはず、年始に立てた目標が。少し耳が痛いけれど、初心に帰って悔いのない年末にしませんか。

今年やり残したことをする。私の場合、ウエストをマイナス7センチ!【藤原美智子 連載】

10月も半ばが過ぎましたね。

ということは今年も、あと2ヶ月半。たぶん毎年、言っていると思うけれど「えー、あと2ヶ月で今年も終わり!?」って、やっぱり驚いてしまいます。そして焦ってしまいます。

「今年、何かやり残したことはないかしら」と考えてみると、全部のような気もするけれど、とりあえず年始に誓った「毎月、何か一つを"極める"つもりで取り組む」というのが夏前ぐらいからストップしていること!

その時の"極める"は「ウエストマイナス7センチ」。極めたことは極めたのですが、一瞬だけ。それから暑い夏の季節となり「生ビールだー、バーベキューだー」などと言っていたら、すっかり"極める"を忘れてしまいました(!)。

まさに「水は低きに流れ、人は易きに流れる」という言葉どおりですね。
ということで、パーティシーズンの12月はまた易きに流れそうなので、今月の残りと来月は初心に戻り"マイナス7センチ"にトライしてみることに。

とは言っても、私の場合、特別な方法ではなく炭水化物を少し減らすとか、夏の間、暑すぎてさぼりがちだったランニングをキチンとするとか、3月の連載にも書いたように掃除はキビキビやる、ストレッチやヨガをする時に体をひねるポーズを取り入れる。

そして、これもさぼりがちだったヨガの呼吸法の「ウディヤナ・バンダ」も心を入れ替えてやることに。これは下腹を引き上げる効果がすごくあるアーサナです。

簡単に方法を説明すると、脚を肩幅ぐらいに開いて立って、膝を少し曲げ、両手は膝の上あたりにおいて前かがみになります。

そして鼻から息を吸い込んだあと、口から「ハーッ!」とお腹をへこませながら勢いよく吐き切ります。吐き切ったら息を止めて、胃を肋骨の中に入れ込むような感じで引き上げます。そのまま10秒ぐらい息を止めてから元に戻ります。

鏡で見て、お腹がえぐれているようになっていれば正しく行われている証拠。初めてやる人は息を止める時間を短めにすると良いかもしれません。

こんな方法で、そして"初心、忘れべからず"を意識して、マイナス7センチに取り組もうと思っています。そして一瞬ではなく、持続できて初めて達成したことになる、ということも忘れないようにしなければ!

Share

藤原 美智子

ラ・ドンナ主宰。雑誌の表紙やビューティーページ、広告撮影のヘアメイク、執筆、化粧品関連のアドバイザー、講演、TV出演等で幅広く活躍している。 近著「美しい朝で人生を変える」(幻冬舎) 他、著書多数。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article